秋が旬のおすすめ野菜をチェック!特徴から美味しい簡単レシピまで!

秋は食欲の秋ということもあり、美味しいグルメが楽しめる時期でもあります。美味しい秋のグルメに欠かせないのが、秋の旬野菜です。秋の野菜は、水分が少ないという特徴があります。そんな秋の旬の野菜の特徴や栄養、さらには簡単に作れる秋の旬野菜のレシピをご紹介します。

秋が旬のおすすめ野菜をチェック!特徴から美味しい簡単レシピまで!のイメージ

目次

  1. 1秋が旬のおすすめ野菜をご紹介!
  2. 2秋の旬の野菜がおすすめな理由
  3. 3秋が旬のおすすめ野菜(根菜)
  4. 4秋が旬のおすすめ野菜(果実野菜)
  5. 5秋が旬のおすすめ野菜(葉野菜)
  6. 6秋が旬のおすすめきのこ類
  7. 7秋が旬のおすすめ野菜を使って料理しよう!

秋が旬のおすすめ野菜をご紹介!

秋は食欲の秋ということで、美味しいグルメがたくさん楽しむことができます。それはというのも、秋は実りの季節ということで、作物も豊富に揃う時期でもあります。特に、秋の旬野菜は、夏の野菜に比べると水分が少ない分、濃厚な味を楽しめる旬野菜が勢揃いしています。

その秋の旬野菜は、濃厚というだけでなく、しっかりと栄養素も豊富ということで、健康にとってもおすすめです。秋の旬野菜には、根菜やきのこ、果実野菜、葉野菜などを楽しむことができます。

秋の旬野菜を使ったレシピは、栄養価も高く、食べると元気になる野菜ばかりです。秋の旬野菜の特徴や栄養素、その他に、簡単レシピをご紹介します。

旬の野菜を旬の季節に食べるのが一番美味しい!

どの季節もそうですが、旬野菜は、旬の時期に食べるのがもっとも美味しくいただくことができます。また、旬野菜を旬の時期に摂取すれば、もっとも栄養素も高い状態となっています。今や、ビニールハウスなどで旬に関係なくいつでも食べることができますが’、もっとも栄養価を豊富にふくれている時期は旬の時期です。

Thumb秋が旬の食べ物まとめ!果物や野菜・魚など美味しく食べるアレンジもあり!
秋には美味しい食べ物がたくさんあります。果物から野菜に魚など、旬の食べ物をチェックして秋の味...

秋の旬の野菜がおすすめな理由

秋が旬のおすすめ野菜やその特徴、レシピなどをご紹介する前に、ここでは、秋の旬の野菜がおすすめな理由についてお話しをしていきましょう。

秋の旬の野菜がおすすめな理由のひとつに、秋の旬野菜は、夏にしっかりと太陽を浴びてすくすくと育った野菜ということで味が濃厚です。また、どの野菜も彩りがよく、秋のグルメがより一層美味しくいただくことができます。

秋が旬のおすすめ野菜(根菜)

まず、最初に秋が旬のおすすめ野菜の「根菜」からご紹介しましょう。秋の旬の根菜というと、すぐに頭に浮かぶのは人参です。その他にも、里芋やさつまいも、れんこん、かぶなどもを秋の旬野菜として楽しむことができます。

甘みも強く、旬の秋料理との相性も良いので、美味しい料理を楽しむことができます。これらの秋の旬野菜「根菜」のそれぞれの特徴や栄養素とレシピをご紹介します。

さといも

さといもは、秋が旬の根菜で、あのぬるっとした食感が人気の野菜です。里芋は、もともとは茎でそれがだんだんと大きくなった野菜ということは知っていますか。

納豆といい、ぬるっとした食感の食べものは、栄養価も高く、さらには美味しものが多いです。さといもも栄養価も高いそんな野菜です。主な栄養素としては、食物繊維やムチン、カリウム、ガラクタンなどです。

さといものおすすめ簡単レシピ

さといものおすすめ簡単レシピを少しご紹介すると、やはり、懐かしくて美味しい「さといもの煮っころがし」ではないでしょうか。

材料もさといもと和風だし、醤油に砂糖、みりんがあれば簡単にできます。美味しくいただくポイントは、一晩置いてみてください。すると、味が染みてとても美味しくなるのでおすすめです。

れんこん

れんこんは、旬の時期が11月から12月で、主な栄養素が、ビタミンC、ミネラル、食物繊維を多く含んでいます。疲労回復や風邪の予防にもおすすめな秋の旬野菜です。

あの見た目からは想像できませんが、ビタミンCが豊富ということで、女性にもうれしい美肌効果もある秋の旬野菜です。

れんこんのおすすめ簡単レシピ

れんこんのおすすめ簡単レシピですが、炒めるだけの簡単レシピである「カリカリ甘辛れんこん」がおすすめです。れんこんを薄力粉にまぶして炒めるだけです。

調味料には、みりんや酒、砂糖、醤油だけです。ピリ辛にしたいときには、唐辛子を入れると良いです。ご飯も進む美味しい一品になります。

人参

人参は、旬の時期が10月から12月で、まさに秋の旬野菜になります。主な栄養素は、ベータカロテンとカリウム、食物繊維になります。なお、生の人参は、血糖値を下げる特徴があるので、千切りにして生野菜で食べると良いです。

