ユニフレームのシェラカップはアウトドアの必須アイテム!サイズや使い方は?

近年、アウトドアを趣味とする方に人気が高い食器の一つがユニフレームのシェラカップです。一つで何役にも使えると評判ですが、実際どのような使い方ができるのでしょうか。ユニフレームのシェラカップのサイズ展開などについても合わせて紹介します。

ユニフレームのシェラカップはアウトドアの必須アイテム!サイズや使い方は?のイメージ

目次

  1. 1ユニフレームのシェラカップの魅力を解説
  2. 2ユニフレームのシェラカップとは
  3. 3ユニフレームのシェラカップのおすすめポイント
  4. 4ユニフレームのシェラカップのサイズ展開
  5. 5ユニフレームのシェラカップの口コミ評価
  6. 6ユニフレームのシェラカップの注意点
  7. 7ユニフレームのシェラカップを使ってみよう

ユニフレームのシェラカップの魅力を解説

キャンプなどアウトドアを楽しむ方の食器として近年人気が高まっているのがシェラカップです。使い道が多く、サイズもさまざまなものがあるため、複数個購入する方も多いのですが、そもそもシェラカップとは何でしょうか。特に人気のメーカーであるユニフレームのシェラカップのおすすめポイントを紹介します。

ユニフレームのシェラカップとは

ユニフレームというのは、実は日本の新潟県燕市に本社を持つ、日本のアウトドア用品を販売するメーカーのブランド名です。もともと燕市周辺は金属加工業が盛んな土地柄と言うこともあって、高品質な商品が多いと人気が高いです。

鍋やガスバーナーなどからテントなどまで、アウトドアで使う商品を幅広く製造しており、木の部品を使うなど「和」を取り入れたもの、さまざまな使いやすい工夫がされた商品なども多いという特徴があります。

このユニフレームの中でも人気が高い商品として知られるのが「シェラカップ」で、アウトドアをテーマにした人気アニメとのコラボ商品が作られたこともあり、アウトドアを楽しむ人だけでなく、アニメファンの方にも人気が高まっています。

人気の多機能アウトドア調理器具

その「シェラカップ」というのはアウトドアで使う金属製の食器のことです。もともと1892年に設立された自然保護団体のオリジナルカップとして生まれ、この団体の名前から「シェラカップ」という名前がつきました。会員証の代わりにこのカップを配ったのが始まりと言われています。

カップというくらいですから、口が少し広がり、深さもあるカップ型の形をしており、それに持ち手がついています。コーヒーやスープなど、液体の飲食物を入れて使うことができますし、もちろんお茶碗のようにして食材を入れて使うのもおすすめです。

しかしシェラカップの用途はそれにとどまりません。シェラカップは金属製で、ステンレスやチタンなどで作られていることが多く、そのまま直火にかけて使うことができます。お湯を沸かす鍋として、またウインナーなどを炒めるフライパンとして、さまざまな料理作りに使えるのも大きな魅力です。

サイズもバリエーションがあり、ユニフレームならば300ミリリットルから900ミリリットルまであるため、一人でアウトドアを楽しむ方だけでなく、家族など複数人での調理につかうこともできます。

持ち運びの際は重ねればコンパクトになる点もおすすめで、アウトドアで調理をするなら持っていて損はない用具の一つと言えるでしょう。

ユニフレームのシェラカップのおすすめポイント

さて、シェラカップは近年、アウトドアを楽しむ方には必須と言っていいほどのおすすめ商品となっていることもあり、複数のブランドのシェラカップが販売されていて、初めての方はどれがいいのか迷ってしまうということもあります。

この数あるシェラカップの中でも特に人気が高いのがユニフレームのものなのですが、ユニフレームのシェラカップにはどのようなおすすめポイントがあるのでしょうか。まずはそこから紹介していきましよう。

わかりやすい目盛り

シェラカップが使いやすいポイントとして外せないのが、「目盛りがついている」点です。ユニフレームのシェラカップの場合、カップの内側に100ミリリットル、200ミリリットルというように目盛りがついています。ですから計量カップを別に持っていく必要がなく、適量の水をその場で入れて調理ができるのです。

さらにさすが日本のメーカーの商品という印象があるのは、ミリリットル単位の目盛りの他に「合」の目盛りがあることです。言うまでもなくこれは、ご飯を炊く際に使う目盛りとなります。ご飯を炊くことを念頭に置いて作られているわけです。

なお、900ミリリットルのシェラカップには目盛りがついていないので、900のサイズのものはおかず作りに使い、ご飯はそれより小さいサイズのものを使って炊くのがおすすめです。

