スーツケースの選び方特集!サイズや素材などのポイントとおすすめとは?

スーツケースの選び方にはコツがあることをご存じでしょうか。今回の記事では、スーツケースの選び方を特集します。サイズや素材などのポイントはもちろん、おすすめ商品も併せてご案内しますので、スーツケース選びの参考にしてみましょう。

スーツケースの選び方特集!サイズや素材などのポイントとおすすめとは?のイメージ

目次

  1. 1スーツケースの選び方とおすすめポイントを解説
  2. 2スーツケースのおすすめの選び方5選!
  3. 3スーツケースの選び方①利用シーン
  4. 4スーツケースの選び方②サイズ
  5. 5スーツケースの選び方③素材
  6. 6スーツケースの選び方④メーカー
  7. 7スーツケースの選び方⑤セキュリティ
  8. 8おすすめのスーツケースをご紹介
  9. 9使いやすくて安心なスーツケースを選ぼう

スーツケースの選び方とおすすめポイントを解説

スーツケースを購入する時、選び方に迷った経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。スーツケースは一度買うと通常は数年から数十年使用することも多く、安いもので基本的に1万円以上の買い物となるため、慎重になる人も多いことでしょう。

デザイン、価格、サイズなど、人によってさまざまな選び方がありますが、スーツケースにはおすすめの素材、宿泊日数に対しての一般的なサイズ感などが、選び方のコツがあるのも事実です。

悩みがちなスーツケースの選び方のコツをご紹介

「スーツケースが必要だけど、なにを基準に選べば良いのかわからない」といった人は多いのではないでしょうか。また、何を基準に選べば良いのかわからず「何度も買い直している」という人もいるかもしれません。

ご存じのように、スーツケースは決して小さなアイテムも、安いアイテムではありません。住居スペースに余裕のある人ならいくつか持ち、使い分けてるのも一つの手ですが、できれば1つのスーツケースだけを使い回したいという人も少なくないでしょう。

今回の記事では、悩みがちなスーツケースの選び方のコツを紹介します。スーツケースの基本的な選び方はもちろん、おすすめのスーツケースもご案内します。

「スーツケースの選び方のコツがわからない」「スーツケースを初めて購入する」という人は早速チェックしてみましょう。

なお紹介する情報は2021年8月時点のものとなり、時期によって紹介する商品の内容・参考価格など異なる可能性があります。また紹介する参考価格については、すべて税込価格となります。

スーツケースのおすすめの選び方5選!

それでは早速、スーツケースのおすすめの選び方を紹介します。スーツケースのおすすめの選び方は、大きく分けて5つのポイントがあります。

その5つのポイントとは「利用シーン」「サイズ」「素材」「メーカー」「セキュリティ」です。ここではそれぞれのポイントを1つ1つ詳しく解説していきます。

スーツケースの選び方①利用シーン

スーツケースのおすすめの選び方のポイント1つ目は、利用シーンに合わせてスーツケースを選ぶことです。

スーツケースはアイディア次第でさまざまな用途で使うことができますが、おもに使用されるのが以下の2つのシチュエーションではないでしょうか。その2つのシチュエーションとは、もちろん「観光」「ビジネス」です。

観光

ビジネスだけでなく、観光を楽しむ時にスーツケースを持ち運ぶという人も多いことでしょう。観光用のスーツケースの選び方のポイントは、なんといっても耐久性の高さです。

ビジネスでの利用シーンではスーツケースを激しく損傷するようなことはほとんどないはずですが、観光の場合は違います。階段の上り下り、スーツケースの積み下ろしなどの衝撃に余裕をもって耐えられる耐久性が求められるでしょう。

観光用スーツケースの場合、ビジネス用スーツケース以上にサイズにも注目する必要があります。何泊するのか、どこに行くかによってスーツケーズのサイズが大きく変わります。

スーツケースのサイズに関しては、後ほど紹介する”スーツケースの選び方②サイズ”のなかで詳しく取り上げていますので、ぜひ参考にしてみましょう。

ビジネス

耐久性、サイズが重要な観光用スーツケースに足して、ビジネス用スーツケースは選び方のポイントが異なります。ビジネス用スーツケースで重視したいのは、軽量感とデザインではないでしょうか。

ビジネス用スーツケースは、多くの場合観光用スーツケースほど大きなサイズを必要としないはずです。持ち運びのしやすさを重視し、軽量感のあるスーツケースを選びましょう。

