ノースフェイスのキャリーバッグはタフでおしゃれ!おすすめの人気商品紹介!

人気アウトドアブランドのノースフェイスから、おしゃれで使いやすいキャリーバッグが販売されています。軽量で強度があり、旅行に便利という口コミが多く寄せられています。ノースフェイスのおすすめのキャリーバッグをご紹介しましょう。

ノースフェイスのキャリーバッグはタフでおしゃれ!おすすめの人気商品紹介!のイメージ

目次

  1. 1タフでおしゃれなノースフェイスのキャリーバッグとは?
  2. 2ノースフェイスで人気のキャリーバッグとは?
  3. 3ノースフェイスのキャリーバッグが人気の理由
  4. 4ノースフェイスの人気キャリーバッグモデル
  5. 5オプションアイテムもあるノースフェイスのキャリーバッグ
  6. 6ノースフェイスのキャリーバッグの口コミ
  7. 7ノースフェイスのキャリーバッグの購入方法
  8. 8旅行でもおすすめのノースフェイスのキャリーバッグを検討してみよう!

タフでおしゃれなノースフェイスのキャリーバッグとは?

アメリカ発の人気アウトドアブランド「ノースフェイス」からは、おしゃれで耐久性のあるキャリーバッグが販売されています。サイズによっては機内持ち込みができるものもあり、軽くて使いやすく、旅行の際に便利という口コミがたくさんあります。

ノースフェイスのキャリーバッグは機能性が高く、種類も豊富に揃っています。その中から旅行におすすめの人気モデルをご紹介しましょう。

ノースフェイスで人気のキャリーバッグとは?

旅行用のバッグは、スーツケースやキャリーバッグなどいくつか種類があります。一般にスーツケースは四角い形をしており、持ち手が付いています。素材は合金や革などさまざまで、最近は軽くて丈夫な硬質プラスチックなどの合成樹脂のものが主流です。

スーツケースが誕生したのは19世紀頃で、もともとキャスターは付いていなかったのですが、近年は持ち運びがしやすいようキャスターが付いているものが多くあります。

キャリーバッグはキャスターが付いた小型バッグのことで、通称「コロコロ」と呼ばれることもあります。ビニール製や布製など軽い素材のものが多く、プチ旅行や機内持ち込みなどによく使われます。

実はキャリーバッグは和製英語で、キャリーバッグを表す英語はtrolley bag(トロリーバッグ)やcarrier bag(キャリアーバッグ)といいます。英語でキャリーバッグというと、エコバッグのような買い物袋のことを指します。

旅行の時に機内持ち込みができるサイズは?

キャリーバッグは小型のバッグというイメージがありますが、小さなものから大型のものまで、さまざまな種類があります。

機内持ち込みができる荷物のサイズは規定があるので、飛行機を使った旅行の際は、キャリーバッグのサイズを確認しておきましょう。

機内持ち込みができる荷物のサイズは、国内線と国際線では異なります。国内線の場合、飛行機の座席数によってサイズが異なります。

JALでは、座席数が100席未満の場合、高さ45x幅35x奥行き20cm以内(3辺の合計が100cm以内)となっています。また座席数が100席以上の場合、高さ55x幅40x奥行き25cm以内(3辺の合計が115cm以内)となっています。

サイズには、キャスターやハンドル、ポケットなど全ての部分が含まれます。目安として100席未満の場合20L前後、100席以上の場合30L前後となります。重量制限は身の回り品を含めて10kgまでです。

LCCは重量制限が厳しく、7kgまでとなっているところがほとんどです。航空会社によって異なりますが、超過した荷物は料金を支払い、受託手荷物として預ける必要があります。機内持ち込みをする場合は、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

国際線の場合は、航空会社によって機内持ち込みができる荷物のサイズが異なります。一般に、高さ55x幅40x奥行き25cm以内(3辺合計115cm以内)、総重量10kgまでとなっています。旅行の際は利用する航空会社に問い合わせして、しっかり確認すると良いでしょう。

ノースフェイスのキャリーバッグが人気の理由

ノースフェイスは機能性が高く、おしゃれなデザインの製品が多いことで知られている人気ブランドです。キャンプや登山、ウィンタースポーツなど、ハードな環境でも安心して使うことができ、世界中で愛用されています。

ノースフェイスは機能面だけではなく、デザインがおしゃれなものが多く、特にウェアはタウンユースとして人気があります。レインウェアや自転車用のジャケット、冬用のウェアなど多くの製品があり、人気のウェアはすぐに売り切れになってしまうほどです。

