車中泊用のマットおすすめ11選!軽自動車からファミリーカーまで人気商品紹介!

自動車の中で一夜を明かす流行りのアウトドア「車中泊」。日本には車中泊にあると便利なマットが種類豊富に販売されており、軽自動車から大型車まで使用することができます。車中泊用マットは安い値段で購入でき、車中泊だけでなくテント内でも使用できるタイプがあります。

車中泊用のマットおすすめ11選!軽自動車からファミリーカーまで人気商品紹介!のイメージ

目次

  1. 1車中泊用におすすめのマットとは?
  2. 2車中泊用マットの選び方
  3. 3軽自動車の車中泊におすすめのマット
  4. 4安い車中泊におすすめのマット
  5. 5人気の車中泊におすすめのマット
  6. 6大型車の車中泊におすすめのマット
  7. 7車中泊におすすめのマットをチェックしてみよう!

車中泊用におすすめのマットとは?

キャンパーやアウトドア好きな方から流行っている「車中泊」。最近では車中泊におすすめのマットが種類豊富に販売されており、車中泊でも家の布団やベッドと同じ感覚でしっかりと身体を休めることができます。

今回はそんな車中泊におすすめのマットについて詳しくご紹介します。軽自動車から大型車など車に合わせたマットはもちろん、安い値段で販売されているマットや適したマットの選び方までまとめてお伝えしていきます。

車中泊用マットの選び方

現在、世界中で販売されている車中泊用のマット。マットは種類によって厚みや居心地の良さが変わっていくので、自分のスタイルに合うマットを選ぶのが重要です。軽自動車・大型車など利用する車のサイズによっても変えていきましょう。

今回はそんな車中泊用マットの選び方について詳しくご紹介します。オンラインショップでもマットは購入できますが、初めて利用する方は実際に店舗へ足を運んで目で見て、肌に触れながら決めて行くのがおすすめです。

手動式

車中泊でも寝心地を優先してマットを選びたい方におすすめなのが「手動式」です。手動式とは自分で空気を入れて厚みを調整することができるので、それぞれ人に合った寝心地の良さを追求することができます。

手動式のマットは硬さも調整可能なので、普段自分が寝ている環境に近い状況を作り出すことができます。そのため、車中泊でも安心してぐっすりと眠ることができ、どんなアウトドアシーンでも身体を休められます。

手動式はサイズの種類も多いので、軽自動車や大型車など車種によって選ぶのもおすすめです。基本的には大きなサイズのマットなので、車内スペースに余裕のある方から人気があります。子供連れの方にもおすすめのマットです。

自動膨張タイプ

車中泊でもマットの準備に時間を取られたくない方は「自動膨張タイプ」がおすすめです。自動膨張タイプはコンパクトに収納することができるので、軽自動車など車内スペースが狭い車種でも使用することが可能。

自動膨張タイプはマットに付いている専用のバルブを開けるだけで、自動的に空気が入っていきます。空気入れや空気を入れる時間を省くことができ、ある程度の時間放置しておけばマットが完成している優れものです。

使わないときは空気を抜いてコンパクトに収納できるので、荷物の邪魔にもなりません。マットでも「ウレタン素材」を使用すれば柔らかい感触を楽しむことができ、車中泊だけでなくテント泊でも快適に過ごせます。

Thumb車中泊はニトリのマットレスがコスパ最高!おすすめの人気商品を紹介!
ニトリの6つ折りのマットレスが車中泊に使えると人気があります。コンパクトに収納でき、コスパが...

軽自動車の車中泊におすすめのマット

コンパクトなサイズで、運転しやすいことから人気のある「軽自動車」。最近では軽自動車も車内スペースが広々としているので、車中泊を行う方が増えています。軽自動車のサイズに合うマットも種類豊富に販売されています。

今回はそんな軽自動車の車中泊におすすめのマットをまとめてご紹介します。軽自動車の車種にもよってサイズを変えていき、基本的には1人、2人までの車中泊におすすめのマットです。軽自動車の方はぜひ参考にしてみてください。

コンポジット 車中泊マット

S・M・Lサイズと3種類の中から選ぶことができ、軽自動車の後部座席にピッタリの車中泊用マットです。防湿効果があるのでオールシーズン使用することができ、手動式なので自分でマットの硬さを調整することが可能。

マットの収納袋がセットになっているので、持ち運びもとても楽です。デザイン性も豊富で、枕もセットになっているのでマットを購入するだけで車中泊を快適に過ごせます。寝心地が良く、老若男女問わず人気のあるマットになります。

