秋葉オートキャンプ場は料金格安で釣りや川遊びにも最適!口コミは?

静岡県浜松市にある「秋葉オートキャンプ場」は、気田川沿いの清流が目の前を流れるキャンプ場でとても人気があります。そこで秋葉オートキャンプ場のおすすめアクティビティやアクセス方法などについて、口コミなども参考にして紹介します。

秋葉オートキャンプ場は料金格安で釣りや川遊びにも最適!口コミは?のイメージ

目次

  1. 1静岡・秋葉オートキャンプ場をご案内
  2. 2秋葉オートキャンプ場とはどのようなところ?
  3. 3秋葉オートキャンプ場の口コミ情報
  4. 4秋葉オートキャンプ場の人気サイト
  5. 5秋葉オートキャンプ場の料金
  6. 6秋葉オートキャンプ場へのアクセス方法
  7. 7秋葉オートキャンプ場周辺のおすすめスポット
  8. 8秋葉オートキャンプ場へ行ってみよう

静岡・秋葉オートキャンプ場をご案内

近年では夏休みなどに遠くに出かけるのが難しいこともあって、車でもアクセスしやすいキャンプ場の人気が高まっています。

しかし、特に初心者の方だとどのようなところを選べばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。そんな初心者の方にもおすすめの、「秋葉オートキャンプ場」について紹介します。

秋葉オートキャンプ場とはどのようなところ?

秋葉オートキャンプ場があるのは静岡県浜松市天竜区です。ここには有名な天竜川の支流である気田川が流れており、ちょうどこのキャンプ場と対岸にある秋葉神社前キャンプ場が挟むように位置しています。

この気田川は清流として広く知られ、地元では「日本一きれいな川」というほどです。しかも比較的清流の幅が狭く底も浅いため、実際に泳いでいる魚が見えますし、釣りなどがたっぷり楽しめる点で人気が高いです。

しかもこの気田川は河原が広く、なだらかなため、河原でバーベキューなどを楽しみたいという場合でもできる場所が多いという点もおすすめです。自然ももちろんとても豊かで、サイクリングなどを趣味にする方にとってもこの流域はとても人気の高い場所となっています。

また、アクセスの面では、特に車でアクセスしたい方には便利がよく、楽にキャンプ場まで行くことができます。秋葉オートキャンプ場ということで車でそのまま乗り入れてキャンプをしたいという方にもおすすめです。

そのため、特に釣りのシーズンになると静岡県内はもとより、静岡県外からも多くの方がキャンプや釣りなどのアクティビティを楽しむために訪れており、とても人気があるキャンプ場となっているのです。

Thumb浜松のキャンプ場おすすめ7選!コテージや無料の場所も紹介!子供と楽しむ!
浜名湖や森林など自然に恵まれた静岡県の浜松市。川遊びや海水浴が楽しめるキャンプ場も多く、春か...

秋葉オートキャンプ場の口コミ情報

では実際に、秋葉オートキャンプ場に行った方々はどのような点でおすすめと感じているのでしょうか。特に初めてキャンプに行こうというとき、実際にキャンプをした人たちの口コミというのは判断をする上ではとても参考になるものです。

そこで、秋葉オートキャンプ場に関する口コミをチェックして、実際にどのような特徴があるキャンプ場なのかを見て行くことにしましょう。秋葉オートキャンプ場でできること、また初心者にはどうなのかという点についても紹介します。

綺麗な川でカヌーや釣りが楽しめる

今述べたように、秋葉オートキャンプ場は、静岡県浜松市を流れる気田川沿いに広がっています。この気田川はとても水がきれいな川ということで、その自然をたっぷり楽しんだ方の口コミがたくさんあがっています。

秋葉オートキャンプ場の楽しみという点でまず口コミが多いのが「釣り」です。特に人気が高いのが鮎釣りで、先ほども述べたように川が浅くしかも水がきれいなので、実際に泳いでいる魚が見えることから、釣りはもちろん、つかみ取りもできるほどなのです。

もちろん子供でも十分につかみ取りが楽しめますから、秋葉オートキャンプ場に着いて落ち着いたら目の前の川で釣りを楽しみ、それを焼いて食べたりして楽しんだというような口コミも多く、存分に楽しめるということがよくわかります。

また、気田川は自然の川なので、場所により少し深いところや流れが急になっているところもあります。これらの場所ではカヌーなどを楽しむ方も多く見られます。周辺にはカヌーなどの川遊びのガイドをしてくれるところもあり、夏休みなどにはイベントなどもあるようで、参加した口コミも見られました。

これらのイベントやツアーを利用すれば、初心者の方でもさまざまなアクティビティを安全に体験することができます。秋葉オートキャンプ場を予約する際にはぜひともそちらのツアーやイベントなども一緒にチェックして、予定に入れることをおすすめします。

