ダイソーのジグはコスパも良く釣れると高評価!おすすめの商品は?

ダイソーにはなんと釣りの道具もあり、中でもジグはコスパがよく、さまざまな釣りに使えるということで人気が高い商品です。そこでダイソーのジグについて、販売されている商品の種類やどのような釣りに使えるのか、また口コミ評価などについても紹介します。

ダイソーのジグはコスパも良く釣れると高評価!おすすめの商品は?のイメージ

目次

  1. 1コスパ最高?ダイソーのジグとは?
  2. 2ダイソーのジグが人気の理由
  3. 3ダイソーのジグの種類
  4. 4ダイソーのジグで釣れる魚の種類
  5. 5ダイソーのジグを購入した人の感想
  6. 6ダイソーのジグのカスタマイズも
  7. 7コスパ最高のおすすめ釣り道具!ダイソーのジグをチェックしてみよう!

コスパ最高?ダイソーのジグとは?

日本で最も店舗数が多いと言われる「ダイソー」は、「ないものはない」という言葉がまさに当てはまるほどにさまざまな商品を揃えています。

その中にはなんと釣りに使うジグもあるのです。ダイソーのジグのおすすめポイントや商品の種類、そして使えるのかどうかについても合わせて紹介します。

ダイソーのジグが人気の理由

近年、アウトドアの趣味を楽しむ方が増えてきて、釣りもまた人気が高まっています。釣りをしようという場合、さまざまな道具をそろえる必要がありますが、その道具の一つがジグです。

ジグというのは釣りの時に使う疑似餌(ルアー)の一種です。釣りをする場合、魚釣りをする場合、魚が食べる餌を竿の先につけますが、疑似餌という名前の通り、これ自体は魚が食べるものではありません。

しかし、これを見つけた魚が寄ってきてくれなければ意味がありませんから、この疑似餌は魚の食べるものに似せた形にしたり、魚が興味を引く光や音、形などをしていることが多いです。疑似餌にもさまざまな種類がありますが、ジグはこの中のルアーの仲間です。

ジグという言葉そのものは「金属のかたまり」を意味します。ですからジグはメタルなどの金属を原料にしたもので比較的重さがあるものが多いです。重さがあるため遠くに飛ばしやすく、また沈むスピードも速いです。

このように、ジグは釣りを楽しみたい方ならば必須の道具ではあるのですが、特に初心者の場合、いきなり高いものを買うのは気が引けるという方も多いでしょう。実はそんな方におすすめしたいのがあの「ダイソー」で販売しているジグなのです。

そもそもダイソーにジグがあるということ自体、今初めて知ったという方も多いでしょう。ではダイソーのジグにはどのようなおすすめポイントがあるのでしょうか。まずはそこから紹介していきましょう。

メタルながら安い値段

言うまでもなく、「ダイソー」は100均です。日本で最も店舗数が多いと言われ、日用品から食料品まで、ありとあらゆるものが販売されており、いつ行っても新たな発見がある店としてどこでも大人気です。

とはいえ、ふだん釣りを趣味にしている方でもダイソーでジグが販売されているとは知らなかったという方も多いでしょう。なんとダイソーのジグは100円という安い値段で購入することが可能です。

これだけ安いとなると、ダイソーのジグはちゃんと使えるものなのかと疑問を感じる方もいるかもしれません。この安い値段でありながら、ダイソーのジグは「メタルジグ」であり、ちゃんとしたメタル製のものなのです。

ちゃんとしたメタルジグですからもちろんしっかりと釣りに使うことができますし、後でも触れますが釣りの成果も期待できる商品です。初心者の方はもちろんですが、釣りを趣味とする方の間でも人気のアイテムとなっています。

種類も選べる

ジグは先ほど述べたように、魚が寄ってくるようにさまざまな工夫がされています。そもそも魚だって種類が違えば好みも違うでしょうから、いろいろな種類のものが必要という推測ができます。

ダイソーで販売されている「メタルジグ」は、淡水海水問わずさまざまな場所で使うことができるジグだとされています。しかし実際、釣りに関する記事などを読んでみると、釣る魚により使うジグの種類も違います。そのあたり、釣り具専門店ではないダイソーは対応できるのでしょうか。

ダイソーがすごいのは、単に「ジグがある」というだけではなくて、種類も豊富であるということです。収納用品などならともかく、商品としては専門性の高い分野になるであろうジグも豊富にあるという点はさすが人気の100均というところです。

