千葉の野田名物『醤油』の歴史・人気の工場見学まとめ!おすすめのお土産も紹介!

千葉県の西部に位置する野田市は、関東一の醤油生産地として発展してきました。長い歴史をもち、日本人の食生活に欠かすことのできない醤油の製造過程を見られる工場見学も行われています。今回は野田の醤油づくりの歴史や工場見学についてご紹介します。

千葉の野田名物『醤油』の歴史・人気の工場見学まとめ!おすすめのお土産も紹介!のイメージ

目次

  1. 1野田は醤油の名産地
  2. 2醤油について
  3. 3野田の醤油生産の歴史
  4. 4キッコーマンについて
  5. 5野田の醤油工場見学に行こう
  6. 6野田の醤油工場見学へのアクセス
  7. 7野田の醤油工場見学のポイント1:学ぶ
  8. 8野田の醤油工場見学のポイント2:見る
  9. 9野田の醤油工場見学のポイント3:体感する
  10. 10野田の醤油工場見学のポイント4:味わう
  11. 11野田の醤油工場見学のポイント5:体験する
  12. 12野田の醤油工場で人気のお土産1:醤油
  13. 13野田の醤油工場で人気のお土産2:お菓子類
  14. 14野田の醤油工場で人気のお土産3:その他の商品
  15. 15キッコーマン野田工場周辺のおすすめスポット
  16. 16野田の工場見学で醤油をもっと知ろう

野田は醤油の名産地

28155820 1593260834091592 4462652311113564160 n
tak.kashiwa

日本の食卓に欠かせない調味料である醤油は、全国各地で生産されています。キッコーマンという全国的に有名な企業が工場をかまえる千葉県西部の野田市は、関東一の醤油の産地です。野田では工場見学で醤油について学んだり、実際の製造ラインを見ることができます。今回は醤油の歴史や、野田での工場見学についてご案内します。

醤油について

13739457 1655481251437302 1317769130 n
freda0922

醤油は文字からも分かるように、歴史的に中国の「醤(ジャン)」がルーツになっているようです。日本では「ひしお」と呼ばれていましたが、すでに奈良時代から平安時代にかけての記録に登場しています。塩、酒、酢とともに、日本の歴史上最も古い調味料の一つといえます。今の醤油に近いものが製造されるようになったのは室町時代中頃のようです。

26221343 944928208998280 756328493691699200 n
kikkomanusa

明治時代以降、ソースやケチャップなど外国の調味料が次々と日本に入ってきましたが、醤油が廃れることはなく、かえって数十か国に輸出される、日本を代表する調味料になりました。現在では外国の調味料や食材と醤油をコラボさせた新しい感覚の料理、醤油の斬新な使い方などが次々と提案されています。

野田の醤油生産の歴史

16110568 609430232583896 8328883490451881984 n
kikkoman_eu

野田の醤油づくりの歴史は江戸時代に始まります。醤油文化は関西で盛んでしたが、江戸が政治の中心となりさまざまな江戸文化が生まれる歴史の中で、江戸の人々の好みに合致した濃口醤油の生産が必要になって来たのです。そば、天ぷら、蒲焼きなどの江戸料理は醤油あってのたまものです。

27878213 359140057896674 7492791690227351552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yoin.photography

では、なぜ千葉県の野田が醤油の生産地になったのでしょうか。それは、醤油の原料を集めやすく、大消費地の江戸に近いという地の利があったからです。原料の大豆は現代の茨城県から、小麦は群馬県や埼玉県から、塩は千葉県の海に近い地域から集められていました。完成した醤油は野田から江戸まで半日で運べる距離でした。

14474353 315724688793643 3146731270000607232 n
ais6002

野田で醤油を製造するために、原料や完成品の運搬を担ったのが水運です。野田の近くには利根川と江戸川という大きな川があり、舟を使っての大量輸送が可能だったのです。野田で製造された醤油は徳川将軍家にも献上されていました。このように、江戸時代からの長い歴史をもつ、野田の醤油づくりなのです。

