犬と遊べるテーマパーク特集!関東・関西で愛犬と行けるおすすめスポット紹介!

関東・関西エリアで可愛い愛犬と触れ合うことができて人気を集めている、「犬と遊べるテーマパーク」のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。関東・関西でドッグランがある犬と遊べるテーマパークや、子連れにおすすめのスポットもまとめています。

犬と遊べるテーマパーク特集!関東・関西で愛犬と行けるおすすめスポット紹介!のイメージ

目次

  1. 1関東・関西で犬とふれあい体験ができるテーマパークをご紹介
  2. 2全国には犬と触れ合える素敵なテーマパークが満載!
  3. 3犬と触れ合えるテーマパークの特徴
  4. 4【関東】犬と遊べるおすすめテーマパーク
  5. 5【関西】犬と遊べるおすすめテーマパーク
  6. 6ペット同伴OKのテーマパーク利用時の注意点
  7. 7犬と一緒にテーマパークで遊ぼう!

関東・関西で犬とふれあい体験ができるテーマパークをご紹介

可愛いワンちゃんをペットとして飼っていて、普段から一緒に家族のように過ごしているという人も多いのではないでしょうか。そんな愛犬がお好きな人のお出かけにおすすめしたいスポットが、「犬と遊べるテーマパーク」です。関東・関西の各地にある犬と遊べるテーマパークの情報を大特集していきますので、参考にしてみてください。

Thumb犬とバーベキューできるおすすめスポットまとめ!注意点やマナーもチェック!
犬と一緒にバーベキューができるおすすめの場所や便利グッズ、マナーや注意点などをご紹介します。...

全国には犬と触れ合える素敵なテーマパークが満載!

愛犬と楽しい時間を過ごせるということで人気の犬と遊べるテーマパークですが、そんな犬と遊べるテーマパークは関東・関西含めて全国各地にあります。関東にお住まいの方も、関西で生活されている方も、愛犬と一緒にお出かけしてみてください。

テーマパークはジェットコースターなどのアトラクションがあって楽しいスポットもあれば、美味しいお食事が食べられるレストランがあったりと、普通に行くだけでも十分素敵な施設ですが、犬連れて行けばもっとテーマパークを満喫することができます。

一度行ったことがあるテーマパークであっても、犬連れでお出かけするとまたちょっと違った気持ちで楽しめるはずなので、改めて遊びに行ってみてください。関東・関西には犬連れさんに優しい便利なサービスが充実しているテーマパークもあります。

愛犬と1日中過ごせる

犬と遊べるテーマパークを利用することのメリットとしてご紹介したいポイントが、犬と遊べるテーマパークなら愛犬と1日中過ごせるということです。愛犬をお留守番させておくのが可哀想だと感じる人も、犬連れで行けるテーマパークがおすすめです。

普段旅行に行ったりされる際にも、飼っている犬やペットをお家に置いて行ったり、ご家族や友人に預けておく人も多いのではないでしょうか。お出かけ中にも愛犬の様子が気になってしまうことも多いようですが、犬連れで行ける施設なら安心です。

関東・関西の犬と遊べるテーマパークであれば、愛犬も一緒にリフレッシュすることができるので、ワンちゃん自体も日々のストレスを解消することができます。

犬以外の動物に会える施設もある

犬と遊べるテーマパークは愛犬と一緒に利用することができるというだけではなくて、場所によってはテーマパーク自体に可愛い動物たちがいるなんていうテーマパークもあります。犬・動物好きだという人も、犬と遊べるテーマパークに行ってみてください。

普段は街中ではなかなか触れ合うことができないような動物に会うことがができるテーマパークもあるので、可愛い動物にあって癒されてみてください。

Thumb犬とのふれあいができる動物園や施設をチェック!飼っていなくても楽しめる!
犬を飼いたくても飼えない方は必見。犬とふれあいができる動物園や施設が全国各地にあります。色ん...

犬と触れ合えるテーマパークの特徴

犬と遊べるテーマパークのおすすめ情報として、次にご紹介していきたいのが関東・関西の犬と遊べるテーマパークの特徴についてです。まだ実際に犬と触れ合えるテーマパークに行った経験がないという人や、普通のテーマパークとの違いをよく知りたいと思っている人は特徴をチェックしてみてください。

中・大型犬向けドッグラン

犬と触れ合えるテーマパークの特徴としてまずご紹介しておきたいポイントが、ドッグランがあるテーマパークも多いということです。犬と触れ合えるテーマパークの中には、中・大型犬向けドッグランが併設されていてとても便利なスポットがあります。

