100均のアクリル板が人気!種類も豊富でDIYにも大活躍なおすすめ13選!

100均にはさまざまなDIYの材料がありますが、近年特に人気となっているのがアクリル板です。そこで100均で販売されているアクリル板について、そのサイズや色、厚みなどについて紹介します。あわせてそれらを使ったおすすめグッズや必要な工具なども紹介します。

100均のアクリル板が人気!種類も豊富でDIYにも大活躍なおすすめ13選!のイメージ

目次

  1. 1人気の100均のアクリル板とは?
  2. 2100均のアクリル板が人気の理由
  3. 3100均のおすすめアクリル板〜ダイソー編
  4. 4100均のおすすめアクリル板〜キャンドゥ編
  5. 5100均のおすすめアクリル板〜セリア編
  6. 6100均のアクリル板を加工する際に必要なものは?
  7. 7100均のおすすめアクリル板をチェックしてみよう!

人気の100均のアクリル板とは?

近年、感染症の関係で飲食店などいろいろなところにアクリル板で作った仕切りを付けているのを目にするようになりました。しかしそれ以前からアクリル板は、DIYなどをする方にはおすすめの素材として人気となっていたのです。100均で購入できるアクリル板の色やサイズなどについて紹介します。

100均のアクリル板が人気の理由

飲食店などの仕切りとして使われているアクリル板は、アクリル樹脂という素材から作られたシート状の板のことです。透明性が高く、衝撃に強いうえ、熱を加えると形を変えることができる、着色も簡単というふうに扱いやすく、現代では身の回りのさまざまなものの素材として使われています。

アクリル樹脂そのものはシート状にすればアクリル板となりますが、液状になっているものは着色剤に、エマルジョン素材のものは着色剤や接着剤に、そして近年人気のUVレジンもアクリル樹脂の仲間です。

このような特性を持つアクリル樹脂から作られたアクリル板は、100均でも人気の高い商品となっています。まずはその理由について紹介していきましょう。

種類が豊富でDIYに使いやすい

アクリル板の特徴としてまず挙げられるのが、DIYに使いやすいという点です。先ほども述べたように、アクリル板は切断したり曲げたりと言った可塑性に優れており、ガラスのように切断などしても破片が飛び散ることもありません。ですからDIYでさまざまなものを作りたい時に便利なのです。

たとえばアニメのグッズなどにアクキー、アクスタといったものがありますが、これらはアクリル板を加工して作ったものです。販売されているものはプロの仕事ではありますが、あれだけさまざまな形にでき、色もきれいにつけられるという証拠でもあるのです。

100均で販売されているアクリル板はもちろん値段も手頃ですから、気軽に購入してDIYに利用することができます。ものづくりが好きという方にはぜひおすすめしたい素材と言えるでしょう。

サイズ、色も選べる

今述べた、切断などの加工が容易で着色もしやすいというアクリル板の特性は、それだけさまざまなものに使いやすいということにつながります。実際に一口に100均のアクリル板と言ってもその種類は豊富であり、DIYの内容に応じて選択肢も豊富です。

サイズも色もさまざまなものがあるため、自分が必要とするサイズ、色を選ぶことができます。透明なものに文字などを描いて飾りにしたり、色がついたものでアクセントにしたり、またサイズも自分の作りたいものに合わせて選べます。

スペースに合ったサイズのものを選べば、わざわざ切断する必要もありませんし、そのまま利用できるのでおすすめです。100均でアクリル板を選ぶ時にはぜひ利用するスペースなどを測って行くことをおすすめします。

Thumb100均のイヤリングがかわいい!おすすめのハンドメイドパーツもあり!
みなさんは100均でイヤリングが買えるのをご存じですか?100均のイヤリングなんてと思われる...

100均のおすすめアクリル板〜ダイソー編

それでは具体的に、100均で販売されているアクリル板の商品について紹介していきましょう。まずは国内で店舗数が最も多いと言われる「ダイソー」で販売されているアクリル板について紹介します。

ダイソーは何といっても日本一店舗数が多いこともあり、品ぞろえもとても豊富です。アクリル板と一口に言ってもさまざまな色、サイズのものが販売されています。人気のものを中心に紹介していきましょう。

透明アクリル板

アクリル板というとまず多くの方がイメージするのが透明のアクリル板です。それだけに人気もあり、ダイソーほかほとんどの100均、またホームセンターなどでも販売されています。100均のタイプのものはホームセンターなどのものよりもサイズが小さめなこともあり、使いやすいというメリットもあります。

