室内用テントおすすめ11選!おしゃれなアイテムはインテリアにもピッタリ!

部屋のなかでアウトドア気分を楽しめる室内用テントは、防寒対策や在宅ワークにも役立つことをご存じでしょうか。今回は、室内用テントのおすすめ商品を11商品に厳選して紹介します。インテリアにもぴったりのおしゃれアイテムも登場しますので、参考にしてみましょう。

室内用テントおすすめ11選!おしゃれなアイテムはインテリアにもピッタリ!のイメージ

目次

  1. 1寒い冬には室内テント生活がおすすめ
  2. 2室内テントの魅力を徹底解説!
  3. 3室内テント生活のメリット
  4. 4おすすめの室内テントを11選ご紹介
  5. 5暖房いらずの室内用おすすめ防寒テント4選
  6. 6在宅ワークにおすすめの室内テント3選
  7. 7子供用のおしゃれ室内テント4選
  8. 8快適な室内テント生活を始めよう

寒い冬には室内テント生活がおすすめ

アウトドアの需要が増えるなか、急速に人気を集めているのが室内用テントです。”室内用テント”と聞くと違和感のある人も多いかも知れませんが、室内でアウトドア気分が楽しめることから急速に普及しています。

室内用テントは人気の上昇に伴い進化を遂げており、アウトドア気分が楽しめること以外にもさまざまなメリットが得られるようになってきています。

室内テントの魅力を徹底解説!

今回の記事では、室内テント生活を続けることのメリットをはじめ、おすすめの室内テントを11商品に厳選して紹介します。

室内用テントは、アウトドア好きに興味がなくても「インテリアが好き」「光熱費の節約がしたい」「部屋の乾燥が気になる」という人に十分おすすめできる優れものです。

なお、記事のなかで紹介する室内用テントの性能・サイズ・参考価格などは2021年9月時点の情報となるため、時期によって内容が異なる可能性があります。

室内テント生活のメリット

おすすめの室内用テント11選をご案内する前に、室内用テントの需要が高まっている理由について見ていきましょう。室内テント生活には、おうちでアウトドア気分が楽しめるだけでなくさまざまなメリットがあります。

代表的なメリットは、次に紹介する3つです。そのメリットとは「寝ている間の乾燥対策」「暖房代の節約」「おしゃれなインテリア」ですが、それぞれどのようなことなのでしょうか。

寝ている間の乾燥対策

室内テント生活で得られるメリットの1つ目は、寝ている間の乾燥対策になるというものです。室内用テントで寝ることは、じつはとても効率的です。室内用テントで寝ていると自然とテント内に湿度がこもるようになるため、加湿器要らずの乾燥対策になります。

天然の加湿器ともいえる室内テントは、乾燥肌の人、寝ている間によく喉が渇くという口呼吸しやすい人にもおすすめです。

暖房代の節約

室内テント生活で得られるメリットの2つ目は、暖房代の節約です。人から出る熱気や湿気が自然とこもる室内用テントは、天然の加湿器であると同時に天然の暖房でもあります。

夏にはあまりおすすめしませんが、寒い時期には暖房代や加湿器にかかる光熱費の節約につながります。アウトドアが好きな人にとって、一石二鳥の方法と言えるのではないでしょうか。

おしゃれなインテリア

室内テント生活で得られるメリットの3つ目は、おしゃれなインテリアになるというものです。室内用テントは実際のテントと違い、機能性よりもデザイン性・おしゃれさを重視したモデルが多い傾向にあります。

室内という限られたスペースにテントを置くには、室内を彩るインテリアとしての機能を果たす必要性があるためです。おしゃれな室内用テントを工夫次第して設置すれば、自分の部屋ではないようなおしゃれ空間を演出してくれることでしょう。

おすすめの室内テントを11選ご紹介

ここからは早速、気になるおすすめ室内用テント11選をご案内していきます。ご案内するのは大きく分けて3つのジャンルになります。「暖房いらずの室内用おすすめ防寒テント」「在宅ワークにおすすめの室内テント」「子供用のおしゃれ室内テント」の計3つです。

室内用テントを購入する理由には、アウトドア気分を楽しめるという以外にもさまざまな理由があるとされています。光熱費などの節約や在宅ワーク用として、もしくは子供たちの遊び場として購入するという理由です。

現在室内用テントの購入を考えている人のなかには、以上のような動機で購入を検討しているという人も多いのではないでしょうか。気になるジャンルのおすすめ室内用テントをチェックして、目的にぴったり合ったお気に入りモデルをゲットしましょう。

