犬連れ登山のマナーや注意点まとめ!おすすめグッズや山の選び方も!

登山を楽しんでいる人の中で、愛犬と一緒に楽しみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。初めて犬を登山に連れて行く際には、マナーや注意点もあります。犬と一緒に登山を楽しむためのマナーや注意点、おすすめグッズや山の選び方もご紹介します。

犬連れ登山のマナーや注意点まとめ!おすすめグッズや山の選び方も!のイメージ

目次

  1. 1犬連れ登山ってどうなの?
  2. 2犬連れ登山のマナー
  3. 3犬連れ登山の注意点
  4. 4犬連れ登山のおすすめグッズ
  5. 5犬連れ登山する際の山の選び方
  6. 6愛犬と楽しめるハイキングコースや登山コース
  7. 7犬連れ登山へ行く前にチェックしておこう!

犬連れ登山ってどうなの?

登山を日頃から楽しんでいる方の中には、愛犬と一緒に登山を楽しみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ただ、どこの山なら許可されているのか、マナーや注意事項もわからないので、なかなか行くチャンスを作れないと言う方もいらっしゃるでしょう。

愛犬との登山は、ハードルが高いと思っていらっしゃる方も多いでしょうが、実は、マナーや注意事項をしっかりと守れば、愛犬との登山を受け入れているところもあります。本格的な登山は難しいですが、ハイキング気分で登山できる山もあります。

愛犬ともハイキングや登山をすることで、さらに、絆が深まるはずです。愛犬とハイキングや登山を楽しむ際にリードなどのおすすめグッズもあります。愛犬とハイキングや登山を楽しむ際のマナーや注意点、リードなどのおすすめグッズをご紹介します。

Thumbドッグランが楽しめる関東のおすすめスポットはココ!人気の秘密も紹介!
関東エリアで可愛いワンちゃんと一緒に過ごすことができるということで人気の、「ドッグラン」のお...

犬連れ登山のマナー

まずは、愛犬とハイキングや登山を楽しむ際のマナーについてご紹介していきましょう。ハイキングや登山は、たくさんの方が楽しむ場所でもあるために、愛犬を連れて行くとなると守るべきマナーがいくつかあります。

このマナーを守らなければ、今、犬連れが認められている場所でも禁止になってしまうことにもなりかねません。愛犬とハイキングや登山を楽しむ際のマナーから、「犬同伴がOKなのか事前に調べる」ということと、「最低限のしつけ」ができているか、「狂犬病・ワクチン」の接種が終わっているかなどをご説明します。

犬同伴がOKなのか事前に調べる

愛犬とハイキングや登山を楽しむ際のマナーのひとつに、「犬同伴がOKなのか事前に調べる」ということが挙げられますが、初めての方にとって、この犬同伴がOKなのか事前に調べるのがどうしたら良いのかがわからない方もいるでしょう。

まずは、インターネットで、すでに愛犬とのハイキングや登山を楽しんでいる方の情報を検索してみましょう。思いの外、愛犬とのハイキングや登山を楽しんでいらっしゃる方は多いです。インターネットで、「犬、登山、ハイキング」などで検索してみましょう。

検索で上がってきた記事の中から、愛犬と楽しめるハイキングコースや登山コースを見つけてみてください。初めての方にもおすすめな場所が記事で書かれていることが多いです。良さげなハイキングコースや登山コースを見つけたら、それで情報収集を終わりにしないでください。

次に、そのハイキングコースや登山コースを管轄する市町村のページや国立公園であれば環境省のページを調べて、現在、犬連れが禁止されているか否か、注意点はないかを調べましょう。公的機関のルールを見てみないと、犬連れが可能かははっきりしません。

最低限のしつけ

愛犬とハイキングや登山を楽しむ際のマナーとして、「最低限のしつけ」ということが挙げられます。ハイキングや登山をされている方の中には、犬が苦手と言う方もいらっしゃいます。万が一のことを考えて、「待て」ができたり、遠くへ行っても呼べば来るといった基本的なしつけは済ませておきましょう。

ハイキングや登山となると、愛犬もうれしくて興奮モードになることも多いです。そのようなときには、愛犬を落ち着かすことができるかどうかも大切になります。ハイキングや登山をお考えの方は、普段からしっかりとしつけをしておきましょう。

狂犬病・ワクチン接種

次に、これも常識の範疇ですが、ドッグランなどでもマナーとして決められている「狂犬病やワクチン各種」の接種も忘れずに行っておきましょう。必ず、ハイキングや登山で山に入るときには、狂犬病やワクチン接種済み証明証を持参するようにしてください。

