SOTOのフュージョンは高評価のアウトドアギア!キャンプや登山で大活躍!

SOTOのフュージョンは使い勝手の良いアウトドアギア。キャンプなどのアウトドアシーンで活躍してくれます。風防などの高い機能を備えているのでおすすめです。SOTOのフュージョンの魅力を口コミ評価などと一緒に紹介していくので、参考にしてみてください。

SOTOのフュージョンは高評価のアウトドアギア!キャンプや登山で大活躍!のイメージ

目次

  1. 1キャンプで必須ギア?SOTOのフュージョンとは?
  2. 2SOTOはどんなブランド
  3. 3SOTOのフュージョンが人気の理由
  4. 4SOTOのフュージョンの使い方
  5. 5SOTOのフュージョンを使うシーン
  6. 6SOTOのフュージョンの評価
  7. 7SOTOのフュージョンの購入方法
  8. 8レギュレーターストーブのSOTOのフュージョンを買ってみよう!

キャンプで必須ギア?SOTOのフュージョンとは?

キャンプなどのアウトドア用品には色んな商品があり、快適さが変わってきます。色んな道具を揃えて楽しみたくなるものですが、今注目を集めているのがSOTOで販売しているフュージョンです。レギュレーターストーブで暖を取るのにも最適な商品が揃ってます。

CB缶やOD缶の種類を選択して購入できるので、キャンプなどのアウトドアシーンでは大活躍!今回は、SOTOで人気のフュージョンについて紹介します。レギュレーターストーブとして一体型や分離型が販売されているので、魅力をチェックして活用しましょう。

SOTOはどんなブランド

SOTOのフュージョンを紹介していく前に、SOTOについて簡単に触れていきましょう。SOTOは新富士バーナーが手がけるブランドになります。

キャンプなどのアウトドアシーンで利用する、つまり外で利用するのに快適な商品ということでSOTOという名称になったようです。もともと工業用バーナーなどを手掛けていたこともあり、キャンプ用バーナーとしては強いブランドとなっています。

今回紹介するレギュレーターストーブのフュージョンは、調理を快適にしてくれる点が魅力になります。他にもバーナーとしては色んな種類が販売されています。ファミリーキャンプなどで活用できる2コンロタイプのバーナーなども展開しています。

他にもバーナータイプのランタンも販売しています。虫除けなどに特化しているランタンなども揃っているので、SOTOの商品を利用してガスで統一することも可能です。あくまでも外で利用できるものになっているので、快適さなども工夫がされています。

また、風防などさまざまな状況下で利用できるようにしている商品も多いです。アウトドアを楽しむ方にはファンも多いブランドの一つです。日本のブランドになっているので、購入しやすく利用しやすいのも人気を集めているポイントの一つです。

SOTOのフュージョンが人気の理由

ここからはSOTOのフュージョンについて紹介していきます。SOTOには先述したように色んな人気商品が販売されています。フュージョンもその中の一つになるのですが、レギュレーターストーブのフュージュンは利用者も多いほどの人気商品になります。

ここで紹介していくのは、そんなSOTOのフュージョンの人気の理由についてです。レギュレーターストーブの一体型となっているフュージョンも分離型となっているフュージョンでも、どちらを選択しても同じように人気の理由があるので見ていきましょう。

高い風防といった機能性

SOTOのフュージョンが人気の理由として1点目は、高い風防などの機能性です。外で利用する製品になっているので、風防などの機能はチェックしたい要素の一つです。

せっかく着火しても、風邪の影響で火が消えてしまう場合には風防がしっかりしている商品は安心して利用できるでしょう。SOTOのレギュレーターストーブのフュージュンは、一体型と分離型のどちらでも風防機能がしっかりとしているのでおすすめになります。

風防などの機能がしっかりとしているので、夏場だけでなく秋や冬の時期にも使用することができます。低温にも強く設計されているので、風防機能がしっかりしているレギュレーターストーブのフュージョンは大活躍してくれると言えるでしょう。

もちろん風防だけではなく、強い火力を持っているのもポイントです。環境に左右されない火力を持っているのも風防と同様に人気のポイントです。CB缶は寒さに弱いのが特徴ですが、レギュレーターストーブになっているので補っているのでおすすめになります。

風防など機能性を重視して選択する場合にも、SOTOのレギュレーターストーブのフュージュンはおすすめ。初めて購入するという方にも最適で、迷った時にはチェックする価値があるでしょう。火力も安定しているので、利用してみてはいかがでしょうか。

