所沢駅から池袋駅までのアクセス方法まとめ!電車の路線や料金・所要時間は?

所沢駅から池袋駅までの電車の路線や料金などを紹介!利用する電車によって所要時間までの違いもあるので、アクセスできる路線などをチェックしておくと便利です。所沢駅から池袋駅まで電車で移動する際には、それぞれの電車の特徴などを参考にしてください。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法まとめ!電車の路線や料金・所要時間は?のイメージ

目次

  1. 1所沢駅から池袋駅までのアクセス方法をご紹介!
  2. 2所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(1)西武線特急「ちちぶ」「むさし」
  3. 3所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(2)西武線急行
  4. 4所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(3)西武線準急
  5. 5所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(4)副都心線直通快速急行
  6. 6所沢駅から池袋駅までおすすめの行き方は?
  7. 7所沢駅からから池袋駅の混雑状況
  8. 8所沢駅から池袋駅までのアクセス方法まとめ

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法をご紹介!

埼玉県にある所沢駅から池袋駅までの電車でのアクセス方法をまとめました。所沢駅は池袋線と新宿線の交差しているターミナル駅の一つ。所沢駅を利用したことがない方でも名称を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

そんな所沢駅から池袋駅までは、特急や急行など色んな電車が運行しています。どの電車を利用して所沢駅から池袋駅まで移動するかによって、所要時間などには違いがあります。それぞれの電車の特徴などを紹介していくので移動時に役立ててください。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(1)西武線特急「ちちぶ」「むさし」

最初に紹介する所沢駅から池袋駅までの電車でのアクセス方法は、西武線特急の「ちちぶ」と「むさし」です。所沢駅から池袋駅まで特急で早く移動したい方にはおすすめの電車。通勤時間などには利用する方も多く、人気のある電車の一つになります。

所沢駅から池袋駅まで利用できる「ちちぶ」と「むさし」は、本数がたくさんあるわけではありません。運行していない時間帯もあるので、運行時間をしっかりとチェックしておくのがおすすめ。「ちちぶ」と「むさし」の人気のポイントもチェックしておきましょう。

特急券が必要だが快適に移動できる

所沢駅から池袋駅までの電車で西武線特急の「ちちぶ」と「むさし」は、快適な移動をしたい方におすすめの電車です。

特急電車になっているので乗車する際には特急券が必要になりますが、その分他の電車よりも早い時間で移動でき快適な空間を利用できるので人気があります。ただ、所沢駅が始発駅ではないので時間帯などによっては混雑具合に違いもあるでしょう。

ゆっくりと移動ができるのは電車での移動では一番の人気のポイントでもあります。通勤・通学ラッシュ時間には利用者も多くなりますが、日中などでにはゆっくりと座席を利用して快適な移動ができます。そのため、人気のある移動手段の一つになります。

所要時間と料金

所沢駅から池袋駅までの所要時間になりますが、特急をr利用する形になるので一番早い時間で移動できます。所沢駅からは約22分の時間で移動ができるので、少しでも早く池袋駅に移動したい方の場合には利用するのがおすすめとなります。

西武線特急「ちちぶ」と「むさし」の料金になりますが、通常料金が片道750円となっています。最初に触れたように本数がたくさんあるわけではありません。1時間に1本から2本の運行になっているので、移動に特急を利用する場合には注意しましょう。

特急券を購入し忘れた場合には、別途で料金が発生してしまいますので購入を忘れてしまわないようにしましょう。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(2)西武線急行

続いて紹介する所沢駅から池袋駅へのアクセス方法は、西武線急行を利用する方法です。急行電車なので移動スピードもそれなりにあるのがポイント。所沢駅から池袋駅までは本数が多いので、利用しやすい電車の一つになり移動手段としても人気があります。

最初に紹介した特急とは違って特急券が必要などの要素もなく利用できるのもおすすめのポイント。通勤・通学以外での利用の場合には時間帯によっては混雑を回避することができるでしょう。ここでは、西武線急行のおすすめのポイントを紹介していきます。

昼間時に運行する西武池袋駅行きの優等列車

所沢駅から池袋駅まで運行している西武線急行には、昼間の時間帯に運行している優等列車があります。優等列車は、普通列車に対して速達性や車内設備の優れた電車のことを言います。快適な空間で移動できるので人気がありおすすめです。

