シーバスリーガルの種類や価格・味を徹底調査!おすすめの飲み方は?

シーバスリーガルは初心者でも飲みやすい味になっています。12年や18年など年数によっての味の違いも楽しめる美味しいウイスキー。シーバスリーガルの魅力を種類や味、価格、飲み方と一緒に詳しく紹介していくので、気になる種類をチェックして家飲みを満喫しましょう。

シーバスリーガルの種類や価格・味を徹底調査!おすすめの飲み方は?のイメージ

目次

  1. 1人気のウィスキー・シーバスリーガルとは?
  2. 2シーバスリーガルが人気の理由
  3. 3シーバスリーガルの種類と価格
  4. 4シーバスリーガルのおすすめの飲み方
  5. 5シーバスリーガルのハイボールはどうなの?
  6. 6シーバスリーガルは父の日などのギフトにも最適
  7. 7シーバスリーガルで優雅なひとときを!

人気のウィスキー・シーバスリーガルとは?

シーバスリーガルというお酒を知っていますか?巷で飲みやすくて美味しいと人気のウイスキーで、味にもクセがないので初心者でも楽しみやすいと言われてます。若い方でも美味しい味を存分に満喫することができるのでおすすめになります。

当記事ではシーバスリーガルの魅力について紹介します。シーバスリーガルにどんな種類が販売されているのかはもちろん、味や価格、飲み方についてなども紹介していきます。飲んだことがない方も、シーバスリーガルをチェックして味わってみましょう。

シーバスリーガルが人気の理由

シーバスリーガルは美味しいと人気のウイスキー。世界中で愛されているウイスキーブランドの一つになるので、飲んだことがないという方でも名前を聞いたことがある方は多いでしょう。アメリカでは、禁酒法が始まる頃までは代表的なお酒でした。

そんなシーバスリーガルは日本でも高い人気を誇っているのですが、シーバスリーガルを飲んだことがない方にはなぜ人気があるのかがわからないでしょう。そこで、まずはシーバスリーガルが人気を集めている理由について紹介していきます。

初心者でも飲みやすい味

シーバスリーガルが人気の理由の1つ目は、シーバスリーガルの味です。ウイスキーと聞くとクセがあるような感じがするかもしれませんが、シーバスリーガルは、独特なクセがないのが特徴でまろやかな味わいを楽しむことができます。

一度飲むとハマってしまう方も多いとされていて、世界中で愛されているのがわかるでしょう。バランスの良い味わいは上品さも感じることができます。

また、シーバスリーガルはフルーティーでクリーミーな甘い香りを楽しめます。この香りもまた、シーバスリーガルの飲みやすさとのバランスが良いと評判です。ウイスキーを苦手に感じていた方も、まずはシーバスリーガルを飲んでみてはいかがでしょう。

飲み方も多彩

シーバスリーガルは飲みやすい味わいだけではなく、色んな飲み方ができる点も人気があります。シーバスリーガルのおすすめの飲み方については別途で紹介しますが、好みで色々楽しめるのが魅力です。飲み方が変わると味わいにも違いが生まれます。

色んな飲み方で好みの味わいを見つけてみるのも楽しみ方の一つと言えるでしょう。水割りやコークハイなどでも楽しむことができます。

シーバスリーガルは代表的な飲み方に拘らずに、美味しいと感じる飲み方を利用するのもおすすめのポイントになります。シーバスリーガルの12年や18年など、種類別に飲み方を変えたりもできます。初めての方は、まず一番飲みやすい形で味わってみましょう。

シーバスリーガルの種類と価格

ここからはシーバスリーガルの種類や価格について紹介していきます。シーバスリーガルは12年や18年など色んな種類が販売されていて、選択するシーバスリーガルの種類によって価格や味が変わってきます。一つ一つに違った魅力があるのがポイントです。

シーバスリーガルを種類別に味や価格について紹介していくので、色んな種類を購入して飲み比べをしてみるのもおすすめ。12年、18年、25年と年数の違いもあるので、まずはシーバスリーガルの種類や味などにをチェックしていきましょう。

シーバスリーガルの価格についてですが、公式サイトでは定価表記がされていないです。そのため当記事では平均的な価格として何千円台というように表記します。

シーバスリーガル ミズナラ 12年

最初に紹介するのは、シーバスリーガル ミズナラ 12年です。ミズナラ樽を利用して作られているシーバスリーガルの種類で、日本人向けに作られた商品です。

甘いフルーティーでクリーミーな香りの他にナッツの香りが微かに重なっているのが特徴です。実際に飲んでみると、ウイスキーとは思えないほどの甘みを感じられます。砂糖菓子のような甘い味わいの中には、上品さも感じられる繊細さがあります。