クイックキャンプ 車中泊マット 8cm スエード

種類豊富なアウトドア用品を取り扱っている「クイックキャンプ」。クイックキャンプの車中泊用マットは自動膨張タイプとなっており、2枚以上連結することができるので軽自動車や大型車でも利用することができます。

マットは8cmものクッション性があるので、車独特の凹凸を気にすることなく過ごすことが可能です。ダークグレーカラーのみとなりますが、どんな車種でも合わせやすい見た目なので初めて車中泊を行う方にもおすすめ。

スエード調タイプのマットなので肌触りがとても良く、専用の収納バッグで持ち運びも楽です。車中泊ではもちろん、テントなどで利用する場合は地面の冷気を感じさせない素材で作られているので、オールシーズン使用できます。

Mioke エアマット

肌触りがとても良いことで人気のある車中泊用マット「Mioke エアマット」。Mioke エアマットは肌に触る部分は起毛素材を使用しているので、夏場にたくさん汗をかいてもべたつかないのが特徴的です。

セパレートタイプの車中泊用マットになり、収納袋と枕が2個セットになっているお得なマットでもあります。マットには落下防止パーテーションが備わっているので、寝ている間に運転席と助手席の隙間に落ちてしまう心配もありません。

マットのサイズは車のサイズによって変更可能なので、初めて車中泊を行う方にもおすすめ。キャンプやアウトドア、防災用としても活躍するマットになるので、1枚持っているだけで便利に使用することができます。

安い車中泊におすすめのマット

車中泊用マットは販売しているブランドや、種類によって大きく値段が変わっていきます。その中でも安い値段で販売されていますが、快適に車中泊を楽しめるマットもいくつかあるのでコスパを抑えたい方は必見です。

今回はそんな安い車中泊におすすめのマットをまとめてご紹介します。車中泊初心者の方はもちろん、いくつか予備で安いマットを持っておきたいと言う方にもおすすめです。安い値段でも安心した寝心地を実現させてくれます。

Lanyuan エアマット

足で踏むだけで空気の入る便利な車中泊用マット「Lanyuan エアマット」。Lanyuan エアマットは車中泊やキャンプ場などエアポンプのない場所でも空気を入れることができ、枕が連帯なのでそのまま寝転ぶだけで快適に過ごせます。

Lanyuan エアマットは車中泊を行う男性におすすめの商品でもあり、194cm・幅62cm・高さ7cmと広々としたサイズです。エアマットは弾力性がとても高く、万が一汚れてしまってもさっと拭き取るだけで清潔さを保つことができます。

Lanyuan エアマットは高性能ですが、驚くほど安い値段で販売されていることでも人気。Lanyuan エアマットは2個セットで6500円となっており、夫婦やカップルで車中泊用マットを探している方にもおすすめです。

Sable エアーマット 厚さ14cm

安い値段で販売されていますが、車中泊用マットの中でも厚みのある「Sable エアーマット」。Sable エアーマットはなんとマットの厚みが14cmもあり、マットを押すだけで膨張していくので楽に設置することができます。

寝心地抜群のマットには枕もセットになっており、車の中の凸凹も気にせず眠ることが可能です。厚みがあるので地面に寝転がっても背中のゴツゴツ感を軽減してくれ、使わないときは収納袋にコンパクトに持ち運ぶことができます。

Sable エアーマットは便利な機能がたくさん備わっていながら、1つ3500円とかなり安い値段で販売されています。時期によってセールも行っている商品なので、より安い値段でマットを購入することができるかもしれません。

人気の車中泊におすすめのマット

現在、さまざまなアウトドアブランドで車中泊用のマットが販売されており、多くの人々から注目されています。中でも人気の高い車中泊用マットは早々に在庫切れになる可能性もあるので、早めに購入しておくのがおすすめです。

今回はそんな人気の車中泊におすすめのマットをまとめてご紹介します。車中泊用マットで人気のある種類は、子供からお年寄りまで快適に過ごせる工夫が施されています。安い値段とコスパも良いので、ぜひチェックしてみてください。

ピカキュウ エアーベッド

車中泊用マットの中でも、ベロア生地を使用している肌触りの良い人気のマットです。マットに寝転ぶと柔らかい部分、硬い部分と絶妙なバランスを保っているので、寝心地が良いことでも口コミで評価が高いマットになります。

ピカキュウ エアーベッドは保湿・保温効果も期待できるので、オールシーズン快適に過ごすことができます。自動膨張タイプなので車中泊の際も簡単にセットすることができ、肌触りを重視している方にもおすすめ。

