セリアのティッシュケース特集!おしゃれな筒型や透明タイプなどおすすめ紹介!

皆さんが毎日使うものの中で、ティッシュがあると思いますが、なにか工夫をされていますか。100均ショップで知られるセリアには、おしゃれな筒型や透明タイプのティッシュケースがあります。セリアでおすすめの種類豊富なティッシュケースをご紹介します。

セリアのティッシュケース特集!おしゃれな筒型や透明タイプなどおすすめ紹介!のイメージ

目次

  1. 1使って大満足なセリアのティッシュケース
  2. 2セリアのティッシュケースの魅力
  3. 3セリアのティッシュケースの種類
  4. 4セリアのティッシュケースをもっとおしゃれに
  5. 5セリアのティッシュケースのリメイク術
  6. 6セリアのポケットティッシュケースもおすすめ
  7. 7セリア以外の100均ショップのティッシュケース
  8. 8セリアのティッシュケースを使ってみよう

使って大満足なセリアのティッシュケース

皆さんが毎日必ず使うと言っても過言ではないティッシュは、購入してきたあの箱のままで使っていますか。100均ショップは、生活を彩ってくれる素敵な商品が多いですが、ティッシュケースというものも販売しています。

100均ショップの中でも、ポップな商品も多く、女性に人気のショップ、セリアでもこのティッシュケースが売っています。セリアには、色々な種類のティッシュケースがあるのでおすすめです。

セリアのティッシュケースには、おしゃれな筒型や透明タイプなどの種類もあるのでお気に入りのティッシュケースが見つかるはずです。セリアでおすすめのティッシュケースをおしゃれな筒型や透明タイプも併せてご紹介します。

セリアのティッシュケースの口コミ

セリアのティッシュケースを購入する前には、セリアのティッシュケースの口コミについて知っておきたいものです。セリアのティッシュケースの口コミは、どのように集めれば良いでしょうか。

セリアのティッシュケースの口コミを集めるのに、簡単な方法があります。それが、インターネットの検索を利用して口コミを集める方法です。グーグルなどの検索サイトでは、上質な口コミを上位に表示させていることが多いです。

インターネットの検索で、「セリア、ティッシュケース、口コミ」と入力をして検索をしてみてください。そうすると、実際に購入して使ってみた感想などを掲載しているページもあります。

セリアのティッシュケースの口コミを検索して集めてみると、種類豊富でおしゃれなティッシュケースがあるのでおすすめしている口コミが数多く見られます。100均と安いので、数種類のティッシュケースを購入して楽しんでいる人もいます。

Thumbセリアのウェットティッシュケースが人気!便利なふたやデザインもおしゃれ!
近年、手指を清潔に保ちたいということで、ウェットティッシュを常備する方が増えていますが、セリ...

セリアのティッシュケースの魅力

セリアのティッシュケースの種類をご紹介する前に、セリアのティッシュケースの魅力についてお話しをしましょう。セリアのティッシュケースの魅力には、いくつもの魅力があり人気のあるアイテムですが、ここでは2つの魅力に絞ってご紹介します。

セリアのティッシュケースの魅力から、「そのまま使ってもおしゃれなインテリアになる」ということや「シンプルだからリメイクにもおすすめ」と言う点についてお話しをしていきましょう。

そのまま使ってもおしゃれなインテリアになる

セリアのティッシュケースの魅力に、「そのまま使ってもおしゃれなインテリアになる」という点が挙げられます。セリアのティッシュケースは、とてもシンプルで、どんなインテリアにも映えるそんなティッシュケースになります。

あまりにもカラーリングや柄が施されていたりすると、インテリアを選んでしまい、なかなか部屋になじまなかったりするものです。セリアのティッシュケースは、ホワイトやグレー、ブラックなどの単色カラーのものが多いので、その点、インテリアとして馴染みます。

そして、筒型の種類や透明な種類もタイプもあるので、さりげなく、お部屋に置いておくことができます。シンプルザベストなおしゃれなティッシュケースが、セリアでは販売されているのでおすすめです。

シンプルだからリメイクにもおすすめ

次のセリアのティッシュケースの魅力には、「シンプルだからリメイクにもおすすめ」という点が挙げられます。さきほどもお話しをしたように、カラーリングが、ホワイトやグレー、ブラックなど単色カラーということもあり、リメイクがしやすいのでおすすめです。

