ユニフレームのライスクッカーはキャンプ料理や炊飯に大活躍!美味しい炊き方は?

みなさんはユニフレームのライスクッカーを使ったことがありますか?キャンプ料理を楽しむ際におすすめ道具になっていて、キャンプ好きの方の間で話題になっています。そこで今回はユニフレームのライスクッカーについてご紹介していきます。ぜひ参考にされてみてください。

ユニフレームのライスクッカーはキャンプ料理や炊飯に大活躍!美味しい炊き方は?のイメージ

目次

  1. 1ユニフレームのライスクッカーなら失敗知らず
  2. 2ユニフレームのライスクッカーの口コミ評価
  3. 3ユニフレームのライスクッカーの機能
  4. 4ユニフレームのライスクッカーのおすすめ商品
  5. 5ユニフレームのライスクッカーの炊飯のコツ
  6. 6ユニフレームのライスクッカーの購入方法
  7. 7ライスクッカー以外におすすめのユニフレーム商品
  8. 8ユニフレームのライスクッカーで直火調理を楽しもう

ユニフレームのライスクッカーなら失敗知らず

みなさんはユニフレームのライスクッカーをご存じですか?美味しいご飯を炊飯できる道具として話題になっていて、キャンプ好きの方々の間で人気が高まってきています。キャンプ飯といえばみなさんの楽しみにしているポイントでもありますが、その中でもご飯が美味しく炊けるかどうかというのは、とても大切なポイントになります。

料理というのは味付けなども美味しさの重要なポイントになりますが、炊飯は味付けではなく、いかに便利で美味しく炊飯できる道具を使うかにかかってきます。ユニフレームのライスクッカーは誰でも簡単に、美味しい炊飯を楽しむことができると人気です。

アウトドアグッズに強いユニフレームとは?

ではここで少しユニフレームという会社についてご紹介していきます。ユニフレームとはアウトドアグッズを扱う日本のブランドです。2014年に社名をユニフレームから株式会社 新越ワークスに変更したものの、現在も変わらずブランド名は変わらず、ユニフレームという名前でさまざまなアウトドアに便利なグッズを開発・製造・販売しています。

タープやテントはもちろんのこと、バーベキューや焚き火に便利な道具もありますし、これからご紹介するようなライスクッカー、またキッチン用品などもあります。直火にかけることができる調理グッズはもちろんのこと、IHに対応しているものもあります。

キャンプ飯を楽しむのはアウトドア好きの方にとっても重要なポイントです。大勢でキャンプを楽しむ際はもちろんのこと、ソロキャンプなどでも美味しい料理を楽しめる、ユニフレームの調理グッズは多くの方々に人気を集めています。

ユニフレームのライスクッカーの口コミ評価

ユニフレームの商品を使ったことがない方は、どんなおすすめポイントがあるのか、どんないい商品があるのかわからない!という方も多いです。そこで「ユニフレームのライスクッカーの口コミ評価」についてご紹介していきます。

「キャンプ初心者の料理や炊飯におすすめ」ということや「後片付けが簡単にできる」というメリットだけではなく「アルミ製なのでIHは非対応」といったデメリットもご紹介します。口コミ情報を参考にすることで、よりユニフレームのライスクッカーを安心して購入できますし、使ってみることができるのではないでしょうか。

キャンプ初心者の料理や炊飯におすすめ

一つ目の口コミ情報は「キャンプ初心者の料理や炊飯におすすめ」ということです。キャンプ初心者の方からすれば、キャンプ飯を楽しむというのが憧れでもあり、敷居が高く感じるポイントでもあります。キャンプで料理をするのは難しいのでは?と考えている方も多く、とくに普段料理をしないという方は不安になることも多いものです。

ですがユニフレームのライスクッカーは、キャンプ初心者の方にこそおすすめの調理器具になっています。簡単に炊飯を行うことことができるだけではなく、炊飯以外の料理に役立てることもできると話題になっているので、安心して使うことができます。

アルミ製なのでIHは非対応

二つ目の口コミ情報は「アルミ製なのでIHは非対応」ということです。ご自宅のキッチンでもIHを使っているという方も多く、キャンプで美味しく炊飯ができたことで、自宅のIHコンロでもライスクッカーを使ってみたいという方もいるのですが、ユニフレームのライスクッカーはアルミニウムでできているので、IHで使うことができません。

これは口コミでも残念だと言っている方も多く、IHで使えた方が便利という声も多く聞かれます。ですがキャンプなどのアウトドアシーンではIHよりも直火で調理することの方が多く、思ったよりデメリットにならないという声も多くなっています。

後片付けが簡単にできる

三つ目の口コミ情報は「後片付けが簡単にできる」ということです。キャンプではお父さんが料理を担当する!ということも多いですし、小さなお子様を連れてキャンプを楽しんでいるという方も多いです。そんな時後片付けが楽であれば便利という口コミ等も多く、ユニフレームのライスクッカーはご飯のこびりつきが少なく片付けが楽だと評判です。

