気温17度の時の服装のおすすめはコレ!レディース・メンズのおしゃれガイド!

季節の変わり目となる気温17度の服装を解説!同じ気温17度でも春と秋では違いがあるので、季節に合わせた選び方のポイントなどを紹介していきます。レディースとメンズの服装の両方を紹介していくので、春や秋の気温17度の時には参考にしてください。

気温17度の時の服装のおすすめはコレ!レディース・メンズのおしゃれガイド!のイメージ

目次

  1. 1気温17度の時のおすすめの服装・コーデアイテムをご紹介
  2. 2気温17度は季節の変わり目
  3. 3気温17度でも体感温度は違う!
  4. 4気温17度の時の服装選びのポイント
  5. 5気温17度の時のレディースの服装&おすすめアイテム
  6. 6気温17度の時のメンズの服装&おすすめアイテム
  7. 7気温17度の時のおしゃれな服装を考えてみよう

気温17度の時のおすすめの服装・コーデアイテムをご紹介

春や秋の気温17度は服装選びに迷ってしまうことはありませんか?春の気温17度は冬の気温から上がってくる温度なので暖かさを感じて、秋の気温17度は夏の気温から下がって寒さを感じる気温です。同じ気温17度でも季節による違いで服装選びは大変です。

そこで、今回紹介していくのは気温17度の春や秋の服装についてです。気温17度の時の服装の選び方のポイントや、気温17度のレディースとメンズの服装を個別に紹介していきます。春や秋の季節の変わり目の服装選びに迷った時には参考にしてください。

Thumb気温18度の日の服装をチェック!春秋のメンズ・レディースコーデは?
みなさんは気温18度の日にどんな服装で出かけますか?暖かった夏から急に気温が落ち18度になる...

気温17度は季節の変わり目

冒頭でも触れたように、気温17度は冬から春になる時と夏から秋に変わった時の気温の一つです。つまり季節の変わり目の気温と言えるでしょう。春の気温17度の時には暖かさを感じる事ができますし、秋の気温17度は寒さを感じる気温になっています。

気温17度でも気温が上がっていく可能性もありますし、冷え込んでいく可能性もあるので夏や冬と比べても服装選びが難しいのが特徴です。その日の服装選びに迷っている方は、気温17度の服装のポイントを押さえておくとコーディネートしやすいでしょう。

春&秋シーズンの服装

冬から暖かくなっていく春の気温17度は、ついつい薄着の服装を選択したくなる季節。ですが、日が陰ると気温は下がっていく可能性が高いのが特徴です。夏の暑い時期から寒くなっていく秋も、夜には冷え込む事が多いのが特徴になります。

春と秋では温度の上昇などの違いもあるので、同じ気温17度と言っても服装選びは異なってきます。暑い時に涼しくなれる服装や寒くなった時には羽織れるものがあるのも季節の変わり目の服装には最適と言っても過言ではないでしょう。

気温17度でも体感温度は違う!

朝に気温をチェックして服装選びをする方も多いでしょう。ここで注意したいのが体感温度は全く違うという点です。気温17度でも曇っている日や雨の日では、晴天と比べて寒さを感じるでしょう。コートなどを羽織る目安にもなると言えるでしょう。

また風によっても違ってきます。風速1メートル毎秒増加していくと体感温度は1度下がっていくので気温17度でも風速によってはコートなどが必要になってきます。

もちろん湿度なども合わさると体感温度に違いがあるので、湿度や風速などもチェックすると気温17度の服装を選びやすくなるでしょう。コートなどの防寒着がいるかどうかの判断もつける事ができるので、気温だけでなく体感温度もチェックしてみましょう。

Thumbコートを着る場合の気温の目安は?スーツなどでのおしゃれコーデもチェック!
季節の変わり目でコートはいつから着るのか、タイミングは難しいです。春、秋、冬、それぞれの気温...

気温17度の時の服装選びのポイント

ここまで気温17度に関して触れてきましたが、服装選びのポイントも押さえておきたい要素の一つです。季節によっての違いはありますが、服装選びでは同じような内容で選択できるポイントもあります。そのため、しっかりとチェックしておくのがおすすめ。

レディース・メンズでの違いはありますが、どちらでも考慮した服装選びを行えるでしょう。ここでは気温17度の服装選びのポイントを3点紹介していきます。寒くなるか暑くなるか迷ってしまう気温になるので、参考にしてみてください。

着替え用のアウター

これまでにも触れたように気温17度は、暖かさと寒さの中間に位置する気温でもあります。そのため薄着では寒く感じてしまうこともありますし、しっかりと防寒着を着込むには暑く感じてしまう気温です。そんな時におすすめなのがアウターを用意しとく事です。

