バーベキューのおすすめ食材35選!定番の海鮮や野菜・肉・面白い具材まで!

バーベキューをする時に揃える食材はいつもお決まりの食材になってしまうということはありませんか。そこで今回は、バーベキューのおすすめ食材35選をご紹介したいと思います。定番の海鮮や野菜・肉から面白い具材まで様々なおすすめ食材があるので参考にしてみてください。

バーベキューのおすすめ食材35選!定番の海鮮や野菜・肉・面白い具材まで!のイメージ

目次

  1. 1バーベキューのおすすめ食材をたっぷりご紹介!
  2. 2バーベキューのおすすめ食材の下ごしらえをしよう!
  3. 3バーベキューのおすすめ食材【お肉編】
  4. 4バーベキューのおすすめ食材【野菜編】
  5. 5バーベキューのおすすめ食材【海鮮編】
  6. 6バーベキューのおすすめ食材【デザート編】
  7. 7バーベキューのおすすめ食材【その他】
  8. 8バーベキューのおすすめ食材をそろえて思いっきり楽しもう!

バーベキューのおすすめ食材をたっぷりご紹介!

みんなでわいわいとお肉や海鮮、野菜などを焼いて楽しむことができるバーベキュー。皆さんは、バーベキューにどのような食材をもって行きますか。バーベキューの食材はいつもお決まりの食材になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バーベキューのおすすめ食材35選をご紹介したいと思います。おすすめの食材の中には定番の海鮮や野菜、お肉に加え面白い具材などもあります。ぜひ、バーベキューにおすすめの食材や量などを参考に材料を用意し、楽しい時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

バーベキューのおすすめ食材の下ごしらえをしよう!

バーベキューに使う食材を持って行く時に、皆さんはどのようにして持って行きますか。バーベキューを楽しむためには、予め食材の下ごしらえをして持って行くと便利で手間が省けるというものもたくさんあります。

人数分の量を決め、カットしたり、タレに漬け込んだりすることによって行ってからの作業が少なくなるので、現地での時間を存分に楽しむことができます。バーベキューに行って手軽に楽しむには、自宅での下ごしらえがポイントとなります。

バーベキューのおすすめ食材【お肉編】

まず最初にバーベキューのおすすめ食材としてお肉をご紹介したいと思います。バーベキューのメイン食材ともいえるお肉ですが、皆さんはどのようなお肉を用意しますか。

色々なお肉の種類、そして部位を食材として用意するなら普段とはちょっと違うバーベキューを楽しむことができるかもしれません。

バーベキューに持って行くお肉の量についてはいかがでしょうか。バーベキューのお肉の量は食べる人たちによって変わりますが、食材を準備する際の目安の量として、男性は300g、女性は200gくらいがおすすめです。お子様のお肉の量の目安は、中学生以上は300gくらい、小学生は200gくらいです。

牛ロースステーキ

バーベキュー食材としてお肉の中で人気なのは牛肉です。牛ロースステーキはそのまま焼いて塩コショウなどでも美味しくいただくことができますが、ステーキ肉500gの量に対し、たまねぎを半玉ほどすりおろしたものに漬け込むと柔らかくなるのでおすすめです。

最初に牛ロースステーキの筋を切って軽くたたいておきます。それから漬け込みますが、目安はお肉を焼く3時間前くらいがおすすめです。

牛タン

牛タンもバーベキューの食材として人気があります。その理由として脂が少ないのであっさりとしている、食感もいいなど様々な理由があります。お子様から大人までが美味しくいただけるお肉です。

スーパーなどでバーベキュー用の牛タンを買う場合は、牛タンの厚みをチェックします。あまり薄い牛タンだとすぐに焦げてしまうので、ブロックで販売されている牛タンを買って厚めにカットして持って行くのがおすすめです。また、少し厚めに切って販売されている牛タンを持って行くこともできます。

牛カルビ

牛カルビもバーベキューの食材としては定番で人気のメニューです。スーパーなどに売っている薄切りの牛カルビを用意して持って行くことができます。バーベキューでは網で焼くのがおすすめです。焼きすぎると食感がパサパサになっていしまうので、焼き方に注意します。