豊かな自然を存分に堪能して、さまざまな体験をしてみたいという方には、秋葉オートキャンプ場は魅力的な場所であるということが口コミからもよくわかります。小さい子供から大人まで、たっぷり楽しめるのが魅力と言えそうです。

キャンプ初心者におすすめ

初心者の方がキャンプをする場合、やはりいろいろな施設がしっかりしているところがおすすめです。いくら事前に勉強したとしても、実際にその場に行くと疑問に感じることが出てくるかもしれません。秋葉オートキャンプ場は、そのような場合の対応もしっかりしているので、その点でも初心者の方におすすめです。

また、秋葉オートキャンプ場はいくつかのタイプのサイトに分かれているのですが、一つ一つの区画が比較的広く、家族連れなど人数が多い場合でも安心して利用することができる点も人気です。

さらにバーベキューの道具やテントなどのレンタルもあるので、初めてで何を用意していいかわからないという初心者にとってはキャンプをするということ自体へのハードルが低いという点も口コミから読み取れます。

秋葉オートキャンプ場の人気サイト

それでは次に、「秋葉オートキャンプ場」にあるキャンプサイトについて紹介していきましょう。ここまで口コミなども参考に紹介していきましたが、こちらはオートキャンプ場なので、車をサイトまで乗り入れて利用することができます。

なお、秋葉オートキャンプ場はソロキャンプも可能ですし、デイキャンプで楽しむこともできるのですが、もちろんバンガローなどで宿泊をすることもできます。その時の予定で決めるとよいでしょう。

バンガロー&テント

多くの方が利用するのが「バンガロー&テント」のプランです。こちらは別名、「手ぶらコース」とも呼ばれるタイプで、テント、タープなどはもちろん、炊事に使う物などもセットになっているプランであり、初心者の方に特に人気の高いものとなっています。

バンガローは8畳の広さがあり、布団なども5組分用意されています。バンガロー、テント合算で6名までで利用できますが、小学生以下は0.5名計算になるので、家族連れで利用したい場合でも余裕をもって使うことができると口コミがあります。

しかもこれだけ揃っていながら、料金が非常にリーズナブルな点もおすすめポイントです。基本的にサイトの利用料金のみで利用できるので、まったくの初心者という方がキャンプそのものを体験してみたいという場合などには特にいいでしょう。

女性グループ専用サイト

女性がキャンプに行く場合、夜など心配でなかなか踏み切れないという方もいるかもしれません。秋葉オートキャンプ場には女性グループ専用サイトがあり、女子会などでも安心して利用できるようになっています。

サイトのスペースは約10メートル四方となっていて、人数は4名までとなっています。そのため余裕をもって利用できる点が人気であり、女性だけで周囲にあまり気兼ねせずにキャンプを楽しみたいという方にもおすすめです。

キャンプの道具などは必要になりますが、もちろんレンタルを利用することもできますし、カヌーや釣りなどを楽しむことももちろん可能です。しかもこちらはリードを付けることを条件としてペットの持ち込みもできるため、その点でも女性に人気となっています。

ファミリーサイト

家族でキャンプを楽しみたいという方におすすめなのがファミリーサイトです。このサイトの特徴は背後に森があり、トイレや炊事場が近いという点です。そのためサイトの部分が木陰になっており、特に真夏の暑い時期に楽にキャンプができます。

また、トイレや炊事場か近いということは、小さな子供がいる家族連れなどでも安心して過ごすことができますし、その分川からは少し離れているため、安全の面でも安心できるという面もあります。

川から離れると言っても、そもそも秋葉オートキャンプ場が気田川沿いにあるので、いくらでも川に行くことができますし、子供たちに釣りやアクティビティを体験させたいという方も十分に楽しめます。家族で一日キャンプ体験をしたい方に特におすすめです。

サイトの広さは1区画約10メートル四方であり、4人まで一緒にキャンプをすることができます。また車をサイトまで乗り入れることもできますし、リードをつけてペットと一緒に過ごすこともできます。料金は基本的にサイト利用料金のみとなっています。

口コミなどを見ても、この場所だと暑い静岡の夏でも比較的涼しく過ごせるというものが多く、またさまざまな体験も十分にできるということで、子供連れの方の夏休みの計画で人気が高いようです。早めに予約をすることをおすすめします。

秋葉オートキャンプ場の料金

次に、「秋葉オートキャンプ場」の料金について紹介します。実は秋葉オートキャンプ場が人気であるポイントの一つとして、料金がリーズナブルという点も外せません。

たとえば先ほど紹介した女性グループ専用サイトは電源などがないかわりに5000円から利用できます。バンガロー&レンタルテントの場合でも、全部セットで30000円からですから、一つ一つ道具をそろえるということを考えればかなりお得な料金で楽しめるということが言えそうです。