ベータカロテンは、抗酸化作用もあり、体内に入るとビタミンAに変換されるので、人参は栄養価が高い秋の旬野菜です。

人参のおすすめ簡単レシピ

人参のおすすめ簡単レシピですが、ベータカロテンを体内に吸収しやすくするレシピでは、「人参のきんぴら」がおすすめです。サクッとサラダ油で揚げることで体内に吸収しやすくなります。

その他にも、ミートソースやロールキャベツの中に入れて煮込んだりとレシピは数え切れないほどあります。油で揚げると吸収しやすい特徴なのが人参です。彩りも良いので、ほかの葉野菜とともに、サラダもおすすめです。

かぶ

かぶの旬は、11月から1月まで出回る秋の旬野菜です。この時期がもっとも甘く美味しいとされています。かぶの栄養素は、カリウムやカルシウム、マグネシウム、鉄などです。かぶは根だけでなく、葉っぱも栄養素も高くおすすめです。

かぶは、生のままでも良いですし、煮込んでもとろっとした食感を楽しめる秋の旬野菜でもあります。

かぶのおすすめ簡単レシピ

かぶのおすすめ簡単レシピは、漬物をするのもおすすめですし、豚ひき肉と一緒に煮込むととても美味しい一品料理になります。ご飯も進む美味しい料理でおすすめです。

その他にも、かぶの葉っぱと油揚げで作る甘辛炒めもおすすめのレシピになります。ごま油で炒めることで風味もよくご飯も進む一品となります。

秋が旬のおすすめ野菜(果実野菜)

ここでは、秋が旬のおすすめ野菜の中で、果実のできる野菜を中心にご紹介しましょう。果実野菜と呼ばれるものは、苗を植樹してからおよそ1年ほどで収穫できるもので、2年以上かかるものは「果樹」となります。

スイカやメロン、イチゴは、実は野菜ということはよく知られていることです。そんな果実野菜の代表的な野菜に、トマトやかぼちゃもあり、秋の旬野菜としても知られています。

トマト

トマトは、夏が旬のイメージが強いですが、実は気温が低い、春や秋などがもっとも美味しい時期、旬だと言われています。夏が旬だと思われていた方も、一度、秋のトマトを食べてみてください。きっと、夏のトマトとはまた違ったトマトを味わえるはずです。

トマトの栄養素ですが、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどで、ベータカロテンやよく知られるリコピンも含まれています。生のまま、丸かじりすればもっともリコピンを吸収することができますので、サラダとして食べるのもおすすめです。

トマトのおすすめ簡単レシピ

トマトのおすすめ簡単レシピでは、トマトの上にチーズをのせて、耐熱皿でオーブントースターで焼くトマトのチーズ焼きがとても美味しいです。

その他には、ミートソースとともに、トマトを煮込んだり、鶏がらスープの素と卵を使ったトマトと玉子の中華風スープもおすすめです。胡麻油を垂らすと風味が良いです。

かぼちゃ

かぼちゃは、旬が秋から初冬とされています。この時期がもっとも甘く感じて美味しいのでおすすめです。かぼちゃんの栄養素ですが、ベータカロチンやビタミンA、C、Eなどです。

免疫力アップや美肌効果、高血圧予防にも効果のある秋の旬野菜です。かぼちゃは、皮までまるごと食べることができるのでおすすめです。

かぼちゃの簡単レシピ

かぼちゃの簡単レシピですが、かぼちゃの煮物がもっとも人気があるのではないでしょうか。煮物にすることで甘みを感じることができます。かぼちゃをスライスして、上からチーズをのせてオーブンで焼きあげても美味しいです。

また、かぼちゃを蒸して、それをミキサーにかけてそこに牛乳を入れて混ぜ合わせ、それを温めるとかぼちゃのスープになります。晩秋には、冷えた体を温めてくれるのでおすすめです。

秋が旬のおすすめ野菜(葉野菜)

秋が旬のおすすめ野菜で、葉野菜も人気があります。秋に旬を迎える葉野菜は、栄養素の高い野菜も多いのでおすすめです。葉野菜を使った鍋料理などもとても美味しいです。

秋が旬の葉野菜から、「ちんげん菜」や「サラダからし菜」などをご紹介します。この他にも、ほうれん草なども人気のある秋が旬の野菜です。

ちんげん菜

ちんげん菜は、旬の時期が9月から12月ということで、秋が旬の葉野菜です。ベータカロチンを多く含んでいて、風邪予防などにもおすすめです。チンゲン菜は炒めてよし、鍋などで食べても美味しいです。

ちんげん菜は、ベータカロチン以外にも、ビタミンCやカリウム、カルシウムなども栄養素になります。ビタミンCが含まれているので、美肌効果という特徴からあり女性にもおすすめです。