アルミニウムフッ素加工によってライスクッカーの内側に、ご飯がこびりつきにくくなっていて、キャンプ場などでもサッと洗うことができると評判になっています。そのため面倒な後片付けの時間を短縮できるというのも、ライスクッカーの魅力になっています。

ユニフレームのライスクッカーの機能

なぜユニフレームのライスクッカーが人気なのか「ユニフレームのライスクッカーの機能」についてご紹介していきます。やはり売れているということは、それなりの理由があるものですし、他の商品と比べて機能性が充実しているなどのメリットがあるものです。

ユニフレームのライスクッカーも「便利な目盛りがついている」ということや「火加減を知られてくれるフタがついている」ということ「大きなフチで引きこぼれを防ぐ」という機能があります。それぞれどうしてメリットになるのかなどをご紹介するので、実際にライスクッカーを使っているところをイメージして、便利さを感じてみてください。

便利な目盛り

めんどくさがりな方でも安心の「便利な目盛り付き」という機能についてご紹介します。炊飯を行うときに、水の分量など量る必要があり、ライスクッカー自体に目盛りがついていない場合、別途計量カップなど量れるアイテムを用意する必要があります。

ですがユニフレームのライスクッカーは目盛り付きなので、計量カップなど準備しなくても、必要な量のお水を入れながら量ることができます。そのため料理自体慣れていないという方でも、安心して炊飯することができますし、失敗するリスクを減らしてくれるのです。べちゃべちゃのご飯などになるリスクを減らす便利な機能になっています。

火加減を知らせてくれるフタ

他の準備していていて、ライスクッカーの火加減の調節を忘れてた!なんて失敗のリスクを減らしてくれる機能が「火加減を知らせてくれるフタ」です。ユニフレームのライスクッカーは火加減次第でフタがカタカタと鳴るようにわざと作られています。そのためライスクッカーのフタがカタカタと鳴ったら、火加減を弱める合図になっているのです。

この機能があることでライスクッカーの中身が見えなくても、ほかに何か作業をしてても、火加減の調節タイミングを間違える心配がありません。安心して他の準備を進めることができます。なお音を聞き漏らすほど遠くで作業するのはやめましょう。

大きなフチで吹きこぼれを防ぐ

美味しいお米が炊ける理由として「大きなフチで吹きこぼれを防ぐ」というのもあります。吹きこぼれを防いでくれるだけでも便利な機能の一つなのですが、実はそれだけではなくライスクッカー内にある水分を、逃がすのではなく戻すことで、より美味しいお米を炊くことができる仕組みになっているのです。

実はユニフレームのライスクッカーのフチは、一回り大きく立ち上がるような構造になっていて、それによって吹きこぼれを防ぎ、側面を汚すことなく後片付けを楽にしてくれます。そして水分を中に戻す役割もあるので、お米の水分が減ることなくふっくらします。

食べてみると違いに気づくこと間違いなしです。たしかにキャンプで食べるご飯は格別という方も多いですが、ユニフレームのライスクッカーを使うことで、より美味しいご飯を炊くことができ、料理が楽しくなること間違いなしです。

ユニフレームのライスクッカーのおすすめ商品

ユニフレームのライスクッカーのおすすめ商品についてご紹介していきます。ユニフレームには2種類のライスクッカーがあり、用途に合わせて購入するのがおすすめです。3合炊きと5合炊きになっているので、たくさんご飯を食べたいという方は5合炊きの方がおすすめになっています。

ライスクッカーミニDX(3合炊き)

「ライスクッカーミニDX(3合炊き)」は、少人数でのキャンプにぴったり!と人気の商品になっていて、3合炊きなのでソロキャンパーの方にもおすすめのライスクッカーになっています。一応3合炊きということで、3合分の目盛りもついているのですが、3合ぴったりで炊くと少しですが吹きこぼれてしまうこともあるので注意が必要です。

また炊飯量が極端に少ない場合、火加減を教えてくれるフタのカタカタが鳴らない可能性もあります。そのため2合から3合弱を目安にご飯を炊くのがおすすめになっています。直火で炊くご飯の美味しさを実感できるはずです。

fanライスクッカーDX(5合炊き)

「fanライスクッカーDX(5合炊き)」は、先ほどご紹介したライスクッカーよりも、大人数で使いたいときにおすすめになっています。もちろん直火でご飯を炊くことができるので、普段とは違ったお米の立ち上がりなどを感じることもできると評判です。

また付属の重たいフタはしっかり密封してくれるので、ご飯の旨味などを逃すことなくライスクッカーの中に閉じ込めてくれます。もちろんカタカタと火加減の調節を教えてくれる合図もあるので、初心者の方でも美味しくご飯を炊くことができます。普段なかなか直火で炊くご飯を味わうことがないので、キャンプで思いきり味わってみましょう。

