ウッドストーブの自作方法まとめ!100均のグッズやペール缶で簡単に作れる?

近年アウトドアを趣味とする方に人気が高まっているウッドストーブですが、簡単に自作することもできます。材料はどのようなもので、入手はどうしたらいいのでしょうか。自作ウッドストーブの作り方や、人気の高い商品のおすすめポイントについて紹介します。

ウッドストーブの自作方法まとめ!100均のグッズやペール缶で簡単に作れる?のイメージ

目次

  1. 1ウッドストーブのおすすめ自作方法を伝授
  2. 2ウッドストーブとはどのようなもの?
  3. 3ウッドストーブの自作に必要な知識
  4. 4ウッドストーブは空き缶と穴あけ工具で簡単に自作できる
  5. 5100均素材で作るウッドストーブ自作方法
  6. 6【応用編】ペール缶の巨大ウッドストーブ自作方法
  7. 7ウッドストーブの人気商品
  8. 8自作ウッドストーブでキャンプを楽しもう

ウッドストーブのおすすめ自作方法を伝授

気温が下がってくるアウトドアにぜひ欲しい道具の一つが「ウッドストーブ」です。暖かいだけでなく、調理もできる重宝な道具が、なんと100均の商品を使って比較的簡単に自作することができるのです。

ウッドストーブの自作方法や人気の商品などについて紹介します。詳しく紹介していきますので、気になる人はチェックしてみましょう。

ウッドストーブとはどのようなもの?

ウッドストーブというのは近年、キャンプなどのアウトドアで人気が高まっている道具です。比較的小型なものが多く、ガスやガソリン、アルコールなどを使わずに小枝や木の葉で暖を取ります。

ウッドストーブは構造上、少ない燃料で強い火力が発揮できることからエコである点もいいですし、勢いのある強い炎が上に向かって出てきます。そのため単に暖を取るためだけではなく、調理の火として使うのにも便利なのです。

ウッドストーブには丸形と箱型の2種類があります。丸形の方は五徳付きで調理にも使えるほか、二重構造になっていて火力が強いことから、多くのウッドストーブはこのタイプです。一方箱型は折り畳みでき、太い薪などが入れられ、強い火力が出せます。

ですから、ウッドストーブを選ぶ場合には、どのような用途で使うのかということを考えることをおすすめします。また、ウッドストーブそのもののサイズとともに、折り畳みが必要かどうかも考えて選ぶのがおすすめです。

ウッドストーブの自作に必要な知識

このように、近年ウッドストーブはキャンプなどのアウトドアを楽しむ方にとってはとても人気が高い道具となっていますが、最初に述べたように実は自作することもできます。しかも比較的簡単に自作することができるので、チャレンジしてSNSなどにアップする方もいるようです。

しかしウッドストーブを自作する場合に大切なのは、ウッドストーブがどのような構造を持っていて、またどのような道具を使って自作することができるかを知ることです。そこでまずはウッドストーブの構造について、少し詳しく紹介します。

自然の素材が燃料になる

ウッドストーブのおすすめポイントの一つが、自然素材を燃料として使うことができるという点です。最初に述べたように、ウッドストーブの燃料は小枝や木の葉などであり、一般的なストーブのようにアルコールやガスなどを使う必要はありません。

中でも針葉樹、特にマツの葉やまつぼっくりなどには松やにが含まれているため、着火しやすいので、燃料として特におすすめです。わざわざ購入しなくてもキャンプ場などで落ちているものを使えばいいわけですから、入手も簡単にできるのです。

着火さえうまくできれば、後は薪となる小枝、木の葉などを適宜足しながら使えば、ずっと暖かさをもたらしてくれます。ガスなどを持ち歩く必要がないのも、キャンプで荷物をコンパクトにしたい時にはおすすめと言えるでしょう。

二次燃焼で発火するから灰も少ない

小枝や木の葉などを燃料にするということで気になるのが火力です。どの程度の火力があるのか、実際調理などができるのか気になる方も多いでしょうが、ウッドストーブはしっかりと火力が得られることが知られています。その理由はウッドストーブの構造にあります。

後で自作のしかたの所で改めて紹介しますが、ウッドストーブは2つの缶を重ねた二重構造をしています。空気は外側の缶の下にある穴から取り込まれます。本体は火で温められているので、取り込まれた空気も温まり、上昇気流が起き、上にあがります。

内側の缶の上にも穴があり、そこからは最初に取り込まれた空気の中で使われなかった分が上がってきています。この空気と混ざり合うことで「二次燃焼」が起こります。再び起こった燃焼と上昇気流で、火力がアップし、上に向かって炎があがるのです。

