初島へフェリーでアクセス!乗り場や料金・割引で安く乗る方法は?

静岡県の熱海の海上にある初島は、わずかフェリーで30分で行くことができる、リゾートが楽しめる島です。この初島そのものの見どころのほか、アクセスするフェリーについて、その乗り場や料金のほか、割引などで安く乗る方法についても合わせて紹介します。

初島へフェリーでアクセス!乗り場や料金・割引で安く乗る方法は?のイメージ

目次

  1. 1静岡県にある離島・初島へのフェリーでのアクセス方法をご紹介
  2. 2静岡の初島の見どころは?
  3. 3静岡・初島へのフェリーの乗り場
  4. 4静岡・初島へのフェリーの運航便数・所要時間
  5. 5静岡・初島へのフェリーの料金
  6. 6静岡・初島へのフェリーのチケット購入方法
  7. 7静岡・初島へのフェリーに安く乗る方法
  8. 8静岡・初島での観光を楽しもう

静岡県にある離島・初島へのフェリーでのアクセス方法をご紹介

夏休みなど、比較的アクセスが楽な離島でのひと時を過ごしてみたいという方もいるのではないでしょうか。離島というと移動だけでも何時間もかかってしまうところが多いのですが、なんとフェリーで30分ほどでアクセスできる島があります。その島はいったいどこにあるのでしようか。行く方法や料金などについて紹介します。

静岡県にある離島・初島とは?

その島というのは、静岡県にある「初島」という島です。この島は住所としては静岡県熱海市に入り、伊豆半島東方沖の相模灘にある、静岡県唯一の人が住む島でもあります。熱海市の本土から約10キロほどと、距離的にも比較的近いため、アクセスもそれだけ早くできるということになるわけです。

そのため、初島へのアクセスは熱海市の本土からフェリーでわずか30分ほどととても近いです。熱海は新幹線が利用できますから、東京や名古屋などからでも、楽に日帰りができる島であり、多くの観光客の方が遊びに気軽に遊びに来ているのです。

しかも初島はリゾート開発も進んでおり、日帰りで楽しめるのはもちろん、宿泊できる場所もしっかりあり、気候的にもリゾートの雰囲気を気軽に味わうことができます。その点もまた、初島がおすすめのポイントと言えるでしょう。

静岡の初島の見どころは?

ではまず、初島にはどのようなおすすめポイントがあるのかということについて紹介していきます。今述べたように、初島はフェリーによるアクセスも近く、静岡県内はもとより、東京や名古屋などからでも気軽に日帰りできるような位置関係にあります。

しかし単に近くにある島だからというだけでは、楽しみの面では限りがあります。初島にはさまざまなおすすめスポットもあり、この近い距離にありながらリゾート気分が満喫できるため、人気が高いのです。

豊かな歴史

初島は火山が活動を終えたあと浸食され、海底に没したあと、再び隆起してできた島と言われています。三島明神が日本にやってきた時、富士山の神に出会い、伊豆に10の島を作り、その時に最初にできたのがこの「初島」だったという伝説があります。

初島には今から約7000年前からの遺跡が全域にわたり発見されていて、この時代、つまり縄文時代の早期後葉から人がいたことがわかっています。また、なんと長野県から出土している黒曜石が初島から出ており、古くからの交流があったことも知られます。

1351年の記録にはこの島には18戸の家があったことが知られ、その後江戸時代には天領や小田原藩領となっていました。この時に41戸があったことがわかっていますが、この戸数は現在でもほぼ変わりません。当時から半農半漁の暮らしが続けられていました。

長い間初島は沖の小島とされていましたが、明治に入り熱海まで県道が通じると、熱海が温泉場として発展し、それに伴い、初島にも開発の波が押し寄せます。1921年には有名な歌人がこの島を訪れ、紀行文の舞台にもなりました。

1925年、東海道線が開通することで熱海はさらに開発が進み、初島にも遊覧で訪れる人が増えてきます。そして1964年に東海道新幹線が開通すると、初島にインフラ整備とともにリゾート施設が作られ、現在に至っているのです。

現在では後でも触れるようにリゾート施設や観光施設が多く立ち並ぶようになり、これらと組み合わせることでフェリーを安く乗る方法や割引プランができるなど、多くの方が気軽にリゾートを楽しみたいということで訪れるようになっています。

美しい植物や海

初島のおすすめのポイントとしてまず挙げられるのが、美しく豊かな自然です。初島は静岡県熱海市からわずか10キロほどの海上にあるのですが、気候が温暖であり、南国の花々も楽しむことができるのです。

熱海桜や河津桜と言った早咲きの桜や大島桜、島全域に見られるスイセンなどはもちろんですが、ブーゲンビリアやハイビスカス、極楽鳥花など、南国の花々も美しく咲き誇ります。わずかフェリーで30分ほどでこれらが見られる点はぜひおすすめしたいところです。

