プリンは冷凍保存できる?解凍方法や賞味期限・美味しい食べ方まで徹底調査!

冷蔵保存のイメージが強いプリンですが、冷凍保存できることをご存じでしょうか。今回はプリンの解凍方法や賞味期限・美味しい食べ方を中心に、冷凍プリンの魅力を徹底調査します。じつはプリンは冷凍保存に向いており、アレンジ次第でさまざまな楽しみ方ができます。

プリンは冷凍保存できる?解凍方法や賞味期限・美味しい食べ方まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1プリンを冷凍すると美味しいらしい
  2. 2プリンの冷凍保存を徹底調査!
  3. 3プリンのおすすめ冷凍保存方法とは?
  4. 4プリンを冷凍する場合の注意点
  5. 5冷凍するのにおすすめのプリン
  6. 6プリン以外に冷凍できるものは?
  7. 7冷凍プリンの人気アレンジ
  8. 8ひんやりスイーツ冷凍プリンを食べよう

プリンを冷凍すると美味しいらしい

プリンは通常、冷蔵コーナーで販売されており、食べる時も冷蔵保存した状態のプリンを食べることが一般的です。

しかし、一部の人々の間で「プリンを冷凍すると美味しいらしい」と話題を呼んでいることをご存じでしょうか。プリンは冷凍することができる食べ物です。

冷凍できるだけでなくプリンは冷凍保存に向いており、食べ方によってとても美味しいためおすすめです。

プリンの冷凍保存を徹底調査!

今回の記事では、プリンの冷凍保存に関する情報を詳しく解説します。プリンを冷凍する場合の注意点、冷凍するのにおすすめなプリンの種類、冷凍プリンの人気アレンジレシピも公開します。さらに、プリン以外で冷凍できる意外で身近な人気スイーツもご案内します。

多くのスイーツと違い、プリンは簡単に冷凍保存することのできる人気スイーツです。「プリンが好き!」「プリンのおすすめの保存・解凍方法が知りたい!」という人は早速チェックしてみましょう。

プリンのおすすめ冷凍保存方法とは?

最初に紹介したいのは、プリンのおすすめ冷凍保存方法です。プリンは冷凍保存することができる食べ物ですが、もちろん冷蔵保存がもっとも定番人気と言っていい食べ物でもあります。冷蔵保存する時は、もちろん買ってきたプリンをそのまま冷蔵庫に入れるだけです。

では、プリンを冷凍保存したいときはどのような方法で冷凍保存できるのでしょうか。じつはプリンの冷凍方法はとても簡単で、冷蔵するプリン同様買ってきたプリンをそのまま冷凍庫に入れるだけです。

ただし、これはスーパーマーケットやコンビニで売られているプリンの話に限ります。手作りプリンの場合、プリンの荒熱を十分に冷ましてからラップなどで密封状態にし、冷凍庫に入れる必要があります。

空気に触れるとプリンの味の劣化が早まるだけでなく、冷凍庫の臭い移りの原因にもなります。また均一に凍らなくなり一部が水っぽくなるなどの現象が起こる可能性があります。そのため手作りのプリンを冷凍する時はラップなどで密封状態にすることが欠かせません。

またスイーツショップなどで購入したおしゃれな瓶入りのプリンなども、冷凍保存には注意しましょう。瓶入りのプリンも冷凍保存できることに変わりありませんが、瓶のまま冷凍庫に入れてしまうと瓶が割れてしまう恐れがあります。

瓶入りのプリンを冷凍する時は手作りプリンの時と同様、ラップなどで密封状態にしてから冷凍庫に入れるようにしましょう。以上の保存方法を参考に、プリンを冷凍保存してみましょう。プリンを冷凍する時には、いくつかのメリットと注意点があります。

プリンを冷凍する場合の注意点

プリンの冷凍保存方法がわかったところで、プリンを冷凍する場合の注意点を確認しておきましょう。プリンは冷凍することができる食べ物ですが、冷凍する時にいくつかの注意点があります。その注意点は、次に挙げる3つのポイントに集約することができます。

その3つの注意点とは「冷凍したプリンの賞味期限を知ること」「原材料によっては冷凍可能であること」「冷凍プリンは半解凍にして食べること」です。それぞれどのような意味なのか、詳しく見ていきましょう。

冷凍したプリンの賞味期限

1つ目のプリンを冷凍する場合の注意点は、冷凍したプリンの賞味期限を知ることです。冷凍に向く食べ物の多くが、正しく冷凍すると6ヵ月から1年ほど冷凍保存可能であるのに対し、冷凍保存したプリンを美味しく食べることのできる期間はそこまで長くありません。