次にもう少し詳しく触れますが、ダイソーのジグは商品そのものの種類もそうですが、重さや色などのバリエーションも豊富にあり、好みのものを選ぶことができます。100均で1つ1つの商品の値段も安いので、いろいろ選ぶことができそうです。

さまざまなタイプが揃っているので、ぜひお店で実物を見て、触れて選ぶことをおすすめします。安いのでいくつか気になったものを購入して、実際の釣りで試してみるというのもいいでしょう。

ダイソーのジグの種類

それでは実際に、ダイソーにはどのようなジグがあるのかについて紹介していきましょう。今述べたように、ダイソーでは100円という安い値段でありながら、さまざまな種類のジグが販売されており、人気商品となっています。

ダイソーのジグは大きく分けて「ジグロック」と「メタルジグ」があり、それぞれに重さや色などいくつもの種類に分かれます。どのようなタイプのものがあるのかということについて、それぞれ分けて紹介していきます。

ジグロック

ジグロックというのはジグの中でもセンター、つまり中心付近に重心があるタイプ、いわゆるセンターバランス型のジグのことです。そのため横も縦も中央が太くできていて、ややゆっくり目に巻くとジグロックが回転せずに、ひらひらと水中に舞うように使うのがおすすめです。

ダイソーのジグロックは、重さが18グラム、28グラム、48グラムの3種類、色はブルーピンク、シルバー、グリーンゴールドという定番の人気色のものが提供されています。釣りたい魚に合わせ、好みのものを選ぶのがおすすめです。

ジグロック自体に重さがあるため、中層から底のあたりにいる魚を釣りたいという方に特に人気が高く、100円という安い値段のものなので、根がかりなどを心配せずにどんどん使っていけるという点もおすすめです。

ジグベイト

中央に重心があるジグロックに対して、ジグベイトは後方に重心があるという違いがあります。そのために先端が細く、真ん中から後ろにかけて太くなり、また細くなるという形になっています。そのためどのような使い方をしても泳ぐような感じで動くので、初心者におすすめのタイプと言われます。

こちらもダイソーでは18グラム、28グラム、48グラムの3種類の重さのもので、ブルー、ピンク、オレンジのカラーのものが販売されています。こちらも多くの方に使いやすい、おすすめのタイプのものが揃っています。

扱い方が楽なので、いろいろな魚をターゲットにしている方に使いやすいおすすめのタイプであり、値段も安いので、安心して使うことができます。初心者はもちろん、いくつか揃えておきたい人気の商品と言えるでしょう。

メタルジグ

ダイソーの3代目メタルジグとして販売になったメタルジグは、前者2つの物に比べて形が細長く、スリムになりました。重さは以前のシリーズと同じ18グラム、28グラム、40グラムの3種類、色はイワシカラーと言われるブルー系のものとなります。

また前者2つのものと違い、メタルジグの本体に重さが刻印されているため、すぐに見てわかるというのも改善点と言えるでしょう。スプリットリング、トレブルフックがついているのは以前と変わりありません。

ダイソーという安いお店で買ったという感じではなく、専門の釣具店に並んでいてもおかしくないような仕上がりになっている点も人気の秘密であり、全体に高級感があるつくりになっているのが特徴です。実際人気が高く、やや品薄という口コミもあるようです。

ダイソーのジグで釣れる魚の種類

ダイソーのジグは安い値段で手に入るのですが、実際に使い道はあるのでしょうか。次にダイソーのジグを使ってどのような魚を釣ることができるのかという点について紹介していきましょう。

後で口コミなどを紹介しますが、ダイソーのジグを使った釣りでの釣果については、さまざまな口コミがあるようで、いろいろな釣りにダイソーのジグが有効活用されていることがわかります。その中でも特におすすめのターゲットを紹介します。

ヒラメ

ダイソーのジグは重みがあるため、ヒラメやマダイといった魚を狙いたい方に人気が高く、100均ということで買いだめしているという方も多く見られます。ヒラメはフィッシュイーターなので、ジグを追い回す姿も運が良ければ見られます。

ヒラメは砂地、マダイならば沈み根が点在するような場所にいることが多いので、まずはこのような場所を見つけましょう。底の方を狙うことが多いので、40グラムの重いジグを使うのがおすすめです。剛性があるタイプの竿を使うとより釣りやすいです。

太刀魚

ダイソーのジグを使ってなんと太刀魚も狙うことができます。太刀魚は秋にシーズンを迎えるので、秋に釣りを予定するならば、ぜひ狙ってみましょう。ダイソーのジグは重さがあるため飛距離が出やすく、ロングキャストで探ることができます。

