コールマンの焚き火台はソロキャンパーにも人気!定番モデルや口コミは?

ソロキャンプで今、密かに人気となっているのが「焚き火」です。その焚き火で必要になってくるのが「焚き火台」になります。コールマンでは素敵な焚き火台がありおすすめです。コールマンで人気のファイアーディスクや料理もできるおすすめの焚き火台をご紹介します。

コールマンの焚き火台はソロキャンパーにも人気!定番モデルや口コミは?のイメージ

目次

  1. 1ソロキャンプにおすすめのコールマンの焚き火台とは?
  2. 2コールマンの焚き火台が人気の理由
  3. 3コールマンのおすすめ焚き火台
  4. 4コールマンの焚き火台の付属品も人気
  5. 5コールマンの焚き火台とともにおすすめなアイテム
  6. 6コールマンの焚き火台の口コミ
  7. 7コールマンの焚き火台で作るおすすめ料理
  8. 8コールマンの焚き火台の購入方法
  9. 9料理をする人におすすめ!コールマンのおすすめ焚き火台を買ってみよう!

ソロキャンプにおすすめのコールマンの焚き火台とは?

今、ソロキャンパーの間で密かにブームとなっているのが、焚き火台による焚き火です。焚き火を眺めているとなんだか不思議ととても落ち着きませんか。キャンプ場で、静かに夜を過ごすにも焚き火がおすすめです。

「チリチリ」というあの音、オレンジ色の炎、ソロキャンパーを魅了するのもわからなくもありません。そんなソロキャンパーに人気の焚き火ですが、焚き火が可能なキャンプ場でも、焚き火台を使って行うことが必要なキャンプ場がほとんどです。

コールマンは、すべてのキャンパーから知られている有名なアウトドアブランドで、そのコールマンにも焚き火台があります。コールマンでおすすめの焚き火台を、人気のファイアーディスクや焚き火台でできる料理とともにご紹介します。

コールマンの焚き火台が人気の理由

ここでは、コールマンの焚き火台が人気の理由についていくつかご紹介しましょう。コールマンは、ソロキャンパーにもファミリーキャンパーにも人気のアウトドアブランドで、色々なキャンプアイテムが揃うのでおすすめです。

そんなコールマンでは、おしゃれなデザインの焚き火台も人気となっています。また、携帯性にも優れているということで、ソロキャンパーに絶大なる人気を誇ります。コールマンの焚き火台がなぜ人気なのか、さらに深堀りしてご紹介します。

おしゃれなデザイン

コールマンの焚き火台は、「おしゃれなデザイン」ということで、ソロキャンパーから大人気となっています。ファイアーディスクという今までの焚き火台のデザインとはまた違ったおたまのようなスタイルのファイアーディスクは、その斬新なデザインからキャンプ場でも映えます。

また、ファイアーディスクには、ファイアーディスクソロというソロキャンプにぴったりな焚き火台も用意されています。ファイアーディスク以外にもおすすめの焚き火台がありますが、どれもおしゃれで人気があります。

コールマンの焚き火台は、おしゃれなデザインということだけでなく、しっかりと機能性にも優れた焚き火台ということで人気があります。

携帯しやすさ

コールマンの焚き火台は、「携帯しやすい」ということも人気の理由になっています。コールマンの焚き火台は、分解することができるため、携帯性にも優れている焚き火台ということで人気があります。

ファイアーディスクソロというソロキャンプ用の焚き火台もコンパクトに収納できるので、荷物を極力コンパクトにまとめたいソロキャンパーに人気なのは頷けます。持ち運びもしやすいように、専用のケースもあるので携帯しやすいです。

車での収納もコンパクトにまとまるので、空いているスペースに入れることができるため、いつでもキャンプ場で焚き火を楽しむことができるのでおすすめです。

コールマンのおすすめ焚き火台

こちらでは、コールマンでおすすめの焚き火台をいくつかご紹介しましょう。コールマンには、いくつかおすすめの焚き火台があります。コールマンには、ファミリー用の焚き火台だけでなく、ソロキャンパーが使いやすい焚き火台もあるのでおすすめです。

コールマンのおすすめ焚き火台には、ソロキャンプ用のものからファミリー、団体向けの焚き火台まで揃っているのでニーズをしっかりと満たしてくれるので人気があります。

ファイアーディスク

ファイアーディスクは、オールステンレスの焚き火台で、初心者でも簡単に火が起こせる仕様になっています。付属品は焼き網と収納ケースです。重量は1.6キロですが、コンパクトにまとまります。