ちんげん菜のおすすめ簡単レシピ

ちんげん菜のおすすめ簡単レシピですが、ちんげん菜炒めは、油で炒めることで栄養が取り込みやすくなります。青梗菜の唐辛子炒めなどは、ピリ辛でとても美味しい料理でおすすめです。

その他にも、片栗粉でとろみをつけるチンゲン菜ときのこのオイスターソースは、もうひとつの旬の野菜きのこも使うのでおすすめです。中華風のご飯が進むレシピです。

サラダからし菜

サラダからし菜は、旬が年に2回ある野菜で、春と秋が旬となっています。からし菜ということで、少しだけからしの風味がするのが特徴の野菜になります。サラダからし菜はサラダ用として栽培されている野菜です。

サラダからし菜は、紫や緑の彩りの良い野菜になります。栄養素は、ベータカロチンが豊富に含まえています。その他の栄養素には、ビタミンCやカリウムがあります。

サラダからし菜のおすすめ簡単レシピ

サラダからし菜のおすすめ簡単レシピですが、もっとも栄養素を取れるのは、そのままサラダとして食べることです。サラダからし菜は、サラダでもサーモンなどとともに楽しめるのでおすすめです。

その他、ツナなどのサラダをするといいかもしれません。パスタなどの下に敷いて、パスタとともに、食べるととても美味しいのでおすすめです。

秋が旬のおすすめきのこ類

秋が旬のおすすめで、きのこもまた美味しいのでおすすめです。皆さんの中にも、秋にきのこ狩りに出かけた人もいるのではないでしょうか。きのこと言っても色々な種類があります。高級食材でもあるマツタケやしいたけ、しめじ、まいたけ、なめこなどがあります。

そんなきのこの栄養素ですが、ビタミンB群やビタミンD、カリウムなどがあります。ビタミンB群の特徴は、疲労回復にも効果を発揮します。

たくさんあるきのこから、ここでは、「まいたけ」や「本しめじ」、「しいたけ」のレシピをご紹介しましょう。

まいたけ

まいたけは、秋から冬に旬を迎え、出荷ランキングでは新潟がトップです。まいたけの栄養素ですが、エルゴステロール含有量が多いのが特徴です。

まいたけは、鍋料理などにもおすすめで、特に、秋田名物「きりたんぽ鍋」にはなくてはならない食材のひとつになっています。

まいたけのおすすめ簡単レシピ

まいたけのおすすめ簡単レシピですが、簡単な料理からご紹介すると、焼きまいたけはビールのつまみとしてもおすすめです。ポイントは、ぽんずをかけて食べると美味しいです。

また、まいたけの天ぷらも美味しいのでおすすめです。ポイントは、 小麦粉と卵と水で作る衣です。小麦粉と卵は一気にかき混ぜるようにしましょう。

さきほどもご紹介した秋の旬野菜でもあるさといもとまいたけの炊き込みご飯も人気があります。用意するのは、お米と「さといも」と「まいたけ」だけです。味付けは、醤油とみりん、日本酒になります。

本しめじ

本しめじは、9月下旬から11月初めまでが旬と言われています。天然の本しめじを目にすることはなかなかないのではないでしょうか。栄養素は、たんぱく質やカリウム、食物繊維、ビタミンB1とB2、ビタミンDです。

本しめじには、オルニチンという解毒作用があり、なんと二日酔いの予防にもいいのだそうです。ビタミンDは免疫力を高めることもできるのでおすすめです。

本しめじのおすすめ簡単レシピ

本しめじのおすすめ簡単レシピですが、アルミホイルで作る「本しめじバターホイル焼き」は簡単に作ることができるレシピです。バターとめんつゆがあればすぐにできます。

その他にも、「本しめじ和風スパゲッティ」や「黒本しめじのスープ」、「本しめじのアヒージョ」などもおすすめレシピになります。

しいたけ

しいたけは、風味のある美味しいきのこのひとつです。「エリタデニン」はしいたけ特有の特徴で、血液をサラサラにしてくれます。その他にも、ビタミンDはカルシウムに働きかける栄養素です。

ベータグルカンは、免疫力を高める栄養素で、秋から冬の時期にはおすすめのきのこになります。ボイルしてもスープに使っても美味しいのでおすすめです。

しいたけのおすすめ簡単レシピ

しいたけのおすすめ簡単レシピですが、しいたけにチーズをのせるしいたけのチーズ焼きは、チーズと醤油さえあれば簡単にできるのでおすすめです。

しいたけもまた、秋に人気のレシピでもあります。炊飯器で簡単に作れる「きのこの炊き込みごはん」も美味しいのでおすすめです。

秋が旬のおすすめ野菜を使って料理しよう!

秋から晩秋にかけては鍋料理も美味しい季節になってきます。秋が旬のおすすめ野菜は、栄養価も高く、ぜひとも、秋の旬野菜は甘みも強いのでおすすめです。

秋は、根菜やきのこ、葉野菜、果実野菜などがおすすめです。秋が旬のおすすめ野菜を使って、簡単レシピで美味しい秋の味覚を楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