昼間の時間の運行になっているので、混雑を回避して快適に移動したい方には最適と言えるでしょう。特急よりも好きという方も少なくありません。

優等列車は急行系列車などと表現されることがあるので、実際に利用したことがあるという方も少なくないでしょう。移動スピードも決して苦に感じる速度ではないので、早く移動したい方でも利用しやすくなっているのも人気の理由の一つになります。

優等列車が運行しているのは昼間の時間になりますが、通勤・通学のラッシュ時間には通勤急行として運行しています。優等列車と比べても移動時間が大きく違うわけではありません。そのため、優等列車以外の西武線急行だからと心配する必要はありません。

もちろん通勤急行と優等列車のどちらも人気の移動手段になっているので、時刻表と照らし合わせて利用するのかをチェックするのがおすすめ。1時間の本数も3本と本数が揃っているので、優等列車を利用したことがない方も一度乗ってみるのはいかがでしょうか。

所要時間と料金

所沢駅から池袋駅までの西武線急行になりますが、こちらは約24分の所要時間となっています。最初に紹介した西武線特急と移動時間に大きな違いがあるわけではありません。そのため、安い料金で移動したい方にも人気がある電車の一つになります。

料金は、通常料金で片道350円となっています。特急と約2分違いでアクセスできる電車になっているので、移動手段としては利用しない手はないでしょう。

移動時間を優先して利用する方には人気がある移動手段になっているので、時間帯などによっては混雑する可能性も高いです。特に優等列車は設備なども整っている車両になっているので、一般的な電車と比べても人気が高いので覚えておくと便利です。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(3)西武線準急

所沢駅から池袋駅まで、西武線準急も運行しています。準急電車は普通電車と急行電車の中間の電車のことで、急行電車で停車しない駅にも停車するのがポイント。普通電車よりも停車駅は少なくなってしまいますが、途中下車する際などに利用しやすいです。

所沢駅から池袋駅までは停車駅が多く多少の時間を有してしまいますが、比較的に空いていることが多いのが特徴になります。1時間の本数も多いのが西武線準急になるので、移動時間にこだわりがない場合には利用する方も少なくありません。

停車駅は増えるが急行に抜かれない列車もある

準急や普通電車の場合には、駅で停車して急行列車などを見送ることがあります。電車の利用者の中では経験したことがあるという方も多いでしょう。

先ほども触れたように準急電車は、急行電車に比べると停車駅が多くなります。と言っても普通電車よりも停車駅は少なくなるので、一番遅い各駅停車の普通電車と比べると早く移動できるのがポイントです。そんな準急でも急行に抜かれない車両もあります。

つまり停車駅で急行電車が来るのを待たなくて済むので、移動時間は同じ準急でも違ってくると言えるでしょう。全体的に停車駅が増えてしまう分所要時間は長くなってしまいますが、少しでも早く移動したい方は急行に抜かれない準急を利用するのがおすすめ。

急行が準急を抜くのはラッシュ時間などとも言われていますが、ダイヤ改正などが行われてたのもありこの時間帯は抜かれないという案内は難しくなっています。例えば、所沢駅で準急の後の便も準急の場合などは抜かれる心配がないでしょう。

乗りたい電車の前後の電車についてチェックすると、途中で急行などに抜かれる可能性がある電車かどうかをチェックすることができます。チェックする際には池袋駅の到着時間を見ると、どの電車を利用するのかを見極めやすくなるでしょう。

所要時間と料金

所沢駅から池袋駅までの西武線準急の所要時間は、約31分となっています。急行と比べると停車駅は増えてきますが、到着までの時間が5分前後の違いになります。1時間に4本から6本運行しているので、池袋駅まで利用しやすい電車になります。

料金は西武線急行と西武線準急は同じで、通常料金が片道350円となっています。準急と聞くと到着時間が遅くなってしまうイメージを持っている方もいますが、決して遅苦なってしまうわけではありません。本数が多い分利用しやすいのでおすすめになります。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法(4)副都心線直通快速急行

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法で最後に紹介するのは、副都心線直通快速急行です。東京メトロ副都心線を利用すると直通でアクセスできる電車もあります。準急や各駅停車も運行していますが、一番早い時間で移動できる快速急行がおすすめです。

これまで紹介してきた所沢駅から池袋駅までの電車とは、違う路線になっているので普段は利用したことがないという方も少なくないでしょう。ここでは、副都心線直通快速急行についてのおすすめのポイントを紹介していくので参考にしてください。