ウッドストーブはこのような構造を持つことから、簡単な作りであっても十分に火力が得られます。火力が得られる、つまり使った燃料がしっかりと燃やされることから、灰も比較的少なく、後始末も楽にできる点も人気のポイントです。

簡単ではあるものの、特別な燃料を使わなくても、多くの火力が得られる構造を持つことから、特別な燃料がなくても十分に暖を取り、調理をすることができるわけです。とても効率的な道具と言っていいでしょう。

なお、小枝や木の葉を燃料として使うウッドストーブですが、炭やペレットを使うことももちろんできます。炭は火を長持ちさせますし、ペレットは着火しやすくできます。マツが手に入らない可能性があるなら、ペレットを用意することをおすすめします。

ウッドストーブは空き缶と穴あけ工具で簡単に自作できる

このように、ウッドストーブは構造上はとても簡単な作りとなっており、特別な技術を必要としなくても自作をすることが可能です。サイズの違う缶を2つ用意し、穴を開けるための道具を使って缶の上下それぞれに穴をあけるだけでできるのです。

ですから、ウッドストーブを自作するために必要なものは、缶と穴を開ける道具ということになります。本格的にするならば、中に網を置き、その上に薪を入れて、下に落ちた灰が入る皿のようなものをつければ、もうお店で売られているウッドストーブと変わりません。

穴をあける道具も、手慣れた方ならばはさみでできてしまうというのですから、初心者の方でも何ら問題なく自作できるほど簡単です。ぜひウッドストーブの自作にチャレンジしてみてください。

Thumbアルコールストーブの自作に挑戦!100均グッズやビール缶を使った作り方紹介!
アルコールストーブが簡単に自作できると注目されてます。100均グッズやビール缶などの身近なも...

100均素材で作るウッドストーブ自作方法

それではさっそく、ウッドストーブの自作にチャレンジしてみましょう。今述べたように、ウッドストーブのを自作するために必要な物は缶と穴あけをするための道具です。このように述べると気づく方もいるかもしれませんが、なんとウッドストーブは100均の道具でも作ることができるのです。

言うまでもなく、100均には「ないものはない」というほどにさまざまなものが販売されています。実際、100均の道具を使ってさまざまなものをDIYするという方は多く、さまざまアップされています。

そこで実際に、100均で購入できる材料を使い、ウッドストーブを作ったという記録をもとに、自作の方法について紹介します。本当に簡単に作ることができるのでしょうか。

①内缶と外缶を用意

まず、100均で缶を2つ購入します。2つの缶は後で重ねるので、サイズが違うものを使います。口コミなどを見ると、100均のオイルポットと貯金箱を使っている方がいるようです。100均で実際に2つの缶を重ねて、うまく入るかチェックすることをおすすめします。

100均で缶を購入する際、ふたはいらないので、ふたのある缶の場合は外せるものがおすすめです。オイルポットの場合はふたが取り外し式になっているでしょうから、ふたのほうは使いません。

②穴あけ

ウッドストーブを自作する次の段階は「穴あけ」です。実はこの工程がウッドストーブを作る際には大切な工程となります。ここで開けた穴から空気が入り、燃焼が起こるわけですから、効率的に燃焼できるよう、しっかり開ける必要があります。

まず、穴をあける位置です。外側の缶には底の方に、内側の缶には缶の上と底の両方に、一直線に穴をあけていきます。いきなり大きく穴を開けるのは大変なので、けがをしないよう、軍手などをはめてからまずは小さな穴、そしてそれを少しずつ大きくしていきましょう。

穴のサイズは1センチから3センチくらいになるように、しっかりと大きめの穴にしていきます。数は缶のサイズによりますが、8ヶ所から10ヶ所くらいが適当でしょう。

③完成

穴を開けたら、外側の缶に内側の缶をいれて完成となるのですが、その前に穴をきれいに成形しておくことをおすすめします。穴を開けっ放しだと、その穴の周りにバリができるため、次に使う時に手をけがする心配があるからです。

やすりなどを使ってもいいですし、やすりなどがなければスプーンなどでもいいので、角になる部分がとがらないように丸めていきます。缶のふたを切り取っている場合はその切り口も同様にきれいにしておきましょう。

缶を重ねて、火をつけた時、煙が出てこなければしっかりと二次燃焼できていることになります。安全なところで確認しておくこともおすすめです。

【応用編】ペール缶の巨大ウッドストーブ自作方法

100均の缶を使う自作ウッドストーブは、比較的コンパクトなサイズのものができるのですが、グループでアウトドアなどを楽しむ場合、これでは暖を取るのには少し小さいかもしれません。たくさんの方が暖かく過ごせる大きめサイズのウッドストーブが欲しいなら、ペール缶を使うのがおすすめです。

