「富士屋旅館 湯河原」は人気の老舗温泉旅館!宿泊の口コミも調査!

神奈川・湯河原にある「富士屋旅館湯河原」は、神奈川に数ある温泉旅館の中でも人気が高く、口コミでとても評判となっている宿として有名です。富士屋旅館湯河原のおすすめポイントや客室、宿泊料金、そしてアクセス方法についてもご紹介します。

「富士屋旅館 湯河原」は人気の老舗温泉旅館!宿泊の口コミも調査!のイメージ

目次

  1. 1【神奈川】老舗旅館の「富士屋旅館 湯河原」とは?
  2. 2湯河原温泉とはどのような温泉?
  3. 3「富士屋旅館 湯河原」のおすすめポイント
  4. 4「富士屋旅館 湯河原」の客室
  5. 5「富士屋旅館 湯河原」の温泉
  6. 6「富士屋旅館 湯河原」の宿泊料金の相場
  7. 7「富士屋旅館 湯河原」の口コミ
  8. 8「富士屋旅館 湯河原」の施設情報とアクセス
  9. 9人気の「富士屋旅館 湯河原」に宿泊してみよう!

【神奈川】老舗旅館の「富士屋旅館 湯河原」とは?

神奈川・湯河原で古くから親しまれている老舗の旅館「富士屋旅館湯河原」。富士屋旅館湯河原は、神奈川に数ある温泉旅館の中で大変趣のある落ち着いた宿として口コミでも人気です。

今回は、そんな湯河原で人気のある「富士屋旅館湯河原」について詳しくご紹介します。富士屋旅館湯河原のおすすめポイントをはじめ、客室や宿泊料金、アクセス方法といった施設情報もあわせてお伝えしていきます。

湯河原温泉とはどのような温泉?

「富士屋旅館湯河原」がある湯河原温泉は、神奈川県足柄下郡湯河原町にあります。神奈川県の南西部に位置し、東京や横浜からもアクセスしやすい便利な立地にあることから口コミなどでも人気の高い温泉地として知られています。

そんな湯河原温泉は、千歳川とその上流部となる藤木川の谷をさかのぼるように温泉街が続いていて、万葉の時代から知られたとても歴史の古い温泉です。

昔ながらの古風な日本旅館が多く立ち並び、江戸時代には人気の湯治場として温泉番付で東の小結に選ばれるほどの名湯でした。今でもその風情は残されており、多くの人々を魅了し続けています。

また、日帰り温泉が楽しめる入浴施設もあり、宿泊をしなくてもゆっくりと温泉に浸かることができるので、日帰りで気軽にリフレッシュしたい人にはおすすめの温泉と言えるでしょう。

「富士屋旅館 湯河原」のおすすめポイント

「富士屋旅館湯河原」は、神奈川・湯河原にある宿泊施設の中でも特に人気のある老舗旅館です。誰もがゆったりとくつろげる空間が広がっており、日ごろの疲れを癒したい人におすすめとなっています。

ここでは、そんな富士屋旅館湯河原がおすすめであるポイントを詳しくご紹介します。富士屋旅館に初めて宿泊する人はもちろん、富士屋旅館湯河原を知らない人もぜひ注目してみてください。

趣ある雰囲気

「富士屋旅館湯河原」のおすすめポイントといえば、まずは「趣ある雰囲気」でしょう。大正12年に建てられた「旧館」は、現存する建物の中でもっとも古い2階建ての楼閣風建築で、大正時代当時の風情を色濃く残す宿自慢のシンボルとなっています。

旧館と渡り廊下でつながった静けさのある離れの「洛味荘」と、古き良き日本旅館のイメージとホテル的な機能性を備えた「新館」も老舗らしい格式の高い雰囲気が特徴で、しっとりと落ち着いた時間を過ごすことができます。

ゆっくり浸かれる温泉

続いての「富士屋旅館湯河原」のおすすめポイントは、「ゆっくり浸かれる温泉」になります。富士屋旅館湯河原の一番の魅力と言ったらやはり源泉かけ流しの温泉で、口コミなどでは肌に優しい美人の湯としても評判です。

自慢の大浴場はとても広々とした吹き抜けとなっており、のんびりと景観が楽しめて眺めも最高です。天井を見上げると古い刻印のある大きな梁が当時のままの造りで残され、ノスタルジックな気分を感じることができます。

「富士屋旅館 湯河原」の客室

ここでは、「富士屋旅館湯河原」の客室についてご紹介しましょう。富士屋旅館湯河原では、全15室の客室が用意されていて、客室のタイプは全3種類となっています。

昔ながらの木造造りのレトロな客室はもちろん、洋風のインテリアを備えたくつろぎやすい客室などいろいろなタイプの客室があります。初めて富士屋旅館湯河原に宿泊する人は、ぜひ参考にしてみてください。