暖房いらずの室内用おすすめ防寒テント4選

まず紹介する室内用おすすめテントは、暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントになります。紹介する暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントは「タスミ暖房テント ファブリック」「タスミ暖房テント ファブリック シグネチャー」「HARPYE 室内テント」「プライバシーポップ ベッドテント」の計4商品です。

タスミ暖房テント ファブリック

最初に紹介したい暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントは、タスミ暖房テント ファブリックになります。タスミの”暖房テント ファブリック”は、1人から2人用の室内用テントです。

素材にはタスミオリジナルのタスミワームテックス生地を使用しており、防寒対策にぴったりであることがおすすめの理由として挙げられます。

暖房テント ファブリックには保湿や保温効果があり、花粉対策にも有効的な使い方ができるため、寝ている時の花粉症対策にも効果的です。ほどよく隔離された空間を用意することで、家族間の感染症対策などにも有効とされています。

いざという時の就寝時の予防対策を考えている時にもってこいの室内テントと言えるでしょう。そんな暖房テント ファブリックのサイズについては、横210センチメートル、縦120センチメートル、高さ135センチメートルとなっています。

重量については1.8キログラムと軽量タイプとなっているため、持ち運びもらくらくです。保管する時には横65センチメートル、縦10センチメートル、高さ10センチメートルまで収納することができるため、あまりかさばることなく保管できるでしょう。

そんな暖房テント ファブリックですが、特筆すべきは防寒対策機能の高さです。透き間風をブロックする構造となっているため、より効率よく防寒対策ができるのではないでしょうか。防寒昨日が高ければ、その分光熱費などの節約をすることができるようになります。

カラーはおしゃれなグレー、ピンク、ミントの3つをラインナップしており、おうちのインテリアにあったモデルを得らえるのも嬉しいポイントです。そんな暖房テント ファブリックのSサイズの参考価格は7,260円です。

タスミ暖房テント ファブリック シグネチャー

暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントの2つ目に紹介したいのが、タスミ暖房テント ファブリック シグネチャーになります。タスミの”暖房テント ファブリック シグネチャー”は、先ほど紹介した暖房テント ファブリックのハイグレードモデルです。

4ドアタイプのおしゃれ室内用テントとなっており、インテリアに溶け込む高級感のあるデザインが特徴的です。

サイズについては横210センチメートル、縦120センチメートル、高さ135センチメートルと暖房テント ファブリック同様ですが、4ドアタイプとなっていることからさらに解放感が感じれます。

内部に余裕をもって布団を敷けるほか、洗濯機で選択することも乾燥機で乾燥させることもおすすめの理由です。花粉症対策だけでなくハウスダスト対策にも大いに役立つ性能を持っています。

天井部分には便利な収納スペース、タブレットを設置できる専用ポケットも標準装備されているため、まるで「住んでいるかのような」感覚が楽しめるでしょう。そんな暖房テント ファブリック シグネチャーの参考価格は8,646円となります。

HARPYE 室内テント

続いて、HARPYEの室内テントをご案内します。HARPYEの”室内テント”は、1人から2人用の室内テントですが横210センチメートル、縦150センチメートル、高さ145センチメートルという広さが魅力です。

なお保管時のサイズは63センチメートル、2.5センチメートルと非常にコンパクトに、丸形に収納することができます。そのため気軽に収納可能です。

さらなる高い保湿性・保温性を持つ素材を使用していることから、重量については2.4キログラムと今回紹介する室内用テントとしてはやや重めになっています。テント内とテント外の温度差が平均5度ほど高くなっているため、防寒対策に最適です。

そんなHARPYEの室内テントの大きな利点は、自動ワンタッチ設置可能であるという点です。洗濯機で丸洗いできることも魅力的ではないでしょうか。

3ドアの室内テントということからも、解放感を味わうのにぴったりです。ピング、ミントの2つのカラーが用意されたHARPYEの室内テントの参考価格は8,500円となります。

プライバシーポップ ベッドテント

暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントの最後に紹介したいのは、プライバシーポップ ベッドテントになります。プライバシーポップの”ベッドテント”は、その名の通りベッドとテントを融合したモデルとなっています。

素早く設営・撤収作業ができる構造となっていることから、「持ち運びのできるベッド」というイメージで使うことができるでしょう。

眠りの質の向上に特化したモデルということもできる室内用テントとなっており、通気性が高く呼吸がらくにできるメッシュを両サイドに配置しています。これにより、光を簡単にシャットアウトできれば、取り入れることもできます。