多彩な調理方法が楽しめる

ご飯を炊くと述べましたが、ユニフレームのシェラカップが人気なのは、さまざまな料理を作るのに使いやすいという点にあります。もちろんアウトドアで食事といっても、さほど面倒なことはしないという方も多いかもしれません。しかし汁物や鍋料理のような料理は、特に寒い時期なら体が温まるのでおすすめです。

汁物などを作る場合、シェラカップは威力を発揮します。1人分作るなら小さなサイズで、みんなの分を一気に作るならぱ900ミリリットルなどの大きなサイズを使えばいくらでも簡単に調理ができます。これは直火が使えるシェラカップならではです。

また、焼き物などを作るのにも使えるので、朝食にハムエッグなど用意したいという場合でも簡単に作ることができます。カップ型になっているので、パスタなどを作る場合もソースやスープがこぼれる心配がいりません。

さらにユニフレームのシェラカップは他社の物に比べ、持ち手が長く、先端が少し外側に反っているため、握りやすいという点もおすすめポイントです。加えてステンレス素材で、直火での調理をしてもハンドルが熱くなりにくいです。

サイズバリエーションも豊富なので、先ほど述べたように、複数個用意してあれば、主食のご飯を炊いて、汁ものを作り、メイン料理を作るということもできます。また、料理の後で一人分ずつ取り分けるための食器として使うのもおすすめです。

なお、後で述べますが、ユニフレームのシェラカップにはいろいろなカラーバリエーションもあります。しかしこの「カラシェラ」シリーズはポリプロピレンなので直火は使えません。こちらは取り皿として使ってください。

メンテナンスも簡単

アウトドアに限りませんが、日常的に使う食器や調理器具の場合に気になるのがお手入れです。メンテナンスが簡単で汚れがすぐ落とせるものならば、いつでも気軽に使うことができるので、それだけ活躍の場面も広がります。

ユニフレームのシェラカップは、ステンレスやチタンを使って作られています。これらの素材は軽量で頑丈であり、耐久性が高いため、手入れが簡単であるというメリットがあります。しかも軽いので持ち運びもしやすいです。

しかもデザインがとてもシンプルなので、洗う時も細かい部品などに分ける必要もなく、丸ごとさっと洗うことができます。アウトドアで少ない調理器具をどんどん使いまわして調理したい場合にもおすすめです。

豊富なカラーバリエーション

ユニフレームのシェラカップの特徴として大きいのが、カラーバリエーションが豊富であるという点です。先ほども少し触れましたが、「カラシェラ」というシリーズがあり、こちらはカップの部分がいろいろな色になっています。

カラシェラシリーズには300と900のサイズがあり、それぞれ6色が展開されています。カラシェラと同じ色の箸、カトラリーもあります。先ほど述べたようにこちらはポリプロピレン製なので直火には使えませんが、料理を取り分ける個別の食器として使いやすいタイプです。

家族でアウトドアを楽しみたいという方ならば、それぞれの好きな色の食器セットを揃えておくと、キャンプ飯の楽しみが広がります。ぜひ色などチェックしてみてください。

おしゃれインテリアとしても人気

ユニフレームのシェラカップは実用性が高く使いやすいので、アウトドアに行く際にはぜひ持っていきたい商品なのですが、それ以外の場合にはインテリアとして使っているという方も多く見られます。

シンプルですがきれいな形であり、ハンドルの部分が下に向かい「つ」の字を描いているため、その部分をラックや紐などにかけておくことができます。アウトドアでも洗った後のものを紐にかけておけば乾きやすいですし、家にいる時はキッチンなどにかけておくのもおすすめです。

Thumbユニフレームのライスクッカーはキャンプ料理や炊飯に大活躍!美味しい炊き方は?
みなさんはユニフレームのライスクッカーを使ったことがありますか?キャンプ料理を楽しむ際におす...

ユニフレームのシェラカップのサイズ展開

それでは次に、ユニフレームのシェラカップのサイズ展開について紹介します。ここまでも触れてきましたが、ユニフレームのシェラカップにはいくつかのサイズ展開がされており、自分が使いやすいサイズを選ぶことで、よりアウトドアでの調理が楽にできるようになっています。

そこで次に、ユニフレームのシェラカップにあるサイズと、それぞれのおすすめの用途についてもいくつか紹介していきましょう。

300~900mlまで用途に合わせて使い分けできる

ユニフレームのシェラカップのサイズですが、3種類のものがあります。300、420、900となっています。一般的に300などの小さいサイズはスープや飲み物などのカップとして、900など大きいサイズはクッカーメインで使う方が多いと言われます。