春の時期なら少し薄手のアウターを用意しとくだけでも、寒くなった時に羽織って暖を取る事ができるでしょう。逆に秋の時期には少し集めのアウターを用意しとくと、気温が下がったり風が強くなった日でも対応する事ができるのでおすすめです。

日中だけではなく夜間に外出する場合にも、アウターを用意しておくと着込む事ができるので寒暖の差に対応する事ができるでしょう。

厚手のトップス

気温17度の時には、厚手のトップスを利用するのもおすすめの服装になります。ただし注意しなくてはいけないのが最高気温が17度なのか最低気温が17度かです。

最高気温が17度の場合の日中には、それ以上暑くなることはないので天気がいい日にはそのままでも快適に外出ができるでしょう。ですが最低気温が17度の場合には気温は上がっていく形になるので、厚手のトップスでは暑く感じる場合もあります。

特に春の最低気温が17度の場合には、日中には温度が上昇していくので厚手のトップスでは暑くて不快感を感じてしまう可能性が高くなります。同じ気温でも最高気温か最低気温になるのかも大事なポイントになっているので服装選びではチェックしましょう。

温かい足元

気温17度の服装選びのポイントの3点目は、足元を暖かくすることです。特に女性の方は冷え性の方が多いので足元を暖かくするのがポイントです。

寒さを感じた時に着込んでも改善されないという経験をした方もいるのではないでしょうか?上着などを着込んでみても足元などが薄着になると全身が寒く感じます。もちろん足元だけでなく手元や首も冷やすと全身が寒く感じてきます。

そのため暖かい足元を心がけるのも大事なポイントになります。特に最高気温が17度の場合には最低気温まで下がっていくので足元までしっかりと暖かくしておくのがベストです。全体的に暖かくなるので、一度参考にして利用してみてください。

気温17度の時のレディースの服装&おすすめアイテム

ここからは気温17度の時の服装について詳しく紹介していきます。最初に紹介するのは気温17度の時のレディースの服装です。春や秋など季節を問わずにおしゃれに楽しみたい方も多いでしょう。気温17度ではおしゃれさも取り入れた服装を選択できます。

レディースの服装の他におすすめアイテムも紹介していくので、いろんなコーディネートで楽しむ事ができるでしょう。服装選びに迷った時には泡ポイントアイテムを取り入れるだけでも暖を取る事ができるので、ぜひ参考にしてください。

長袖トップス

最初に紹介するレディースの服装は、長袖のトップスです。春の場合には陽気な天気も多いので、薄手の長袖トップスでも快適に過ごす事ができます。秋でも最低気温が17度の時には気温が上がっていくので、薄手の長袖トップスで過ごせます。

薄手の長袖トップスになっているので、周りからも暑苦し句見えたり寒そうに見える心配がありません。日中に出歩くには快適に過ごす事ができるので、最低気温が17度の時には身軽に長袖トップスで出歩いてみてはいかがでしょうか。

カーディガン

気温17度でも日中と夜では寒暖差が激しい時があります。薄手のトップスだけでは寒く感じてしまうこともあるでしょう。そんな時におすすめなのが、カーディガンなどの羽織りものを用意しておく点です。レディースのカーディガンは色んな種類があります。

春には少し薄手のカーディガンでもいいですし、秋や夜にも外出する場合などには少し厚めのカーディガンを利用するのもいいでしょう。また、カーディガンを羽織る場合には中を薄手にしておくと暑くなりすぎないのでおすすめになります。

スウェット

続いて紹介するレディースファッションはスウェットです。スウェットと言ってもおしゃれなデザインが増えているので外出時に着用しても違和感を感じずに着こなせるでしょう。上下セットで着用すると、コーディネートを考えなくて済むのもポイントです。

ちょっとした外出などにも対応する事ができますし、長袖の場合には寒くなっても快適に過ごせるスウェットも多数販売されています。裏地が暖かい種類などでは、秋でも快適に過ごす事ができるので選択肢の一つとしてチェックしておくと服装選びに便利です。

スカーフ

続いて紹介するのはレディースのおすすめアイテムでスカーフです。先述したように冷えやすくなっている首回りをサポートする事ができますし、おしゃれなアイテムとして利用する事ができるのでファッションに取り入れるには最適です。

マフラーをするほどの気温ではない17度の秋でも、スカーフをマフラー代わりにして着用することも可能です。最初に紹介した長袖のトップスとも合わせやすくなっているので、ワンポイントアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

ファーアイテム

レディースのおすすめアイテムとしてはファーアイテムを選択するのもいいでしょう。袖口などのワンポイントで取り入れると暑すぎないで利用する事ができます。袖口についているファーを取り外す事ができる洋服なども販売されています。

