ニトリのスキレットはコスパ最高でキャンプにも使える!サイズやお手入れ方法は?

皆さんは、スキレットという調理器具をご存知でしょうか。スキレットは鋳鉄製のフライパンで、ニトリではキャンプなどのアウトドアで人気のスキレットが購入できます。ニトリでおすすめなスキレットをサイズやサビなどに対するお手入れとともにご紹介します。

ニトリのスキレットはコスパ最高でキャンプにも使える!サイズやお手入れ方法は?のイメージ

目次

  1. 1初めてのスキレットにニトリ製品がおすすめ
  2. 2良いスキレットの選び方
  3. 3ニトリのスキレットのおすすめポイント
  4. 4ニトリのスキレットの人気商品
  5. 5【ネット限定】ニトリのネットおすすめスキレット
  6. 6ニトリのスキレットのお手入れ方法
  7. 7ニトリ以外でキャンプにおすすめなスキレット
  8. 8ニトリのスキレットで料理をしてみよう

初めてのスキレットにニトリ製品がおすすめ

ニトリは、リーズナブルな家具などのインテリアが人気のお店で、家具だけでなく、調理器具や食器なども販売しています。そんなニトリで、キャンプなどのアウトドアで人気のスキレットも購入することができます。

ニトリのスキレットは、、リーズナブルということもあり、キャンプなどのアウトドアで初めて使うスキレットとしておすすめです。スキレットは、価格などもピンからキリなので、バランスの良いニトリのスキレットは人気があります。

スキレットは、しっかりと手入れをしなければ、サビなどが発生しやすいです。スキレットをサビから守るメンテナンスも知っておくと、ニトリのスキレットも長持ちします。ニトリでキャンプなどのアウトドアで人気のスキレットとサビから守るメンテナンス方法をご紹介します。

良いスキレットの選び方

ここでは、良いスキレットの選び方についてご紹介しましょう。スキレットを選ぶ際には、基本的な事項について理解をしておくと良いでしょう。ニトリのスキレットを選ぶ際にも、他のスキレットと比較検討することもできます。

良いスキレットを選ぶには、まずは、料理が美味しく仕上がるかという点です。もうひとつは、熱ムラがどれほどなのか、さらには、料理ができあがってからの保温性についてです。料理の美味しさですが、スキレットの熱伝導率が良いかどうかで決まります。

熱ムラがあるかどうかも美味しい料理ができるのどうかに関わってきます。保温性能が高いと、料理をするにも段取りが整えやすいということがあります。特に、キャンプなどのアウトドアですと、この保温性能は気になるところです。

スキレットの選び方ですが、どんな料理を作るのかによって、大きさや深さを選びます。ひとりキャンプなのか、それともファミリーでのキャンプなのかによってもこの大きさは変わります。

キャンプなどのアウトドアでは、極力、保温性能が優れた料理が冷めにくいスキレットを選びましょう。鋳鉄製のものを選んでおけば問題はありません。この点、ニトリのスキレットは鋳鉄製になります。

その他には、煮込み料理には蓋があると便利ですし、取っ手の長さも15センチ以上あると使いやすいです。さらに、使う熱源に対応したスキレットかどうかのチェックも必要です。

スキレットをキャンプで使うメリット

ここでは、スキレットをキャンプなどのアウトドアで使うメリットについてお話しをしておきましょう。なんと言っても、鋳鉄製の真っ黒なスキレットは、無骨ですが、なんともキャンプなどのアウトドアにぴったりでおしゃれです。

スキレットには、15センチほどのひとりキャンプにもおすすめな大きさのスキレットがあります。ひとり分の料理をサクッと作る際にも重宝します。また、鋳鉄製ということで、熱伝導率もよく、料理も美味しく出来上がります。

キャンプなどのアウトドアでステーキなどを焼くには、なくてはならないアイテムのひとつではないでしょうか。また、アヒージョなどのおしゃれグルメを簡単に作ることもできて、出来上がったらそのままテーブルに置いても様になります。

ニトリのスキレットのおすすめポイント

ここでは、ニトリのスキレットのおすすめポイントについていくつかご紹介しましょう。ニトリのスキレットはとにかくリーズナブルということが人気の秘密でもあります。スキレットは、ピンからキリまでありますが、ニトリのスキレットは格安です。

ニトリのスキレットのおすすめポイントとして、サイズが色々と揃っているということです。また、蓋付きなどのスキレットもあり、種類も豊富です。また、リーズナブルということもありますが、キャンプなどのアウトドアにおすすめです。