ノースフェイスはバッグやシューズなども多く販売しています。バッグの種類も多く、トートバッグやリュックサック、キッズ用リュックなどさまざまな種類が販売されています。

キャリーバッグは機内持ち込みができるサイズから、150Lを超える大型サイズまであり、旅行などさまざまなシーンで使うことができます。おしゃれで機能的にも優れていると高評価の口コミが寄せられており、大変人気があります。

高い機能性

ノースフェイスのキャリーバッグが人気の理由は、何と言っても高い機能性にあります。耐久性の高い素材で作られており、少し乱暴に扱っても破損することはありません。また防水加工が施されており、汚れや水に強いのも特徴です。

キャスターは強度のあるものを採用しており、破損する心配が少なく、安心して使うことができます。ハンドルも扱いやすく、持ち運びに便利です。

サイズが豊富

ノースフェイスのキャリーバッグが人気の理由は、機能面以外にもまだあります。デザインがおしゃれなことと、サイズが豊富なことです。

ノースフェイスのキャリーバッグは見た目はシンプルですが、細部にまでこだわった使いやすいデザインとなっています。またサイズも豊富で、旅行の際は荷物の量に合わせて選ぶことができます。

ノースフェイスの人気キャリーバッグモデル

ノースフェイスの人気キャリーバッグモデルをご紹介します。デザインがおしゃれで、機能面に優れており、あらゆるシーンで利用できるおすすめのキャリーバッグになります。

こちらでご紹介するノースフェイスのおすすめキャリーバッグは、BCローリングダッフル、ローリングサンダー22インチ、ローリングサンダー30インチ、ローリングサンダー36インチになります。

BCローリングダッフル

素材に1000デニールのポリエステルTPEラミネートを使用した耐久性と防水性に優れた人気キャリーバッグです。底に大きなホイールが付いていて、荷物をたくさん詰めても運びやすいのが特徴です。

ノースフェイスのノースフェイスのキャリーバッグのサイズは、36x71x37cmで、容量は97L、重量は約2.7kgとなっています。色はブラックとブラウンの2色展開です。

キャスターの他、ショルダーハーネスが付いているのでリュックのように背負うこともできます。サイドにジッパーつきのコンパートメントが付いているので、小物を収納するのに便利です。

開口部は大きく開くので、荷物の出し入れが便利という口コミが多く寄せられています。底の部分は擦れに強い840Dナイロンで補強さえており、旅行を含めいろいろなシーンで利用できるおすすめバッグです。

ローリングサンダー22インチ

続いてご紹介するノースフェイスのおすすめキャリーバッグは「ローリングサンダー22インチ」になります。素材は1000DポリエステルTPEラミネートを採用しており、耐久性に優れ、水や汚れに強いのが特徴です。

ノースフェイスのこちらのキャリーバッグのサイズは、35x53x21cmで、容量は40L、重量は約3.3kgとなります。色はブラックで、値段は38,500円です。

背面にモードパネルが組み込まれていて、型崩れしにくいのが特徴です。サイドにシューズなどを収納できるジッパー付きのポケットがあります。大型のキャスターが付いているので、バランスが取りやすく、運びやすいという口コミが多くあります。

トップにストラップが付いており、リュックサックなど小さなバッグを吊り下げることができます。開口部は大きく開き、荷物が取り出しやすくなっています。ほどよい大きさで、ノースフェイスの中で人気があるキャリーバッグです。

ローリングサンダー30インチ

次にご紹介するノースフェイスのおすすめキャリーバッグは、「ローリングサンダー30インチ」です。1000デニールポリエステルTPEラミネート素材を採用しており、汚れや水などに強く、耐久性があります。

上でご紹介した「ローリングサンダー22インチ」と同様、使いやすいおしゃれなデザインです。サイズは40x76x33cmで、容量は80L、重量は5.2kgとなります。色はブラックのみで、値段は44,00円です。

背面に成型モードが入っており、重い物を詰めても型崩れがしにくく、運びやすいのが特徴です。大きめのキャスターと持ちやすいハンドルが付いています。

上部にジッパー付きのポケットが付いており、シューズなどを収納できます。4か所にストラップが付いているので荷物をしっかりとまとめることができ、運びやすいという口コミが多く寄せられています。

こちらのキャリーバッグも大きく開くので、荷物の出し入れがしやすと人気があります。80Lあるので、中・長期間の旅行にもおすすめです。

ローリングサンダー36インチ

次にご紹介するノースフェイスのおすすめキャリーバッグは「ローリングサンダー36インチ」です。こちらも、素材に1000デニールポリエステルTPEラミネートを使っており、丈夫で耐久性が高いのが特徴です。