洛味荘

最初にご紹介する客室ですが、富士屋旅館湯河原の離れとして旧館と渡り廊下でつながる「洛味荘」です。ゆったりとした造りの特別室など全4室あり、京都から木材を運んで建築されたことから名付けられています。

すべての客室には檜内風呂が付いており、温泉に浸かって静かにまったりとした時間を過ごすことができます。室内にはダブルベッド2台とテレビ、冷蔵庫などの基本設備があり、窓からは藤木川のせせらぎと緑いっぱいの自然が楽しめます。

旧館

富士屋旅館湯河原にある建物でもっとも古く、100年以上の伝統を誇る宿のシンボルが「旧館」です。藤木川に沿って建てられた大正ロマンただよう建物で、国の登録有形文化財にも登録されています。

客室の床の間や付け書院といった座敷飾りをはじめ、縁側、廊下などすみずみまで大正当時の建築の特色を色濃く残しており、特別なひとときを満喫することができます。室内には洛味荘と同じく基本設備と檜内風呂が付いています。

新館

「新館」は、富士屋旅館湯河原の正面エントランスから入ったロビーのある建物で、和の雰囲気と現代的な設備の両方を兼ね備えた客室が8室と、建築当時のレイアウトを残した2室の全10室があります。

室内は和の懐かしい雰囲気の中にクールな洋の要素も取り入れられており、レトロ感は残しつつ快適に過ごせる空間となっています。基本設備のほか、8室はシャワールームが、2室は檜内風呂がそれぞれ完備されています。

「富士屋旅館 湯河原」の温泉

「富士屋旅館湯河原」の館内には、宿泊する人が快適に過ごせる施設が充実していますが、中でも源泉を利用した良質な温泉は宿自慢の施設となっています。

中でも大浴場は、かけ流しでゆっくりと浸かることができることから、日々の疲れを癒し身も心もリフレッシュすることができて大変おすすめです。

泉質は肌に優しい弱アルカリ性・弱食塩水となっていて、少しずつからだを温めてくれるので湯冷めしづらいのも特徴です。大浴場は男女別で、15時から翌9時までの間はいつでも利用することができます。

「富士屋旅館 湯河原」の宿泊料金の相場

「富士屋旅館湯河原」では、先ほどもご紹介したように全3種類の客室タイプがあります。それぞれの客室で料金設定が変わるので、予算にあわせてお好みの客室を選んでみてください。

また、宿泊料金についてはプランやシーズンによっても変動しますので、ここでは目安として宿泊料金をご紹介します。ご紹介する客室は、「洛味荘の特別室と和室」「旧館の特別室と和室」「新館の和室とツイン」です。

洛味荘の特別室の料金ですが、4名定員の客室は1人1泊45100円からで、3名定員の客室は1人1泊47300円からとなっています。洛味荘の和室は3名定員で、料金は1人1泊45100円からです。

そして旧館の特別室の料金は、4名定員の客室は1人1泊45100円からで、3名定員の客室は1人1泊47300円です。旧館の和室は2名定員で、料金は1人1泊47300円となります。

新館の料金は、檜内風呂付き3名定員の和室なら1人1泊44000円で、シャワーブース付き2名定員のスーペリアツインなら1人1泊42900円です。

また、新館のシャワーブース付き2名定員のデラックスツインなら1人1泊44000円で、同じくシャワーブース付き2名定員のエグゼクティブツインなら1人1泊45100円という料金設定となっています。

「富士屋旅館 湯河原」の口コミ

ここでは、「富士屋旅館湯河原」へ実際に行った人がどのような感想を持ったのか、気になる口コミ情報についてご紹介しましょう。

最近ではSNSや旅行比較サイトがとても発達していることから、富士屋旅館湯河原のような知る人ぞ知る高級な老舗旅館でもさまざまな口コミが知られるようになりました。

多くを見るとやはり富士屋旅館湯河原はかなり評価の高い宿として位置付けられており、各サイトを見ても星4つ以上の評価がほとんどとなっています。特に、源泉かけ流しが楽しめる温泉が人気で、大浴場からの景観も素晴らしいとの声が多いです。

また、趣ある雰囲気の建物を高く評価する口コミもたくさんあり、しっとり落ち着いて静かに過ごせる雰囲気が魅力であったり、自宅にいるようにゆったりと過ごせるなどの意見もありました。

宿泊料金が少し高めという口コミもありますが、それを上回る満足度が得られること間違いなしのおすすめ旅館です。東京や横浜からもアクセスしやすく、周辺には観光スポットも豊富なので、レジャーの拠点にも最高との口コミも多いです。

富士屋旅館湯河原に訪れて素敵な時間を過ごした後は、今度は自分が行った感想や感じたことをSNSや口コミなどで発信してみるのもおすすめです。きっとたくさんの良い反応をもらうことができて、楽しみを多くの人と共有することができます。

Thumb神奈川の人気温泉・日帰りOKの施設を徹底リサーチ!個室・貸切ありの穴場も!
箱根湯本、湯河原、強羅、仙石原など有名温泉地が点在している神奈川県。東京から約1時間の宿場町...