ペール缶は18リットルから20リットルサイズの鋼鉄製の缶のことです。塗料などが入っている缶なのでご存知の方も多いでしょう。ペール缶は缶を購入することもできますし、空き缶があればそれを使うこともできます。

ペール缶でウッドストーブを自作する場合も手順などは同じです。サイズが同じものの場合は片方のペール缶をグラインダーを使い切り開き、5センチほど円を縮めて、ドリルで穴を開けてボルトとナットで止めて小さめな缶を作ります。

この作業は力がいりますし、切り開いたところが鋭利なので、手を切らないように注意しましょう。また、ペール缶の重なる部分は少し開けておくと、その部分が空気穴になります。

あとは先ほどの自作のウッドストーブと同様に、2つのペール缶を重ねれば完成となります。ペール缶が大きいので扱いが難しいところもありますが、自作ウッドストーブがうまくできるようになったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ウッドストーブの人気商品

このようにウッドストーブは100均の商品やペール缶などを使い、自作で作ることも比較的簡単にできるのですが、もちろん市販されているものもいろいろあり、こちらも人気が高いです。

そこで、市販されているウッドストーブの中で、人気が高いおすすめの商品についていくつか紹介しましょう。自作する前にどのような構造になっているか見てみたいという方にもぜひおすすめします。

Solo Stove ソロストーブ ライト

ソロストーブはアメリカのテキサスにある小型ストーブメーカーです。軽量で腐食に強いステンレスを使っており、燃焼効率がいいため、初心者の方でも簡単に効率的に暖を取ることができる点が人気です。

ソロストーブのウッドストーブは4つのサイズがありますが、その中でも最も小型のライトは重さが255グラムほど、収納時の高さが10センチほどしかありません。収納袋がついているため、そのままクッカーなどの中に入れれば邪魔にならずに持ち運ぶこともできます。

火力が強いので、調理などはもちろん、キャンプファイヤーのようにして使うこともできるほどです。しっかり火力がほしいという方に特におすすめです。

Signstek ウッドストーブ

扱いが楽なウッドストーブという点では、Signstekのウッドストーブも人気が高いです。価格が比較的安く、手頃なのもおすすめのポイントであり、ステンレス製なので質もよいです。

こちらは4つのパーツに分かれた状態で収納してあり、使う時にはその4つのパーツを順に重ねていくだけで使える状態になります。また、パーツに分かれることから収納もコンパクトで、高さ7センチまでになるため、持ち運びもしやすいです。

このパーツの中に五徳が入っているため、調理用に使いたい方でも、その五徳をそのまま使える点もおすすめポイントです。使いやすいウッドストーブを探しているという方に特におすすめです。

TOMSHOO チタンウッドストーブ

TOMSHOOは中国の会社で、アウトドア用品やフィットネス商品などを主として販売しているメーカーです。中でも特に人気が高い商品として挙げられるのがチタンウッドストーブです。

チタンの側板を4枚組み合わせて箱型を作るタイプのウッドストーブで、ふだんは分解して収納袋に入れて持ち歩きます。板なので薄く、収納時の厚みは3センチ弱で、どこにでもさっと入れておくことができます。さらに五徳がX字に入るため、安定感もあります。

組み立てにやや力がいりますが、力を入れてはめ込むとがっちりと組みあがり、その点でも心配はいりません。アウトドアに慣れてコンパクトなウッドストーブが欲しいという方に特におすすめです。

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

バーゴはアメリカのメーカーで、特にチタン製のアウトドア商品を多く出しています。チタンは軽く、耐食性にすぐれており、アウトドアを楽しむ方に人気が高いです。また「ヘキサゴン」ということで六角形の折り畳みタイプになっている点も珍しいです。

収納時には厚みが0.7センチにまでなり、パーツ一体型なので、初心者の方でも簡単に組み立てることができる点も人気の秘密です。しかも台座の部分に地面と距離があるため、空気がよく入り、アルコールストーブの風防、五徳台として使うこともできます。

Thumbキャンプ・アウトドア用薪ストーブおすすめ21選!暖房や調理に便利!
キャンプやアウトドア用の薪ストーブについて紹介。冬キャンプでは暖を取ったり調理もできるので、...

自作ウッドストーブでキャンプを楽しもう

近年人気が高まっているウッドストーブは、100均の商品やペール缶など、身近にあるものを使って自作することもでき、効率よく暖を取り、調理をするのに使えるということで特に人気が高い商品となっています。ぜひウッドストーブを使って、アウトドアを楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