サイズは45x91x40cmで、容量は155L、重量は5.4kgと大型のキャリーバッグになります。おしゃれなデザインと人気があり、値段は50,600円です。色はブラックのみとなっています。

サイドにジッパー付きのポケットが付いており、シューズなどが収納できます。キャスターは大きく、使いやすいという口コミが多く見られます。背面に成型モールドパネルが入っており、重いものを収納しても型崩れがしにくくなっています。

表面にストラップが付いており、小型のリュックサックなどが吊り下げれます。4か所にストラップが付いており、バッグをしっかりとまとめることができます。こちらも人気があるモデルで、中・長期間の旅行におすすめです。

オプションアイテムもあるノースフェイスのキャリーバッグ

ノースフェイスの「BCユニット5インチ」は、キャリーバッグと組みあわせて使うことができる便利なアイテムです。使わない時は、小さく収納できます。

サイドにタブが付いており、ショルダーストラップを取り付けることができます。こちらも素材は、1000DTPEファブリックラミネートで耐久性が高く、長く使うことができます。

ノースフェイスのローリングサンダー22インチ専用の「レインカバー」が販売されています。ハンドルを伸ばした状態でも使用することができ、背面はY字型のテープで3方向からしっかりと留めることができます。

素材は70デニールのリップストップナイロンで強度が高く、長持ちがします。雨が降ってもキャリーバッグを濡らすことがないので安心です。色はブラックで、重量は100gです。値段は4,400円です。

レインカバーはローリングサンダー30インチ専用のものも販売されています。こちらもブラックのみで、値段は5,500円となっています。

ノースフェイスのキャリーバッグの口コミ

ノースフェイスのキャリーバッグには「おしゃれで、かっこいい」という口コミが多く寄せられています。鵜黒いボディに赤いロゴが入っており、シンプルですっきりとしたデザインが人気です。旅行の他、普段使いもできるおすすめバッグです。

ノースフェイスのキャリーバッグは、「荷物がたくさん収納できる」という口コミが多くあります。ソフトタイプの生地なので、荷物をたっぷりと詰めることができます。大容量のキャリーバッグは、長期間の旅行におすすめという口コミがたくさんあります。

ノースフェイスのキャリーバッグは、「荷物をたくさん詰めても運びやすい」という口コミも多くあります。キャスターが大きく、持ち手がしっかりとしているため使いやすいと人気があります。ただしあまり詰めすぎると、重量オーバーになってしまうので気を付けてください。

ノースフェイスのキャリーバッグは、「丈夫で長持ちがする」という口コミも多くあります。耐久性があり、破損しにくいと好評です。また軽くて使いやすく、総合的におすすめのキャリーバッグとなっています。

ノースフェイスのキャリーバッグの購入方法

ノースフェイスのキャリーバッグは、ノースフェイスの店舗で購入できます。ノースフェイスは全国に直営店があります。直営店は品揃えが豊富で、キャリーバッグの種類も豊富に揃っているのでおすすめです。

お目当てのキャリーバッグがない場合は、取り寄せてもらうこともできます。ノースフェイスの直営店は公式サイトで確認できます。また直営店の他にもスポーツショップやアウトドアショップ、旅行用品を扱うショップなどでも販売しているのでチェックしてください。

近くにお店がない場合や、お目当てのキャリーバッグが見つからない場合は、ノースフェイスの公式通販サイトを利用しましょう。またアマゾンや楽天市場などの通販サイトでも販売しています。通販サイトは送料がかかる場合があるので確認してください。

Thumbノースフェイスの30Lリュックは登山や旅行にも大人気!商品ラインナップは?
ノースフェイスの30Lリュックが、登山や旅行でも活躍すると大人気です。今回の記事では、おしゃ...
Thumbノースフェイスの3WAYバッグは旅行やビジネスにも最適!種類や人気商品は?
ノースフェイスの3WAYバッグは、高機能で3通りの使い方ができるため、幅広いシーンで活躍して...

旅行でもおすすめのノースフェイスのキャリーバッグを検討してみよう!

ノースフェイスのキャリーバッグはおしゃれで使いやすいという口コミがたくさん寄せられています。軽くて、収納スペースも大きいため、荷物をたくさん詰めることができると好評です。

容量が小さいものから大型のキャリーバッグまで、さまざまな種類があるので、旅行の日数や荷物の量に合わせて選ぶといいでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