万が一、何かあったときにでも、すぐに提示ができる状態にしておきましょう。狂犬病やワクチンの接種をしていたと記憶していても、必ず、接種済み証明証の日付を確認しておいてください。そうでないと、期限が過ぎていたということもよくあることです。

万が一、期限が過ぎていたのを確認した場合には、ハイキングや登山の中止をするようにしましょう。

犬連れ登山の注意点

次に、犬を連れてのハイキングや登山での注意点についてご紹介しましょう。愛犬をハイキングや登山に連れて行く際には、マナーとともに、注意点もあるので理解しておきましょう。注意点と言っても基本的には常識の範疇なので、普段から注意していることなので難しいということではありません。

犬を連れてのハイキングや登山での注意点には、いつくかの注意事項がありますが、ここでは、特に注意してほしい事項2つについてご説明しておきます。

犬を連れてのハイキングや登山での注意点から、「リードを付ける」という点と、「ゴミを出さない」という点を詳しくご説明します。

リードを付ける

まず、ひとつめの犬を連れてのハイキングや登山での注意点は、「リードを付ける」ということです。これは、普段、愛犬を散歩に連れて行くときにも、必ず、リードを付けているはずです。ですので、特別なことではありません。

ただ、ハイキングや登山に行くと、まわりはとても広くて、開放的なために、リードを外してしまう人も中にはいるようです。こういうリードを外してしまったときに限って事故も起こるものです。

このリードを外してしまうという行為は、愛犬が悪いというのではなく、飼い主の責任として守るべき事項になります。不可抗力で、リードが外れてしまったときには、飼い主は慌てずに、いつものように、愛犬を手元に呼び戻す努力をしましょう。

ゴミを出さない

もうひとつの犬を連れてのハイキングや登山での注意点は、「ゴミを出さない」ということです。これは、愛犬とハイキングや登山を楽しむということに限ったことではなくて、人間として当たり前のことですので守りましょう。

愛犬を連れてのゴミということになると、やはり、糞をした際の後始末になるでしょう。これも、普段、散歩の時のように、糞を回収すればいいだけのことです。また、愛犬がおしっこをした際にもペットボトルの水などで流しておくのが礼儀です。

ハイキングや登山を楽しむということは、自然豊かな場所に行くことにほかなりません。ですので、美しい自然を守るためにも、「ゴミを出さない」ように注意しましょう。

犬連れ登山のおすすめグッズ

ここでは、犬連れ登山のおすすめグッズについていくつかご紹介しましょう。犬連れ登山は、やはり、散歩とはまた違ったシチュエーションになります。そのため、犬連れ登山に使い勝手の良いグッズも数多く販売されています。

犬連れ登山のおすすめグッズから、「リード」と「リュック」、「ゴミ入れ」、「救急セット」などをご紹介します。ハイキング・登山用のグッズがあれば、いざというときにも利用できます。

リード

犬連れ登山のおすすめグッズのひとつめは、「リード」です。ハイキングや登山は、自然の中で楽しむということなので、普段以上にリードの役目というのは重要になります。普段から使い慣れているリードが良いですが、経年劣化で傷んでいないかなどの事前チェックをしておきましょう。

経年劣化していて、山中でリードが壊れてしまったということにならないようにしましょう。リードが壊れてしまうという想定をしておくということは、予備のリードも準備しておくということです。

リードは、飼い主にとっても愛犬にとっても、大自然の中では命綱に等しいグッズです。大切なグッズのひとつなので、しっかりとチェックをしておきましょう。

ハイキングなどで、広大な敷地の公園などでは、いつもより長いリードを用意して愛犬を思う存分遊ばせることもできます。長さ調節のできるリードなどを用意するのもおすすめです。

リュック

犬連れ登山のおすすめグッズの「リュック」をご紹介しましょう。このリュックというのは、通常のリュックのことではありません。万が一、愛犬が山中で怪我をしたり、体調が悪くなったときには、抱きかかえなくてはいけません。

そういう状況の中では、抱っこして下山するというのは非常に危険を伴います。ですので、愛犬を入れられるようなリュックというのは、そのような場合にはおすすめです。

また、リュックだけでなく、人間が赤ちゃんを抱っこするようなグッズに似たものが、「ドッグスリング」というものです。赤ちゃんと同じような感じで袋状の中に、愛犬を入れる感じです。ほとんどの場合は、小型犬から中型犬用のものになります。

ゴミ入れ

このゴミ入れですが、特に、糞をした際の後始末には必要です。現在は、「うんちが臭わない袋」などのスグレモノのグッズも販売されています。通販で手に入れることができるので予め調べて入手しておきましょう。