また、初島は南方からの海流がちょうどぶつかるところになっていて、温暖な気候と共にたくさんのプランクトンを発生させます。カラフルな魚たちが透明度の高い海の中を泳ぐさまは、一度は見ておきたいおすすめの景色です。

そのため、ダイビングやシュノーケリングなどを趣味とする方も多く訪れており、もちろん釣りなども楽しむことができます。体験ダイビングなどのプログラムも充実しており、初心者の方でも安心してマリンスポーツを楽しむことができる点も人気です。

美味しいグルメ

先ほども述べましたが、初島の人々は古くから半農半漁で暮らしており、その日に食べる魚を目の前の海で獲り、島で消費するということをしてきました。その獲りたての魚を使ったグルメもまた、初島に行ったらぜひおすすめしたいものの一つです。

丼や刺身、煮魚などをたっぷり堪能できる「食堂街」には、漁師が経営している食堂が軒を並べており、初島を存分に味わうことができます。またリゾートでのハワイアンなどの料理も楽しめるなど、食事のバリエーションも豊富です。

Thumb初島の観光スポットガイド!グルメ&温泉もあり!子供におすすめの場所は?
初島は伊豆半島の相模湾の海上にある観光地であり、関東からも近い浮島です。静岡県熱海市にある様...

静岡・初島へのフェリーの乗り場

おすすめしたい楽しみがたくさんある初島ですが、次に初島へのアクセス方法について紹介していきます。先ほども述べたように、初島へのアクセスはフェリーを利用して本土から30分ほどでアクセスすることができます。

ではそのフェリー乗り場はどこにあり、乗り場まではどのようにしてアクセスしたらよいのでしょうか。まずは初島へ行くフェリー乗り場の場所とアクセス方法から紹介していきましょう。

熱海港

本土側のフェリー乗り場は熱海港にあります。熱海港からは2種類の定期船が初島に向かって就航しており、これらを利用して初島へとアクセスすればよいわけです。

熱海港に行くには、まずは熱海に向かいましょう。熱海港の最寄り駅は「熱海」駅となります。熱海駅は東海道本線、伊東線の在来線2線と、東海道新幹線が乗り入れます。遠方からの方は東海道新幹線「ひかり」「こだま」を利用してアクセスすることになるでしょう。

熱海駅からはバスもしくはタクシーでのアクセスです。熱海駅の7番乗り場から出る「熱海港・後楽園」行きのバスで15分ほど、「熱海港」バス停で下車します。あとはフェリー乗り場に行き、初島に向かいます。

初島

初島の方は、初島の南に「初島港」があります。ここが熱海へのフェリーの乗り場となります。初島の中には特にバスなどはありませんが、1周4キロほどの島なので、徒歩などでも十分に乗り場まで行くことができるでしょう。

また、初島の中の宿泊施設を利用する場合は、シャトルバスが用意されている場合もあります。このあたりは宿泊する際に確認しておくことをおすすめします。

なお、初島港の乗り場には「シマテラス初島」という施設が2020年にできました。こちらにはフェリーの待合室のほか、土産物売り場などもあるため、乗り場に行く前に時間があったらここで買い物などをすることもできます。

静岡・初島へのフェリーの運航便数・所要時間

次に、熱海港と初島港の間を結ぶフェリーの運航便数や所要時間について紹介します。熱海と初島を結ぶフェリーは平常時で1日10往復、GWや夏休みなどの繁忙期になると11往復が運航されています。この航路には「イルドバカンスプレミア」と「イルドバカンス3世号」という2種類の船があり、時間によって使われる船が違います。

所要時間は先ほども紹介したように片道30分となります。所要時間が少ないこともあって本数は多く、朝7時台から夕方は17時過ぎまで便があるため、時間を有効に活用すれば日帰りでも十分に楽しむことができるのです。

なお、予約などは必要ありませんが、定員がいっぱいになると乗れないことがありますので、早めに乗り場に行くことをおすすめします。また2021年8月に関しては当面、平常時の便での運航になっています。

静岡・初島へのフェリーの料金

次に気になる熱海と初島を結ぶフェリーの料金です。フェリーの料金は大人が往復で2640円、小学生が往復で1320円となります。料金としては小学生は大人の半額料金ということになります。

このフェリー料金に関してなのですが、フェリーのチケットは熱海港で往復での購入のみです。往復料金のみを紹介したのはそのような理由からです。またペットなどを連れて行く際には、ペット料金がかかるので、このあたりは確認するとよいでしょう。

なお、このフェリーのチケットには割引となる場合があります。初島で「PICA初島」に宿泊する場合やアクティビティを楽しむ予定の方はセット販売のチケットがあり、これを利用するのが安く乗る方法でもあります。必ず料金の割引条件などチェックしておきましょう。