耐荷重はおよそ30キロで、ダッチオーブン3サイズに対応しているので、オーブン料理でも使うことができます。通気性が良いので、火起こしも簡単です。なんと公式サイトでは、3秒で設置できると掲載されています。

サイズですが、使用時は直径45センチで高さが23センチです。収納時は直径46センチで高さが8.5センチになります。価格は税込6980円です。ゴールドカラーの方は税込8800円になります。

ファイアーディスクソロ

ファイアーディスクソロは、同じくステンレス製の焚き火台で、ソロキャンパーのための焚き火台ということで大人気となっています。現在、ソロキャンプが人気ということで、一気に人気の火が付きました。

重量はひとりでも簡単に持ち運べる900グラムとなんと1キロを切っています。耐荷重は25キロでダッチオーブン10インチまでであれば使用できるのでオーブン料理にもおすすめです。

サイズですが、使用時には、直径30センチで高さが16センチで、収納時は直径32センチで高さが10センチとコンパクトです。価格は税込4280円とリーズナブルなことも人気の理由になっています。

ファイアーディスクプラス

ファイアーディスクプラスは、ファイアーディスクの中でもっとも大きな焚き火台となります。仲間との焚き火にもぴったりということでおすすめです。同じく、オールステンレスの焚き火台で錆びにくいです。

大きくなっても、3秒設置は変わりません。ダッチオーブン3サイズまで対応ができる耐荷重も30キロです。仲間とのオーブン料理でも活躍してくれる焚き火台になります。

ファイアーディスクプラスの使用時のサイズは直径60センチで高さが23センチです。収納時には直径60センチで高さは10センチです。重量は3.2キロになります。価格は税込11800円です。

コールマンの焚き火台の付属品も人気

こちらでは、コールマンの焚き火台の付属品についてご紹介しましょう。コールマンの焚き火台には、いくつかの付属品があり、その付属品はあると大変助かるものばかりになります。

コールマンの焚き火台の付属品には、バーベキューを楽しめる焼き網と収納ケースが付属しています。収納ケースはぴったりなサイズ感となっていて、持ち運びもしやすくなっています。

「ファイアーディスク」と「ファイアーディスクプラス」、「ファイアーディスクソロ」すべての焚き火台に収納ケースと焼き網がついているので、すぐに焚き火を始めることができます。

コールマンの焚き火台とともにおすすめなアイテム

ここでは、コールマンの焚き火台とともにおすすめなアイテムをいくつかご紹介しましょう。コールマンには、コールマンの焚き火台とともに使うと便利なアイテムも揃っています。焚き火をもっと快適に楽しむことができるアイテムがあり人気です。

コールマンの焚き火台を使う上で、一緒に使うとおすすめなアイテムとして、「ファイアープレイスシート」と「ファイアープレイステーブル」をご紹介します。

ファイアープレイスシート

ファイアープレイスシートというのは、焚火台用シートのことで、焚き火をすると火の粉が舞います。その火の粉から地面に直接火の粉が舞わないようにするためのシートです。キャンパーとしてのマナーなので、焚き火台を使う際には必須と言えるアイテムです。

ファイアープレイスシートは、コールマンで購入した焚き火台全てに対応する大きさとなっています。大きさは、80センチ四方になります。十分に火の粉が地面に舞うことがないサイズ感となっています。

ファイアープレイスシートは、ハトメもついていて、ペグでしっかりと固定できるので、風などで吹き飛ばされることもありません。材質は、グラスファイバーとなっていて、価格は税込2480円とリーズナブルです。

ファイアープレイステーブル

ファイアープレイステーブルは、焚き火台を囲むようにできるテーブルになります。四角の形状で、真ん中に焚き火台をセットする形となります。オールステンレス製ということで、錆にも強いのでおすすめです。

セッティングも非常に簡単で、すぐに焚き火を楽しむことができます。焚き火の周りをぐるりと囲むテーブルで、家族や仲間で焚き火をしながら料理を楽しむことができます。収納ケース付きで、持ち運びも便利です。

使用時のサイズは100センチ四方で高さが27センチです。収納時は、100センチ・17センチ・11センチとコンパクトになります。価格は税込で15800円です。

Thumbコールマンのテーブルは種類豊富で大人気!折りたたみ式などおすすめ商品紹介!
人気のアウトドアブランド・コールマンでは、種類豊富なテーブルを用意しており大人気です。今回は...