使い勝手の良さ

SOTOのフュージョンが人気の理由として2点目に挙げられるのは、使い勝手の良さです。優れた性能を持っていても使いづらい商品の場合には購入を避けてしまうでしょう。フュージョンは、調理を快適にしてくれる使い勝手の良さが評価されています。

なんといっても、火力調整ができるのは便利なのでおすすめと言えます。弱火の状態でキープすることも可能なので幅広い調理に利用できます。

もちろんレギュレーターストーブのフュージョンは、カセットコンロほどの細かな火力調整ができるわけではないので購入時には注意してください。ただ、ゴトクがしっかりとしているのもあり、炊飯などを含めキャンプ飯を作るのに利用することができます。

一体型と違ってホースで繋がれている分離型の場合には、ゴトクが低くなっているのでより安定感があります。そのためダッチオーブンが使えるのもおすすめのポイントになります。調理で利用する器具などで選択するのもおすすめの選び方になります。

レギュレーターストーブのフュージュンは、一体型と分離型のどちらの商品でも使い勝手が良いと高い評価を集めています。形状の違いはありますが、どちらのタイプでもコンパクトにまとめられるので持ち運びにも便利なので利用してみてください。

SOTOのフュージョンの使い方

ここまでSOTOのフュージョンの人気の理由について紹介してきましたが、実際に購入する場合には使い方についてもチェックしておきたいポイントでしょう。

SOTOのフュージョンの使い方は、特別難しいわけではありません。初めて利用するという初心者の方でも簡単に使用できるようになっています。手順としては、ゴトクを広げることから始めましょう。後はカセットボンベを取り付けるだけです。

一体型と分離型では取り付ける位置が異なってくるので注意しましょう。一体型の場合にはゴトクの下部に設置箇所があります。分離型の場合にはホースの先に取り付ける場所があります。取り付ける時には、ガス栓が閉じているか確認をしましょう。

カセットボンベを取り付けたら、後は着火するだけです。ガス栓を開いたら点火スイッチを押すだけになるので、誰でも簡単に利用することができるでしょう。点火スイッチを押しても火がつきづらい場合には、ライターなどを利用して着火も可能になっています。

火を消す場合には、ガス栓を閉めるだけになっているのでカセットコンロなどと同様に使いやすい商品になっています。分離型の場合には油の跳ね返りが心配な鉄板なども利用できますし、着火場所と違う場所で火の調整が可能になっています。

SOTOのフュージョンを使うシーン

色んな調理をして楽しめるSOTOのフュージュンですが、アウトドア用品のブランドということもあり活用の幅も広苦なっています。どんなシーンで活用するのかは独自の楽しみ方もありますが、アウトドアで持ち運びに優れているので利用しやすいです。

ここでは、SOTOのフュージョンを利用している方がどのようなシーンで使っているのかを紹介します。どんなスタイルでアウトドアを楽しんでいるのかによっても、便利なアイテムの一つになっているので利用シーンについてもチェックしておくと便利です。

ソロキャンプ

最初に紹介するフュージョンの活用シーンは、キャンプです。キャンプと言っても一人で楽しむソロキャンプで利用している方が多いです。

と言うのも、火力や風防などの機能がしっかりしていてもフュージュンは大人数の調理に適しているわけではありません。予備として利用するには最適ですが、メインとしてはファミリーやグループキャンプでは利用しづらくなっています。

ですが、ソロキャンプは一人分の調理になっているので活用することができるでしょう。鉄板なども小さ目のサイズで利用できるので、幅広く調理を楽しんでソロキャンプを満喫できます。火力があるので、コーヒーなどもすぐに作ることができます。

そして、ソロキャンプでは荷物を減らしたいと考える方も多いです。そんな方にもSOTOのフュージュンは評価されています。コンパクトに収納することができるようになっているだけではなく、軽量に設計されているので持ち運びに便利でおすすめです。

SOTOではパワーガスも販売されていますが、カセットボンベはどこでも購入しやすいのもおすすめのポイントです。キャンプ場に向かう途中などにも購入することができます。ソロキャンプで荷物を減らしたい方にもおすすめなのでチェックしてみてください。

