ソフトクリームのカロリーや糖質・栄養成分は?コーンあり・なしで徹底比較!

暑い時には特に美味しく感じられるソフトクリームですが、カロリーはどのくらいなのでしょうか。ダイエットなどを気にしている時にソフトクリームを食べることができるのか、またカロリーを抑える方法があるのかという点について紹介します。

ソフトクリームのカロリーや糖質・栄養成分は?コーンあり・なしで徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1ソフトクリームはカロリーお化け?
  2. 2ソフトクリームとアイスクリームの違いはなに?
  3. 3ソフトクリームのカロリーは高い
  4. 4ソフトクリームのカロリー・糖質・栄養成分
  5. 5ダイエット中にソフトクリームを食べる時の注意点
  6. 6低カロリー・低糖質の人気ソフトクリーム
  7. 7カロリーを把握しておやつに取り入れよう

ソフトクリームはカロリーお化け?

ソフトクリームは近年、ご当地の味や季節限定の商品なども増え、美味しいうえに楽しみが多いスイーツですが、気になるのがカロリーです。あれだけ甘くておいしければ糖質も相当ありそうですがどうなのでしょうか。美味しいソフトクリームを楽しむために、カロリーや糖質、そしておすすめの食べ方について紹介します。

ソフトクリームとアイスクリームの違いはなに?

ソフトクリームのカロリーについて紹介する前に、そもそもソフトクリームとアイスクリームとは、どのような違いがあるのでしょうか。もちろん、アイスクリームの方が固く、ソフトクリームの方が柔らかいというのはすぐにわかることですが、その違いはどこからでてくるのでしょうか。

まず、ソフトクリームとアイスクリームは、どちらも原材料は同じであり、牛乳や乳製品を使って作っています。ですから、成分的にはほとんど変わらないものであると言うことになります。

では違いはどこにあるのかということですが、最も大きな違いは「温度」にあります。アイスクリームはマイナス30度以下で急速冷凍し、それをマイナス18度以下で販売しています。家庭の冷凍庫もJIS規格でマイナス18度以下と決められています。

それに対して、ソフトクリームの温度はマイナス5度から7度と、なんと10度くらいも温度が高いのです。さらに液状の原料ミックスを機械で撹拌することで、空気を含み、なめらかな舌触りになります。ソフトクリームには約40パーセント前後の空気が含まれます。

ソフトクリームは温度が高いため、中に含まれる氷の結晶も少ないですし、小さいです。このことも、なめらかな舌触りを生み出す要因です。ソフトクリームのくちどけのよさはこれらから生まれるのです。

このように材料は同じでも、中に含む空気の量、そして温度の違いにより、アイスクリームとソフトクリームには違いが出てきます。言い換えれば、アイスクリームもソフトクリームも材料はほぼ同じですから、その点ではカロリーや糖質は変わらないわけです。

アイスクリームの種類によってもカロリーは違う

では、アイスクリームならどんなものでもカロリーや糖質には違いがないのかというと、実はそうではありません。アイスクリームには大きく分けて3つの種類があり、種類によりカロリーに違いがあります。

この種類というのは、乳固形分と乳脂肪分の含有量により分けられています。最も多く乳固形分、乳脂肪分を含むものがアイスクリームなのですが、実は乳固形分が3パーセントと最も低いラクトアイスがカロリーが一番高いのです。

その理由は、ラクトアイスやアイスミルクは乳脂肪分が少ないため、その分植物性脂肪を添加し、コクを出していることが多いからです。一方、糖質量の点ではどれも100グラムあたり22グラムから23グラムくらいで、さほど大きな違いはありません。

一方、アイスクリームでカロリーが低いのは、シャーベットや氷菓です。正確にはこれらはアイスクリームの仲間にはなりません。シャーベットは乳成分がほとんどありません。結果的に乳成分のたんぱく質や脂質が少なくなり、カロリーが減るということになります。ただし糖質に関してはむしろアイスクリームより高い傾向にあるようです。

もちろん、このカロリーや糖質に関しては、フレーバーなどによっても違いあり、上手に選ぶことでカロリーを抑えてアイスクリームやソフトクリームを楽しむことができます。

ソフトクリームのカロリーは高い

このように、ソフトクリームとアイスクリームの違いについてわかったところで、ではソフトクリームのカロリーや糖質について紹介していきましょう。美味しいと人気が高いソフトクリームですが、カロリーは決して低くありません。

細かいカロリーについては次に紹介しますが、ソフトクリームもアイスクリームの仲間ですから、アイスクリームと同様に乳固形分や乳脂肪分により違いが出てきます。また、フレーバーによってはシャーベットなどもあります。

ベーシックなソフトクリームの場合、100グラムあたり146キロカロリーから156キロカロリーほど、糖質は24.3グラムくらいです。アイスクリームの中ではややカロリーは低めではあるかもしれません。