またデザインやカラーバリエーションの選択肢が観光用スーツケースほど多くないというのも、ビジネス用スーツケースの特徴と言えるかもしれません。

ビジネス用スーツケースは、おもにブラックやシルバーなどのカラーを多くの人が選ぶのではないでしょうか。また斬新なデザインのスーツケースではなく、質素なデザインのモデルを選ぶことが無難と言えるでしょう。

スーツケースの選び方②サイズ

スーツケースのおすすめの選び方のポイント2つ目は、サイズ感です。スーツケースは人によって、そして利用シーンによってサイズが異なるのは当然です。特にサイズが重要となるのが、観光や旅行の時です。

ここではスーツケースのサイズと旅行日数の目安についてご案内するとともに、「この程度のサイズがあれば安心」とされる標準的なスーツケースのサイズについても併せてご案内します。

スーツケースのサイズと旅行日数の目安

旅行用スーツケースを選ぶ時、旅行日数の目安にすると良いのではないでしょうか。一般的に言われるのが「1泊につき10リットル」です。

ただしこれは男性女性、子供から高齢者までの平均を計算したものであるとされているので、利用する人によって大きく異なります。

余裕をもって荷物を持ち運びたのであれば、1泊から2泊の旅行日数で30リットル以下のサイズのスーツケースで十分とされています。

3泊前後の宿泊なら30リットルから45リットルほどのサイズのスーツをケースを、5泊前後宿泊する予定の場合は46リットルから60リットルほどのサイズのスーツケースを用意すると良いでしょう。

1週間の滞在予定なら61リットルから80リットルのサイズのスーツケースを、10泊以上の長旅となるなら81リットル以上のサイズのスーツケースが安心とされています。ただし、ここで紹介したサイズの目安についてはあくまで目安です。

人によって、そしてシチュエーションによって大きく異なる可能性があります。「人よりたくさんの荷物を持ち運ぶ」と感じている人は、紹介した目安より一回り大きなサイズのスーツケースを、「そんなにたくさん荷物を持って行かない」という人は一回り小さなサイズのスーツケースを選ぶことをおすすめします。

61~80ℓのスーツケースがあると便利

以上のように、観光用・旅行用スーツケースのサイズは、宿泊日数によって大きく異なります。そのため、どの宿泊日数で旅行する機会が多いのかによってスーツケースのサイズを選ぶのが正しい選び方です。

ただし、例えばそれまで3泊前後の宿泊ばかりしていた人が、はじめて1週間ほどの長旅に出発することになった時、新しくスーツケースを買い換える必要性が出てきてしまいます。

反対に、はじめから大きめのサイズのスーツケースを買っておけば、小旅行の時でも新しくスーツケースを買い換える必要がありません。その場合、多くの荷物を一度に持ち運びできるため、余裕をもって荷物を積み込むことができます。

一人旅でなければ、他の人の荷物も一緒に入れてあげるといった使い方もできます。あまり大きなサイズのスーツケースを買ってしまうと日帰り旅行などには向きませんが、61リットルから80リットルサイズのスーツケースがあると便利と言えるかもしれません。

スーツケースの選び方③素材

スーツケースのおすすめの選び方のポイント3つ目は、素材です。スーツケースは旅行用の荷物や、大切なビジネスの道具を持ち運ぶアイテムです。

耐久性の高さが大切なのは言うまでもありませんが、その耐久性の高さに大きく関わるのがスーツケースに使用される素材です。ここでは、スーツケースの3種類の素材と特徴を紹介するとともに、おすすめの素材についても紹介します。

スーツケースの3種類の素材と特徴

スーツケースに使用される素材はさまざまありますが、現在多く使われている素材は大きく分けて3つに分類されています。その3つの素材とは「アルミニウム」「ABS樹脂」「ポリカーボネート」です。

それぞれの素材に「耐衝撃性」「軽量性」に特徴があり、価格帯が異なることも言うまでもありません。3つの素材の特徴を簡単に見ていきましょう。

アルミニウム

アルミニウム素材のスーツケースは、主にビジネスの場で使われる高級品です。耐衝撃性は比較的優れており、大切に扱えば末永く愛用することができますが、重量がやや重く、価格帯が非常に高いことが難点です。

実用性よりも高級感を重視した素材ということも言えますので、観光用スーツケースにはまったく向きません。

アルミニウム素材を使用したスーツケースは、100,000円以上もするような高級品もざらにあります。スーツケースに限って言えば、完全にビジネス用の素材であると認識していいでしょう。