他にもファーのベストやマフラー、靴などファーアイテムはいろんな種類があります。その日のコーディネートに合わせてワンポイントで取り入れるとおしゃれさも楽しめるのでおすすめ。

タイツ・ストッキング

最後に紹介する気温17度におすすめのレディースの服装は、タイツやストッキングを利用する点です。薄手のストッキングでも一枚履いているだけで暖かさを感じられます。タイツは厚手になるのでスカートなどを着用する場合には最適と言えるでしょう。

足元を暖かくするためのアイテムになっているので、利用してみるのがおすすめ。ベージュのストッキングの場合には靴下を重ねて履いても違和感を感じないで着用できます。色んなカラーが販売されているので、気温17度の日には取り入れてみましょう。

気温17度の時のメンズの服装&おすすめアイテム

続いて紹介していくのは気温17度のメンズの服装です。気温17度の時にコーディネートを楽しめるのは男性も同じです。気温に適した服装でメンズファッションを楽しめます。

レディースと同様にメンズのおすす絵アイテムについても紹介していくので、気温17度の春や秋の服装選びに迷った時には参考にしてください。

暖色系のトップス

最初に紹介するメンズの服装は、暖色系のトップスです。気温17度は長袖で過ごすには快適な気温になっているので日中では寒さを感じることも少ないでしょう。ですが、あえて暖かみのある暖色系を利用することで視覚的にも暖かさを楽しめます。

ズボンなどに合わせやすいですし、羽織るものを持っているなら肌寒くなった時でも快適に過ごす事ができるでしょう。シンプルなデザインでも暖色系を選択すると暖かさを感じられるので、普段は着用しないという方も選択肢に入れてみてはいかがですか。

ネルシャツ

続いて紹介するのはネルシャツです。メンズの服装でネルシャツは定番になりますが、春や秋に関わらず気温17度の時には快適に着用できるのでおすすめ。チェック柄だけでなくボーダーなども販売されているので、違うスタイルで楽しめるのも魅力です。

暑くなった時にはボタンを外して過ごすこともできますし、逆に少し寒さを感じた時にはボタンを閉めるだけで暖かさが変わるのもポイント。こちらもズボンと合わせやすいので、メンズファッションを楽しみやすいので利用してみてください。

ベスト

続いて紹介するのはベストです。ガッツリと着込むには暑すぎる気温となるので気温17度の時には薄手のベストなどを合わせて利用するのもおすすめ。中に着込むのは薄手の服装でもベストがあることで、暖かさを感じられるでしょう。

最高気温が17度の時には、寒さを感じた時に着用することも可能です。着脱も簡単にできるので、一枚利用しているだけでも違ってきます。もちろんおしゃれなデザインのベストも多数販売されているので、一度チェックしてみましょう。

ニットカーディガン

メンズファッションでニットカーディガンもおしゃれなアイテムの一つです。ニットは暖かさを感じられるアイテムになっているので、肌寒くなった時に着用できるカーディガンを持っていると便利。特に夜に帰宅する場合などには重宝できるでしょう。

カーディガンにはボタンタイプとファスナータイプの2種類がありますが、ジャケットのように着こなしたい方にはファスナータイプがおすすめ。ネルシャツなどの上に着用する場合にはボタンタイプを使用すると襟が邪魔にならないでしょう。

ビジネスコート

ビジネスコートも気温17度の時に違和感なく着用する事ができます。どんな服装でも合わせやすくなっているので、大人のおしゃれスタイルとして利用できるでしょう。特に秋口には寒さを和らげてくれるので、おすすめのアイテムになります。

デートで利用する事もできるので、春先でも違和感なく着用できるのもポイントです。最高気温が17度の時には寒くなっていくので羽織っておくと快適に過ごせるでしょう。

ファー付きパーカー

最後に紹介するメンズにおすすめの服装は、ファー付きのパーカーです。ファーアイテムはレディースだけでなくメンズファッションでも取り入れられます。パーカーの帽子部分にファーが付いているだけでも暖かさを感じる事ができるでしょう。

パーカーを着用する場合には中に着込むのは薄手の服装でも十分です。春先でも秋口でもおしゃれに着こなしをする事ができるのでおすすめになります。

気温17度の時のおしゃれな服装を考えてみよう

気温17度の時にはどんな服装を選んだらいいのか迷ってしまうことも多いですが、考え方を変えるといろんなおしゃれを楽しむ事ができます。寒くなった時の対策としては上着を持っていくことで対応する事ができるのも気温17度の服装になります。

最低気温が17度か最高気温が17度かでも、服装は選びやすくなるでしょう。レディースとメンズのそれぞれにおしゃれな洋服はたくさんあるのでコーディネートを楽しみながら防寒対策が可能です。当記事の選び方などを参考にしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