ベッド型のテントであるにもかかわらず高さが134.6センチメートルと高めになっており、横139.7センチメートル、縦198.1cmセンチメートルと非常に広々しています。ただしツインベッドにも対応できる耐久性を併せ持ちます。

その分2.7キログラムとやや重めですが、持ち運べるベッドと考えると決して重量感のあるタイプではありません。カラーがシックでおしゃれなブラックのみの用意となり、参考価格は38,631円です。

在宅ワークにおすすめの室内テント3選

暖房いらずの室内用おすすめ防寒テントに続き、在宅ワークにおすすめの室内テントをご案内していきましょう。

在宅ワークにおすすめの室内テントでおすすめしたいのは「バウヒュッテ ぼっちてんと BBT1-130-BK」「サングッド  シングルテント」「サンワダイレクト プライバシーテント」の計3商品となります。

バウヒュッテ ぼっちてんと BBT1-130-BK

最初に紹介したい在宅ワークにおすすめの室内テントは、バウヒュッテ ぼっちてんと BBT1-130-BKになります。バウヒュッテの”ぼっちてんと BBT1-130-BK”は、在宅ワークだけでなくゲームに集中したい時にも最適な室内用テントとなっています。

サイズについては幅130センチメートル、奥行130センチメートル、高さ150センチメートルとなっており、自宅で集中的に作業をしたい時にぴったりの広さとなっています。

ポップアップ式のため簡単設置。コンパクト収納が可能のため、作業以外の時は別の場所にらくらく収納できます。遮光性の高さ、暗室化の機能、エントランスが付く上に天井全開可能なため、息苦しさからも開放してくれます。

もともとゲームに集中できる環境を生み出すため開発されたため、集中的に仕事を勧めたい在宅ワークにもぴったりです。そんなぼっちてんと BBT1-130-BKの参考価格は10,161円です。

サングッド シングルテント

在宅ワークにおすすめの室内テントといえば、大人気のサングッド シングルテントの存在も欠かせません。サングッドの”シングルテント”は、インテリアとして楽しむというより実用性重視の室内用テントと言っていいでしょう。

アウトドア、そして防災にも使える本格仕様でありながら、参考価格5,120円という安さが大人気となっているポイントです。縦置き・横置き可能で、ゲームや在宅ワークをするためにデスクやチェアを入れるスペースも十分に確保してくれます。

サイズについては215センチメートル、90センチメートル、90センチメートル、収納時のサイズは65センチメートル、65センチメートル、4センチと比較的コンパクトです。

重量についても2.15キログラムとなっていることから、持ち運びも決して難しくありません。女性や子供でもらくらく移動できるでしょう。

サンワダイレクト プライバシーテント

在宅ワークにぴったりということでメディアに取り上げられ、人気となったサンワダイレクト プライバシーテントをご案内します。サンワダイレクトの”プライバシーテント”は、社交性に優れた空間をあっという間に作り出せる優れものです。

収納して簡単に持ち運びのできる専用バッグ付きのため、在宅ワーク後も邪魔になりません。開閉のしやすさもポイントとなっており、空気の入れ替えはもちろん光を取り入れたり、社交性を高めて集中するなどさまざまな使い方ができるでしょう。

機能性・コスパ重視のモデルとなっていることから、インテリアとして楽しむ室内用テントではありませんが、在宅ワークの強い味方となってくれること間違いなしです。

使用時のサイズは幅110センチメートル、奥行110センチメートル、高さ150センチメートルと充分です。

重量が約2.5キログラムとなりますが、専用バッグ付きのためさらに軽量に感じられるのではないでしょうか。そんなサンワダイレクトのプライバシーテントの参考価格は7,255円です。

子供用のおしゃれ室内テント4選

ここからは、子供用のおしゃれ室内テントを見ていきましょう。紹介する子供用のおしゃれ室内テントは「ODOLAND 子供テント」「Floving キッズテント」「INKARO 子供テント」「FoFxly ティピー テントハウス」の計4商品です。どれもインテリアとして楽しめるおしゃれな室内用テントばかりとなっています。

ODOLAND 子供テント

最初に紹介する子供用のおしゃれ室内テントは、ODOLAND 子供テントになります。ODOLANDの”子供テント”は、特に女の子向けの子供用のおしゃれ室内テントと言っていいでしょう。