日本人向けに作られているので、シーバスリーガルを初めて飲むという方でも飲みやすい種類でしょう。ストレートでも飲みやすく作られています。口当たりも滑らかで、後に残るビターな感じもほのかに感じられるのが特徴になります。

日本向けに作られているシーバスリーガル ミズナラ 12年は、日本食とも合うと言われています。食前酒として楽しむこともできるのでおすすめになります。シーバスリーガルファンにもおすすめの一本になっているので、味わってみてはいかがでしょうか。

シーバスリーガル ミズナラ 12年の価格になりますが、700ミリリットルの場合には3000円台で販売されていることが多いです。ただ、限定パッケージなども販売されているので種類によっては価格が高くなり5000円台などもあるので注意しましょう。

シーバスリーガル 12年

続いて紹介するのはシーバスリーガル 12年です。熟したリンゴや蜂蜜を感じさせる甘い味わいが楽しめるのが特徴で、柔らかな余韻を楽しめます。シーバスリーガル 12年はレギュラーボトルとして、一番親しまれている種類になっています。

クセがないのがシーバスリーガルの特徴なのですが、ウイスキーが苦手な方でも飲みやすい種類と言われているのがおすすめのポイントです。

シーバスリーガル 12年の価格になりますが、こちらは700ミリリットルで3000円台でで販売されています。試しに飲んでみたい方は350ミリリットルで2000円台の商品もあります。購入しやすい価格になっているのも特徴になります。

シーバスリーガル 18年

続いて紹介するのは、シーバスリーガル 18年です。ドライフルーツを感じさせる香りの中には、ナッツの香りもしっかりと重なって感じられます。

シーバスリーガル 18年の気になる味になりますが、甘い味わいが長く口の中に広がっていくのを感じられるでしょう。後からはカカオや洋梨の味わいが現れるウイスキーになるのですが、複雑ながらも上品な味わいを満喫することができます。

シーバスリーガル 18年は熟成されていることもあり、アルコールの刺激が少ないのも特徴です。甘口に仕上がっているので、飲みづらさを感じずに味わえるでしょう。シーバスリーガル 18年は高級ボトルとも言われていますがおすすめの一本になります。

シーバスリーガル 18年の飲み方も色々楽しめるのがポイント。近くに果物を置いているような甘い香りは、ずっと楽しんでいられる魅力があります。お試しで購入できるサイズも販売されているので、試し飲みを楽しめるのもおすすめのポイントの一つです。

シーバスリーガル 18年の販売価格は、5000円台となっています。先ほど紹介した12年ものと比べてしまうと価格は高くなってしまいます。200ミリリットルのサイズの場合には2000円台で購入できるので、まずはこちらから味わってみるのがおすすめです。

シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ

シーバスリーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュは、国内品と免税店では味わいが違ってくるのが特徴になります。国内品には、柑橘系で作られたジャムのような味わいを楽しめるのですが、その甘さの中にはスパイシーな味わいもしっかりと感じられます。

甘く豊かなアロマのような香りや花のような香りも、シーバスリーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュの特徴なので楽しむのがおすすめになります。

価格は少し高くなってしまい8000円台で販売されています。先ほどのシーバスリーガル 18年よりも高級感が感じられる一本になっています。ただ、スパイシーさがあるので初心者の方は、いきなりストレートで味わうと刺激を強く感じるかもしれません。

シーバスリーガル 25年

ボトルにシリアル番号が記載されているシーバスリーガル 25年は、シーバスリーガルの名前をつけた最初のウイスキーになります。

フルーティーな香りを満喫できる最高の一本となっていて、チョコレートのような滑らかな味わいで楽しめます。滑らかさも感じらられるウイスキーになっていて、長い余韻を満喫できるのもおすすめのポイントになっています。

25年という長い熟成期間があるからこその深い香りも、シーバスリーガル 25年の魅力になります。シーバスリーガルの中でも高級感をしっかりと感じられるのが魅力になるでしょう。他のシーブスリーガルでは味わえない、上品さも感じることができます。

シーがスリーバル 25年の価格になりますが、これまで紹介したシーバスリーガルの種類と比べると高くなっています。20000円台で販売されているので、気軽に購入できる種類とは違ってきます。価格は高めですが、値段以上の満足感も得られるでしょう。

