コンビニで買えるモバイルバッテリーの選び方や性能を調査!購入後すぐ使える?

モバイルバッテリーはコンビニで購入できます。急な入用でも対応でますが、コンビニのモバイルバッテリーの性能や選び方などを知っておくと購入で失敗することがありません。コンビニのモバイルバッテリーに関する疑問点についてまとめたので、選び方もふくめ参考にしてください。

コンビニで買えるモバイルバッテリーの選び方や性能を調査!購入後すぐ使える?のイメージ

目次

  1. 1便利なコンビニで買えるモバイルバッテリーとは?
  2. 2コンビニで買えるモバイルバッテリーの選び方
  3. 3全てのコンビニでモバイルバッテリーを買えるの?
  4. 4コンビニで買えるモバイルバッテリーの気になるポイント
  5. 5モバイルバッテリーで充電する際の注意点
  6. 6コンビニでモバイルバッテリーじゃない方法で充電できる方法はないの?
  7. 7コンビニで買えるモバイルバッテリーをチェックしてみよう!

便利なコンビニで買えるモバイルバッテリーとは?

何でも揃うと言われているコンビニは、24時間営業している店舗も多く急な入用にも対応できます。そんなコンビニでモバイルバッテリーも購入できるのは知っていますか?充電に役立ってくれるモバイルバッテリーは1つは持っておきたいアイテムです。

ですが、コンビニで購入できるモバイルバッテリーはどれくらいの性能を持っているのかなどきになる点も多いです。

そこで、コンビニのモバイルバッテリーについて徹底調査しました。コンビニのモバイルバッテリーの性能はもちろんすぐに利用できるのかや安い値段で購入できるのか、モバイルバッテリーの充電の使い方などを紹介していくので参考にしてください。

コンビニで買えるモバイルバッテリーの選び方

コンビニでモバイルバッテリーを購入することができますが、実際に購入したがいいが使うことができなかったという事も少なくありません。そこでチェックしておきたいのが、コンビニのモバイルバッテリーの選び方についてになります。

コンビニのモバイルバッテリーを購入する際にチェックしなくてはいけないのが、モバイルバッテリーの規格についてでしょう。

コンビニのモバイルバッテリーにはタイプCなどの表記がされているのですが、これは対応している充電形式になります。企画の合わないモバイルバッテリーは正しい使い方を行っても充電することができないので、購入前にしっかり確認するのがおすすめです。

次にチェックしておくのがおすすめなのがバッテリー容量についてです。スマホやタブレットなどによってフル充電に必要なバッテリーは異なります。機種によっても違いがあるので、コンビニでモバイルバッテリーを購入時にチェックしておくと便利です。

さらに充電出力もチェックしておくのがおすすめ。高速充電したい場合などには、充電出力をチェックしておく必要があります。

充電出力が2A以上になっているコンビニのモバイルバッテリーの場合には、高速で充電することができるのでおすすめになります。意外と分からずに購入することが多い部分でもあるので、充電速度にこだわりがある場合にはチェックしておくようにしましょう。

全てのコンビニでモバイルバッテリーを買えるの?

コンビニでモバイルバッテリーは販売されていますが、ここで気になるのがコンビニの店舗です。一言でコンビニと言っても色んな種類の店舗があります。大手のコンビニではローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどがあります。

モバイルバッテリーは大手のコンビニに限らずに置いていることが多いです。ただし、コンビニによってはモバイルバッテリーの種類などは異なるので注意しましょう。

コンビニのモバイルバッテリーの値段もバラバラで、安いモバイルバッテリーには1000円前後の商品もあります。高めのモバイルバッテリーには3500円前後もあるので、安い値段か性能かで選択することができるのもおすすめのポイントの一つになります。

Thumbコンビニの充電器をチェック!iPhoneやタイプCなど種類も豊富で便利!
外出中にスマートフォンの充電が切れたらどうしていますか。実は、コンビニにはiPhoneやアン...

コンビニで買えるモバイルバッテリーの気になるポイント

コンビニのモバイルバッテリーの選び方などを紹介しましたが、ここでコンビニのモバイルバッテリーの気になるポイントについても触れていきます。コンビニのモバイルバッテリーは、先述したように安い料金の種類など色んなのを取り扱っています。

コンビニのモバイルバッテリーは種類が多いので性能はもちろん使い方など疑問に感じる方も少なくありません。初めてモバイルバッテリーを利用する場合には、使い方などは事前にチェックしておくのがおすすめになります。

コンビニのモバイルバッテリーの気になるポイントを4点まとめたので、コンビニで購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

購入後すぐ使える?