そして、プラスチック製ということもあり、シールなどで簡単にリメイクして、おしゃれなインテリアにもなってしまうおすすめのティッシュケースです。リメイクするシールなどもセリアで手に入るので、安い価格で、おしゃれにリメイクできてしまいます。

そして、もし、飽きてしまったら、100均ということもあり、買い替えてまたリメイクを楽しむということができるのでおすすめです。のちほど、セリアのティッシュケースのリメイク方法をいくつかご紹介します。

セリアのティッシュケースの種類

ここでは、セリアのティッシュケースの種類をいくつかご紹介しましょう。セリアのティッシュケースの種類にはいくつかの種類がありますが、シンプルなものから筒型のおしゃれなもの、透明なティッシュケースもあります。

セリアのティッシュケースの種類から、「シンプルな白いティッシュケース」と「筒型がおしゃれなボトル型ティッシュケース」、「透明なソフトパックティッシュ用」、「使いやすいウッドティッシュケース」をご紹介します。

シンプルな白いティッシュケース

セリアのティッシュケースの種類の中で、もっとも数多く販売されているティッシュケースに、「シンプルな白いティッシュケース」があります。インテリアを選ばない、シンプルで白いティッシュケースなのでおすすめです。

シンプルで白いだけのティッシュケースなのですが、やはり、場所を選ばず置いているだけでインテリアにもなるそんなティッシュケースです。セリア以外の100均ショップでも、この手のシンプルな白いティッシュケースは販売されています。

使い方も簡単で、ティッシュケースを開けて、中にティッシュボックスをすぽっと入れるだけです。そして、ホワイト一色ということもあり、リメイクもしやすくおすすめです。

筒型がおしゃれなボトル型ティッシュケース

セリアのティッシュケースの中で、もっともおしゃれなティッシュケースと口コミでも評判の高いものが、この「筒型がおしゃれなボトル型ティッシュケース」です。筒型なので、どのようにティッシュを入れるのかというと、ティッシュボックスからティッシュを取り出して、そのまま筒に入れるだけです。

筒にティッシュを入れるだけで、何も難しいということはありません。ただし、一点注意点を挙げるとするならば、あまり詰め込み過ぎないということです。筒に詰め込み過ぎると、ティッシュが出しにくくなります。

縦型の筒のようなデザインということもあり、洗面所にもぴったりでおしゃれなティッシュケースです。ホワイトやグレーの単色もあるので、リメイクも楽しむことができるのでおすすめです。

透明なソフトパックティッシュ用

セリアには、ソフトパックティッシュ用のティッシュケースも販売されています。透明ということで中が見えるので、残量が一目瞭然でおすすめです。この透明のソフトパックティッシュ用のティッシュケースは、通常のボックスのティッシュの場合、箱から出して入れれば入れることもできます。

透明なティッシュケースは、場所を選ばずに置くことができるのでおすすめです。リビングでも、寝室でも、子ども部屋でもおすすめのティッシュケースになります。

透明ということで、中のティッシュは見える状態ではありますが、それはそれでおしゃれな感じで人気があります。透明と言うことなので、リメイクなどを楽しむにも良さげです。

使いやすいウッドティッシュケース

もうひとつ、セリアでおすすめなティッシュケースがあります。それが、こちらの「使いやすいウッドティッシュケース」です。ウッドティッシュケースは、木製のティッシュケースで、シンプルなのにおしゃれなティッシュケースでおすすめです。

シンプルな木製のティッシュケースなので、そのまま使っても、インテリア風に使えて便利です。塗装もされていないので、自分好みの塗装に仕上げてインテリアとして楽しむこともできるのでおすすめです。

置く場所の部屋のイメージで塗装すると、部屋にマッチしたティッシュケースをリメイクすることができます。ウッディな感じを残したいのであれば、塗装はブライワックスがおすすめです。

セリアのティッシュケースをもっとおしゃれに

セリアのティッシュケースは、ここまでお話しをしてきたように、そのままでも十分おしゃれに利用することができますが、ひと手間掛けることで、さらにおしゃれになるのでおすすめです。

シールで簡単にリメイクすることから、塗装などでおしゃれなティッシュケースにすることも可能です。このあとは、セリアのティッシュケースのリメイク術をいくつかご紹介します。

セリアのティッシュケースのリメイク術

ここでは、セリアのティッシュケースのリメイク術についてお話しをしていきましょう。セリアのティッシュケースのリメイク術には、色々なアイディアがあります。アイディア次第で、おしゃれにも、使い勝手のよいティッシュケースにもなります。