ドッグランは愛犬を自由に遊ばせることができる施設です。リードを付けずに愛犬を遊ばせられるドッグランは、愛犬家なら必見のスポットです。テーマパーク内に広めのドッグランがあったり、テーマパーク併設のドッグランが便利な施設もあります。

小型犬向けのドッグランと、中・大型犬向けドッグランが分かれているところが多いので、他のワンちゃんとのトラブルが気になるなんていう人にもおすすめです。ドッグランで愛犬と元気に遊んでみてください。

ワンちゃんと一緒にアトラクションが楽しめる施設

犬と触れ合えるテーマパークの知られざる特徴として、次にご紹介したいポイントが、ワンちゃんと一緒にアトラクションが楽しめる施設もあるということです。せっかくなら愛犬と一緒にテーマパークの全てを楽しみたいという人にもピッタリです。

ワンちゃんと一緒にアトラクションが楽しめるテーマパークなら、ワンちゃんをお待たせしておくなんてこともなく、アトラクション中も一緒にいることができます。出来るだけワンちゃんと長く過ごしたい人は必見です。

【関東】犬と遊べるおすすめテーマパーク

犬と遊べるおすすめテーマパークの情報として、次に具体的なテーマパークの施設情報について解説していきます。まずは関東エリアで人気を集めている犬と遊べるおすすめテーマパークの情報を解説します。関東エリアには都心部からもアクセスがしやすいということで話題のスポットがたくさんあります。

京急油壺マリンパーク(神奈川)

関東エリアで可愛い犬と一緒に遊べるおすすめテーマパークとして、まずご紹介しておきたいスポットが、神奈川県にある「京急油壺マリンパーク」です。京急油壺マリンパークは犬に優しい水族館ということで高い人気を誇っているスポットです。

神奈川県の京急油壺マリンパークは、素敵な海の生物をはじめとして、たくさんの可愛い生き物に会うことができる癒しスポットです。京急油壺マリンパークにはドッグランがあって、愛犬を遊ばせることができます。2019年にオープンの「わんわんパーク 海のみえる丘」というドッグランは、海沿いの景色も素晴らしいです。

施設情報

京急油壺マリンパークの施設情報をご紹介していきます。神奈川の京急油壺マリンパークの営業時間は基本的には午前9時から17時までとなっています。最終入園の時間は30分前となるので注意してみてください。

京急油壺マリンパークのチケット料金は大人は1800円で、中学生のお子さんは1300円、小学生の場合は900円で利用ができます。三崎口駅からバスを使って15分程度でアクセスすることができます。

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川)

関東エリアでもトップクラスの規模と人気を誇っている水族館・テーマパークで、大きな水槽だけではなくて、ジェットコースターやフリーフォールなどのアトラクションも充実していておすすめなのが「横浜・八景島シーパラダイス」です。

横浜・八景島シーパラダイスは、実はテーマパーク内を愛犬を連れて移動することができます。広いテーマパークなので園内をお散歩するだけでもとても楽しいです。「Sewfood & Grill YAKIYA」などの犬連れOKなレストランも充実しています。

神奈川の横浜・八景島シーパラダイスでは、スリルがあって人気の「サーフコースター リヴァイアサン」やチューブに乗ってお手軽に激流下りを体験することができる「アクアライドⅡ」などのアトラクションがおすすめです。

施設情報

横浜・八景島シーパラダイスの施設情報を解説していきます。横浜・八景島シーパラダイスの営業時間はシーズンによっても違っていますが、夏のシーズンは平日が10時から17時、土日が10時から19時半などとなります。

チケットの料金は水族館やアトラクションが乗り放題のワンデーパスだと、当日券は大人が5500円となっています。横浜・八景島シーパラダイスへのアクセスは「八景島駅」から徒歩ですぐです。

東武ワールドスクウェア(栃木)

関東の中でも栃木県を代表するテーマパークということで話題なのが「東武ワールドスクウェア」です。東武ワールドスクウェアは世界各国にある有名な観光名所や世界遺産を、ミニチュアサイズでお手軽に鑑賞することができるスポットです。

東武ワールドスクウェアはワンちゃん連れでも入園ができるテーマパークです。愛犬を連れて行く場合にはペット用のバギーやケージに入れて園内を散策してみてください。東武ワールドスクウェアでは施設の横にドッグランも併設されています。

施設情報

栃木県で人気の東武ワールドスクウェアの施設情報をご紹介していきます。東武ワールドスクウェアの営業時間は夏のシーズンは9時から17時までとなっていて、冬のシーズンは9時半から16時までとなっています。

東武ワールドスクウェアのテーマパークチケットの料金は、当日券は大人が2800円で、お子さんは1400円となります。東武ワールドスクウェアへのアクセスは「今市インターチェンジ」からなら車で20分程度です。