ダイエット中のおやつのカロリー目安

そもそもダイエットという場合、カロリーが低いものがおすすめと言われることが多く、低カロリー、ローカロリーと言われるものに人気が集まることが多いのですが、ダイエット中はどのくらい間食ができるのでしょうか。

一般的には、間食で摂るカロリーの目安は200キロカロリーと言われます。先ほど述べたようにソフトクリーム100グラムは150キロカロリー前後ですから、ソフトクリーム一個であればカロリーオーバーにはならないことになります。

ただし、ダイエットをする場合には、間食も含めて一日の摂取カロリーをコントロールすることが必要となりますので、三食のメニューによってはこれでもカロリーオーバーになる可能性があります。他のメニューとのバランスで間食の量やメニューを調整することをおすすめします。

ソフトクリームのカロリー・糖質・栄養成分

それでは、ソフトクリームのカロリー、糖質のほか栄養成分などについても紹介していきましょう。定番のソフトクリームの場合、先ほども述べたようにカロリーは150キロカロリー前後、糖質は24グラムぐらいとなっています。

アイスクリームの場合はどのくらいかというと、アイスクリームの場合で約180キロカロリーに糖質が23.1グラムくらいと言われます。アイスクリームよりもカロリーはやや低めで、糖質はほぼ同じと考えるとよいわけです。

一方、先ほど少し触れた氷菓の場合は、カロリーはなんと38キロカロリーほどです。先ほども述べたように乳成分がない分、カロリーはかなり低いわけです。カロリーが高いのが気になるなら、シャーベットや氷菓系のものを選ぶことで高いカロリーを抑えることができるわけです。

コーンなしのカロリー

さて、ソフトクリームの場合は、コーンかカップかを選ぶことができるようになっていることが多いです。サクサクのコーンがあることでさらにソフトクリームが美味しく感じられるという場合も多く、またワッフルコーンなども人気が高いのですが、カロリーの点ではどうなのでしょうか。

実は先ほど述べたソフトクリームのカロリーというのはコーンなしの場合のカロリーです。つまり実際に食べる場合はこれにコーンのカロリーがプラスされることが多いということになります。

ソフトクリームの場合、普通サイズのソフトクリーム1個のアイスの量は約100グラムと言われており、実際に食べた場合に摂取するカロリーもほぼこの数字通りとなります。

コーンありのカロリー

では、その気になるコーンのカロリーはどのくらいあるのでしょうか。なんとコーンのカロリーは一般的なコーンで約50キロカロリー、人気が高いワッフルコーンだと約100キロカロリーもあります。ソフトクリームのカロリーから見ると、かなり高いと感じる方が多いのではないでしょうか。

ですから、お出かけ先でコーンを使ったソフトクリームを食べた場合のカロリーは、一般的なコーンでも200カロリーを超えますし、ましてワッフルコーンならば250キロカロリーと、おやつの目安を超えてしまうことになるわけです。

ソフトクリームとコーンの組み合わせは人気が高いですし、美味しい組み合わせではあるのですが、ダイエットやカロリーが気になっている場合には、できればカップで注文し、コーンを避けるのがおすすめです。

ソフトクリームのフレーバーによるカロリーの違い

先ほども述べたように、アイスクリームの場合、フレーバーによってカロリーが違います。これはソフトクリームの場合も同様です。ではダイエット中にソフトクリームを食べるならどんなフレーバーがおすすめでしょうか。

いちごなど、フルーツフレーバーのタイプの場合、果汁や果肉、ピューレなどを使うため、カロリーは抑えめになります。また先ほど述べたようにシャーベット系はカロリーが低いですから、シャーベット系のソフトクリームもおすすめです。

逆に濃厚なタイプの味わいのソフトクリームは、どうしても乳脂肪分などが多くなるため、カロリーが高いことが多いです。濃厚なバニラやチョコレートなどのタイプがそれにあたります。美味しいので人気が高いですが、カロリーが気になるなら控えたほうがよさそうです。

Thumb低カロリーで太らないアイスおすすめ13選!ダイエット中でも食べられる!
ダイエット中にも気軽に食べることができておすすめの、低カロリーで太らない人気のアイス情報につ...