愛犬も長距離を歩くとなると、何回かは糞をすることが予想されます。ですので、十分な枚数のゴミ入れを用意してから出発しましょう。なお、糞については、基本的には持ち帰りとなるのでその点も考慮してください。

救急セット

次に、「救急セット」ですが、これは、人間はもちろん持っていくはずですが、犬用の救急セットも併せて持参するようにしましょう。救急セットには、棘が刺さった時のためのピンセットやハサミ、バスタオルなども持っていきましょう。

ハイキングや登山は、自然豊かな環境の中で楽しむものなので、どうしても、ちょっとした怪我は当たり前のように起きます。普段の散歩では考えられないような怪我がある場合もあります。

ここまで紹介してきたグッズ以外にも、犬の迷子札や犬の靴、犬のレインコートなどのグッズなどもあると便利なグッズになります。

犬連れ登山する際の山の選び方

こちらでは、犬連れ登山する際の山の選び方についていくつかご紹介しましょう。犬連れ登山する際の山の選び方は、冒頭でも少しご説明しましたが、まずは、インターネットで初心者でもおすすめなハイキングコースや山々をピックアップします。

そして、そこの管轄の市役所などのホームページで、現在、犬連れでのハイキングや登山が認められているかなどをチェックします。また、注意点なども掲載されているので参考になります。

犬連れ登山する際の山の選び方ですが、まずは、いきなり山に登山をするという計画ではなく、ハイキングコースなどで、愛犬とともに慣れてから、山にチャレンジをした方が良いです。

愛犬と楽しめるハイキングコースや登山コース

ここでは、愛犬と楽しめるハイキングコースや登山コースをご紹介しましょう。愛犬といきなり初めて登山というよりも、まずは、軽くハイキングコースで慣れてから登山へとレベルアップしてはいかがでしょう。

体力的にも登山よりは、楽になるはずなので、ハイキングで愛犬の様子も色々と見えてくるものがあるはずです。そして、何回かハイキングを楽しんだあとに、いよいよ登山へとチャレンジできます。

愛犬と楽しめるハイキングコースや登山コースから、「わんダフルネイチャーヴィレッジ」と「浅間牧場高原ハイキング」、「高尾山」をご紹介します。

わんダフルネイチャーヴィレッジ

わんダフルネイチャーヴィレッジは、そのネーミングからも理解できるように、愛犬とアウトドアを満喫できる施設になります。東京サマーランドに隣接する施設で、オートキャンプも愛犬と楽しめる仕様となっています。

ドッグランもあり、敷地はとても広大なことから、ハイキングコースまであります。ウッドチップロードということで、愛犬の足にも優しい仕様となっています。ここが東京なのかと思うほどに、自然豊かな光景を四季を通して楽しむことができます。

わんダフルネイチャーヴィレッジは、各所に、うんちBOXまである愛犬家にとっても快適な施設になります。入園料金は中学生以上の大人が850円で、犬も850円かかります。

浅間牧場高原ハイキング

浅間牧場高原ハイキングは、浅間山山麓にある高原牧場になります。広大な敷地の中には、ハイキングコースも設置されています。

牧場内の管理道路ということで、とても歩きやすくなっています。「浅間牧場白糸の滝ハイキングコース」などの2時間のハイキングコースもあります。

高尾山(東京都八王子市)

東京都八王子市の高尾山は、東京を代表する登山コースで人気があります。ここは、よく愛犬を連れて登山されている方とすれ違うことが多い登山コースです。

高尾山の登山コースは、とても整備されているので、愛犬とゆっくりと休日を過ごすことができるのでおすすめです。都心からもアクセスも良いので人気です。

Thumb高尾山は初心者でも大丈夫?一人や子供連れでも安心のおすすめ登山コースまとめ!
東京都八王子市にある高尾山はミシュランガイドで紹介された人気の観光地です。子供さんから家族連...

犬連れ登山へ行く前にチェックしておこう!

愛犬をハイキングや登山に連れて行く場合には、目的地が犬連れでも大丈夫なのか、独自のルールはあるのかなどを確認しましょう。また、当たり前のことが多いですが、ルールや注意点を守ってハイキングや登山を愛犬と楽しみましょう。

愛犬をハイキングや登山に連れて行く際には、リードなどのグッズなども用意して楽しみましょう。マナーや注意点を守ることで、愛犬とともに安全に登山を楽しむことができます。今年のこれからの登山シーズンは、愛犬とともにチャレンジしてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