セリアのティッシュケースのリメイク術から、「布カバーを取り付けておしゃれに変身」させる方法や「ステッカーやマステで簡単リメイク」する方法、「強力マグネットを使って壁かけ収納」として利用する方法をご紹介します。

布カバーを取り付けておしゃれに変身

セリアのティッシュケースのリメイク術のひとつに、「布カバーを取り付けておしゃれに変身」させる方法があります。ご自分で購入したティッシュケースの採寸をして、布カバーを自作すれば、オリジナルティなティッシュケースに変身させることができるのでおすすめです。

布カバー用の布もまた、セリアで調達することができるので、コスパよくリメイクを楽しむことができます。ヌノの種類も豊富に揃っているので、自分好みに仕上げることができるので人気のリメイク術です。

ステッカーやマステで簡単リメイク

セリアのティッシュケースのリメイク術でもっとも簡単な方法が、この「ステッカーやマステで簡単リメイク」になります。セリアでは、このリメイクをするためのステッカーやマスキングテープが各種販売されています。

ただ単にステッカーやマスキングテープを貼るだけの作業ということで、お子様にも自分の部屋に置くティッシュケースのリメイクを頼んではいかがでしょうか。親子でティッシュケースのリメイクを楽しめます。

セリアには、種類豊富なステッカーやマスキングテープが売っているので、簡単ではありますが、かなりオリジナルティを出すことも可能なのでおすすめです。

強力マグネットを使って壁かけ収納

セリアのティッシュケースのリメイク術でおすすめな「強力マグネットを使って壁かけ収納」する方法をご紹介していきましょう。強力マグネットを使って壁かけ収納は、とても便利に使えるということで人気があるリメイク方法です。

作り方はとても簡単で、セリアでも売っている強力マグネットをセリアで購入したティッシュケースの底面に貼るだけです。このときには、瞬間接着剤などでしっかりと貼り付けるようにしてください。

たったこれだけで、例えば、冷蔵庫に貼り付けたり、洗面所などでも使い勝手のよいティッシュケースに早変わりするはずです。

Thumbセリアのマスキングテープがかわいい!デザインの種類が豊富で便利な活用術も!
セリアにはさまざまな人気商品がありますが、中でもマスキングテープは種類が多くかわいいと評判に...

セリアのポケットティッシュケースもおすすめ

セリアのティッシュケースを色々とご紹介してきましたが、セリアにはポケットティッシュケースもありおすすめです。ポケットティッシュは、よく駅周辺の街中でももらえるティッシュですが、どんどん貯まる一方ではありませんか。

そんな貯まる一方のポケットティッシュを有効活用するのが、このポケットティッシュケースになります。セリアには、アクリル素材の透明なケースや真っ白なおしゃれなポケットティッシュケースもあります。

ポケットティッシュがすっぽりと収まる大きさで、通常のティッシュケースよりも小さなものになるので、洗面所などでもおすすめです。

セリア以外の100均ショップのティッシュケース

最後に、セリア以外の100均ショップのティッシュケースも少しご紹介していきましょう。セリアでお好みのティッシュケースが見つからなかったときには、下記の100均ショップにもまわってみましょう。

セリア以外の100均ショップのティッシュケースでは、「ダイソー」やー「キャンドゥ」からご紹介していきましょう。

ダイソー

ダイソーは、100均ショップの中でも店舗数がもっとも多く、ダイソーファンの方も多いのではないでしょうか。そんなダイソーにもティッシュケースが販売されています。

ダイソーのティッシュケースには、「モノトーンのティッシュケース」や「ふわふわっとしたティッシュケース」、「チェック柄ティッシュカバー」などが販売されています。時期によっては、また新しいティッシュケースに変わっていることもあります。

キャンドゥ

キャンドゥは、ダイソーやセリアでは扱わないような商品を提供しているということで、マニアの間では人気の100均ショップになります。

キャンドゥのティッシュケースでは、「真っ白なティッシュケース」や「モノトーンカラーのティッシュケース」、「ボトルタイプのティッシュケース」などが販売されています。

セリアのティッシュケースを使ってみよう

セリアでおすすめなティッシュケースをいくつかご紹介しながら、リメイク術についてもお話しをしてきましたが、いかがでしたでしょう。

セリアには、筒型のおしゃれなティッシュケースからシンプルなホワイトのティッシュケース、リメイクが楽しめる木製のティッシュケースなどがあります。シールなどで簡単にリメイクもできるので、お子様と一緒に、セリアのティッシュケースでリメイクを楽しんではいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