ABS樹脂

ABS樹脂のスーツケースは、バランスの良さが持ち味です。耐衝撃性、軽量感はほぼアルミニウム素材と並ぶかやや劣るぐらいと言われていますが、アルミニウム素材のスーツケースに比べると価格の差が歴然です。

アルミニウム素材のスーツケースの価格の10分の1ほどのお手頃価格で手に入るため、ビジネスでも旅行でも気軽に使うことができるというのがABS樹脂の最大の魅力です。

ただしABS樹脂のスーツケースは、長時間日光にさらされると劣化する可能性があります。その点を除けば十分におすすめできる素材と言えるでしょう。

ポリカーボネート

非常に高い性能を持っているのが、ポリカーボネート素材です。ポリカーボネート素材のスーツケースは、耐衝撃性が極めて高く、耐熱性も高いためABS樹脂のように長時間日光にさらされてもまったく劣化しません。

ポリカーボネートならでえはの強固さから、限界まで薄いスーツケースを作ることができます。そのため軽量感も段違いです。

価格についてはABS樹脂よりも高めのことが多いですが、一度購入したら末永く愛用できるコスパ抜群のスーツケースと言えるでしょう。ビジネス用スーツケースにも観光用スーツケースにもってこいの素材であることがわかります。

ポリカーボネート素材のハードタイプがおすすめ

以上のように、スーツケースに使われる素材は大きく分けて3つあることがわかりました。それぞれに異なる特徴があり、利用シーンに合わせて使い分けるというのがおすすめですが、もっとも現実的かつ一般的におすすめできる素材はやはりポリカーボネート素材です。

ビジネスの場では重要な役割を果たすことも多いであろうアルミニウム素材のスーツケースですが、実用性に欠けてしまいます。

ABS樹脂はとにかく安いですが、耐久性がポリカーボネート素材に劣り、直射日光にも弱いことから「たまにしか旅行をしない人」にはおすすめです。トータルで考えると、ポリカーボネート素材のスーツケースのコストパフォーマンスの高さがやはり目立ちます。

スーツケースの選び方④メーカー

スーツケースのおすすめの選び方のポイント4つ目は、メーカー選びです。スーツケースに限らず、何を購入するにもメーカー選びというのは重要になってきます。お気に入りのメーカーで選ぶ人もいれば、ロゴなどのデザイン性で選ぶ人もいます。

もちろん性能の高さや価格の安さでメーカーを選ぶ人も多いのではないでしょうか。スーツケースのメーカーにこだわると、スーツケースの価格帯がかなり違うことに気づくことでしょう。

メーカー選びを検討するうえで、製品サポートが充実しているかについても重要なポイントとなります。

スーツケースの価格帯

スーツケースの価格帯は、素材だけでなく、どこのメーカーで作られたかによって大きく変わってきます。例えば日本のメーカーの手がけるスーツケースは機能性が高い分、わずかに高価であることが多いです。

なかにはアメリカのメーカーでありながら、とても良心的な価格のスーツケースが多くラインナップされていることもあったりと、メーカーによって価格帯が大きく異なることを覚えておきましょう。

製品サポートが充実しているか

メーカーにこだわりたい理由の1つに、製品サポートの充実度があります。いくら耐久性が高いスーツケースとはいえ、例えば階段で激しく転倒させてしまうと故障する可能性があります。

また、厳しい水準をクリアしたスーツケースであっても、店頭に並ぶまでの間に発生したトラブルなどによって、はじめから商品が壊れているなどの可能性があります。そんな時に重要なのが、製品サポートです。

製品サポートの充実度は、メーカーによって全く違います。10年保証付きのメーカーもあれば、3年保証付きのメーカー、そして故障時の修理を無料サポートしてくれるメーカーがあったりと、メーカーによってさまざまです。特に安いメーカーで選ぶ時は、製品サポートの充実度にも目を向けてみましょう。

スーツケースの選び方⑤セキュリティ

スーツケースのおすすめの選び方のポイント5つ目は、セキュリティの高さです。スーツケースに入れる荷物のなかに、最低でも1つは貴重品が入っているのではないでしょうか。

旅行用スーツケースでもビジネス用スーツケースでも、一時的に自分の手を離れる時間が多くあるでしょう。

そんな時、セキュリティの甘いスーツケースだと安心してスーツケースを預けられません。セキュリティ面は、スーツケース選びの重要なポイントとなることは間違いありません。

TSAロックとは

セキュリティ面を第一に考えるなら、TSAロック付きのスーツケースを選ぶのが一番です。TSAロックとは”運輸保安局認定ロックシステム”のことです。TSAロックの魅力は、解錠しなくてもスーツケースの中身が確認できることにあります。

