「いけもふ」は池袋で話題のアニマルカフェ!料金や予約方法・混雑状況は?

JR池袋駅の近くにある「いけもふ」は、池袋で話題のアニマルカフェです。今回の記事では「いけもふ」で人気の動物、過ごし方を中心に「いけもふ」の魅力をたっぷり紹介します。料金や予約方法・混雑状況についてもご案内しますので、興味のある人は早速チェックしてみましょう。

「いけもふ」は池袋で話題のアニマルカフェ!料金や予約方法・混雑状況は?のイメージ

目次

  1. 1池袋にある「いけもふ」で癒し体験!
  2. 2池袋の「いけもふ」とは?
  3. 3「いけもふ」の可愛い動物を紹介!
  4. 4「いけもふ」の料金について
  5. 5「いけもふ」では動物たちのご飯体験も可能
  6. 6「いけもふ」で楽しむためのルールを紹介
  7. 7「いけもふ」は予約はできる?
  8. 8「いけもふ」の混雑状況は?
  9. 9「いけもふ」の営業時間・定休日を紹介
  10. 10「いけもふ」のアクセス情報
  11. 11「いけもふ」で可愛い動物たちに会いに行こう!

池袋にある「いけもふ」で癒し体験!

JR池袋駅からアクセスの良い場所に、可愛い動物たちと直接触れあうことのできるアニマルカフェがあることをご存じでしょうか。”いけもふ”は、ウサギやふくろう、ハリネズミなどの動物と気軽に触れ合うことのできる人気カフェです。

今回の記事では、池袋の人気カフェ・いけもふの魅力を徹底解説します。いけふくろの可愛い動物はもちろん、料金、予約・混雑状況も詳しくご案内します。「池袋でおすすめのアニマルカフェが知りたい!」という人は早速チェックしてみましょう。

なお、紹介する情報は2021年8月時点のものとなり、時期によって紹介するサービスの内容や料金が異なる可能性があります。また、紹介する料金についてはすべて税込価格となります。

池袋の「いけもふ」とは?

池袋にあるいけもふとは、そもそもどのようなカフェなのでしょうか。いけもふとは、池袋などの都心部では比較的めずらしい「動物たちと触れあえる」カフェです。

池袋にも動物たちと出会えるさまざまなアニマルカフェがありますが、実際に動物と触れあえるカフェは限られています。今回紹介するいけもふは、池袋で動物と触れあうことのできる希少なカフェの1つです。

可愛い動物たちと触れ合えるカフェ

いけもふでは、人気の動物たちと実際に触れあうことができます。ウサギやふくろう、ハリネズミなど定番人気の動物から、チンチラやモモンガといった比較的めずらしい動物と出会えることが人気のポイントです。

そして出会えるだけでなく、実際に触れあうことができるというのがおすすめのポイントと言えるでしょう。アニマルカフェの定番人気の動物はもちろん、ちょっとマニアックな爬虫類などいろいろな動物と出会えるのも、いけもふの大きな魅力です。

「いけもふ」の可愛い動物を紹介!

池袋のおすすめアニマルカフェ・いけもふで実際に触れあうことのできる人気の動物を紹介していきます。

紹介するのは、定番人気となっている「ウサギ」「プレーリードッグ」「ハリネズミ」「チンチラ」「モモンガ」「モルモット」「ふくろう」の計7種です。

どれもいけもふのアイドル的存在であり、それぞれの動物に個性があります。また、いけもふには、ここで紹介する以外にもたくさんの動物がいます。

ウサギ

1つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、ウサギです。アニマルカフェのアイドル”ウサギ”に出会えるだけでなく、実際に触れあうことができるというのも、いけもふのおすすめポイントです。

いけもふでは、ウサギのお散歩タイムを定期的に開催しています。その時間帯に訪れることができれば、可愛いウサギと直接触れあうことができるでしょう。

時期によって異なりますが、いけもふでは大人のウサギだけでなく、子供のウサギともふれあうことができます。アニマルカフェのアイドルと触れ合い、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

プレーリードッグ

2つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、プレーリードッグです。いけもふの”プレーリードッグ”は可愛いと評判であり、隠れた人気アニマルです。

1回の来店で3回抱っこできること、両手に紙コップを持ち立ちながら食事をすることで評判となっており、あまりの可愛さからメディアで紹介されたこともあります。

ハリネズミ

3つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、ハリネズミです。いけもふの”ハリネズミ”は、いけもふの動物たちの中でも特に人気が高いとされる存在です。

