ジャグスタンドのおすすめ&DIY方法まとめ!キャンプをおしゃれに楽しもう!

ウォータージャグを乗せるためのジャグスタンドは、キャンプの時にあると便利。ジャグスタンドは購入して利用するのもおすすめですが、DIYで楽しむのも人気があります。100均グッズなどでDIYできるので、手作りジャグスタンドでおしゃれにキャンプを楽しんでみましょう。

ジャグスタンドのおすすめ&DIY方法まとめ!キャンプをおしゃれに楽しもう!のイメージ

目次

  1. 1人気のジャグスタンドとは?
  2. 2ジャグスタンドの種類
  3. 3ジャグスタンドってキャンプで必要?
  4. 4ジャグスタンドのおすすめ商品
  5. 5ジャグスタンドってDIYできるの?
  6. 6ジャグスタンドのDIY方法
  7. 7ジャグスタンドをDIYする際の注意点
  8. 8ジャグスタンドを購入してみよう!

人気のジャグスタンドとは?

ジャグスタンドはウォータージャグを設置する際に利用する台のことを言うのですが、色んなものを代用して利用している方も少なくありません。無いからと言っても困るわけではありませんが、ジャグスタンドは持っているととっても便利なのが特徴です。

今はDIY人気もあるので、ジャグスタンドもDIYする方も増えています。おしゃれなスタイルにDIYできたら、より一層キャンプを楽しむことができるでしょう。

そこでキャンプで活躍するジャグスタンドについて紹介します。おすすめのジャグスタンド商品や、人気のDIY方法についてなどジャグスタンドの情報を紹介!木製商品や100均グッズでのDIYについても調査しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャグスタンドの種類

キャンプでウォータージャグを設置する場所として利用するジャグスタンドですが、まずはどんな種類があるのかからチェックしていきましょう。DIYする場合などでも、どんな種類があるのかを事前に知っておくと作成がしやすくなります。

ジャグスタンドの種類は大きく分けて2種類になるので、購入する際にはどちらが良いのか選択すると失敗しないで済むでしょう。それぞれの種類の特徴についても紹介していくので、ジャグスタンドを購入してキャンプで利用する方は参考にしてください。

木製

最初に紹介するジャグスタンドの種類は木製のタイプです。木製のタイプのジャグスタンドは、キャンプ場でも自然にマッチしやすいのが特徴で人気があります。

中にはウォータージャグ以外にも物を置いたりできるタイプもあるので、木製の種類でも幅広く商品展開されています。キャンプ時でも負担にならない軽量のタイプなどが販売されているので、キャンプ場内での移動にもスムーズにできるのもおすすめのポイント。

ジャグスタンドの木製の製品は、自分でカラーリングしたりとアレンジを楽しめるのも魅力です。他のキャンプ用品やウォータージャグに合わせてカラーをつけてもおしゃれに楽しむことができるので、初めての方にも木製はおすすめの種類になります。

鉄製

続いて紹介するのはジャグスタンドの鉄製の種類です。先ほど紹介した木製のジャグスタンドよりもしっかりとした安定感を求める方には鉄製のジャグスタンドがおすすめ。

ウォータージャグの重みにも耐えられるほどの耐久性も優れているので、キャンプ場でも安心して利用することができる種類です。もちろん鉄製だからと言って重たい製品になっているわけではないので、持ち運びも簡単にできるのでおすすめになります。

シンプルな作りになっている商品が多いので、自然の中でも違和感なく作成できる種類も揃っているのもポイントです。安定性を重視してジャグスタンドを購入するか検討している方の場合には、鉄製のジャグスタンドをチェックしてみてください。

ジャグスタンドってキャンプで必要?

ジャグスタンドは何度も触れているようにウォータージャグを設置する際に利用する台になります。ウォータージャグはテーブルなどに設置する方も少なくないので、キャンプ時にジャグスタンドが必要かどうか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

もちろんジャグスタンドはキャンプ時に必ず必要になるわけではありません。ですがキャンプ時では水を利用する機会が多いのでジャグスタンドがあると便利です。

身近に設置することができるので、水場まで足を運ぶ必要性がなくなるのがおすすめのポイント。木製の種類には椅子として利用できるタイプもあるので、ジャグスタンドとしてだけではなく色んな形で利用することができるのもおすすめのポイントになります。

ジャグスタンドのおすすめ商品

続いてジャグスタンドで人気のあるおすすめの商品について紹介していきます。ジャグスタンドは色んなメーカーから販売されているのですが、その中でも特に人気の商品を口コミなどをもとに厳選しました。便利グッズとして評価が高い商品ばかりになります。

それぞれのジャグスタンドのおすすめのポイントについても紹介していくので、ジャグスタンドを購入する際にはそれぞれの商品を比べることもできるので知っておくと便利です。では人気のジャグスタンドについて詳しく紹介していきましょう。

フィールドア 木製ジャグスタンド

最初に紹介するのは、フィールドアが提供している木製のジャグスタンドです。木の温もりを感じられる木製のジャグスタンドは、キャンプにも最適です。

木製のジャグスタンドは何種類か販売されているのですが、中でも人気を集めているのがパネル式木製ジャグスタンドです。パネルを組み合わせただけのシンプルな作りになっている木製のジャグスタンドになっていて、DIYを楽しめるのも魅力です。

ジャグスタンドとしての利用だけではなく、椅子としても利用することができますしサイドテーブル代わりに利用することも可能です。キャンプ時以外にも利用することができるので、アウトドア利用以外でも活躍できる便利グッズの一つになります。

組み立て方法なども簡単に行うことができるので、慣れてくると数分で作ることができるでしょう。収納時もコンパクトにまとめることができるので、持ち運びがしやすくなっているのも人気のポイント。使わない時は畳んでおくと邪魔にならないでしょう。

安定感もしっかりとしているので、色んな形で利用したい方はフィールドアの木製ジャグスタンドを購入してみるのもおすすめです。カラーリングなどで好みのスタイルにすることもできるので、DIY初心者の方でも気軽に楽しめるのも人気の理由の一つです。

マルキジオ オイルドラム

続いて紹介するのはジャグスタンドではなく、ウォータージャグになるのですがマルキジオから販売されているオイルドラムです。

オイルドラムは3リットル、5リットル、10リットル、12リットル、25リットルと大きさの種類がたくさんあるのがポイントです。たくさん容量が入るのも使い勝手が良いのですが、キャンプで利用する場合には容量が多すぎても余ってしまうことが多いです。

人気があるのは10リットルサイズや12リットルサイズのオイルドラムになるのですが、普段キャンプにアクセスするのが家族やグループなのか、ソロキャンプを楽しんでいるのかなどもふまえて容量は選択するのが失敗しない選び方の一つになります。

パッキンを取り付ければ水の出し入れも手軽に行えるのでおすすめ。見た目もコンパクトで軽量に作られているのも人気の理由の一つです。シンプルな見た目のオイルドラムになっているので、ウォータージャグの購入を検討している方はチェックしてみましょう。

マルキジオのオイルドラムの5リットルで約1.2キロほどの重さになっています。中に水を入れたら多少の重たさは感じてしまいますがキャンプ場までの持ち運びでは、女性でも気軽に利用できるでしょう。容量も含めて、一度チェックして見てください。

キャプテンスタッグ ウォータータンク用スタンド

最後に紹介するのは、キャプテンスタッグから販売されているウォータータンク用スタンドです。物干し台のような見た目をしているジャグスタンドになります。

鉄製のジャグスタンドになっているので、安定感はとても高いのがポイント。クッションなどを利用すれば座席としても利用することができるので、キャンプ時以外にも活用できるでしょう。組み立て方法も簡単に行えるので、場所の移動などもスムーズにできます。

ウォータータンクを固定することができるベルトも付いているので、転倒などの心配をせずに利用できるでしょう。サイズは幅が24センチまでの角型のウォータータンクに対応しているので、ウォータータンクの種類とサイズをチェックしておくようにしましょう。

さらに、キャプテンスタッグのウォータータンク用スタンドにはサイドにフックが取り付けられています。全部で3つのフックになるのですが、コップなどをぶら下げて置けるのもポイントです。水が飲みたい時に、すぐに利用できるので便利と言えるでしょう。

場所の邪魔にもならないので、普段のキャンプ時に角型のウオータータンクを利用している方の場合にはチェックしておくのがおすすめになります。自宅でのアレンジ方法などもいろいろあるので、便利グッズの一つとして用意して見るのはいかがでしょうか。

ジャグスタンドってDIYできるの?

ジャグスタンドは色んなメーカーで販売されているので、好みのメーカーなどがある場合には統一して揃えるのも楽しみ方の一つでしょう。ですが、キャンプを独自のスタイルでおしゃれに楽しみたい方の場合にはDIYで楽しみたい方も少なくないでしょう。

もちろんジャグスタンドはDIYすることが可能です。木製のジャグスタンドは購入後にDIYを楽しめますし、材料を揃えてDIYすることもできます。初心者の方でも簡単に作成する方法などもあるので、気軽にDIYを楽しめるのでおすすめになります。

100均アイテムを使うことで自作できる

DIYする時に材料費が高くなってしまうか心配な方もいますが、そんな方にもジャグスタンドのDIYはおすすめになります。と言うのも、ジャグスタンドは100均グッズで自作できるからです。100均で揃えても、しっかりしたジャグスタンドにできるのもポイント。

100均グッズでジャグスタンドを自作する場合に必要になるアイテムは2種類になります。そのため、低料金で自作できるのでお得に楽しむことができます。

100均グッズで最初に用意するのは、折りたたみ椅子です。100均の折りたたみ椅子はアウトドアコーナーに置かれていることが多いです。背もたれのないシンプルな形になるのですが、土台としての安定感がしっかりとしているのがポイントになります。

続いて100均で用意するのは、ウッドデッキパネルです。ウッドデッキを自作で作る際に利用するパネルになるのですが、100均では正方形のコンパクトなサイズが販売されています。100均グッズでは、この2点を購入するだけで自作することが可能になります。

ただし、100均の店舗によっては取り扱いをしていない場合もあります。ウッドデッキパネルはガーデニングコーナーに置いてあるので、大きい店舗の方が揃えることができるでしょう。近隣の100均店舗にアクセスした際にはチェックしてみてください。

ジャグスタンドのDIY方法

ジャグスタンドのDIY方法になりますが、先ほど紹介した100均グッズを利用した自作の場合から紹介していきます。ウッドデッキパネルの一部を折りたたみ椅子に合わせてカットして組み合わせるだけになるので、気軽に利用することができるでしょう。

折りたたみ椅子の布部分は取り外して作成するのもおすすめですが、ウッドデッキパネルが割れてしまった場合などには支えになるのでそのまま使用するのもおすすめ。

台座の脚部分はもともとが椅子となるので、耐荷重もある程度は持つのがポイント。ウォータージャグの重みでは余裕で対応できると言えるでしょう。手軽に作成することができるので、DIYが初心者の方でもチャレンジしやすいでしょう。

また、踏み台を土台としてジャグスタンドにする方も少なくありません。人が乗ることができるように設計されているので、安定感や耐荷重がしっかりとしているので利用しやすいでしょう。ステップ式の場合には別のものを並べることもできます。

100均をはじめホームセンターなどにも色んな商品が販売されているので、アイディア次第ではオリジナルのジャグスタンドを作成することができるでしょう。木製の場合にはカラーリングなどでアレンジを楽しめるのもポイントになります。

ジャグスタンドをDIYする際の注意点

ジャグスタンドを自作で楽しむ際には注意点があります。100均グッズで作成する場合などは特に注意しなくてはいけないのがサイズです。自分が使っているウォータージャグのサイズをチェックしておかないと、作ってもサイズが合わない事があります。

丸型や角型などでもサイズは異なってくるので、ジャグスタンドのDIYをする際には事前にしっかりと確認をするようにしましょう。また、木製のジャグスタンドの自作の場合には大きさなどによってはノコギリなどを利用しますが怪我をする方もいます。

慣れない作業の場合には危険がつきものなので、自作をする際には注意するようにしましょう。また簡易的なジャグスタンドを作成する場合には、耐荷重にも注意しなくてはいけません。正規の商品とは違うので、重さに耐えられない場合もあります。

キャンプ場で利用時に壊れてしまって事故に繋がる危険性も少なからずあるので、DIYをした際には一度安全な場所で試してみるのがおすすめです。今回紹介したウッドデッキパネルも、カット場所を間違えると割れてしまう危険性があるので注意しましょう。

ジャグスタンドを購入してみよう!

ジャグスタンドはあると便利なキャンプ道具の一つ。キャンプに欠かせない水の利用場所を設置することができ、場所を気軽に移動できるのもジャグスタンドの魅力です。コンパクトで人気の商品などもあるので、一度チェックしてみるのがおすすめ。

もちろん100均グッズを利用して手軽に自作してみるのもおすすめ。ジャグスタンドの種類によっては購入したものでもDIYを楽しめます。色んなスタイルでオリジナル感を楽しめるので、人気のジャグスタンドを使ってキャンプを楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