さらに近年人気のソロキャンプならば3000円からという、さらに安い料金で楽しむこともできるので、週末などちょっとキャンプを楽しんでみたいという方にもとても気軽に利用することができるようになっています。

なお、河川敷サイトの方は原則として自由に使用することができるのですが、炊事場やトイレなどの施設利用料がかかります。こちらは1名300円ないし600円で場所により料金が違うようです。

また、オートキャンプ場ということで、サイトには車の乗り入れが2台までできます。ただし、2台めに関しては1台500円プラスとなります。女子会などで利用する場合は2台におさまるよう、調整をすることをおすすめします。

このほか、さまざまなプランなども用意されているので、秋葉オートキャンプ場を利用する計画を立てる際にはそれらのプランなどもチェックし、より料金的にお得になるようにするとよいでしょう。

秋葉オートキャンプ場へのアクセス方法

次に「秋葉オートキャンプ場」へのアクセスについて紹介します。秋葉オートキャンプ場はオートキャンプ場というだけあり、車でのアクセスはとてもよいのですが、公共交通機関を利用してのアクセスは便利とは言えません。

電車などの公共交通機関を利用する場合、新幹線などで「掛川」駅まで行き、そこから天竜浜名湖鉄道の「二俣本町」駅まで移動、そしてバスに乗り換えてのアクセスで、バス停からは比較的近いものの、本数がとても少ないのです。

したがってここでは、車でアクセスする方法についてアクセス方法を詳しく紹介していきましょう。車の場合は高速道路からも比較的近く、アクセスはしやすいです。

車でのアクセス方法

車で秋葉オートキャンプ場にアクセスする場合、新東名高速道路を利用します。最寄りは静岡県の「浜松浜北」ICで、降りたら北上して国道152号線、県道40号線、国道362号線と経由し、35分ほどでアクセスすることができます。

ちなみに車でアクセスする場合注意する点としては、最初に少し触れたように、秋葉オートキャンプ場と向かい合って秋葉神社前オートキャンプ場があります。

秋葉オートキャンプ場の管理をしているのが秋葉神社の方にある旅館なので、間違えやすいようです。行く際にはしっかり確認して間違えないようにしましょう。

秋葉オートキャンプ場周辺のおすすめスポット

最後に、静岡の秋葉オートキャンプ場の近くにある観光スポットをいくつか紹介しましょう。秋葉オートキャンプ場はその場所だけでも釣りをはじめとするアクティビティが楽しめるのですが、徒歩でも行ける範囲にも観光スポットがあるので、一緒に遊びに行くのにおすすめです。

秋葉山本宮秋葉神社

先ほど、秋葉オートキャンプ場と気田川を挟んで秋葉神社前オートキャンプ場というところがあると紹介しました。この秋葉神社というのは、正式名称を秋葉山本宮秋葉神社と言います。秋葉山山頂にあるここは日本全国にある秋葉神社、秋葉大権現、秋葉寺の根源となったとされるところです。

江戸時代までは神仏混淆の山であり、多くの信仰を集めていたのですが、明治時代に入り秋葉権現社を秋葉神社とすることが決められました。火之迦具土大神を御祭神とすることから、火伏、厄除けの神と言われ、花火などを扱う方の信仰も集めています。

なお、秋葉オートキャンプ場の向かいにあるのは下社であり、上社は山頂にあるため、徒歩で1時間半から2時間ほどかかります。車で行くこともできますが、山頂からの眺望は東海一と言われるほどで静岡県内を広く見渡せます。

春野ふれあい公園

もう1つ、徒歩で5分ほどのところにある「春野ふれあい公園」は、テニスやサッカーなども楽しめる多目的公園です。多目的広場やイベント会場などもあり、大人から子供まで楽しむことができる場所として人気です。

特に紅葉が美しい公園として知られており、シーズンには静岡県内、静岡県外からも多くの方が紅葉狩りにやってきます。キャンプ場とともにのんびりお弁当など食べながら過ごしたいという方におすすめです。

Thumb浜松の公園特集!人気のアスレチックも充実!ピクニックや水遊びができるのは?
浜松は多くのレジャースポットがあり、公園も豊富にあります。子どもが安全に伸び伸びと遊ぶことが...

秋葉オートキャンプ場へ行ってみよう

静岡県浜松市の「秋葉オートキャンプ場」はキャンプ初心者の方も安心して楽しむことができるキャンプ場であり、釣りをはじめとするさまざまなアクティビティを楽しむこともできるということで人気となっています。ぜひ夏休みの一日を秋葉オートキャンプ場で過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