一般的にシェラカップというと、300ミリリットル程度のサイズを使う方が多いです。300サイズだと、スープなどの汁ものやコーヒーなどの飲み物を入れて使うのにちょうどよいサイズと言われており、それぞれのとりわけ食器として使うこともできます。

また、そもそもチタンやステンレスのシェラカップは直火が使えるため、汁ものなどが冷めてしまった場合、そのまま再加熱することができる点も手軽で使い勝手がいいです。

一方、900ミリリットルのタイプはサイズが大きいことから、クッカーとして使う方が多いです。ユニフレームの900タイプのシェラカップは底が平型のため、フライパンとして使うことができるのも特徴で、焼き物のほか、メイン料理の大皿として使うのもおすすめです。

420ミリリットルはこの300と900の間のサイズで、とりあえず1つ使ってみたいという場合、このサイズがおすすめと言われています。900ほど容量はないですが、クッカーとして一通りのことはできますし、汁ものなど入れても多すぎません。

このように、ユニフレームのシェラカップにはさまざまなサイズが用意されているため、使い道により選ぶことができる点もおすすめのポイントです。使ってみて後で買い足していくという方法もできそうです。

ユニフレームのシェラカップの口コミ評価

それでは次に、ユニフレームのシェラカップを実際に使った方の感想について見ていきましょう。先ほどユニフレームのシェラカップは使い勝手がよいと述べましたが、実際にシェラカップを使ったことがない人にとっては、実際どの程度使えるのかというのは気になるところです。

そこで、ユニフレームのシェラカップを使った方の口コミなどを中心にして、その使い勝手のよさについて見ていきましょう。いくつか見ていくと、ユニフレームのシェラカップをアウトドアだけでなくふだん使いしている方もいることがわかりました。

アウトドアも普段使いでも活躍できる

ここまで述べてきたように、ユニフレームのシェラカップは、アウトドアではとても使い勝手のよい食器として評価が高いです。なんといっても食器として使うことができるのはもちろん、直火調理もできるわけですから、ソロキャンプの場合など、シェラカップで料理を作りそのまま食べることも可能なわけです。

ただしその反面、一口にアウトドアと言っても、ふつうの場合それほどしょっちゅう行く機会があるわけではありません。そうなるとアウトドアでしか使えない食器をわざわざ買うのは悩みどころという方もいます。

ユニフレームのシェラカップの場合、人気が高いポイントの一つが、ふだん使いにも使えるという点です。先ほどインテリアにおすすめと紹介したのですが、ユニフレームのシェラカップはカップそのものもシンプルですがおしゃれなので、キッチンにぶら下げておくことができるのです。

直火が使えるということは、当然ながらガスなどの火も使えます。アウトドアになかなか行くことがなくても、ガスでの調理や、鍋物の取り皿として使うことができるわけです。

しかもユニフレームのシェラカップはステンレス製なので、IH調理器を使っているおうちでも調理に使えます。900のサイズのものを使い鍋をして楽しんでいる様子をアップしている方もいるようです。

ラーメンやスープを温めるのに重宝

特に近年のように、なかなかアウトドアに行くのも難しいという際に、ユニフレームのシェラカップをおうちで使うことができるというのはそれだけ使い勝手がよいことですが、おうちの場合、特にクッカーとして人気が高いようです。

例えばラーメンやスープなどを作る際、1人分なら大きな鍋を出す必要はありませんが、カップや丼で料理するわけにはいきません。どうしても鍋を使い、中身を丼やカップに開けるという手順が必要です。その点シェラカップなら、一つで両方の役割をすることができます。

ユニフレームのシェラカップで直接ラーメンやスープなどを作り、そのまま食べれば洗い物も少なく済みますし、ちゃんと温めることもできるので、おうちの料理にも便利です。使い勝手はかなりよさそうです。

ユニフレームのシェラカップの注意点

最後に、ユニフレームのシェラカップを使う際の注意点についてです。ユニフレームのシェラカップは使い勝手がよいのですが、1点だけ注意が必要なのが先ほど述べた「カラシェラ」シリーズに関してです。

ここまで述べてきたように、ユニフレームのシェラカップは普通のタイプはステンレスやチタン製なので、直火が使えます。しかしカラシェラシリーズに関しては直火が使えません。クッカーとしては使えないので、その点だけは注意しておきましょう。

ユニフレームのシェラカップを使ってみよう

ユニフレームのシェラカップはアウトドアでの調理はもちろん、カラーバリエーションもあるため取り分けの食器としても使うことができます。ソロキャンプなら調理してそのまま食べるのにも使えるので、とても便利で人気です。ぜひユニフレームのシェラカップでアウトドアでの食事を楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