中層から表層など上手に泳がせると太刀魚が追いかけてきてくれます。防波堤などから太刀魚狙いで投げてみるのもおすすめです。

青魚

ダイソーのジグを使って釣りをしたという中で目を引くのが青物です。28グラムのジグでサゴシをゲットした、40グラムのジグでなんと73センチもあるワラサをゲットしたなどの釣果報告があるとのことで、100円という安い値段のメタルジグの釣果としては驚くほどといっていいでしょう。

他にもハマチやブリ、カンパチ、アジなど人気が高い青物をねらうのに、釣具店で販売されているメタルジグとそん色ない釣果が期待できそうです。特に岩礁帯などのエリアやボトムの状況がはっきりしないようなところに使う方が多いです。

100円という安い値段で購入できますから、万が一切れてしまったとしても安心ということもあるのですが、やはり釣果が期待できるからこその人気と言っていいでしょう。

ダイソーのジグのブルーピンクカラーやイワシカラーのタイプは、その名前の通りイワシを彷彿させる色合いであり、それらを餌とする青魚が好んで追いかけてくるようです。フィッシュイーターの魚であればどの魚でもおすすめです。

ただ、ダイソーのジグの場合はややフックに不安があるという方もいるため、後で述べるように改良するとより安心して使えそうです。そのあたりについても最後に触れます。

Thumbメバリング用ジグヘッドのおすすめ11選!ラインの太さや選び方・使い分け方は?
近年人気の釣りであるメバリングは、ジグヘッドを単体で使うジグ単で楽しむ方が多いです。そこでメ...

ダイソーのジグを購入した人の感想

では、ダイソーのジグを実際に使った方はどのような感想を持っているのでしょうか。ダイソーの商品ということで、値段的にも気軽に試すことができるとあって、実際に購入し、さまざまな釣りに使ってみたという口コミは多く見られます。

まず、ダイソーのジグということで最も気になるのが、「ちゃんと釣りに使えるのか」という点ではないでしょうか。いくら安い値段で手に入ると言っても、本当に専門のお店で売っているものと差がないのか、気になる所です。

その点に関しての口コミを見ると、おおむねかなりの釣果が期待できるということがわかります。むしろダイソーのジグは近年では、数あるジグの中でも代表的な人気商品の一つに数えられています。カラーや重さなど、取り揃えてまとめ買いをしているという方も見られます。

釣果の方もかなりの口コミの種類が上がっています。先ほど述べたように青物やヒラメなどはその代表的なものとして挙げられますが、例えば50センチ超のコロダイとアオリイカ11杯をダイソーのメタルジグで釣ったというようなものもあります。

また、ダイソーのジグロックのシルバータイプはマゴチに絶大な効果があるという口コミもあり、ヒラメと同様に底にいる魚を狙っている方にもとても人気が高いことがわかります。

さまざまな魚を釣りたい時に、気軽に試すことができるダイソーのジグは、かなりの期待ができそうであり、人気があるのも当然と言えるでしょう。初心者の方はもちろん、ふだん趣味にしている方もぜひお試ししてはいかがでしょうか。

Thumbエギング初心者必見!タックルや仕掛け・アオリイカ釣りのコツまで徹底解説!
エギを使ってイカを釣る手法「エギング」。エギング初心者はタックルや仕掛けなど準備するものが多...

ダイソーのジグのカスタマイズも

ダイソーのジグは性能もよく、使い勝手のよい商品で人気が高いのですが、唯一評価が低いのがフックです。ダイソーのジグについているトリプルフックはあまり質が良くなく、すぐに伸びてしまって使えないという口コミがあるのです。

フックが伸びてしまうとせっかくかかった魚が逃げてしまうので、特に大きな魚を狙いたい方ならばこのフックは交換することをおすすめします。もともとダイソーのジグは安いので、フックを交換したとしても全体としては安く仕上げることができるでしょう。これで釣果が上がるのですからぜひおすすめです。

このほかにボディを削って好みのバランスにしたり、塗装にコーティングを施したり、塗装を変えたりと、それぞれの好みでカスタマイズを加えている方も多いようです。慣れてきたらこちらもお試ししてみることをおすすめします。

コスパ最高のおすすめ釣り道具!ダイソーのジグをチェックしてみよう!

ないものはないという言葉があてはまるほどにさまざまな商品が並ぶダイソーの中でも、ジグは釣りをする方にとってはとても人気が高い商品として知られます。

初心者でも使いやすく、またカスタマイズを施すことで熟練の方にもおすすめです。ぜひダイソーのジグを使ってさまざまな釣りを楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