「富士屋旅館 湯河原」の施設情報とアクセス

それでは最後に、神奈川・湯河原にある「富士屋旅館湯河原」の施設情報とアクセス方法についてご紹介します。実際に行く時の参考となる情報ですので、しっかりとチェックしておきましょう。

また、富士屋旅館湯河原は温泉街の中にあるのですが、最寄り駅から比較的距離があり、アクセスするには少し時間を要する場合があります。アクセスの際の注意点についてもご紹介しますので、事前によく把握しておくことをおすすめします。

施設情報

まずは、富士屋旅館湯河原の施設情報をご紹介しましょう。ここまでも施設についてはお伝えしてきましたが、離れとなっている「洛味荘」と「旧館」、そして「新館」に分かれています。温泉施設は、新館にある大浴場と客室の中にある内風呂があります。

館内には季節の食材を使ったこだわりの料理が楽しめる「瓢六亭」と言うお食事処があり、宿泊する人はもちろん、それ以外の人でも利用することができます。

瓢六亭の営業時間は、ランチが11時30分から15時まで、ディナーが17時30分から22時までです。ラストオーダーはランチが14時、ディナーが20時となっているので、利用の際は注意しましょう。席数は半個室7室を含む全50席あります。

富士屋旅館湯河原にはいろいろな宿泊プランがあり、夕食と朝食が付いた1泊2食付きのプランが基本となっています。また、テレワークやワーケーションなどにおすすめの素泊まりプランもあり、2泊以上からではありますが、ビジネス客を中心に人気です。

なお、料金に関しては年末年始や長期休暇などのシーズンは多少変更があるようなので、詳しい情報は各種サイトを参考にするか、直接宿に電話をして確認すると良いでしょう。

富士屋旅館湯河原のチェックインとチェックアウトの時間についてですが、チェックインは15時から18時の間で、チェックアウトは翌10時となります。チェックインの予定時間が過ぎる場合は必ず宿に連絡するようにしてください。

館内にはエレベーターの設備がないので、お年寄りや足が不自由な人は階段などの段差や小上がりに注意が必要です。介助が必要な場合は、宿に事前に相談しておくとスムーズに対応してもらえます。

アクセス

富士屋旅館湯河原は、東京都内から1時間半ほどでアクセスできる神奈川・湯河原にあるということで、首都圏各地からのアクセスも非常に良いのが魅力です。

ここでは、電車でのアクセス方法と車でのアクセス方法についてご紹介しましょう。車でアクセスする際に気になるのが駐車場ですが、詳しい駐車場の情報についてもご案内します。

電車を利用して富士屋旅館湯河原にアクセスする場合は、JR東海道線の「湯河原駅」が最寄りとなります。湯河原駅からはタクシーで約8分、不動滝行き・奥湯河原行きの路線バスで約15分「公園入口停留所」で下車し徒歩約2分です。

タクシーであれば運賃は約1200円で、湯河原駅前のタクシー乗り場から乗車してください。路線バスは伊豆箱根バスと箱根登山鉄道の共同運行となっており、運賃は片道230円で日中はおおむね15分に1本運行してます。

車を利用して富士屋旅館湯河原にアクセスする場合、真鶴ブルーラインの「吉浜橋交差点」が最寄りです。ここから国道135号線と県道75号線を経由し、約20分でアクセスできます。

駐車場ですが、富士屋旅館湯河原には専用の駐車場が2か所あります。旅館正面の藤木川沿い駐車場に5台分、旅館裏手の第2駐車場に7台分の収容スペースが設けられています。

駐車できるスペースには限りがあるので、車を使ってアクセスする場合は予約時に必ず使用する旨を伝えておきましょう。なお、冬季は路面が凍結することがあるためスタッドレスタイヤの用意をおすすめします。

住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上557
電話番号 0465-60-0361

人気の「富士屋旅館 湯河原」に宿泊してみよう!

湯河原で人気の「富士屋旅館湯河原」についてご紹介しました。風情豊かな趣ある雰囲気が味わえる富士屋旅館湯河原は、有名な温泉が多い神奈川の中でもゆっくりとくつろぐことができる宿として口コミなどでも大変人気となっています。

富士屋旅館湯河原には源泉かけ流しの大浴場や、快適に過ごせる豪華な客室など宿泊した人だけが体験できるサービスも充実しています。湯河原で旅館をお探しの人はぜひ、人気の富士屋旅館湯河原に宿泊してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
MT企画

新着一覧

最近公開されたまとめ