リーズナブルということで、何種類かのスキレットを用意することができるので、料理の幅も広がります。それでは、ニトリのスキレットのおすすめポイントをひとつひとつ解説していきましょう。

19cmサイズが格安で手に入る

ニトリのスキレットは、19センチサイズでもリーズナブルということでおすすめです。さらには、ひとり用の料理にもおすすめなサイズ15センチもあるので、ひとりキャンパーにも人気があります。

ニトリのスキレットは、リーズナブルではありますが、保温性能も高いということで、キャンプ飯を作るにも使い勝手の良いスキレットになります。そして、何よりもシンプルでおしゃれです。

ニトリのスキレットは、金額もこの金額でいいのだろうかと不思議になるくらいリーズナブルでおすすめです。リーズナブルなスキレットですが、美味しい料理ができてしまうスグレモノです。

キャンプ用アウトドアとしても優秀

ニトリのスキレットは、キャンプなどのアウトドアのために開発したのではないかと思うほど、サイズ感も使用感もしっくりくるスキレットで人気があります。キャンプなどのアウトドアに必要な保温性能にも優れています。

キャンプなどのアウトドアでは、やはり、耐久性というのも大切になりますが、鋳鉄ということでその点も心配いりません。

ニトリのスキレットは、キャンプなどのアウトドアで利用できるように、ガス火にも対応しているので、キャンプ飯を作るにもおすすめです。

ニトリのスキレットの人気商品

ここからは、ニトリのスキレットの人気商品をいくつかご紹介しましょう。ニトリのスキレットには、様々なサイズや種類のスキレットが用意されているので、どんなキャンプ飯にもおすすめです。

蓋付きのスキレットもあるので、焼くにも煮るにも便利なのが、ニトリのスキレットになります。ニトリのスキレットの人気商品からおすすめのサイズや蓋付きなどのスキレットをご紹介します。

スキレット鍋 19cm

「スキレット鍋19cm」は、自宅でもキャンプでも利用しやすい大きさということで人気があります。鋳鉄ということで、ガズ火でもIH調理器でも利用することができるのでおすすめです。

19センチのスキレット鍋は、キャンプではファミリーキャンプにおすすめなスキレットになります。サイズですが、幅が29.5センチで奥行きが19.7センチ、高さが4.3センチです。底面は直径16センチになります。

ニトリの保温性に優れたスキレットで、自宅での料理もキャンプでの料理にもぴったりなスキレットでおすすめです。価格はニトリ公式サイトで税込749円です。重量は1.33グラムになります。

スキレット鍋 15cm

「スキレット鍋15cm」は、19センチのものと同じ素材の鋳鉄のスキレットになります。価格はなんと税込499円とかなりリーズナブルでおすすめです。この15センチのスキレットは、ひとりキャンプにもぴったりなサイズ感です。

ひとりキャンプのテーブルにぴったりな大きさでおすすめです。サイズは幅が25.5センチで、奥行きが15.7センチ、高さが3.3センチです。重量は0.72キロになります。

ニトリのスキレットは、どの商品も保証年数は1年間となっています。宅配で送っていただくことも店舗で受け取ることもできます。

スキレットグリルパン用 蓋(16cm)

スキレットグリルパン用 蓋(16cm)は、グリル料理もできるスキレットで、キャンプでも活躍してくれるスキレットで人気があります。同じ形状のものをかぶせて使うので、片方でスキレットとして使うこともできます。

サイズですが幅が24センチで、奥行きが18センチ、高さが2センチです。重さは0.14キロです。素材は鉄になります。保証期間も同じく1年間です。

スキレットグリルパン用 蓋(16cm)の価格は、税込で407円とリーズナブルでおすすめです。口コミレビューを見てみると、ほとんどの方が満足しているようです。

【ネット限定】ニトリのネットおすすめスキレット

ニトリには、公式サイトが開設されています。公式サイトでは、様々な種類の商品が掲載されています。もちろん、オンラインでのショッピングも楽しむことができるのでおすすめです。

公式サイトでは、スキレットも販売されていて、ネット限定のスキレットもあります。ネット限定ということもあり、店頭では購入することができないため人気があります。

フタ付きスキレット鍋(16cm K)

フタ付きスキレット鍋(16cm K)は、鋳鉄素材のスキレットに蓋がついた人気のスキレットです。サイズは25.5センチで奥行きが17センチ、高さが7.2センチです。重量は1.42キロです。