サイズは290ミリ×210ミリで厚さが2.0ミリです。透過性が高く中身が見えやすいので、アクリル板を使ったケースなどをDIYしたい時などには特におすすめのタイプです。最もオーソドックスなタイプであり、人気も高いです。

半透明アクリル板

透明と乳白色の間くらいの透過性があるのが「半透明」のアクリル板です。次にも述べますが、半透明タイプはクリアカラーのほかに色が付いているタイプのものもあるので、好みのものを選ぶことができます。

サイズ、厚みは透明のアクリル板と同じです。乳白色よりも中身が見えるため、半透明でケースを作ったり、棚板などに利用するのもおすすめです。半透明タイプで統一するとまとまりができきれいに見えます。

色付きアクリル板

ダイソーの色付のアクリル板には、黒、乳白色のものがあります。黒は目立たない補強アイテムとして使いたい方に人気が高く、例えばカバンの底の補強などにおすすめです。乳白色は優しい色合いで、そのままではもちろん、裏からライトを当てるようなDIYに使うと優しい雰囲気を醸し出します。

サイズ、厚さは透明や半透明のものと同じであり、目隠しとして他のタイプと組み合わせてDIYをしたいという方にもおすすめです。

またこのほかに赤、黄色、青などの半透明のカラータイプのものもあります。こちらもDIYでアクセントとして使いやすいのですが、ホームセンターなどではあまりないタイプなので、ダイソーなど100均で探す方も多いです。

厚手シートアクリル板

ダイソーのアクリル板の厚みは基本的には2ミリなのですが、厚手のタイプがあります。こちらは1.4ミリで、厚みが少し違うため、実際に比較してどちらがいいか選ぶとよいでしょう。サイズは他のタイプと同じです。

ちょっとした補強などに使うのであれば、扱いやすいこともあり、こちらを選ぶという方も多いようです。透明タイプなので、ちょっとしたカバンの底に入れて補強にしたりするのもおすすめです。

ビッグサイズアクリル板

ダイソーなどの100均で販売されているアクリル板はここまで述べたように290ミリ×210ミリというサイズです。これはA4版サイズなので、小物を作ったりする分には使いやすいサイズとなっているのですが、棚板などには少し小さく感じられるでしょう。

そのような場合、ダイソーのビッグサイズのアクリル板がおすすめです。こちらは290ミリ×500ミリあるため、大きめなサイズのものに使いたい場合に便利です。テーブルマットなど大きなまま使いたい方におすすめします。

100均のおすすめアクリル板〜キャンドゥ編

さまざまな商品がバランスよく揃えられているという印象がある「キャンドゥ」も、全国に多くの店舗を持つ100均のお店です。こちらにもさまざまな種類のアクリル板が揃えられており、人気の商品となっています。

SNS映えする商品も多いので、それらを飾るためのケースを作ったり、下に敷いたりするために使いたい方にもおすすめです。アクリル板は実はガラスよりも光線透過率が高いので、よりきれいに撮影などができるでしょう。

不透明アクリル板

キャンドゥでは不透明なアクリル板を扱っています。サイズ、厚さともにダイソーのものと同じタイプで、好きな形にカットして、コースターなど水に濡れやすいグッズにDIYしたりするのにもおすすめです。ペンで着色などしたり、マスキングテープなどを貼ったりなど、さまざまな使い方ができそうです。

不透明タイプを使ってイラストなどを加えると、高級感のある仕上がりになるということでハンドメイドに使う方も多いようです。好みでさまざまな加工をするとよいでしょう。

透明アクリル板

透明のアクリル板もダイソーと同じサイズ、厚みのものがキャンドゥで販売されています。こちらは棚板などに使うと透明感があり、底を見せるような形での収納に使うことができます。近年ではキャットウォークなどに使い、猫の肉球が見えるようにするという方もいるようです。

透明なので清潔感があり、くわえてアクリル板は耐水性もあるため、汚れた場合でも水洗いができるという点もいいところです。アクリルケースに加工して中が見える収納に使うのもおすすめです。

カラーアクリル板

キャンドゥには次に述べる半透明のタイプもあるのですが、その半透明のタイプに色が付けられたカラータイプのものも販売されています。先ほども述べたように、カラータイプのものはホームセンターなどにはあまりないタイプなので、カラータイプをうまく使うことでアクセントのあるDIYをすることができます。

カラータイプのアクリル板を使う場合は色味が大切です。どんな色味のものかによって仕上がりが違うので、ぜひ実際のアクリル板を店頭でチェックして、色を確認することをおすすめします。

半透明アクリル板

半透明タイプのアクリル板は、ダイソーのものと同様、うっすらと中身が透けて見える感じで使いたい時におすすめです。アクリル板は加工がしやすいので、いろいろな形にすることもできますし、アクセサリーなどを作りたいという時にもおすすめのタイプです。

光がうっすら透けるという特徴を利用して、夏向きのアクセサリー作りに使う方もいるようです。透明感があってそれでいてかわいらしい印象のアイテムを作るのにおすすめです。もちろんアクリル板で作るケースなどにする場合にもいいでしょう。サイズ、厚みとも他のアクリル板と同じです。

Thumbキャンドゥの収納ケース・ボックスが優秀!サイズも豊富なおすすめ11選!
100均ショップの「キャンドゥ」には、クオリティの高い収納ボックスがたくさん揃っています。お...