賞味期限を過ぎてももちろん安心して長期間保存することはできるのですが、プリンに関しては「味がどんどん落ちていく」という点に注意が必要です。

一部の人々の間では「冷凍したプリンは味の劣化が早い」ということが知られています。冷凍したプリンはできるだけ早く食べ切ることがおすすめです。

原材料によっては冷凍可能

2つ目のプリンを冷凍する場合の注意点は、原材料によっては冷凍可能であるということです。スーパーマーケットやコンビニなどで売られているお得なプリンはほとんどが冷凍保存に向いています。これは、それらのプリンの多くがたまごの使用率が低いことに関係しています。

たまごは冷凍保存に適さない食べ物です。もちろん食べること自体はできるのですが、冷凍すると味が悪くなってしまうことが多いのです。たまごをたっぷり使用した高級スイーツ店のプリンなどを冷凍保存すると、大きく味が劣化する可能性があります。

プリンを冷凍する時はスーパーマーケットやコンビニのたまごの使用率が低いプリン、もしくはたまご不使用のプリンを使いと良いでしょう。

冷凍プリンは半解凍にして食べる

3つ目のプリンを冷凍する場合の注意点は、冷凍プリンは半解凍にして食べるということです。一度冷凍したプリンは完全に解凍せず、半解凍の状態で食べることが定番人気です。

冷蔵庫で自然解凍して味わうこともできますが、味の劣化の速い冷凍プリンを自然解凍したのでは、冷凍保存した意味があまりありません。せっかくプリンを冷凍したのなら、シャーベットのような状態のプリンを味わってみてはいかがでしょうか。

スーパーマーケットやコンビニで購入したお得なプリンが、いままでに味わったことのないスイーツに早変わりです。半解凍したシャーベット状態のプリンは、特に夏などの暑い時期におすすめのスイーツと言えるでしょう。

冷凍するのにおすすめのプリン

冷凍するプリンには向き・不向きがあることがわかったところで、冷凍するのにおすすめのプリンの種類について見ていきます。

冷凍するのにおすすめのプリンには定番人気とされる種類があり、次の3つがおすすめです。その3つのプリントは「なめらかプリン」「カスタードプリン」「ふんわりホイップ」になります。

なめらかプリン

1つ目の冷凍するのにおすすめのプリンは、なめらかプリンになります。メイトーの”なめらかプリン”は、そのまま食べても美味しいことで知られる定番人気商品ですが、冷凍保存にとても適したプリンでもあります。

冷凍したプリンの魅力はまるでシャーベットのような食感にありますが、なめらかプリンはシャーベットのような食感というより、まるでかき氷のようなシャキシャキ食感を楽しむことができるのです。

3時間ほど凍らせるだけで、どのプリンを冷凍したときとも異なる味わいが楽しめるのが魅力です。7時間ほど冷凍すれば、高級感のあるアイスクリームのような味わいが楽しめるため、興味のある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

カスタードプリン

2つ目の冷凍するのにおすすめのプリンは、カスタードプリンです。冷凍した”カスタードプリン”は、どのメーカーでもほぼ安定した美味しさが楽しめるため定番人気と言っていいでしょう。

ただし、カスタードプリンで冷凍プリンを楽しむ時は、先ほどもご案内した通りたまごの使用率ができるだけ低いプリンを選ぶことが大切です。

もちろんたまごの使用率が高いプリンでも食べることはできますが、より美味しく冷凍カスタードプリンを食べるためにはたまごの使用率が低い商品を選ぶことがおすすめです。

スーパーマーケットやコンビニで手に入る安いプリンの方が美味しくできるというのが、冷凍プリンの醍醐味でもあります。できるだけたまごの使用率の低いカスタードプリンを冷凍保存してみましょう。

ふんわりホイップ

3つ目の冷凍するのにおすすめのプリンは、ふんわりホイップになります。森永乳業の定番人気商品”ふんわりホイップ”は、冷蔵保存して食べるより冷凍保存して食べる方がおすすめです。

ゼラチンで固めたコストパフォーマンスの高い商品であること、たまご不使用なことが冷凍プリンに適しており、安定した美味しさのシャーベット状プリンを堪能することができるでしょう。作り方はもちろん、冷凍庫に凍らせておくだけです。

食べる2時間前くらいに冷蔵庫に移しておけば、シャーベット状の絶品冷凍ふんわりホイップが完成します。高級感すら感じられる冷凍ふんわりホイップを気軽に味わってみましょう。

プリン以外に冷凍できるものは?