静岡・初島へのフェリーのチケット購入方法

てば、熱海と初島を結ぶフェリーのチケットを購入する方法についてです。フェリーのチケットは先ほども少し触れましたが、初島港で購入することはできません。ですから基本的には初島に渡る前に往復で購入することになります。

チケットを購入する場所としてまず挙げられるのが熱海港です。熱海港では往復のチケットを購入することができます。この際、PICA初島に宿泊する予定の方は料金が割引となりますので、必ず申し出るようにしましょう。

また、初島へのチケットにはWEBチケットもあります。こちらは初島のアクティビティとセットになることで割引になる、安く乗る方法の一つでもあります。初島でどこを観光するかによっていくつかのセット券が用意されており、これを使うとそれぞれを単独で利用するより割引された料金で楽しめます。

静岡・初島へのフェリーに安く乗る方法

初島に行くためには基本的に熱海からのフェリーを利用するしかありません。しかしここまで述べてきたように、料金はさほど安いわけではなく、アクティビティなどとのセット割引を使うにしても、それなりの料金がかかるということがわかりました。

釣りなどを楽しみたいなど、特にアクティビティのセットが必要ない場合など、フェリーに安く乗る方法は他にはないのでしょうか。そこで初島にフェリーに安く乗る方法について次にいくつか紹介していきましょう。

JAFの割引

ふだん車を利用している方でJAFの会員になっている方の場合、割引を利用するのがフェリーに安く乗る方法となります。フェリーそのものが割引になるというよりも、初島にある「PICA初島」が会員優待施設となっており、それで割引となるのです。

後でも述べますが、このPICA初島に宿泊する場合、フェリーの料金が優待料金となります。JAFの会員の場合は会員証を提示することでさらに大人で100円、小学生で50円が割引となります。フェリーと入園券がセットになっているため、結果として安く乗る方法となるわけです。

株主優待券

ふだん車を利用しないという方でおすすめしたいのが「株主優待券」を利用した割引です。熱海と初島を結ぶフェリーは富士急行が運営しています。この富士急行の株式を持っていると、「電車・バス・観光施設共通優待券」というものをもらうことができるのです。

これは名前の通り、富士急行が運営している電車、バス、観光施設などで利用できるのですが、初島航路と初島アイランドリゾートがこの対象施設となっており、初島航路の方は2枚で1名が往復乗船することができるのです。

一定数の株式を持っていればタダでもらえるわけですから、フェリーに安く乗る方法としてはこれ以上のものはないと言っていいかもしれません。もしこの株主優待券が手に入ったら、ぜひ安く乗る方法として利用することをおすすめします。

そういっても富士急行の株主ではないから無理、という方におすすめしたいのはネットオークションや金券ショップです。株主優待券はネットオークションや金券ショップで販売されていることがあり、これを購入すれば株主でなくても利用できます。

もちろん、いつでも100パーセント購入できるというわけではないのですが、ネットオークションなどではこの優待券が900円程度で出ていることが多いという口コミがあります。2枚で1往復利用できますから、1800円でフェリーを利用することができるのです。

値段は上下ありますが、フェリーに安く乗る方法としてはかなり有力と言えそうです。金券ショップでは富士急行の乗り物などがあるところがねらい目なので、熱海などで前もってチェックするのもいいでしょう。

PICA初島の施設利用券がセットになったチケットを買う

最後に紹介するのが、ここまで触れてきたアクティビティなどとのセットになったものです。初島にある「PICA初島」や「初島アイランドリゾート」などに行く予定がある方には、それらの利用券がセットになったチケットがあります。

PICA初島に宿泊する場合はフェリーが優待料金になりますが、宿泊しない場合でも、これらの施設に行く場合には入園券や中の温泉施設、植物園などの入園券がセットになったものを利用することができます。これらを使うと、単独でチケットを購入するよりも割引された料金でどちらも利用することができるわけです。

初島に行く場合は、どんなことをして楽しむかということと共に、どのような施設を利用するかも考えると、よりお得に初島観光を楽しむことができます。フェリーに安く乗る方法だけではなく、他の施設も含め、お得に利用することをおすすめします。

Thumb「PICA初島」はグランピングも楽しめる宿泊施設!料金や口コミも調査!
静岡県熱海市のPICA初島は、グランピングができるおしゃれなリゾート施設として人気があります...

静岡・初島での観光を楽しもう

初島は静岡の熱海からわずか30分でリゾート気分が味わえ、さらにマリンスポーツなども楽しめることから人気が高く、多くの方が観光を楽しんでいます。フェリーに安く乗る方法もいくつかあり、上手に利用するとお得に行くことができます。ぜひ上手にプランを立てて、初島観光を丸ごと楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