ハリが危険なため、通常なかなか触れあうことができないとされるハリネズミですが、いけもふでは特殊グローブを装着して触れあうことができます。ハリネズミ好きの人にはたまらない体験となるのではないでしょうか。

チンチラ

4つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、チンチラです。いけもふの”チンチラ”は、アニマルカフェでも滅多に体験できない触れあいを楽しめます。

チンチラとの触れあいという希少な体験を楽しむだけでも、いけもふに足を運ぶ価値はあるといえるでしょう。いけもふのチンチラは、とても人懐っこく気軽に触ることができます。

モモンガ

5つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、モモンガです。いけもふの”モモンガ”は、SNS映え間違いなしの可愛さで人気の、いけもふの隠れたアイドル的存在と言っていいでしょう。

ポーチに入れられても落ち着いて寝てしまうほどおとなしいこと、あどけない目がとても可愛らしいです。

モルモット

6つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、モルモットです。いけもふの”モルモット”は、アニマルカフェのマスコット的存在です。特にいけもふのモルモットは、スキニーギニアピッグと呼ばれる毛のない品種です。

あまりに人懐っこいモルモットであることから、スタッフさんに声をかけなければ会うことはできません。モルモット好きの人であれば相談しない手はありません。

ふくろう

7つ目に紹介したいいけもふで触れあうことのできる可愛い動物は、ふくろうです。アニマルカフェの人気者”ふくろう”を目的に、いけもふに訪れる人も多いのではないでしょうか。池袋でふくろうは、池袋名物の1つである”いけふくろう”を象徴する存在です。

いけもふのふくろうは愛想が良く、気軽に頭をなでさせてくれることで人気です。あまりの可愛さにたくさん触れあいたくなるかもしれませんが、ふくろうは繊細な動物です。触れあう時は頭を優しくなでてあげるだけにしましょう。

Thumb爬虫類カフェ特集!ふれあいながらくつろげる全国のおすすめ店11選を紹介!
全国には爬虫類とのふれあい、癒しを体験できる爬虫類カフェがたくさんあります。今回の記事では、...

「いけもふ」の料金について

池袋のおすすめアニマルカフェ・いけもふの利用料金についてご案内します。いけもふは時間制の料金設定のため、安心して癒しの時間を体験できます。

また、いけもふでは小学生未満はお得な料金になるため、家族そろってお出かけしてみるのもおすすめです。

時間制の料金設定で安心

いけもふの料金は、完全時間制です。大人一名につき60分1,800円、90分2,200円、120分2,600円の料金設定となります。延長料金については15分ごとに400円となり、その他ご飯体験などのオプションは別料金です。

なおご飯体験の料金は「小動物ごはん体験」300円、「ハリネズミごはん体験」300円、「フェネックごはん体験」500円、「キンカジュウごはん体験」500円、「プレーリードッグごはん体験」500円、「ふくろうごはん体験」500円です。ちなみにご飯体験は回数・数量限定のサービスとなりますので気を付けましょう。

小学生未満はお得になる

以上がいけもふの基本料金ですが、小学生未満の場合は料金がお得になります。小学生未満の料金は、大人の料金の半額です。

延長料金についてもしっかりと半額になるのが嬉しいポイントですが、さきほど紹介したご飯体験の料金については、小学生未満の子供であっても同一料金となりますのであらかじめ留意しておきましょう。

「いけもふ」では動物たちのご飯体験も可能

池袋のおすすめアニマルカフェ・いけもふのご飯体験の料金についても併せてご案内してきましたが、ご飯体験は特定の動物とより触れあえる絶好の機会です。

ご飯体験をする事のおすすめの理由は、好きな動物とより長く触れあえる点にあります。ご飯を上げる時の注意点は、動物ごとに異なります。かならずルールに従ってご飯体験を楽しみましょう。

「いけもふ」で楽しむためのルールを紹介

ここで、いけもふで動物とのふれあいを楽しむためのルールを確認しておきましょう。いけもふはデリケートな動物と触れあうことのできるカフェだからこそ、いくつかのルールを設けています。ここでは、特に重要視しておきたいいけもふのルールを紹介します。

いけもふで楽しい時間を過ごすのに欠かせないルールとなっていますので、しっかりと確認しておくことがおすすめです。紹介するのは、なかでも重要な4つのルールになります。

「写真撮影は可能だがフラッシュは禁止」「動物たちを怖がらせたり大声を出さない」「スタッフさんの指示に従う」「手のアルコール消毒も必須」は、どれも大切なルールです。