那須ハイランドパーク(栃木)

栃木県でドッグフレンドリーなテーマパークということで話題のスポットで、ワンちゃんと一緒に利用することができるアトラクションも充実していて愛犬家におすすめなのが「那須ハイランドパーク」です。

那須ハイランドパークはワンちゃん連れで乗れるアトラクションがいくつかあります。「ハローキティのポップンスマイル」や「ティーカップ」、「ファンカヤック」などのアトラクションが犬連れにおすすめです。観覧車もワンちゃんと利用可能です。

施設情報

栃木県の那須ハイランドパークの施設情報を解説します。那須ハイランドパークの営業時間はシーズンによって違いますが、基本的には9時から17時程度まで営業をしています。

那須ハイランドパークのチケット料金は、中学生以上の大人の場合は入園料金のみだと1600円となります。ファンタジーパスセットは5600円です。那須ハイランドパークは車でのアクセスだと「那須インターチェンジ」から20分程度です。

【関西】犬と遊べるおすすめテーマパーク

犬と遊べるおすすめテーマパークの詳細として次にご紹介していきたいのが、関西エリアでおすすめのスポットの情報です。関西エリアには広々とした中で可愛いちゃんと過ごせるようなテーマパークや、大阪の中心部からもサクッとアクセスできるような便利スポットもあります。

ワールド牧場(大阪)

関西エリアで可愛いワンちゃんと触れ合うことができるおすすめのテーマパークとして、まずご紹介しておきたいのが、大阪の「ワールド牧場」です。ワールド牧場はテーマパーク内にワンちゃんがいるので、犬連れで無くても犬と触れ合えます。

ワールド牧場には「犬・猫ふれあい館」という施設があって、可愛い動物たちとふれあいができます。また、愛犬を連れてテーマパークに入園も可能となっています。無料で利用することができるドッグランもあって、広くて景色が良いドッグランです。

施設情報

大阪のワールド牧場の施設情報をご紹介します。ワールド牧場の営業時間は夏のシーズンは10時から17時半までで、冬のシーズンは10時から17時までとなります。火曜日が定休日です。

ワールド牧場のチケット料金は大人が1600円で、小学生の場合は800円です。ペットは500円で入場できます。ワールド牧場へのアクセスは電車・バスだと「さくら坂一丁目」のバス停から徒歩10分程度です。

うだ・アニマルパーク(奈良)

関西の中でも奈良県で可愛い動物たちと触れ合うことができるテーマパークということで人気なのが「うだ・アニマルパーク」です。うだ・アニマルパークはドッグランも完備しているスポットです。

うだ・アニマルパークはポニーやヤギなどの多彩な動物たちに会うことができるテーマパークです。体験アトラクションもあるので子連れにも人気です。無料で利用できる広いドッグランがあります。

施設情報

奈良のうだ・アニマルパークの施設情報をご紹介していきます。うだ・アニマルパークの営業時間は、動物学習館・動物ふれあい体験施設は9時から17時までとなっています。

うだ・アニマルパークは毎週月曜が休館日です。テーマパークの料金は無料です。うだ・アニマルパークへのアクセスは「五十軒」のバス停から徒歩で5分程度となります。

ペット同伴OKのテーマパーク利用時の注意点

犬と遊べるおすすめテーマパークの情報として、次にテーマパーク利用時の注意点について詳しくご紹介していきます。可愛いペット・愛犬を連れて各地のテーマパークにお出かけしたいと思っている人は、事前にペットを連れて行く場合の注意点もチェックしておくのがおすすめです。

アトラクションや料金は公式サイトでチェック

ペット同伴OKのテーマパーク利用時の注意点として、まずご紹介しておきたいポイントが、アトラクションや料金は公式サイトでチェックしておくということです。公式の最新情報を要チェックです。

アトラクションや料金は時期によっても違っていることがあるので、注意してみてください。一部のアトラクションが営業をしていないものがあったりすることもあります。

犬の健康状態や予防接種も忘れずに

ワンちゃんを連れてテーマパークにお出かけをする場合に気をつけておきたいポイントが、お出かけの前に犬の健康状態や予防接種も忘れずにチェックしておくということです。

予防接種をして感染症を予防しておくということはマナーでもありますし、犬の健康状態が悪いとお出かけで体調を崩すこともあるので要注意です。

犬と一緒にテーマパークで遊ぼう!

可愛い犬と一緒に遊ぶことができるおすすめテーマパーク情報は、いかがでしたでしょうか。関東にも関西にも素敵なテーマパークがあって、愛犬と一緒に周ることができたり、ドッグランを併設している場所もあります。ワンちゃんと一緒にテーマパークにお出かけしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