コールマンの焚き火台の口コミ

こちらでは、コールマンの焚き火台の口コミについてご紹介しましょう。コールマンの焚き火台の口コミですが、どこで入手できるかというと、コールマンのオンラインショッピングの各商品ページの下の方に商品レビューが記載されています。

コールマンの焚き火台の口コミを見てみると、ファイアーディスクソロでは、ソロキャンプに最適なサイズ感という口コミも掲載されています。また、プレゼント用に購入して喜ばれたことやゴールドカラーのファイアーディスクが人気のようです。

さらには、キャンプの楽しみ方がまたひとつ増えましたというような口コミも掲載されていて、ほとんどのキャンパーが満足しているようです。

コールマンの焚き火台で作るおすすめ料理

コールマンの焚き火台は、料理もすることができるので人気があります。コールマンの焚き火台で作るおすすめ料理には、ダッチオーブンを使うことができるのでオーブン料理もおすすめです。

ここでは、ダッチオーブンを使わない料理をいくつかご紹介します。コールマンの焚き火台で作るおすすめ料理として、「マシュマロ」と「焼き鳥」をご紹介しましょう。

マシュマロ

マシュマロは、食事が終わったあとに、スイーツとしていただくのにぴったりな料理です。料理とはいっても、焚き火の火に当てて温めるだけなので、子供も一緒に楽しめます。

焚き火を囲みながら、食事が終わったあとのひとときを美味しいホットコーヒーでも入れながら、マシュマロを食べると絵になります。

焼き鳥

焼き鳥は、焚き火をしたならば、やらなくてはいけない必須料理と言っても過言ではありません。焚き火の火を使った焼き鳥はいつもの焼き鳥よりも美味しいはずです。

また、焼き鳥は下準備も簡単で、お酒にも合うのでおすすめの料理になります。子供から大人まで人気の焼き鳥を焚き火で楽しんではいかがでしょうか。

コールマンの焚き火台の購入方法

こちらでは、コールマンの焚き火台の購入方法についてご紹介しましょう。コールマンの焚き火台の購入方法をご紹介する前に、まずは、コールマンの公式サイトについてご紹介しましょう。

また、コールマンの焚き火台の購入方法は、大きくには、店舗とオンラインでの購入が可能となっています。それぞれの購入方法についても詳しくご案内していきます。

コールマンの焚き火台は公式サイトを要チェック!

コールマンには公式サイトが開設されています。公式サイトでは、コールマンの取り組みについてやキャンプ道具の選び方、焚き火検定なるものもあります。また、ソロキャンプのすすめのような楽しめるコンテンツが満載です。

さらには、新発売したおすすめ商品のラインナップや簡単にできるアウトドアレシピなども掲載されています。そして、「ザ・コールマンキャンプ」などのイベントの告知も行われているので要チェックです。

店舗

コールマンの公式サイトでは、コールマンの焚き火が購入できる店舗の検索ができるようになっています。公式サイトの店舗情報というページを開いてください。そうすると、カテゴリー別に店舗を調べることができます。

コールマン直営店であったり、アドバイザリーショップや販売店舗などで絞り込み検索できます。その他にも、エリア選択で店舗を探すこともできます。

あなたがお住まいのエリアを選択して検索をかけるとそのエリアでコールマンの製品が購入できるショップのリストが出てきます。焚き火台が置いてあるかどうかは予め確認するようにしましょう。

オンライン

コールマンの公式サイトには、オンラインショッピングができるサイトがリンクされています。公式サイトトップページの右上にショッピングカートのアイコンがあるので、そちらをクリックするとオンラインサイトに飛びます。

オンラインショッピングサイトのトップページ上部には、おすすめ商品が掲載されています。そのまま下へスクロールをすると、カテゴリー別に商品がラインナップされています。

そちらのカテゴリーから、「たき火&バーベキュー」というカテゴリーをクリックしてください。そうしますと、焚き火に関連する商品がずらっと出てきます。そちらからお好きな焚き火台を選んでカートに入れるだけでショッピングができます。

オンラインショッピングのいいところは、やはり、わざわざ店舗に出向かなくても家に届くということです。焚き火台となると、コンパクトとはいえ、やはり重さもそれなりにあります。オンラインショッピングでの商品説明も事細かく掲載されているので安心して購入できます。

Thumbコールマンのインフィニティチェアが快適すぎて口コミで超人気!価格は?
キャンパーにとって、コールマンは憧れのアウトドアブランドでもあります。そのコールマンで、今、...

料理をする人におすすめ!コールマンのおすすめ焚き火台を買ってみよう!

コールマンの焚き火台は、ダッチオーブンを載せることもできるということで、本格的なオーブン料理を楽しみたい方にもおすすめのアイテムです。

最近のソロキャンプの人気で、一気に注目を浴びている焚き火台ですが、コールマンのおしゃれな焚き火台は人気があります。コールマンの焚き火台を囲んで、まったりとした時間を過ごしませんか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