写真撮影は可能だがフラッシュは禁止

1つ目に紹介したいいけもふのルールは、写真撮影は可能だがフラッシュは禁止であるということです。いけもふはSNS映えの宝庫と言っていいほど、たくさんの可愛い動物が勢揃いしています。

そんな動物たちを写真に収めたいと思うのは自然な感情であり、いけもふでは写真撮影そのものを禁止しておらず、むしろ歓迎呈しています。そんないけもふが守って欲しいと考えているのが「写真撮影の時にはフラッシュを使用しないで欲しい」というものです。

いけもふには、光に弱い動物がたくさんいるわけではありませんが、なかには光に弱い動物もいます。光に弱い動物の近く、もしくはその動物をフラッシュ撮影してしまうと、動物がおどろき思わぬトラブルにつながる可能性があります。

わざとでなくても、たとえばスマホで写真撮影する時などは自動でフラッシュになってしまうことがあります。スマホで写真撮影をする時は、カメラのフラッシュ機能がしっかりオフになっていることを確認してから行うようにしましょう。

動物たちを怖がらせたり大声を出さない

2つ目に紹介したいいけもふのルールは、動物たちを怖がらせたり大声を出さないというものです。

アニマルカフェである以上当然のルールとなりますが、カメラのフラッシュをはじめ「動物たちを怖がらせない」ことが重要になります。大声を出さないことはもちろん、無理に肩に乗せようとしたり、強く抱きしめるなども厳禁です。

スタッフさんの指示に従おう

3つ目に紹介したいいけもふのルールは、スタッフさんの指示に従うことです。いけもふの動物たちをもっとも良く理解しているのは、いけもふのスタッフさんです。

いけもふ内ではほかにもさまざまなルールがあるため、不明点があれば都度スタッフさんの指示に従うと良いでしょう。

手のアルコール消毒も必須

4つ目に紹介したいいけもふのルールは、手のアルコール消毒が必須であるということです。動物たちはとてもデリケートなため、触れあう前には必ず手をアルコール消毒するようにしましょう。

退店時にもアルコール消毒を忘れないようにしましょう。動物たちと触れあう前後は、手が清潔であることが不可欠です。

「いけもふ」は予約はできる?

続いて、いけもふの気になる予約情報をご案内します。いけもふは土日祝を中心にとても混雑する人気カフェです。店内も決して広くないため、確実に利用するために予約したくなるところですが、いけもふはそもそも予約ができるのでしょうか。

残念ながら、いけもふでは予約を承っていません。来店した順番に案内するシステムのため、特に回数・数量限定のご飯体験を利用したい人はなるべく早めに来店することをおすすめします。

「いけもふ」の混雑状況は?

池袋の大人気アニマルカフェ・いけもふの、気になる混雑状況について見ていきましょう。いけもふに多くの人が集まるのが、やはり土日祝です。土日祝は開店から閉店まで、基本的にずっと混雑していると考えていいでしょう。

やはり狙い目となるのが平日です。ただし平日に訪れても待ち時間が発生することがあります。それは”「いけもふ」の料金について”のなかでもご案内した通り、いけもふは動物との触れあいを時間制で楽しむカフェであるためです。

時間帯には区切りがあり、その時間帯を逃すと30分から1時間の時間のロスが発生します。また予約ができないため、当日は早めに到着しておきましょう。

「いけもふ」の営業時間・定休日を紹介

池袋のおすすめアニマルカフェ・いけもふの営業時間・定休日を確認しておきましょう。いけもふの営業時間は平日と土日祝で異なるため注意が必要です。平日の営業時間が14時から18時、土日祝の営業時間が11時から19時です。

平日・土日祝どちらの最終受付時刻も1時間前となります。なおいけもふは年中無休で営業を行っていますので、いつ訪れても安心です。

住所 東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル6F
電話番号 03-5396-7751

「いけもふ」のアクセス情報

今回の記事の最後に、いけもふのアクセス情報をご案内します。いけもふの最寄駅は、JR池袋駅となります。JR池袋駅の東口から徒歩5分ほどの場所にいけもふはあるためアクセス良好と言えるでしょう。

専用駐車場がないことから、いけもふにアクセスする時は車ではなくJR池袋駅の東口からアクセスすることをおすすめします。

「いけもふ」で可愛い動物たちに会いに行こう!

JR池袋駅からすぐの場所にあるアニマルカフェ・いけもふでは、定番人気の動物から珍しい動物まで、さまざまな動物と触れあうことができます。

土日祝を中心に混雑し、予約もできない人気店であり、店内では様々なルールがありますが、可愛い動物と触れあった時の喜びもひとしおです。いけもふで可愛い動物たちに会いに行きましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