100均のおすすめアクリル板〜セリア編

100均の中でも特に若い女性に人気が高いと言われるセリアは、ハンドメイドで使う道具や材料も充実しているため、アクリル板もさまざまなサイズのものが揃えられています。比較的薄いタイプのものが多いので、より加工が楽にできるという点がおすすめです。

アクリル板そのものを加工するのはもちろん、セリアは他の素材も豊富なので、それらと組み合わせて作品を作りたいという方にもおすすめです。またダイソーなどと同じアクリル板という名称のもののほかに「PPシート」というものがあります。そこでそのPPシートを中心に紹介します。

PPシート不透明

セリアのPPシートはダイソーなどの乳白色に近いタイプとして「不透明」があります。こちらの特徴はサイズと厚みがアクリル板と違うという点にあります。サイズは500ミリ×350ミリ、厚みは0.75ミリとなります。

アクリル板に比べるとサイズが大きく、逆に厚みは薄いので、はさみなどでも簡単にカットをすることができます。そのためいろいろなDIYをする際に扱いやすいため、人気が高いです。色は白、黒、グレーの3色があり、モノトーングッズづくりにおすすめです。

PPシート透明

同じPPシートには透明のタイプもあります。こちらも他の100均のアクリル板と同様に使いやすく、人気が高いタイプです。サイズや厚みは不透明のものと同じなので、こちらもはさみなど特別な道具を使わずに加工ができます。

透明をいかしてイラストなどを描いてアクリルキーホルダーを作るのもおすすめです。薄いのでカットしやすいのはもちろん、穴を開けたりするのも楽ですし、それでいて耐久性があるので丈夫というメリットもうれしいところです。

PPシート半透明

PPシートの半透明タイプも使い勝手のよいアクリル板です。こちらも色は白、黒、グレーの3色が用意されており、サイズや厚みなどは他のものと同じです。半透明タイプは適度に光を通すので、窓などに貼って使うと光はちゃんと通すのに目隠しにも使えるので、その点でも便利です。

また、こちらもキーホルダーなどを作るのにも使いやすいタイプです。半透明の色をいかして、少し幻想的な雰囲気を出すことができそうです。さまざまなDIYに使えるのでこちらもぜひチェックしてみてください。

大きいサイズのアクリル板

セリアのPPシートはもともと大判なのですが、さらに一回り大きなサイズのものも販売されています。こちらのサイズは570ミリ×400ミリなので、ダイソーなどのものよりもさらに大きいため、棚板など大きなサイズのものを作りたいという場合はこちらをチェックしてみるとよいでしょう。

サイズとしてはかなり大判になりますので、それ1枚で使いたいような場合に購入するのがおすすめです。薄いですが、アクリル板そのものが耐久性がある素材なので、さまざまなDIYに手軽に利用することができそうです。

100均のアクリル板を加工する際に必要なものは?

最後に、アクリル板を使いさまざまなDIYをしたいという方におすすめの道具を紹介します。ダイソーなどの100均で販売されているアクリル板の場合、厚みがあまりないので、ふつうのはさみなどを使ってもカットは可能です。

しかし、きれいに作品を仕上げたいというのであれば、最低限、金属の定規とカッターは用意しておくことをおすすめします。まず定規は、アクリル板に当ててカッターで切る際に定規に当てて切るため、金属製のものでないと定規に傷がつく可能性があります。

また、アクリル板は薄いとは言え、紙ではないので、カッターで一発で切るのは難しいです。金物定規を当て、なんどかカッターで切って溝をつけて、机の角などにあてて折るときれいにカットできます。プラスチック用のカッターなどがあればそちらがおすすめです。

100均のおすすめアクリル板をチェックしてみよう!

100均のアクリル板はさまざまなDIYをしたいという方に手軽に使えるおすすめの素材です。色や厚みなどの種類も豊富で、何といっても税抜き100円で購入することが出来るので、気軽にチャレンジすることもできます。ぜひアクリル板を上手に利用して、さまざまなグッズづくりを楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