コンビニでモバイルバッテリーを購入する時には、充電がもう無くなりそうになっているなどすぐに使用したい場合が多いでしょう。そんな時に気になるのが、コンビニのモバイルバッテリーは購入後にすぐに利用することができるのかという点でしょう。

コンビニのモバイルバッテリーには、アダプターを繋ぐ使い方の種類と乾電池を利用した使い方の種類があります。

この際に乾電池を利用するコンビニのモバイルバッテリーの場合には、一緒に乾電池を購入することですぐに利用することができます。ただし、長く愛用する場合には乾電池を購入しなくてはいけないので安い値段でも高くなってしまうので注意しましょう。

コンビニのモバイルバッテリーでアダプターを接続する使い方の場合は、本体自体は安い値段のモバイルバッテリーから少し高めの値段まで種類があります。こちらはモバイルバッテリーにフル充電されているわけではありません。

出荷前の動作チェックなどで必要な分のみが充電されていると考えておくのがおすすめ。充電をする場合には、購入後にすぐできますがフル充電はできないです。コンビニのモバイルバッテリーを購入する際には注意するようにしましょう。

性能はどうなの?

コンビニのモバイルバッテリーの性能については、色んな声が寄せられています。長く愛用する場合には性能面はチェックしておきたい要素の一つと言えるでしょう。

家電量販店などで購入できるモバイルバッテリーと比べると、コンビニのモバイルバッテリーは充電速度は遅いです。安い値段で購入できる種類では遅い速度のモバイルバッテリーがコンビニには並んでいますが、高い値段では高速充電できる種類もあります。

充電しながら携帯電話を利用するなどの場合には、遅い充電でも問題なく使用することができるでしょう。ですが、フル充電を目的とする場合にはコンビニのモバイルバッテリーはおすすめしません。他のモバイルバッテリーのサブとして利用するのが一番でしょう。

もう一つの気になる性能が容量になります。家電量販店などのモバイルバッテリーが5000mAhから20000mAhほどありますが、コンビニのモバイルバッテリーは容量が多くても3000mAhほどになっている種類がほとんどになります。

数値だけ見るとよくわからないという方も少なくないでしょう。コンビニのモバイルバッテリーはiPhoneの場合には1回分の充電に満たない容量です。

コンビニのモバイルバッテリーにも容量の大きいのが置かれている店舗があるとされているので、安い値段で購入できる種類と比べると高くなってしまいますが容量が大きいのを選択するのがおすすめ。コンビニで購入する際にはしっかりチェックしましょう。

付属ケーブルは付いてるの?

コンビニでモバイルバッテリーを購入した際の付属ケーブルについても気になるポイントの一つです。コンビニでモバイルバッテリーを購入したが、付属ケーブルが付いていないと使用することができないので購入した意味がありません。

そのため、基本的にはコンビニのモバイルバッテリーには付属のケーブルがセットになっています。ですが、iPhoneのケーブルに関してはセットになっていないモバイルバッテリーも販売されています。急いでいる時には見落としやすい点なので注意しましょう。

コンビニのモバイルバッテリーには付属しているケーブルの種類などが記載されています。中が見える状態の場合もあるので目視で確認することもできるでしょう。iPhoneの充電でモバイルバッテリーを購入する場合には、しっかり確認するのがおすすめです。

付属ケーブルで合うのがない場合には他のコンビニを利用するのもおすすめですが、別途で販売しているケーブルを購入するのもいいでしょう。ただ、別途で購入する場合には決して安い料金ではないのでコスパが高くなってしまう点は注意してください。

使い方は?

最後にコンビニのモバイルバッテリーの使い方について紹介していきます。コンビニのモバイルバッテリーの使い方は決して難しい方法ではありません。乾電池を利用するモバイルバッテリーの使い方は、必要な乾電池の本数を用意しセットするだけです。

乾電池の用量分は充電することができるので、使い方としてもわかりやすいのではないでしょうか。もう一方のケーブルを繋ぐタイプの使い方も簡単です。充電する携帯電話などをモバイルバッテリーとケーブルで接続するだけなので簡単に利用できます。

モバイルバッテリーで充電する際の注意点

モバイルバッテリーの注意点についても覚えておくと便利です。コンビニのモバイルバッテリーに限らずに、モバイルバッテリーの弱点となるのが熱です。高温の場所に置いておいたりすると熱を持って発火してしまう危険性があります。

また、モバイルバッテリーで充電しながら携帯電話の使用なども熱を帯びてしまいます。こちらも発火の危険性があるので注意しなければいけません。発火しなくても、モバイルバッテリーの劣化につながってしまうので正しい使い方をするようにしましょう。

コンビニでモバイルバッテリーじゃない方法で充電できる方法はないの?