色んな飲み方で楽しむことができるので、違った味わいで飲んでみたい場合には飲み方を変えるのもおすすめになります。フルーティーな香りはどんな飲み方でもしっかりと感じることができるので、高級感を満喫しながら味わえるでしょう。

シーバスリーガル アルティス

最後に紹介するのは、シーバスリーガル アルティス。シーバスリーガルの5人のマスターブレンドに作られたウイスキーになっていて、シリアル番号が記載されている商品です。

桃のような華やかな香りの中にナッツの香りが重なるのが特徴で、杏などの味が感じられます。杏などが感じられると言っても辛口のウイスキーになっているので、これまで紹介したシーバスリーガルの種類と比べると甘味は少なくなってしまいます。

後味には知柄強さを感じられるのも魅力になっていて、ゆっくりと長く楽しみたい方にはおすすめになります。シーバスリーガル アルティスの価格は10000円台になっています。価格は少し高めですが、甘口が苦手な方は飲んでみる価値があるでしょう。

Thumbシーバスリーガル ミズナラは日本人に人気のウイスキー!味や価格・飲み方は?
日本人向けに作られた美味しいウイスキー「シーバスリーガル ミズナラ」。シーバスリーガル ミズ...

シーバスリーガルのおすすめの飲み方

シーバスリーガルを初めて購入する方は、どんな飲み方をしたら良いのかわからないという方も少なくないでしょう。ウイスキーはホットウイスキーや水割りなども含めて色んな飲み方で楽しむことができ、コークハイなどのカクテル感覚で飲む方法もあります。

どんな飲み方をするかで、ウイスキーの味わいが変わってくるのが特徴です。ここでは、より美味しい味わいで楽しめるシーバスリーガルの飲み方について紹介。シーバスリーガルの味や香りを楽しめる飲み方なので、参考にしてみてください。

ストレート

最初に紹介するのは、ウイスキーの味や香りをそのままダイレクトに楽しめる飲み方でストレート。ウイスキーを一番美味しく飲む方法としている方も多い飲み方です。40度を超える場合には、少しづつゆっくりと飲むのがポイントになります。

チェイサーも用意して飲む形にするのがポイントで、悪酔いを防ぐことができるのもポイントです。シーバスリーガルの甘味などもしっかりと感じられる飲み方になります。まずはテイスティングも兼ねて、ストレートで味わってみるのがおすすめになります。

ロック

シーバスリーガルのおすすめの飲み方の2つ目は、ロックです。最初はストレートで飲む味わいになりますが、水割りへと変化していく過程の味の違いも楽しめる飲み方です。ゆっくりと飲み過ぎると味がなくなってしまうので注意が必要になります。

最初のストレートの味わいが苦手な方は、ハーフロックで楽しむのも良いでしょう。ハーフロックはロックと水割りの中間のような味わいで楽しめる飲み方です。水も入れて飲む形になっているので、ロックよりも飲みやすくなるのでおすすめになります。

シーバスリーガルのハイボールはどうなの?

ウイスキーと言えばハイボールで飲むという方も少なくないでしょう。ソーダで割った口当たりが爽やかなので飲みやすくなると人気があります。そんなハイボールは、シーバスリーガルでも相性が良いのか気になる方がいるのではないでしょうか。

甘味が感じられるシーバスリーガルはソーダで割ると、ジュースのような感覚で楽しめるのでストレートやロックが苦手な方でもシーバスリーガルを美味しく楽しめるでしょう。

シーバスリーガルは父の日などのギフトにも最適

シーバスリーガルには色んな種類が販売されているので、自宅で自分用に味わうだけではなくお世話になった方へのギフトとしても人気があります。父親がお酒を嗜む方の場合には、父の日のギフトとしても利用することができます。

飲み比べセットなどギフトで利用できる種類も販売されているので、色んな味を贈り物として利用できるのもおすすめのポイントです。もちろん、飲み比べセットは自分用に購入して楽しむのにも最適になるのでチェックしてみてください。

シーバスリーガルで優雅なひとときを!

シーバスリーガルは世界中に愛されている人気のウイスキー。芳香な香りと甘いフルーティーな味わいを楽しめるので、ウイスキーが苦手な方でも美味しく楽しめるのが特徴。ストレートやロックなどの色んな飲み方で楽しめるのも魅力になります。

販売されているシーバスリーガルの種類によって価格は異なってしまいますが、それぞれが違ったフルーティーさを感じることができます。家飲みで優雅な時間を楽しめるウイスキーとなっているので、シーバスリーガルを購入して味わってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