キッコーマンについて

26073364 1955355701452750 2482556625404035072 n
ayk__711

江戸時代初期の1661年、髙梨兵左衛門という人物が醤油づくりを、翌年には茂木佐平治という人が味噌づくりを開始しました。これが野田の醤油醸造の歴史の始まりです。茂木氏はその後に醤油づくりも手掛け、江戸の発展と共に野田の醤油づくりも拡大していきました。後に髙梨家と茂木家の醤油が「幕府御用醬油」の指定を受けることになります。

11261033 947159168657353 1670407909 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kikkomanusa

明治時代の1887年、髙梨一族と茂木一族が合同で「野田醤油株式会社」を設立します。この時、野田にあった醤油醸造業者のほとんどが合流していますが、これが後の「キッコーマン」です。「キッコーマン」の元は「亀甲萬」で、茂木家が使っていたものです。六角形の「亀甲」の中に「萬」の文字が書かれたマークはおなじみのものでしょう。

野田の醤油工場見学に行こう

28752859 396123584182697 2420215175102595072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
taka.n0ri_s

キッコーマンの野田工場では、「キッコーマンもの知りしょうゆ館」という見学施設を併設しています。ここで、醤油について学んだり、醤油の製造過程を見学したりできるのです。見学は1日6回、1回の所要時間は約60分(ビデオ上映約15分、醤油の製造工程見学約45分)です。施設自体は9:00から16:00まで開館しています。

28427838 406575326448317 299582949672615936 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
koromo.kyoto

キッコーマンの工場見学予約は2名からの受付です。毎月第4月曜(祝日の場合は翌日)、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始、その他臨時の休館日もあるので、予約の際に確認してください。入館料は無料で、最初の見学は9:00から、最終の見学は15:00からになります。土日祝日などは製造ラインは稼働していないのでそのつもりで参加してください。

野田の醤油工場見学へのアクセス

キッコーマンの野田工場へ電車でアクセスする場合は、東武アーバンパークラインの「野田市駅」が最寄り駅で、そこから徒歩3分の距離です。都内から行く場合、例えば「秋葉原」や「北千住」からなら、途中の「流山おおたかの森」駅で乗り換えて所要時間は約1時間です。

28150990 168462880628902 6449076536644468736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hairlounge.yoin

キッコーマン野田工場へ車でアクセスする場合は、常磐自動車道「流山IC」から約20分ですが、駐車場が広くないため、できる限り公共交通機関を利用するよう、工場では呼びかけています。満車の場合は付近の一般有料駐車場に案内されることもあるので承知しておきましょう。

住所:千葉県野田市野田110
電話番号:04-7123-5136

野田の醤油工場見学のポイント1:学ぶ

キッコーマンの野田工場見学のあらましをご紹介します。受付を済ませるとまず「映像ホール」に案内されます。ここで約15分、醤油の造り方などをまとめたビデオを視聴します。その後に製麹室(こうじを造る部屋)や世界一大きい圧搾機などを見ていく中で、見学が終わるころには一通り醤油についての知識を得ることができます。

23098712 368029553655220 3290690310245449728 n
ashitagaarusa0318

キッコーマンの野田工場見学で知ることができるのは、醤油そのものについてだけではありません。醤油製造の歴史や工場の環境保全についての取り組み、そして工場のある野田市についても知ることができるよう工夫されているのです。地域と共に生きる工場の姿がそこにあります。

野田の醤油工場見学のポイント2:見る

28433685 1401839126592044 6213182261139865600 n
clinch

キッコーマンの野田工場見学では、実際の醤油の製造過程を見ることもできます。「円型製麹(せいきく)装置」という機械は、醤油に使われる麹(こうじ)をほとんど自動で造るもので、麹のもとを入れた後、きっちりと温度と湿度を管理し、3日間かけて製造します。工場内は、決められた場所以外の写真撮影は禁止されています。

25007777 876459402527421 3636245030781321216 n
juliehkawng

キッコーマンの野田工場見学では、70年以上も使っているという大きな樽も見学します。現在、樽で醤油を造っているわけではありませんが、樽は常時食塩水やもろみを入れていないと使えなくなってしまうとのことで、この樽を大事にしてずっと醤油を造っているそうです。

