日本三大渓谷が美しい!それぞれの絶景ポイントやおすすめの見どころ紹介!

日本各地には絶景スポットが数多くあります。そこで今回は、日本三大渓谷に焦点をあてて魅力をご紹介していきたいと思います。日本三大渓谷のそれぞれの絶景ポイントやおすすめの見どころなどをご紹介します。ぜひ、日本三大渓谷の絶景を眺めに行くのはいかがでしょうか。

日本三大渓谷が美しい!それぞれの絶景ポイントやおすすめの見どころ紹介!のイメージ

目次

  1. 1絶景がおすすめ・日本三大渓谷のご紹介
  2. 2日本三大渓谷とは?
  3. 3日本三大渓谷それぞれの魅力を存分に楽しもう!
  4. 4日本三大渓谷その1:黒部峡谷
  5. 5日本三大渓谷その2:清津峡
  6. 6日本三大渓谷その3:大杉峡谷
  7. 7大自然が作り出した造形美・人気スポット日本三大渓谷観光に行こう

絶景がおすすめ・日本三大渓谷のご紹介

日本各地には絶景のおすすめスポットが多数あります。そこで今回は、日本三大渓谷に焦点をあて、絶景の魅力についてご紹介していきたいと思います。

日本三大渓谷のそれぞれの絶景ポイントやおすすめの見どころなどについてご紹介します。ぜひ、日本三大渓谷に行って絶景を楽しむのはいかがでしょうか。

日本三大渓谷とは?

これからご紹介する日本三大渓谷とはどこを指しているいるのでしょうか。日本三大渓谷とは、富山県にある「黒部峡谷」、新潟県の「清津峡」、そして三重県の「大杉峡谷」のことです。絶景を楽しむことができる日本三大渓谷は自然を満喫することができる観光スポットとして人気です。

日本三大渓谷それぞれの魅力を存分に楽しもう!

日本三大渓谷はそれぞれの美しい絶景を楽しむことができます。また、その楽しみ方もそれぞれ異なります。日本三大渓谷ではどのような楽しみが詰まっているのでしょうか。日本三大渓谷についてご紹介する際に、それぞれの魅力を存分に楽しむ方法などについてもご紹介したいと思います。

日本三大渓谷その1:黒部峡谷

日本三大渓谷その1にご紹介するのは「黒部峡谷」です。「黒部峡谷」は富山県黒部市にあります。自然豊かな「黒部峡谷」は富山観光に人気のスポットです。「黒部峡谷」は、黒部川の上流、中流域にある大峡谷です。自然の作り出す美しさを感じることができる観光に人気のスポットです。

「黒部峡谷」ではトロッコ電車に乗って旅をしながら絶景を楽しむことができます。途中の駅で下車し、駅周辺の絶景スポットに行くのもおすすめです。

これから、富山の人気観光スポットとしておすすめの「黒部峡谷」の見どころについてご紹介したいと思います。魅力満載の見どころにぜひ注目してみてください。

黒部峡谷の見どころ

「黒部峡谷」の見どころといったら、「黒部峡谷鉄道」を走るトロッコ電車から眺めることができる絶景です。宇奈月駅から欅平駅の間をトロッコ電車に乗って片道1時間20分の旅を楽しむことができます。トロッコ電車からは季節ごとに変化する大自然の景色を楽しむことができます。

トロッコ電車からの絶景も素晴らしいですが、「黒部峡谷」には他にも見どころ満載のスポットがあります。黒部峡谷鉄道の駅を下車して楽しむことができる見どころについてご紹介したいと思います。

黒部峡谷鉄道の宇奈月駅からトロッコ電車に乗って絶景を楽しむことができますが、宇奈月駅周辺には、トロッコ電車が走るすぐそばに遊歩道があります。自然を満喫しながら遊歩道を歩き、トロッコ電車も見ることができます。

また、宇奈月駅から歩いてすぐのところには「山彦橋」があります。こちらの橋は遊歩道になっていて「新山彦橋」をトロッコ電車が走る景色を見ることができる絶景スポット、フォトスポットとしても人気があります。

宇奈月駅からトロッコ電車に乗って絶景を眺めながら旅を楽しんでいると、途中に黒薙駅があります。途中下車して黒薙遊歩道の散策ができます。駅から5分ほど遊歩道を歩くと「後曳橋」が見えます。絶景スポット、フォトスポットとして人気です。

黒薙駅には駅から徒歩約20分のところに峡谷最古の温泉「黒薙温泉」があります。こちらの温泉は日帰り温泉も可能です。食事や宿泊もできる人気の温泉です。露天風呂では周囲の美しい景色を眺めながらゆっくりとお湯に浸かり癒しのひと時を過ごすことができます。

黒薙駅からトロッコ電車に乗り、次に下車することができる駅は鐘釣駅です。こちらの駅周辺も見どころ満載の観光に人気のスポットがあります。

鐘釣駅から徒歩約3分のところにある「黒部万年雪展望台」からは川の向こうにある「黒部万年雪」を眺めることができます。百貫山に降った雪が蓄積していて、夏でも雪が解けずに残っているという珍しい景色を眺めることができます。観光に人気のスポットとなっています。