ここまでは、プリンの冷凍方法や美味しい解凍方法を中心に冷凍プリンを紹介してきましたが、じつは身近なスイーツのなかにプリンに負けないような冷凍に適したスイーツがあります。そのスイーツとは、ヨーグルトやコーヒーゼリーです。

なぜヨーグルトやコーヒーゼリーがおすすめなのか、ここでは冷凍したヨーグルトやコーヒーゼリーの魅力を簡単に紹介します。

ヨーグルトやコーヒーゼリーもおすすめ

冷凍プリンに次ぐ美味しい冷凍スイーツに、ヨーグルトやコーヒーゼリーがあります。賞味期限の身近いイメージのヨーグルトですが、じつは冷凍保存することで約1ヵ月ほど美味しく食べることができるようになります。

解凍方法もごく単純で、常温もしくは冷蔵庫で自然解凍するだけです。プリンと同じで長期間冷凍したままだと味が劣化します。もしヨーグルトを長時間冷凍してしまった場合、料理などに使用すると良いでしょう。

コーヒーゼリーもプリン同様、ゼラチンが冷凍保存に適していることから極上のスイーツに早変わりします。「たくさんコーヒーゼリーが余ってしまった!」「いつもとは違うコーヒーゼリーを味わいたい!」という人は一度試してみてはいかがでしょうか。

もちろんゼリーであればコーヒー味以外、例えばリンゴやミカン、ブドウなどさまざまなフレーバーで美味しく食べることができます。

冷凍プリンの人気アレンジ

今回の記事の最後に、冷凍プリンの人気アレンジレシピをご案内します。賞味期限内ならそのまま食べても十分美味しい冷凍プリンですが、工夫次第でさらに美味しく味わうことができるようになります。

ここでは冷凍プリンをさらに美味しく食べられるとっておきのアレンジレシピをご案内します。

「冷凍プリンは食べ飽きてしまった」というコアなファンから、「いままでにない新しいスイーツを簡単に味わいたい」という人まで必見の内容となっていますので、最後までチェックしてみましょう。

紹介する冷凍プリンの人気アレンジレシピは「棒を刺してプリンアイスキャンディー」「カップの中にフレーバーを追加」の2つになります。

棒を刺してプリンアイスキャンディー

1つ目に紹介したい冷凍プリンの人気アレンジレシピは、棒を刺してプリンアイスキャンディーにすることです。

冷凍プリンを作るにはスーパーマーケットやコンビニで購入したプリンをそのまま冷凍庫に入れるだけとご案内しましたが、簡単プリンアイスキャンディーは棒を刺して冷凍することで完成します。

ちょうど良いサイズの棒がなければスプーンなどで代用してももちろん構いません。冷凍庫にプリンを入れる時、棒もしくはスプーンなどをプリンに刺してから冷凍保存するだけで、簡単に作れることがこのレシピの醍醐味です。

ただし、すでにお気づきの人も多いと思いますが、このレシピを試す時にはラップを使う必要があります。理由はもちろん、プリンを一度開封しなければならないためです。手作りプリンもしくは瓶入りのプリンの時と同様、空気に触れた状態のプリンは味が落ちます。

棒やスプーンをプリンに刺す時には、ラップなどを使用して密封にしてから冷凍しなければなりません。プリンと棒やスプーンの形を整えたら、できるだけ空気が触れないようにラップから空気を抜きながら冷凍保存しましょう。

たったこれだけで、思わず夏など暑い時期に食べたくなるような絶品プリンアイスキャンディーの完成となります。

カップの中にフレーバーを追加

2つ目に紹介したい冷凍プリンの人気アレンジレシピは、カップの中にフレーバーを追加することです。とても簡単ですが、さらに自分好みの冷凍プリンを楽しめるおすすめの方法になります。

プリンを冷凍庫に入れる前に、一度プリンのふたを開封してお好きなフレーバーをトッピングしてみましょう。

黒蜜、はちみつなどを追加すればよりリッチな味わいの冷凍プリンに、シナモンを入れて少しかき混ぜてちょっと大人な味わいの冷凍プリンを楽しむなど、アレンジ方法は無限です。

もちろん、一度開封してしまったプリンはラップなどで密封状態にすることがポイントです。プリンにお好みのフレーバーを追加して、さらに自分好みの冷凍プリンを味わってみてはいかがでしょうか。

ひんやりスイーツ冷凍プリンを食べよう

プリンは冷凍保存に向いていること、そして通常のプリンとは異なる味わいが楽しめることがわかりました。

プリンを冷凍する時のポイントは、冷凍したプリンの賞味期限に気を付けること、原材料によっては冷凍可能であること、冷凍プリンは半解凍にして食べることが挙げられます。

アレンジ次第では無限の味わい方が楽しめるのも冷凍プリンの大きな魅力です。夏におすすめのひんやりスイーツ冷凍プリンを食べて、これまでにない美味しさを体感してみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