工場見学を予約しなくても自由にみられる館外の施設が「御用蔵」で、ここでは宮内庁に納める醤油を製造しています。御用蔵では醤油を木桶を使って製造しており、機械ではなく自然の温度変化で発酵、熟成しています。この御用蔵で製造された醤油は一般市民も入手可能、贈答用としても人気だそうです。

野田の醤油工場見学のポイント3:体感する

11325649 977474138960143 843890894 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ayumoops

キッコーマンの野田工場見学では、見るだけでなく、体感できるコーナーもあります。発酵の段階による違いを体感する場所では、初期、発酵期、熟成期、それぞれのステージでの色や香りの違いを体験することができます。香りを嗅いでいくと、醤油と味噌がとても近いものだということも分かります。

発酵段階だけでなく、原料や製法の違いによる差を体感することもできます。カフェの一角にあるキッコーマン製品の味見コーナーには醤油だけでも何種類もあり、それぞれの味の違いを知ることができます。普段はなかなかできない差異を体感するチャンスです。視覚や嗅覚を総動員して比べてみて下さい。

野田の醤油工場見学のポイント4:味わう

26872051 763589043849885 795399162643349504 n
tokyo_kitchen

キッコーマンの野田工場の中に「まめカフェ」というエリアがあります。ここは工場見学とは別にゆったりと時間をとりたい場所です。というのは、上記の味見コーナーもありますし、別途有料になりますが、ここならではのものが食べられたり、体験できたりするからです。「しょうゆソフトクリーム」は塩キャラメルにも似た味がして驚きです。

その他、「まめカフェ」では「特製もろみ豚汁」「生しょうゆうどん」などのメニューもあり、小腹を満たしたリ昼食に食したりできます。「しょうゆの味くらべ用のとうふ」には3種類の醤油が付いてきますので、それぞれの味や香りの違いを比べながら食べてみてください。

18094874 194128251104203 4026651132716646400 n
theier_boulanger

キッコーマンの野田工場では「せんべい焼き体験(3枚)」ができ、小さい子にも人気です。味はもちろん醤油味ですが、自分の好みで醤油の量が調整ができる上に、自分で焼くので焼き加減も好みにできるというものです。自分で焼くせんべいは美味しさもひとしお。自分だけのオリジナルせんべいを味わってください。

928304 723480467698982 1836998471 n
co6land

キッコーマンの野田工場では、工場見学をする人に限って「特製しょうゆもろみ弁当」を注文することができます。もろみを使用した鶏の照り焼きを中心に醤油のおいしさを追究した献立が詰まっています。3日前までの注文で2人から予約可能、利用は火曜から金曜までになりますが、試してみてはいかがでしょうか。

野田の醤油工場見学のポイント5:体験する

キッコーマンの野田工場では、小学校の社会科見学などを対象に醤油づくりを体験できる見学コースもあります。対象は小学校3年生から6年生までで、団体での予約になります。工場見学の後、麹を盛り込んだり、圧搾などの体験をします。最後はせんべいに醤油を塗って味見をするという楽しい内容です。

16585544 378580892519574 4382832091969093632 n
nigita_info

キッコーマンの野田工場の醤油づくり体験に参加すれば、醤油という食品への関心が高まり、食育に大きな効果を果たすことでしょう。醤油づくり体験は、残念ながら一般の人は参加することができませんが、学校関係者の方は社会科見学の選択肢として候補に入れてみてはいかがでしょうか。

野田の醤油工場で人気のお土産1:醤油

24125222 297733234068633 6668298354696388608 n
mori3435

キッコーマンの野田工場には「むらさき屋」という売店があり、お土産にできるキッコーマンの商品がずらりと並んでいます。中にはスーパーやデパートでお目にかかれない商品もあります。醤油でも大豆と小麦の代わりにエンドウ豆を使ったものや、昆布を使ったものなど、こんなに種類があるのかと思うほどたくさんのラインアップがあります。

28751255 726406754415469 5702684325238013952 n
sugayuko86

キッコーマンの野田工場の売店にある醤油の中では、自然製法で醸造される「御用蔵醤油」がやはり一番人気です。毎年12月から販売されていますが、春にはすべて完売してしまうほどなのだそう。ふりかけのような「さくさく醤油」もお土産におすすめです。調理に便利なつゆやだし、ぽん酢などもお土産として人気です。