子供から大人まで人気のお肉なので、食材としておすすめですが、脂が多すぎると燃えてしまうということもあるので、脂が少なめのものを選ぶことができます。

ロース

ロースもバーベキューの食材としておすすめのお肉です。ロースといっても牛肉と豚肉では味わいも違うのでお好きなほうのロース肉を用意することができます。値段を抑えて材料を揃えたいという場合は豚ロースがおすすめです。赤身も脂身も両方の美味しさを味わうことができるバーベキューにおすすめのお肉です。

スペアリブ

バーベキューに人気のお肉にはスペアリブもあります。骨付き肉でお肉の濃厚な味を楽しむことができます。スペアリブは焼くのに時間が少しかかるお肉なので、下ごしらえをして焼くだけという状態にして持って行くのがおすすめです。

スペアリブは下ごしらえをしておくことによって柔らかく、旨みが凝縮されて美味しく仕上がります。塩コショウをしてから玉ねぎのすりおろしたものに漬け、さらにバーベキューソース味などお好きな味付けにしてジッパー付き袋などに入れて持って行くなら簡単に調理ができます。

バックリブ

バックリブはロース側の骨付き肉のことです。調理する際に骨側についている薄い膜をはがしたりする必要があるので、時間がかかる食材かもしれません。でも、予め下ごしらえをしておくなら手軽に焼くことができるのでおすすめです。海外のバーベキューではバックリブが人気です。

下ごしらえとして薄い膜をはがし、下茹でしてからソースに漬け込んでジッパー付き保存袋などに入れて冷蔵しておきます。行く前の日にしておくなら味が良く染みるのでおすすめです。

鶏手羽先

鶏肉もバーベキューの食材としておすすめです。鶏手羽先は火が少し弱くなった頃に網の上で焼くと美味しくいただくことができます。

下ごしらえで塩コショウを少し強めにして、すりおろしたニンニクやローズマリーなどの香草と一緒にジッパー付き保存袋などに入れて冷蔵庫に一晩おいておくと味が良く染みます。じっくりととろ火で焼くことによって皮はパリパリに、お肉はジューシーに仕上がります。

ラムチョップ

ラムチョップはお決まりのお肉に変化をつけたいという時におすすめの食材です。見た目にも豪華なのもおすすめポイントです。ラムチョップはハーブなどで下味をつけて焼いたり、塩コショウして焼いた後に、お好みのジャムとお醤油を混ぜたフルーティーなソースをかけておしゃれにいただくのもおすすめです。

ホルモン

最後にご紹介するおすすめのお肉はホルモンです。ホルモンのプリプリとした食感と旨みは多くの人たちに人気ですが、バーベキューで美味しいホルモンをいただくためには、下ごしらえが必要です。

丁寧に下処理をすることで臭みのない美味しいホルモンをいただくことができます。ホルモンは新鮮さが大事なので、お肉屋さんで買う、またはネットなどで買うのがおすすめです。ホルモンは牛、豚、鶏によって味わいが異なるので楽しめます。

バーベキューのおすすめ食材【野菜編】

次にバーベキューの食材としてご紹介するのは野菜です。バーベキューでもお肉などと一緒に野菜も美味しくいただきたいと思いませんか。バーベキューの食材として用意する野菜の量の目安は1人当たり約100gです。野菜多めが良いという方は量を少し増やしたりして用意することができます。

普段あまり野菜を食べないお子様でもバーベキューで楽しみながら野菜を食べ、美味しく食べることができるきっかけになるかもしれません。おすすめの野菜にはどのようなものがあるのでしょうか。

ニンジン

ニンジンは彩りとしてもおすすめの食材です。硬い野菜なので下ごしらえが必要です。まず皮をピーラーなどでむいてから0.5cmから1cmくらいの輪切りにしてレンジにかけて柔らかくして持って行くのがおすすめです。レンジをかけず切ったまま焼くとなかなか火が通らず焦げてしまいます。

エリンギ

きのこ類もバーベキューの食材として人気があります。食物繊維が豊富に含まれていて、整腸作用の効果も期待することができるエリンギは、お肉が多くなってしまうバーベキューの食材としておすすめです。エリンギは下の部分を少しだけ切って縦に切り、網などで焼いていただくことができます。