鐘釣駅には、夏場に特におすすめの観光スポット「鐘釣河原」があります。河原まで降りて水遊びを楽しむことができるので、子供連れで観光を楽しむという方に特におすすめです。

鐘釣駅周辺の絶景や見どころを楽しんだ後は、またトロッコ電車に乗って終点の欅平駅まで行くことができます。欅平駅周辺も見どころ満載です。欅平駅の屋上展望台からは、自然豊かな山々や澄んだ川、そして黒部川に架かる赤い「奥鐘橋」を含む絶景を眺めることができます。

「奥鐘橋」は遠くから眺めるのも美しいですが、橋の上を歩いて橋からの絶景を楽しむこともできます。「奥鐘橋」は高さ34mのところにあります。周囲の山々の美しさ、そして橋の下に流れている川など様々な見どころがあります。

また、欅平駅を下車して河原を降りて約10分行くと「河原展望台・足湯」があります。足湯に浸かりながら周囲の山々の絶景を眺めることができる観光に人気のスポットです。

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車から眺めることができる絶景と途中の駅で下車し楽しむことができる見どころのいくつかをご紹介しました。各駅にはまだまだ見どころがありますので、ぜひ駅周辺の散策を楽しんで、自分のお気に入りの絶景スポットなどを見つけるのはいかがでしょうか。

さらに「黒部峡谷」にはトロッコ電車を利用して行くことができる温泉がいくつかあります。見どころ満載のスポットとしてご紹介した駅にはそれぞれおすすめの温泉があります。「黒部峡谷」の温泉巡りをするのも楽しい時間となるに違いありません。

黒部峡谷観光へのアクセス方法

黒部峡谷観光へのアクセス方法についてご紹介したいと思います。黒部峡谷鉄道に乗って「黒部峡谷」の絶景を楽しむ場合、富山地方鉄道を利用して宇奈月温泉駅まで行くことができます。宇奈月温泉駅より徒歩5分で黒部峡谷鉄道の宇奈月駅へアクセスすることができます。

宇奈月温泉駅まで車で行かれる際は、北陸自動車道のクロスミントンインターチェンジより車で約20分でアクセスすることができます。宇奈月温泉駅の前には有料の駐車場があります。そこに停めて徒歩すぐのところに黒部峡谷鉄道の宇奈月駅があります。

Thumb黒部峡谷観光はトロッコで!おすすめ絶景の見どころを紹介!
富山の黒部峡谷は壮大な自然が楽しめる人気観光スポットです。トロッコ電車に乗って観光をするのが...

日本三大渓谷その2:清津峡

日本三大渓谷その2にご紹介するのは「清津峡」です。「清津峡」は、新潟県十日町市にあるおすすめの絶景スポットです。「上信越高原国立公園」に指定されている「清津峡」は、清津川を挟んで切り立つ巨大な岸壁、自然の作り出す迫力満点の岩肌、清流と自然の素晴らしさを感じることができる観光に人気のスポットです。

清津峡の見どころ

これから「清津峡」の見どころについてご紹介したいと思います。「清津峡」は季節によって様々な表情を見ることができる人気の絶景スポットです。5月頃は新緑の時期となっていて、青々とした新緑と澄んだ清津川のコラボレーションを楽しむことができます。

夏は「清津峡」の中でも特に人気のスポット「清津峡渓谷トンネル内」から眺めることができる絶景が素晴らしいと多くの人たちが訪れます。フォトスポットとしても人気の場所です。

「清津峡渓谷トンネル」では、繁忙期のみ事前予約が必要となりますので、予めホームページよりご確認ください。トンネルの受付時間は8時30分から16時30分までです。利用料金は高校生以上の大人800円、小・中学生が400円です。未就学児は無料です。

夏の時期には河原に降りて水遊びを楽しむこともできます。清津川の澄んだ水と河原から眺めることができる渓谷の美しさも見どころです。子供連れで観光に行かれる際には、ぜひおすすめです。周囲の自然を満喫しながら、楽しい時間を過ごすことができます。

「清津峡」の秋は一年の中でも一番見どころ満載、そして自然を満喫することができるおすすめの季節です。例年10月中旬頃から「清津峡」の紅葉は始まります。色とりどりに染まる木々と渓谷の美しさに感動すること間違いなしです。12月中旬頃からは雪も降り始めます。渓谷の雪景色もまた違った美しさです。

清津峡谷観光へのアクセス方法

清津峡谷観光へのアクセス方法についてご紹介したいと思います。公共交通機関を利用してアクセスされる際は、JR東日本越後湯沢駅から森宮野原行き急行バスに約25分乗り、バス停「清津峡入口」で下車します。

または、JR飯山線の越後田沢駅からバスに約20分乗り、バス停「清津峡入口」で下車します。バス停「清津峡入口」から徒歩約30分で清津峡入口に到着です。

車でお越しの際は、関越自動車道の塩沢・石打インタチェンジより国道353号線を経由し、車で約25分で「清津峡」へアクセスすることができます。車でお越しの際に利用することができる無料駐車場が3ヵ所あります。

Thumb清津峡(新潟)観光の見どころまとめ!アクセスや混雑状況も紹介!
新潟県十日町市にある清津峡は、日本三大渓谷の一つです。美しい柱状節理の岸壁が見られるおすすめ...
Thumb 清津峡渓谷トンネル(新潟)はSNS映えの人気スポット!行き方や見どころ紹介!
新潟県にある清津峡渓谷トンネルは大人気観光スポットです。ここでは、清津峡渓谷トンネルについて...