一例として、アメリカ圏へ旅行に行く際、中身の確認ができない荷物はロックを壊して中身を確認される可能性があります。これはテロ対策によるものです。TSAロックは鍵をしたまま中身をチェックできるため、ロックを壊されることがありません。

もしアメリカ圏へ旅行に行く際、TSAロック付き以外のスーツケースを持ち込むには、南京錠やTSAロック付きのスーツケースベルトで対応する必要があります。

おすすめのスーツケースをご紹介

ここまでは、スーツケースのおすすめの選び方を中心に紹介をしてきました。今回の記事の最後に、以上のポイントをふまえたおすすめのスーツケースを紹介します。

紹介するのは「DELSEY CHATELET AIR」「FREQUENTER CLAM ADVANCE」「PROTEX FP-32N」の3商品となります。

DELSEY CHATELET AIR

1つ目に紹介したいおすすめのスーツケースは、DELSEY CHATELET AIRになります。DELSEYの”CHATELET AIR”は、フランスの誇るヨーロッパナンバー1シェアのDELSEYによるバランスの良いモデルです。使用されている素材はもちろんポリカーボネートで、4輪キャスター付きが嬉しいところです。

安心のTSAロック付きモデルとなっているため、アメリカ圏へ旅行やビジネスで足を運ぶ可能性がある人でも安心して使うことができます。なおCHATELET AIRのサイズは、2泊から3泊の宿泊にもっとも適しているとされる42リットルです。

10年もの保証が付いているのは、ヨーロッパナンバー1シェアメーカーであるDELSEYならではといったところではないでしょうか。

フランスの老舗メーカーならではの伝統的で洗練されたデザインは、観光用スーツケースとしてもビジネス用スーツケースとしても使えるデザインです。

性能重視のスーツケースが欲しい人にも、さりげないおしゃれさが光るスーツケースが欲しい人にもおすすめスーツケースと言えるでしょう。そんなCHATELET AIRの参考価格は、34,980円となります。

FREQUENTER CLAM ADVANCE

2つ目に紹介したいおすすめのスーツケースは、FREQUENTER CLAM ADVANCEになります。FREQUENTERの”CLAM ADVANCE”は、安心の日本の老舗メーカーであるFREQUENTERを代表するモデルの1つです。

使用される素材はもちろんポリカーボネートとなり、4輪キャリーの難点とされる小回りの悪さを解消するワンプッシュタイプのストッパーを採用しています。

キャスターについては交換キットも別売りでするなど、ただならぬこだわりを見せるのは、さすが日本の老舗メーカーといったところです。

修理サポートも充実していることから、末永く愛用できるスーツケースが欲しい人にぴったりのモデルと言えるのではないでしょうか。そんなCLAM ADVANCEのセキュリティシステムはもちろんTSAロックです。

サイズについては1泊から2泊までの小旅行にぴったりの34リットルサイズでありながら、参考価格28,600円とリーズナブルなこともおすすめの理由です。

PROTEX FP-32N

3つ目に紹介したいおすすめのスーツケースは、PROTEX FP-32Nになります。PROTEXの”FP-32N”は、最高峰の耐久力を持つとされるポリカーボネートプラスを採用したモデルです。

日本のメーカーであるPROTEXのスーツケースは技術力の高さを評価され、自衛隊、スポーツ選手など幅広い分野の人々から愛されています。

そんなPROTEXを代表するFP-32Nは、2輪キャスターであること、TSAロックス付きであること、最高峰の耐久性を持ちながらしっかりとメーカー修理サポートが保証されていることが魅力です。

サイズについては2泊から3泊の宿泊に最も適するとされる40リットルとなります。いかにも強固であることがわかるような硬派なデザインとなっているため、ビジネス用スーツケースとしても十分に活躍してくれることでしょう。

日本製メーカーの技術を結晶したスーツケース・PROTEX FP-32Nの参考価格は42,900円です。「とにかく長く愛用できるスーツケースが欲しい!」という人は検討してみてはいかがでしょうか。

使いやすくて安心なスーツケースを選ぼう

スーツケース選びのポイントはさまざまですが、「利用シーン」「サイズ」「素材」「メーカー」「セキュリティ」の5つが基本です。

サイズについては何泊するかによって、予算については素材やメーカーによって決定すると良いでしょう。紹介したスーツケースの選び方を参考に、使いやすくて安心なスーツケースを選びましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