副都心線方面に直通する快速急行

副都心線方面に直通で移動できる快速急行ですが、Fライナーなどが運行しています。実際に利用したことがなくてもFライナーの名前を聞いたことがある方もいるでしょう。

ここで利用するのは元町・中華街駅行きの電車になっているので、副都心線直通快速急行を利用する機会が少ないという方は乗り間違えてしまわないように注意しましょう。途中の停車駅はそれなりありますが、乗り換えの必要がないのもポイントになります。

初めて利用する場合には乗り換えで迷ってしまうことも少なくありません。ですが、副都心線直通快速急行の場合には所沢駅からそのまま池袋駅までアクセスすることができます。ただ、もちろん所要時間も短い時間になっているのでおすすめになります。

ここで注意しなくてはいけないのが、準急や各駅停車に間違って乗ってしまわないようにすることです。同じ直通で運行しているので、間違って乗ってしまうと所要時間などは大きく異なってきてしまいます。また、本数が少ない点も注意しましょう。

副都心線直通快速急行は、最初に紹介した西武線特急のように1時間の本数は限られています。そのため、アクセスする前に時刻表などをしっかりと確認しておくのがおすすめです。また、時間帯によっては混雑することが多い車両になるのも覚えておくと便利です。

所要時間と料金

所沢駅から池袋駅までの副都心線直通快速急行の所要時間ですが、こちらは約27分ほどになっています。先ほど紹介した西武線準急と比べると多少早い時間に池袋に到着することが可能です。本数は少なくなりますが、時間を優先しても利用しやすいでしょう。

料金になりますが、副都心線直通快速急行は通常料金で片道480円となっています。西武線のこれまで紹介した料金と比べると少し高くなってしまいます。移動手段として利用する場合には、料金の違いにも注意しておくようにしましょう。

所沢駅から池袋駅までおすすめの行き方は?

所沢駅から池袋駅までの電車を各種紹介してきましたが、おすすめの行き方はどれ?と疑問に感じる方もいるでしょう。どの電車を利用しても時間的には大きな違いがあるわけではありません。約5分から10分の違いですが、優先するかで変わってくるでしょう。

少しでも早く池袋駅に到着したいという方の場合には、一番早い移動時間となる西武線特急を利用するのがおすすめの移動手段と言えます。

ですが、移動時間が早い電車は料金が変わってきてしまいます。そのため、料金を優先する場合には急行を利用するのが一番と言えるでしょう。特急電車との到着時間の差異も少ないので、早く到着したい方でも選択しやすいのではないでしょうか。

また、所沢駅から池袋駅まで移動する時間帯によっても違ってくるでしょう。例えば、通勤・通学ラッシュの時間帯に利用する場合には電車を選ぶこともできなくなってしまいます。到着する時間を優先して選択する方も少なくありません。

これに対して日中に利用する場合には、色んな電車から選択できるでしょう。快適な空間を重視するかなど自分にとっての優先順位によって変わってきてしまいます。本数が多いので選択する場合には準急になるので、優先したいポイントで選択してみましょう。

所沢駅からから池袋駅の混雑状況

所沢駅から池袋駅までの移動方法について紹介しましたが、所沢駅から池袋駅までの混雑状況についても簡単に紹介していきます。

通勤・通学ラッシュの時間帯でも、所沢駅から池袋駅までは車両によっては多少のゆとりがあるとされています。ただ、池袋に近づくにつれ混雑していくという傾向があるようです。また、最も混雑するとされているのが急行になります。

日中の時間帯の利用の場合には、そこまでの混雑を感じることもないでしょう。ですが池袋駅の階段近い車両は混雑する割合が高くなってしまうので注意が必要です。車両を変更するだけで座席が空いていることもあるので、移動する際には参考にしてください。

所沢駅から池袋駅までのアクセス方法まとめ

所沢駅から池袋駅までの電車でのアクセス方法は、西武線特急から準急、副都心線直通快速急行と各種揃っています。それぞれが所要時間も違いますし、料金についても違いがあります。日中の時間帯はラッシュ時と比べても混雑することが少ないです。

今回当記事で紹介した所要時間などは、昼の時間帯の平均所要時間になっています。利用する時間帯によっては移動時間に違いがあるので注意しましょう。電車で池袋駅までアクセスする機会がある方は、それぞれを比較することができるので役立ててください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