野田の醤油工場で人気のお土産2:お菓子類

キッコーマン野田工場の売店では、醤油を使用した意外性のあるお菓子類を購入することができます。「風紫」と名付けられたカステラは、甘みの中に醤油の塩味がアクセントになっているカステラです。野田市の名物としても知られ、わざわざキッコーマンの売店にこのカステラを買いに来る人もいるほどです。

キッコーマン野田工場の売店で売られている「醤油羊羹御用蔵」は、「御用蔵醤油」が使われています。ほんのり醤油の風味が感じられる珍しい羊羹で、市内の和菓子店でもお土産として販売されています。醤油もろみが入っている「焼きドーナツ」は子どもも大好きなしっとりタイプのスイーツで、もちろんお土産としても喜ばれます。

野田の醤油工場で人気のお土産3:その他の商品

28433668 246108059264825 3175959626256482304 n
flounder2323

キッコーマンでは体に良いとされる豆乳を使った飲み物を多種類製造しています。その数数十種類、中にはお汁粉味や黒ゴマ、焼き芋味などユニークなものもあります。また、アーモンドを使ったミルクや大豆を原料にしたお茶など、健康に配慮した飲料も作っています。売店にこのようなドリンクがないか探してみて下さい。

キッコーマン野田工場の売店では、食品だけなくストラップなどの小物も販売しています。醤油の卓上ボトルを模して赤い帽子に黒いワンピースを着た女の子、キッコーマンのイメージキャラクターの「なぁにちゃん」や、ボトルのミニサイズのストラップなどがお土産に喜ばれています。オリジナルTシャツなどもお土産として面白い商品です。

キッコーマン野田工場周辺のおすすめスポット

13712628 1592394621058653 1290201623 n
kotarito

せっかく野田まで行ったなら、工場見学だけでなく観光もしたいものです。「キノエネ醬油」は野田市にある醤油醸造会社で、「野田醤油株式会社」(現キッコーマン)の設立時に合流せず、独自の道を歩んでいます。その趣ある社屋が野田市内にあり、レトロな雰囲気を味わえるスポットとして訪れる人も少なくありません。

28428682 166879147442752 4449473367174545408 n
f___mi30

「清水公園」は大人も子供も楽しめる大きな公園で、ポニー牧場、マス釣り、アクアアドベンチャー、キャンプ場、バーベキュー場、などなど多くのアトラクションがあります。マスコミやSNSなどでも紹介されている一大レジャースポットで、特にお子さん連れのファミリーにはおすすめです。

Thumb千葉・清水公園でキャンプ!口コミや予約方法・トイレや風呂もまとめて調査!
千葉県の清水公園には千葉で有名なキャンプ場があります。こちらのキャンプ場ではフリーテントサイ...
Thumb千葉・清水公園のアスレチックで遊ぼう!料金や混雑状況・駐車場まで徹底ガイド!
千葉県野田市にある清水公園は、緑豊かな自然の中でさまざまな体験ができる施設です。中でもフィー...

野田の工場見学で醤油をもっと知ろう

23099061 127413914590078 4117408812497895424 n
sugitalia

いかがでしたか。キッコーマンの工場見学は年齢を問わず、楽しく醤油について学ぶことができる施設です。見学の後は素敵なお土産ももらえるとか。売店でお土産を買うのも楽しい時間になりそうです。工場見学というのもオフの時間を過ごす有益な選択肢といえます。尚、キッコーマンでは兵庫の高砂工場、北海道の千歳工場でも工場見学ができます。

Thumb埼玉の工場見学スポットまとめ!大人も子供も楽しい・土日に行ける場所もあり!
「さいたまスーパーアリーナ」や「埼玉西武ライオンズ」等で有名な埼玉には、子供から大人まで楽し...
Thumb静岡で人気の工場見学に行こう!予約不要で無料なのは?子供と一緒に!
いま人気が高まっている工場見学。静岡県内だけでもたくさんあります。無料で入れる工場見学もたく...

関連記事

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