キャベツ

キャベツは使い勝手の良い野菜なので、バーベキューの食材として人気があります。柔らかい部分はちぎってサラダなどにしたり、ざく切りにして焼きそばに入れたり、大きめに切ってホイル焼きにすることもできます。

家で切る場合は変色してしまうので、当日に切ったものを濡れたキッチンペーパーなどに包んでジッパー付き袋などに入れておくことをおすすめします。お店で買うことのできるカットキャベツなども便利に使うことができます。

とうもろこし

とうもろこしは子供と一緒のバーベキューの時などは必ずといっていいほど食材として用意するものです。とうもろこしは皮つきで買ったものをそのまま現地に持って行くだけなので、下ごしらえなどもなくおすすめです。バーベキューの時に皮付きのまま網の上で焦げ目がつくまでじっくり焼くだけです。

バーベキューの時に皮付きのまま網の上で焦げ目がつくまでじっくり焼くだけです。蒸し焼きの美味しいとうもろこしがいただけます。

玉ネギ

玉ネギはバーベキューの野菜としては定番です。輪切りにしたものを網で焼いていただいたり、皮をむいた玉ネギを丸ごとアルミホイルに包んで蒸し焼きにしていただくのも美味しいと人気があります。ホイル焼きは網や鉄板で焼いた玉ネギとはまた違った美味しさが魅力です。ぜひ、試してみてください。

シイタケ

シイタケもバーベキューの食材としては定番です。一年中シイタケはいただくことができますが、特に秋のバーベキューの際には、旬の美味しいシイタケがおすすめです。

シイタケは低カロリーで旨みのたっぷり詰まった野菜です。美味しさをそのまま味わうために石づきを取って網の上に裏返しにしておき、じっくりと焼いて焼きシイタケにするのがおすすめです。

ピーマン

ピーマンは美味しさを存分に楽しむために、バーベキューの時は丸焼きがおすすめです。バーベキューのならではの美味しいいただき方です。緑のピーマン以外にも赤ピーマンなどを使ってカラフルにして、見た目にも楽しめます。

ピーマンの丸焼きには、ピーマン全体に刷毛でオリーブオイルを塗って、周りが少し焦げるくらいまでじっくり焼きます。焼いている間にもオリーブオイルを塗ってピーマンの表面が乾かないようにするのがポイントです。

カボチャ

カボチャはバーベキューの時に焼いていただくと美味しい人気食材ですが、硬い野菜なので下ごしらえが必要です。生のまま焼くと火が通らないうちに焦げてしまいます。

下ごしらえとして、良く洗ってわたを綺麗に取った後に薄くスライスしてレンジをかけます。柔らかくなったらジッパー付き袋などに入れ冷ましてから冷蔵庫で保存しておきます。

じゃがいも

じゃがいもは切って網の上などで焼いたり、丸ごとホイル焼きなども人気のバーベキューの定番の野菜です。じゃがいもも硬い野菜なので下ごしらえが必要です。

良く洗って皮をむかずに芽が出ている部分があるなら綺麗に取り除きます。網の上で焼く時のために輪切りや斜めの輪切りなどにしたものを一度レンジにかけ加熱します。丸ごとホイル焼きにしたい場合も濡れたじゃがいもをラップに包んでからレンジで加熱しておくと、バーベキューの時に早く火を通すことができるのでおすすめです。

ししとう

ししとうも手軽に用意することができるバーベキューにおすすめの野菜です。簡単に焼いていただくことができると人気です。ししとうはそのまま焼くと破裂する恐れがあるので、焼く前に1ヵ所か2ヵ所くらいフォークなどを使って穴を開ける、または切り込みを入れておくことをおすすめします。

サツマイモ(焼芋)

秋のバーベキューには特に人気の食材のサツマイモは、焼芋にしていただくという方が多いのではないでしょうか。バーベキューの時に焼芋を作る場合は、新聞紙とアルミホイルも忘れずに持って行きます。

サツマイモを洗い、新聞紙に包み、新聞紙も水で濡らします。その上からアルミホイルでしっかり包みます。後は炭の上などに置いておくだけです。途中で向きを変えたりしてください。