子供部屋にぴったりのデザインと可愛らしいピンクのカラーが、インテリアとしても部屋を彩ります。すべてのカーテンを上から閉めることができるプリンセス城のデザインとなっていますが、通気性は良く安全性はばっちりです。

柔軟でありながら丈夫な素材で構成されているため、繰り返し設営・収納しても生地が痛む心配がほとんどありません。サイズについては直径100センチメートルの円型となっており、高さについては140センチメートルです。

折りたたみ時は直径48センチメートル×40センチメートル、高さ3.5センチメートルにまでコンパクトになるため、持ち運びもらくらくです。

防寒機能はあまり期待せず、また6以上の子供におすすめしたい室内テントと言えるでしょう。そんなODOLANDの子供テントの参考価格は3,699円です。

Floving キッズテント

続いておすすめしたい子供用のおしゃれ室内テントは、Floving キッズテントになります。Flovingの”キッズテント”は、まるで秘密基地のようなワクワク感が味わえる子供用のおしゃれ室内テントとなっています。

軽量でシンプルな設計となっているため、子供が自由な発想で遊べることが魅力です。おままごと、知育玩具を楽しむ場所としても良し、ボールを敷き詰めてボールプールのようにして楽しむこともできます。

洗いやすく怪我をしにくい設計となっているため、テント内でも大いに遊んでくれるのではないでしょうか。そんなFlovingのキッズテントのサイズは幅100センチメートル、奥行70センチメートル、高さ110センチメートルです。

コンパクトに収納できるうえに900グラムと超軽量なことから、子供でも簡単に片づけることができるでしょう。白と黒の可愛いデザインはおうちの景観を損なわないほどおしゃれなため、インテリアとしても邪魔になりません。

防寒機能はそこまで期待できないので、子供がそのまま寝てしまわないように注意しましょう。そんなFloving キッズテントの参考価格は2,570円です。

INKARO 子供テント

INKARO 子供テントも子供用のおしゃれ室内テントの1つと言っていいでしょう。INKAROの”子供テント”は、まるでおしゃれなスイーツショップのようなデザインの子供用のおしゃれ室内テントとなっています。

ピンク色のテントにはドーナツ、カップケーキにケーキなどが描かれており、女の子にぴったりのデザインです。カーテンを閉めればスイーツショップそのものの気分を味わえるのではないでしょうか。

おままごとが好きな女の子にぴったりの室内用テントと言えるでしょう。子供部屋に設置すればおしゃれなインテリアとして楽しむこともできるデザイン性・クオリティの高さとなっています。

秘密基地のようなワクワク感も味わえることから、活発な女の子へのプレゼントにいかがでしょうか。そんなINKAROの子供テントのサイズ幅110センチメートル、奥行70センチメートル、高さ100センチメートルです。

防寒機能はあまり期待できないためそのまま寝ることはおすすめしませんが、寝る以外のシーンなら絵本を読む、休憩、おままごと、かくれんぼなど、どんなシーンで使用しても安心です。

人気商品のため相場価格が変動しやすい商品となっていますので、気になる人はオンライン上で探すと良いかもしれません。

FoFxly ティピー テントハウス

今回の記事の最後のご案内するのは、FoFxly ティピー テントハウスとなります。FoFxlyの”ティピー テントハウス”は、子供用の室内テントとは思えないおしゃれなデザインで人気のモデルです。

おうちの景観を損なわないことから、子供部屋以外の場所に設営してもインテリアとして楽しめるのではないでしょうか。

傘のようにサッと折りたたみ収納できるので邪魔になることもなく、来客の時や掃除の時に簡単にしまえるのもティピー テントハウスの魅力と言えるでしょう。

おうちでかくれんぼ、読書、そして秘密基地のワクワク感を楽しむのに最適な空間を子供にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。100%綿ズックとマツ木ドッキング棒を使用しているため自然な温かみがあるため、多少の防寒機能もあります。

木製ですが角を落とした怪我防止設計となっているため、もちろん安心して遊ばせることができます。

サイズについては幅120センチメートル、奥行120センチメートル、高さ160センチメートルとなっており、子供用の室内テントとしてはかなり大きな設計です。2歳からの子供におすすめのFoFxlyのティピー テントハウスの参考価格は4,299円です。

快適な室内テント生活を始めよう

話題の室内用テントには、防寒対策機能や在宅ワークにぴったりのモデル、子供の遊びの場にぴったりの商品などがあることがわかりました。

今回の記事でご案内した11つの室内用テントを参考に、快適な室内テント生活を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