登山

続いて紹介するSOTOのフュージョンの活用シーンは、登山になります。登山でも軽量のフュージョンは持ち運びがしやすいのがポイントです。

コンパクトになるので登山時のリュックの中に入れても邪魔にならないのがポイントで、日帰りの登山でない場合には鍋などの食事をするにも利用できます。レトルトなども簡単に温めることができますし、コーヒーなどを作って楽しむことも可能です。

登山では急な天候の変化などもあるのですが、麓では天気が良くても頂上に近づくと風が強くなってくることもあります。そんな状況でも、SOTOのフュージョンは風防機能などもしっかりとしているので安定して利用できるのでおすすめになります。

寒さに弱いのが欠点となるCB缶でも、レギュレーターストーブになっているので安定して利用できるのもおすすめのポイントになります。キャンプ時に利用する方が多い商品になっていますが、軽量でコンパクトな点や使い勝手から登山でも活躍してくれます。

家族で登山を楽しむ場合などにも活用することができるので、登山用品を購入する場合には一度SOTOのフュージョンをチェックしてみてはいかがでしょうか。登山でも利用している方が多い商品になっているので、登山初心者の方にもおすすめになります。

SOTOのフュージョンの評価

実際にSOTOのフュージュンを購入して利用した方の口コミ評価についても、チェックしていきましょう。SOTOの商品を利用したことがない場合には、利用者の口コミ評価は購入の判断材料にすることができるのでチェックしておくのがおすすめです。

SOTOのフュージョンは、分離型の場合にはボンベ爆発の心配がないと高い評価をしている方が多いです。色んな料理も安心して作れると言われています。

5段階評価でも5を付けている方が多いのが特徴的で、軽量面も持ち運びがしやすいと評価されています。コンパクトサイズになるので、買い替えてよかったとしている方も多いです。全体的に高評価の意見が多いので、口コミからも人気を知ることができます。

SOTOのフュージョンですが、実際に使ってみた意見としては点火スイッチが押しづらいと言う方も見受けられました。また脚が熱くなる点も挙げている方が見受けられますが、こちらはオプションをつけることで対応することができるようになっています。

使い慣れてくると、点火はもちろん準備の段階もスムーズに行うことができるでしょう。火の調整なども使っているうちに慣れてくると言われてます。購入前に全体的にチェックしておくと、良い点も悪い点も総合的にみることができるのでチェックしてみましょう。

SOTOのフュージョンの購入方法

最後になりますが、今回紹介したSOTOのフュージョンの購入方法について紹介していきます。SOTOのフュージョンの購入方法には、店舗と公式通販の2種類があります。「SOTO Premier Dealership」として、全国各地に店舗があります。

店舗によっては販売している商品に違いがあるので、アクセスする店舗別にチェックしておくのがおすすめです。

「SOTO Premier Dealership」は、SOTOの公式サイトで確認することができるようになっています。店舗別に電話番号なども記載されているので、最寄りの店舗に電話でフュージョンが置いてあるかを確認しておくのがおすすめになります。

店舗にアクセスするのが難しい方などにおすすめなのが、SOTOの公式通販を利用して購入するのもおすすめになります。店舗と違って公式通販の場合には、購入者のレビューをその場で確認できるのが一番のポイントになっています。

またSOTOの商品をまとめ買いする場合にも、自宅に届けてくれる公式通販はおすすめ。気になる商品は簡単にチェックすることができるので、公式通販で一度チェックしてみるのも良いでしょう。

ThumbSOTOのスライドガストーチは人気の強力耐風小型バーナー!魅力や注意点は?
スライドガストーチは、SOTOから販売されている伸縮自在な強力耐風小型バーナーです。2021...
ThumbSOTOのツーバーナー特集!キャンプに人気の軽量タイプなどおすすめモデルは?
強力な火力を持つツーナーバーは、おもにキャンプで活躍するアイテムの一つです。今回紹介するSO...

レギュレーターストーブのSOTOのフュージョンを買ってみよう!

SOTOのフュージョンは、キャンプや登山で活躍してくれるアウトドア商品。鉄板や鍋など幅広い調理ができる他に、火力調整や風防機能が備わっているのも魅力です。炭が利用できない場所でも、安心して活用することができるでしょう。

初心者の方でも扱いやすくなっていて、コンパクトにたたむことができるので持ち運びにも特化しています。女性でも苦にならない軽量商品になっているので、キャンプなどのアウトドアを楽しむ前にSOTOのフュージョンをチェックしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