蓋をするとオーブンとしての機能もあることから、料理の幅もグッと広がるのでおすすめです。キャンプなどのアウトドアでもあると便利な調理器具です。

価格は、税込1190円です。蓋があることで、さらに、保温性も高まるのでおすすめです。IH調理器具も利用可能です。電子レンジでの利用はNGです。

ニトリのスキレットのお手入れ方法

ここでは、ニトリのスキレットを使う上で、お手入れ方法について解説をしていきましょう。ニトリのスキレットは、購入した状態のままですと、サビ止めの油が塗られているのでそのままで使わずに、食器用洗剤でしっかりと洗いましょう。

ニトリのスキレットを購入して初めて使う場合には、シーズニングをする必要があります。このシーズニングの仕方とともに手入れ方法をご紹介しましょう。

初めて使う前はシーズニングをする

ニトリのスキレットを初めて使う際には大切なことがあります。ニトリのスキレットを初めて使う前はシーズニングをする必要があります。シーズニングは何のためにやるかといいますと、鋳鉄であるスキレットがサビないようにするためです。

鋳鉄の素材は、初めて使う際にシーズニングをしないと、のちのち、サビの原因にもなるので、必ず、シーズニングをしましょう。シーズニングという言葉を初めて聞いたという方のために、シーズニングについてご紹介します。

シーズニングは、アルミニウムや鋳鉄などが焦げたり、焦げができても取りやすくするために行うものです。また、鋳鉄製品というのは錆びるのでそのサビ予防でもあります。

シーズニングの方法ですが、まずは、しっかりと洗剤で洗いましょう。ガスコンロで空焚きして、水分を飛ばしてからオリーブオイルを内側や外側に塗って加熱します。これを2回から3回行ってください。

サビ予防には毎回のお手入れが肝心

このシーズニングの作業ですが、一度やればいいという性質のものではありません。皮膜も使っていくうちに取れていきます。ですので、定期的なシーズニングがサビ予防には必要になります。

もし、サビを発見した場合には、なるべく早めに、ヤスリなどでサビを削りとってください。そうして、再度、サビ予防のシーズニングを施しましょう。

ニトリ以外でキャンプにおすすめなスキレット

最後に、ニトリ以外でキャンプにおすすめなスキレットをいくつかご紹介しましょう。ニトリは、とてもリーズナブルで最高のスキレットですが、その他にも、アウトドアブランドなどのおすすめなスキレットがあるのでご紹介します。

キャンプにおすすめなスキレットには、100均ショップのダイソーも発売しています。また、キャプテンスタッグやコールマンジャパンなどのアウトドアブランドも人気です。

ダイソー

ダイソーは、100均ショップの中でも、商品数も多く人気のある100均ショップです。そのダイソーにも、スキレットが販売されています。ダイソーでは、SサイズとMサイズの2種類のスキレットが売られています。

スキレットSは税込220円で、スキレットMは税込330円とかなり安いスキレットになります。どちらもサイズは小さめなので、ひとりキャンプ用におすすめなスキレットになります。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグは、パール金属株式会社というフライパンで有名な会社が運営するアウトドアブランドで、スキレットも販売しています。

キャプテンスタッグのスキレットは、スキレット(ミニ)が税込1320円で、大きめのスキレットまで販売されています。ファミリーにはおすすめなスキレットもあります。

コールマンジャパン

コールマンジャパンは、キャンパー誰もがその名を知っているほどの人気アウトドアブランドです。本格的なキャンパーのためのスキレットが販売されています。

コールマンジャパンのスキレットは、ザイズも幅が41.5センチで、奥行きが27.5センチ、高さが10センチにもなる大きなスキレットです。材質は鋳鉄で重さは4.4キロあります。シーズニング不要のスキレットでもあります。価格は税込6980円になります。

ThumbダイソーのスキレットはIHやオーブンで使えて大人気!サイズやお手入れ方法は?
100円ショップのダイソーで販売されていて便利だということで人気を集めている、「スキレット」...

ニトリのスキレットで料理をしてみよう

ニトリで、キャンプなどのアウトドアで大人気のスキレットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ニトリのスキレットは、リーズナブルではありますが、保温性にも優れていておすすめです。

ニトリのスキレットは、蓋付きのタイプもあるので、料理の幅も広がりおすすめの調理器具です。まだ、スキレットを使ったことのない方は、キャンプでニトリのスキレットを使ってみてはいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