空気を抜きながら丸めていくことでコンパクトに収納することができ、軽自動車でもスペースを取らずに移動させることが可能です。寒い季節でも身体をしっかりと温めてくれるので、車中泊を頻繁に行っている方にも人気があります。

PGMARO エアベッド

車中泊用マットでも人気のあるPGMARO エアベッドは、高反発ウレタンを採用しているので長時間眠っていても疲れにくいマットになります。腰に優しい素材を使用しているので、幅広い年代から使いやすいとの声も。

自動膨張タイプのマットになっており、2つものバルブがセットされているので約1分ほどでエアベッドが完成します。厚みは5cmあるので、車中泊ではもちろんテント泊など地面のゴツゴツが気になる際も使用することができます。

PGMARO エアベッドは枕もセットになっており、2人用となっています。軽自動車から大型車まであらゆる車種で使用することが可能なので、初めて車中泊用マットを購入する方にもおすすめです。

Thumb車中泊キャンプの楽しみ方&注意点まとめ!おすすめの道具やキャンプ場も紹介!
近年、キャンプをする方の中に、車中泊キャンプを楽しむ方が増えてきました。車の中という限られた...

大型車の車中泊におすすめのマット

1年中車中泊やアウトドアを楽しんでいる方は、大型車に乗っている方も多いです。大型車は広々とした車内スペースを利用してマットを敷くことができるので、男性でも足を延ばしてゆったりと眠ることができます。

今回はそんな大型車の車中泊におすすめのマットについて詳しくご紹介します。大型車は大人数で車中泊する際にもおすすめの車種でもあり、大きなサイズのマットも入るので家族連れにもおすすめです。

モダンデコ 車中泊 エアーマット

抜群な寝心地を再現してくれるエアピローつきのマット「モダンデコ 車中泊 エアーマット」。広々としたサイズなので大型車におすすめで、大人の方でもゆったりと身体を伸ばして眠ることができます。

エアピローはマットの硬さを自由に調整できるので、いつも寝ている環境を作り出すことが可能です。車中泊でも安心して疲れを癒すことができ、自動膨張タイプなのでマットを開いて待つだけで完成します。

マットは約150kgまで耐えられるので、大人2人で使用しても安定感がしっかりとしています。空気を抜いて巻くだけでコンパクトに収納することができ、専用の収納袋もセットになっています。冷え込む冬でも身体を温めてくれるマットです。

YOUTALLY 車中泊マット

後部座席やトランクなど車種によってマットのサイズを変えられる「YOUTALLY 車中泊マット」。YOUTALLY 車中泊マットは屋外やキャンプにはもちろん、車中泊にも使用できるマットになり、手入れがしやすいことで人気があります。

マットにはポリマー素材を使用しており、厚みがあるので背中に違和感を感じることがありません。夏でも冬でも快適に使用できるので、オールシーズン車中泊を楽しみたい方にもおすすめです。電動エアポンプがついているので、セットも楽。

suiming エアベッド

2、3人で車中泊を計画している方におすすめのマットが「suiming エアベッド」。suiming エアベッドは設置されているエアノズルを開くだけで、自動的に膨張していきます。枕部分も自分で硬さを調整することが可能です。

防水性・通気性に優れているマットなので、蒸し暑い夏の時期にピッタリのマットになります。汚れてしまっても洗濯機で丸洗いできるので、いつでも清潔に使用することが可能。カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれなマットになります。

IREGRO 車中泊マット

車中泊用マットでは珍しい「ウェーブデザイン」を採用しており、体圧を分散してくれるので寝転ぶだけで身体の疲れを癒すことができます。ゆっくりと空気を入れながら膨らませられるので、軽自動車でも大型車でも利用可能です。

マットには専用の空気穴が設置されているので、空気を抜く際も時間がかかりません。コンパクトに収納することができ、快適な姿勢で睡眠がとれるので車中泊にピッタリです。いろんな車種でマットを使用したい方にもおすすめのマットになります。

車中泊におすすめのマットをチェックしてみよう!

車の中でも普段と変わらない快適な空間を作り出してくれる「車中泊用マット」。車中泊用マットは自分の睡眠スタイルや車種によって種類を変えることができ、車中泊だけでなくさまざまなアウトドアシーンで活躍してくれます。

車中泊用マットは今回紹介した以外にもたくさんの種類が販売されています。ぜひ、自分のアウトドアスタイルに合う車中泊用マットを探している方は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