バーベキューのおすすめ食材【海鮮編】

バーベキューといったら海鮮も人気の食材となっています。バーベキューの食材に海鮮があるとちょっと豪華な気分にもなりませんか。これから、バーベキューで美味しくいただくことができる定番の海鮮からちょっと変わった食材まで、様々な種類の海鮮をご紹介していきたいと思います。

バーベキューの食材として海鮮を用意する際の量ですが、用意する量の目安は1人あたり約150gから200gです。貝の殻などの重さは抜いて量を考えます。貝類やエビなどは1人1個、魚は半分くらいの量でも満足できます。

ホタテ

ホタテはバーベキューで定番の人気の海鮮です。ホタテを美味しく焼いていただくには、殻から身をはがしておくのがおすすめです。プリプリとした美味しい食感を楽しむには焼きすぎないということがポイントです。強火で焼いて、ホタテの旨みを存分に楽しむために調味料を使う時にも控えめにすると美味しくいただけます。

イカ

網で香ばしく焼いたイカもバーベキューで人気の定番の海鮮です。イカは予め下処理をして生姜と醤油などのタレに漬け込んで冷蔵保存しておくならバーベキューで焼くだけなので簡単にいただくことができます。

インパクト大にイカを丸焼きにすることができますが、1人分の量としてちょっと多いという場合は食べやすい大きさに切ってタレに漬けておくのもおすすめです。

牡蠣

牡蠣は海鮮の中でも人気で、バーベキューにあると豪華になるおすすめの食材です。牡蠣は下ごしらえなどの必要はありませんが、殻のついた牡蠣を焼く場合は、熱々の牡蠣を開けて身を取り出す必要があるのでそのための道具、軍手や身を取り出すためのナイフの準備が必要です。色々な名産地の牡蠣を楽しむのもおすすめです。

エビ

バーベキューで子供から大人まで人気の海鮮にエビがあります。エビも種類によって味わいが異なるので、お好きなエビを用意してバーベキューを楽しむのはいかがでしょうか。

バーベキューでエビをいただく時は殻付きで焼くのがおすすめです。エビの香ばしさや旨みがギュッと凝縮されたエビは絶品です。下ごしらえとして、塩をまぶして汚れを洗い、水分を拭いて、背ワタを取って、大きいサイズのエビは串に刺しておくことができます。

サザエ

バーベキューで海鮮というとサザエを一番に挙げる人もいるほど人気の食材ですが、サザエは焼く時の火加減が美味しさのポイントとなります。強火のところで焼くと身が硬くなってしまうので、火加減に気をつけて焼きます。サザエを買う時は、新鮮なフタの部分がしっかりとしまったものを選ぶようにします。

魚のカマ

定番の海鮮にちょっと変わった海鮮を加えてバーベキューを楽しんでみるのはいかがでしょうか。魚のカマは比較的安い値段でかうことができ、バーベキューなどで豪快に焼いて食べるの美味しい食材です。

魚のカマもマグロのカマやブリのカマなど、様々な種類の魚のカマがありますので、お好きな魚のカマを買って焼いていただくことができます。魚のカマに塩を振り、炭火などで焼いていただくのがおすすめです。

カニ

豪華なバーベキューを楽しみたいという時は、カニを用意していただくのはいかがでしょうか。バーベキューにおすすめのカニは、花咲ガニやタラバガニなどです。足が太いので焼きガニにしても食べやすく、食べ応えもあります。焼くと香ばしさと身の甘さと旨みを存分に楽しむことができます。

バーベキューのおすすめ食材【デザート編】

お肉や野菜、海鮮などをいただくのも美味しいけど、バーベキューにはちょっとした楽しみも欲しいものです。特に、お子様連れでのバーベキューを楽しまれる際にはバーベキューにデザートがあると盛り上がります。

バーベキューでデザートにおすすめの食材にはどのようなものがあるでしょうか。お子様から大人にまで人気のデザートの食材をご紹介したいと思います。

マシュマロ

バーベキューの定番デザートであるマシュマロは、串に刺してそのまま焼いていただいたり、焼いたマシュマロをクラッカーやビスケット、そして板チョコを挟んでいただくスモアも人気です。バターとマシュマロを溶かしたものをポップコーンに絡めてキャラメルポップコーンを作ることもできます。