日本三大渓谷その3:大杉峡谷

日本三大渓谷その3にご紹介するのは「大杉峡谷」です。「大杉峡谷」は、三重県多気郡大台町にあります。宮川上流、吉野熊野国立公園内にある「大杉峡谷」は、自然豊かな様々な表情を持つ見どころ満載のスポットがある場所としても観光に人気です。

「大杉峡谷」は、全長約14km、標高差1200mある整備された大杉谷登山道で登山をしながら絶景を楽しむことができる魅力溢れるスポットです。これから、「大杉峡谷」の見どころについてご紹介していきたいと思います。

大杉峡谷の見どころ

「大杉峡谷」の見どころについてご紹介したいと思います。「大杉峡谷」は日帰りで峡谷の魅力を味わったり、峡谷の見どころを存分に楽しみたいという方は山小屋に宿泊して日帰りでは眺めることのできない絶景を楽しむこともできます。

日帰り登山でも楽しめる「大杉峡谷」の見どころには、渓谷沿いにある遊歩道を歩きながら眺めることができるエメラルドグリーンの色をした美しい渓流があります。また、登山道にある11もの吊り橋から眺めることができる絶景はそれぞれ違った美しさがあります。

登山道にある「地獄谷吊橋」は、吊り橋を渡りながら周辺の豊かな自然と美しい渓谷美を眺めることができるおすすめスポットです。自然を満喫しながら登山道を進んで行くと見どころの一つ「京良谷」に着きます。

「京良谷」は河原に降りて透き通るエメラルドグリーンの美しい川を間近で見ることができるおすすめスポットです。自然の美しさに感動すること間違いなしです。

また、登山道を進んで行くと「シシ淵」に到着します。「シシ淵」は、おおきな岩、そびえ立つ迫力満点の岸壁、そして透明度の高い美しい水を眺めながら休憩を楽しむことができるおすすめスポットです。絶景に囲まれた場所で「大杉峡谷」の魅力を存分に味わうことができます。

「シン淵」の先にある「ニコニコ滝」も「大杉峡谷」の見どころとなっています。渓谷の奥の方にある滝は落差100mもある迫力のある滝です。新緑の時期の周囲の緑と勢いよく流れる滝のコラボレーションは「大杉峡谷」を代表する美しさともいえます。

大杉谷登山口からは最も奥にある滝「堂倉滝」も「大杉峡谷」の見どころの一つです。落差20mの滝と巨大な滝壺が特徴となっている絶景スポットです。新緑の時期、紅葉の時期と周囲の豊かな自然とともに景色を楽しむことができます。

大杉峡谷観光へのアクセス方法

大杉峡谷観光へのアクセス方法についてご紹介したいと思います。「大杉峡谷」の登山口へ公共交通機関を利用してアクセスする方法は、まずJR紀勢本線の三瀬谷駅から徒歩4分で道の駅奥伊勢おおだいへ行きます。

道の駅奥伊勢おおだいから登山バスに1時間30分乗り大杉峡谷登山口にアクセスすることができます。道の駅奥伊勢おおだいから利用することができる登山バス「大杉峡谷登山バス」は予め予約が必要となっています。

「大杉峡谷」へ車でお越しの際は、紀勢自動車道大宮大台インターチェンジより車で約70分で大杉峡谷登山口へアクセスすることができます。車でお越しの際に利用することができる無料駐車場がありますが台数が限られているので、公共交通機関を利用してアクセスされることをおすすめします。

Thumb『大杉谷』は日本三大渓谷の一つ!アクセスや絶景の登山ルートは?
三重県は吉野熊野国立公園内にある秘境、大杉谷。日本三大渓谷の一つとして知られ、初心者も玄人も...

大自然が作り出した造形美・人気スポット日本三大渓谷観光に行こう

日本三大渓谷のそれぞれの絶景スポットの魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。日本三大渓谷「黒部峡谷」、「清津峡」、「大杉峡谷」には、それぞれの渓谷の美しさ、そして見どころ満載のスポットが数多くあります。

それぞれの渓谷の美しい景色を楽しむ方法も様々です。季節によっても違った表情を見せてくれる日本三大渓谷は自然を満喫しながら、自然の作り出す美しさを楽しむことができる観光におすすめのスポットです。大自然が作り出した造形美に感動すること間違いなしです。

ぜひ、絶景を楽しむことができる「日本三大渓谷」に行き、自然を眺めながら感動するとともに癒しのひと時を過ごすのはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