ダイエット中にソフトクリームを食べる時の注意点

これらのカロリーや糖質に関する情報をもとに、ダイエット中にソフトクリームがどうしても食べたいという時に注意するポイントについて紹介します。忘れてはならないのは、ソフトクリームにも大切な栄養成分があるという点です。

ソフトクリームは牛乳などの乳製品を使って作るものですから、それらに含まれるたんぱく質などの栄養成分はしっかりと入っています。しかもカルシウムも摂ることができますから、栄養の面では決して「悪い」ものではないのです。

ということならば、ダイエット中であっても上手にソフトクリームを摂取すれば、必要な栄養素が摂取でき、なおかつ満足感も感じられると言うことになります。そこでそのあたりも含め、注意点を紹介します。

ソフトクリーム1個分のカロリー

先ほど述べたように、ソフトクリームのアイス部分そのもののカロリーは極端に高いわけではありません。したがって、ダイエット中にソフトクリームが食べたいという場合、おすすめしたいのがカップでの注文です。

カップは食べるものではないので、ソフトクリームのカロリーのみを摂取することになり、結果的にカロリーを抑えることにつながります。先ほども述べたように、ソフトクリームのカロリーだけであれば、間食で摂取できるカロリーとしてはさほど問題はないわけです。

また、フレーバーを上手に選ぶことでソフトクリームそのもののカロリーを抑えることもできます。カロリーが気になるのであれば、先ほど述べたようにフルーツフレーバーのものやシャーベット系のものをおすすめします。

ソフトクリームを食べた日のトータルカロリー

ソフトクリームを食べたい時には、一日のトータルカロリーについても注意を払うことが大切です。三食食べた上にソフトクリームのカロリーがプラスされるわけですから、全体のバランスで考えることをおすすめします。

たとえば、ソフトクリームを食べた時には三食のメニューにクリームなどを使わないものを選ぶのもいいでしょう。ソフトクリームには乳脂肪分がたっぷり含まれますから、この分は食事の方からカットしてもいいわけです。

また、ソフトクリームで気になるものの一つが糖質です。今やダイエットで糖質を減らすというのは当たり前になってきていますが、ソフトクリームは冷たくてもしっかり甘みを感じます。それだけ糖分が含まれているということなのです。

糖分は、日常の食事にももちろん含まれるのですが、気をつけたいのが飲み物です。ジュース類にはたっぷりと糖分が含まれているので、あっという間に糖質がアップしてしまいます。ソフトクリームを食べる時には特に飲み物は無糖のものにすることをおすすめします。

食べるタイミングは午後がおすすめ

ソフトクリームに限りませんが、おやつを摂るのにも時間が大切です。一般的に15時は「おやつの時間」と言われますが、これはちゃんと理にかなっていることなのです。なぜかというと細胞に脂肪をため込む作用がある「ビーマルワン」という成分があり、一日の間で分泌量が変わるのです。

この成分の分泌量が最も少なくなる時間帯がまさにおやつの時間である15時であり、この時間に摂取すると脂肪になりにくいと言われます。ですから同じソフトクリームを食べる場合でもこの時間がおすすめということになります。

低カロリー・低糖質の人気ソフトクリーム

最後に、ダイエット中の方が安心して食べることができると言われるソフトクリームをいくつか紹介します。近年、カロリーや糖質が低いソフトクリームが多く開発されています。それらは味も美味しく、どれも人気が高いヒット商品となっています。

どちらも人気商品ということで、スーパーやコンビニでも気軽に手に入れることができる点もおすすめであり、味も美味しく満足感もあるという点もいいところです。ではその商品を紹介しましょう。

グリコ SUNAO バニラ

ダイエットをしている方のおやつとして大人気となっているのが、「SUNAO」シリーズです。このシリーズはとうもろこし由来の食物繊維などを使うことでカロリー、糖質ともに大きく減らしています。

SUNAOシリーズにはアイスクリーム、ソフトクリームがありますが、どれも糖質は10グラム以下と、一般的なソフトクリームの糖質の半分以下です。それでいてしっかりとバニラの香りが楽しめるため、食べても美味しく満足感が高いのが人気の秘密と言えるでしょう。

ミニストップ ソフトクリーム新バニラ

コンビニのアイスの中でも特に人気が高いと言われる「ミニストップ」のアイスですが、中でも「新バニラ」はおすすめの一品として人気となっています。このアイスの特徴は、卵が使われていないという点であり、加えてカップも選ぶことができるようになっています。

アイスそのものは生クリームや生乳などを使った本格的な作りですが、カップを選ぶことでカロリーを控えつつ美味しいアイスが食べられる点も人気です。卵アレルギーの方でも安心して食べられるのがいいところです。

ThumbSUNAOのアイスは低糖質でダイエット中にもおすすめ!栄養成分や味の種類は?
近年、低糖質ダイエットなどか流行しており、ダイエットの時に食べられる低糖質スイーツがブームに...

カロリーを把握しておやつに取り入れよう

美味しいソフトクリームは、お出かけ先の楽しみの一つですが、ダイエットをしているとなかなか食べられません。しかしフレーバーやカップなどの工夫をし、食べる時間を考えることで、食べることができるのです。ぜひいろいろ工夫して、美味しいソフトクリームを味わってください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