バナナ

バナナもバーベキューの時にはそのまま食べるのではなく、焼いていただくのがおすすめです。バーベキューで簡単に作ることができる人気スイーツ焼バナナは、バナナを皮ごと焼くだけです。皮ごと焼くだけで甘味が増し、トロトロとした食感になります。他にも、バナナに切り込みを入れ板チョコを挟んで焼いたりするスイーツも人気です。

リンゴ

子供から大人まで人気の焼リンゴ。バーベキューでは手軽に作ることができるのでスイーツとしておすすめです。リンゴの量は2人で1個、半分に切って使います。切ったリンゴの芯をくりぬいてそこにバターと砂糖をのせ、アルミホイルで包んで焼きます。リンゴの旬の時期のバーベキューにおすすめのスイーツです。

ポップコーン

ポップコーンもバーベキューで楽しみながら作っていただくことができる人気のスイーツです。ポップコーンのたねと味が全て入っていて火にかけて簡単に作ることができる手軽な商品がスーパーなどで販売されています。

また、ポップコーンのたねだけを買って、スキレットなどを使って作ることもできます。味が好みで色々作ることができるので楽しめます。

バーベキューのおすすめ食材【その他】

バーベキューを楽しむために色々な食材を用意したけど、もう少し何か食材を持って行きたいという場合におすすめの食材をご紹介したいと思います。

バーベキューのおすすめ食材として、バーベキュー以外、宿泊してバーベキューを楽しむ場合は次の日の朝食なども使うことができる使い勝手の良い食材をご紹介します。

こんにゃく(味噌焼き)

定番の食材で何か変わった食材が欲しいという方におすすめなのがこんにゃくです。こんにゃくはヘルシーなのでバーベキューにもおすすめです。

こんにゃくは下ごしらえとして食べやすい大きさに切って、茹でて、串に刺して用意しておくことができます。鉄板などで焼いて、田楽味噌をつけていただくことができます。

ウインナー

お子様と一緒にバーベキューを楽しまれる方は、ウインナーは定番食材かもしれません。いつも買っているウインナーでも充分美味しくいただくことができますが、キャンプなどに行ってバーベキューを楽しまれる際は、現地近くのお店などで地元で作られたウインナーなどを買って焼いていただくというのもおすすめです。

おにぎり(焼きおにぎり)

バーベキュー当日におにぎりを握って持って行くのはいかがでしょうか。お腹が空いたら食べることができますが、少し多めに握って持って行くとバーベキューの時に炭火で焼いて焼きおにぎりにすることができます。

油を塗った網におにぎりをのせて焼き、醤油を塗って香ばしく焼き上げます。バーベキューならではの美味しい焼きおにぎりがいただけます。

フランスパン(ガーリックトースト)

バーベキューでフランスパンを使ってガーリックトーストを作る場合は、予め下ごしらえをして行くと便利です。フランスパンを切って、チューブのニンニク、オリーブオイル、パセリなどを混ぜたものを塗っていきます。アルミホイルなどで包んで持って行き、後は焼くだけです。簡単にできておしゃれなバーベキューを楽しめます。

Thumb海鮮バーベキューのおすすめ食材11選!下ごしらえや焼き方のテクニックは?
いつもとは少し違ったバーベキューを楽しみたい時は、海鮮バーベキューがおすすめです。イカやエビ...
Thumbバーベキューへの差し入れのおすすめは?子供にも喜ばれるスイーツなど11選!
バーベキューに誘われた時に皆さんは何を差し入れとして持って行きますか。実際に何を差し入れにす...

バーベキューのおすすめ食材をそろえて思いっきり楽しもう!

バーベキューにおすすめの食材をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。おすすめの食材には定番の食材から、ちょっと変わった食材まで、美味しくいただけるものがたくさんあることがわかります。

色々アレンジしていただける食材やバーベキューならではの豪快な料理なども魅力です。食材の目安の量などもご紹介しましたので、ぜひ、バーベキューのおすすめの食材を揃えて思いっきり楽しむのはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