ユニフレームのライスクッカーの炊飯のコツ

キャンプ初心者の方にもおすすめのユニフレームのライスクッカーなのですが、より簡単に美味しくご飯が炊けるようにするコツはあるのでしょうか。ここではライスクッカーをこれから使ってみようと考えている方が、より安心してライスクッカーを使えるように、上手に炊くためのコツについてご紹介していきます。

キャンプ初心者の方でもここを見ておけば安心して使えますし、初めてソロキャンプを楽しもうと考えている方にもおすすめです。キャンプ飯を楽しむのはキャンプの醍醐味ですので、直火を上手に活用して普段とは違ったご飯を楽しんでみましょう。

鍋の蓋がカタカタ鳴ったら弱火にする

ご飯を直火で炊く際に、一番気になるのは火加減です。ライスクッカーの中は見えないので、どうなっているのかわからないですし、いつ弱火にすればいいのかわからない!という方も多いです。ですがユニフレームのライスクッカーは弱火にするタイミングを、フタをカタカタと鳴らすことで教えてくれる仕組みになっています。

直火の場合弱火にするのに時間がかかってしまうという方も多く、その場合はご飯を炊く前に手順を確認しておくのが大切です。焚き火で炊く場合は火加減を弱めるか、ライスクッカーを火の中心から避けて置いてあげることが大切です。

IHでは使えないということで不安に感じるかもしれませんが、直火でも弱火にするタイミングさえ間違えなければ、誰でも簡単に美味しいご飯を炊くことができます。直火でのキャンプ料理にチャレンジしたい方にもおすすめの商品なのです。

ユニフレームのライスクッカーの購入方法

ユニフレームのライスクッカーの購入方法についてご紹介します。購入したい場合はネットでも購入することができます。Amazonや楽天といった有名な販売サイトで購入することができ、定価と変わらない値段で買うことができるので安心です。

またそれだけではなく、プレミアムショップや取り扱い店舗で購入することもできますし、フリマアプリなどに出品されていることなどもあります。中古は機になるという方もいらっしゃいますが、未使用の商品が販売されていることもあるので、チェックしてみることで新品のライスクッカーを安く手に入れることができるかもしれません。

ライスクッカー以外におすすめのユニフレーム商品

では「ライスクッカー以外におすすめのユニフレーム商品」についてご紹介していきます。ユニフレームはご紹介しましたように、アウトドア用品などを専門に扱うブランドになっているので、ライスクッカー以外にも便利なアイテムがたくさんあります。

ここでは厳選して3つの商品をご紹介するのですが、どれもキャンプなどにあると便利なアイテムです。調理器具などを揃えることで、キャンプ飯の幅も広げることができるので、ぜひライスクッカーと一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

ファイアグリル

ライスクッカーもダッチオーブンもバーベキューもできて、焚き火までできる有能な「ファイアグリル」は、キャンパーの方々の間で話題になっていて、ユニフレームの商品の中でもトップレベルの人気を誇っています。

コンパクトに収納できるようになっているので、使わない間の収納も場所を取ることがなく、いろいろな料理を楽しむことができると評判です。もちろん直火を楽しむこともできるので、IH調理ではないキャンプ飯を楽しみたい方におすすめです。

ダッチオーブン

近年話題になっている「ダッチオーブン」は、お手入れが簡単といわれている黒皮を使用しています。そのため食器洗剤を使っても大丈夫ですし、金たわしを使って洗っても大丈夫になっています。またIHにも対応しているので、自宅で使いたいという方にもおすすめになっていて、さまざまなシーンで活躍してくれると話題になっています。

また重たいのですが、割れにくいので落としてしまっても、割れて使えなくなるということがあまりありません。サイズも種類があるので使いやすいサイズを購入してみてはいかがでしょうか。

ツインバーナー

高火力を維持したい方は「ツインバーナー」がおすすめです。ユニフレームのツインバーナーは風の影響で弱くなりがちな火力を、高火力に保てるような工夫がされているので、アウトドアシーンでも活躍してくれると評判になっています。

ステンレス製なので、お手入れも簡単で後片付けもサクッと終わります。またコンパクトに収納することができるので、持って行くときも場所を取ることがないですし、保管するときも安心して保管できます。

Thumbユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」が超優秀!人気の理由を徹底解剖!
使い勝手のいい焚き火台をお探しなら、ユニフレームの「ファイアグリル」がおすすめです。使い方が...

ユニフレームのライスクッカーで直火調理を楽しもう

いかがでしたでしょうか。今回はユニフレームのライスクッカーについてご紹介しました。ライスクッカーは手軽に美味しいご飯を炊くことができると評判になっていて、直火料理にもおすすめです。IH料理はできませんが、炊飯以外にも使うことができるので、ぜひみなさんもライスクッカーを活用して、キャンプ飯を楽しんでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