コンビニのモバイルバッテリーについて紹介しましたが、モバイルバッテリーを購入する以外にコンビニでは充電方法はないのでしょうか。結論から言うと、コンビニにはモバイルバッテリー以外にも人気のある充電方法などがあります。

充電方法によっては人気があるので、すぐに利用できない場合もあります。ここではコンビニの中でも人気のある充電方法について紹介します。コンビニの店舗によっては利用できない場合もあるので、人気の充電方法を利用する場合には注意してください。

レンタルモバイルチャージャー

充電ができる方法として人気があるおすすめの方法が、レンタルモバイルチャージャーの利用です。レンタルモバイルチャージャーは、持ち運びが可能になっているモバイルバッテリーのシェアリングサービスになっていて人気を集めています。

チャージスポットが設置されている場所は、全国各地のコンビニや商業施設になり2万5000カ所に設置されています。

人気があるサービスと言っても、全国の全てのコンビニに設置されているわけではありません。ですが各地に設置されているので気軽に利用できるでしょう。専用のアプリを利用するのですが、アプリ内でレンタルスポットを検索することができます。

コンビニなどの施設にはバッテリースタンドが設置されているので、QRコードを読み取り決済方法などを選択していきます。画面に沿って操作を進めていくとモバイルバッテリーを借りることができるようになるので、使い方自体も難しくありません。

ケーブルも各種対応しているので、利用できなくて失敗すると言う点も少ないでしょう。人気がありレンタルする方も多いですが、レンタル可能かどうかも専用のアプリで確認ができるようになっているので探す手間を省けるのもおすすめのポイントです。

安い料金で使えると人気

コンビニでも利用できるレンタルモバイルチャージャーが人気を集めているのは、安い料金で利用できる点です。30分未満の利用は165円となっているので、モバイルバッテリーの購入よりも安い料金でコスパが良いと人気を集めています。

30分以上でも48時間以内の場合には330円で利用することが可能です。急な入用でモバイルバッテリーが必要な場合には利用するのがおすすめと言えるでしょう。

また、レンタルモバイルチャージャーはレンタルした場所以外に返却することができるようになっています。そのため、旅行中などにも気軽に利用ができ便利と人気を集めています。安い料金でレンタルできるサービスなのでチェックしておくと便利です。

イートインスペースのコンセント

コンビニにはイートインスペースが完備されている店舗が増えています。大手のコンビニだけではなく各種コンビニにイートインスペースが完備されているので、コンビニでの待ち合わせなどに利用する方も少なくないのではないでしょうか。

そんなコンビニのイートインスペースには、携帯の充電ができるようにコンセントが完備されている店舗も多いです。全ての席から充電できるわけではありませんが、イートインスペースを利用する場合には便利なので利用して充電するのもおすすめになります。

ただし、使用前に店員に確認をしておくのもトラブル回避のためには大事な要素になります。無断使用ができない店舗もあるのでしっかりと確認しましょう。

コンビニで購入したコーヒーなどで一息つきながら充電できる

コンビニのイートインスペースは、店内での買い物が条件になっている場合があります。イートインだけの使用ができない店舗もあるので注意が必要です。ですが、コンビニで買い物といっても特に購入するものがない場合もあるでしょう。

そんな時におすすめなのがコンビニで提供されているコーヒーです。コンセントで充電と言ってもすぐにできるわけではないので、コーヒーで一息つきながら待つとちょうどいいでしょう。イートインスペースもゆっくりと利用できるので最適です。

コンビニで買えるモバイルバッテリーをチェックしてみよう!

24時間営業しているコンビニは、夜間などで急な入用時などに便利。そんなコンビニで販売しているモバイルバッテリーは種類が豊富に揃っているのが特徴です。充電速度などの性能は値段によって変わってくるので、購入前に確認するのがおすすめ。

コンビニの店舗によって販売されているモバイルバッテリーの種類も違うので、欲しいモバイルバッテリーが見つからない場合は他のコンビニにアクセスするのもおすすめ。色んな種類が揃っているので、コンビニにアクセスした際にはチェックしておきましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