SOTOのテーブルはソロキャンプにもおすすめ!人気のモデルを一挙紹介!

キャンプなどのアウトドアシーンで便利に使うことができるテーブルということで大人気となっている、「SOTOのテーブル」のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。軽量でコンパクトなSOTOのテーブルの特徴や、おすすめ商品についてもまとめています。

SOTOのテーブルはソロキャンプにもおすすめ!人気のモデルを一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1SOTOのテーブルの情報を大特集!
  2. 2ソロキャンプにおすすめのSOTOのテーブルとは?
  3. 3SOTOってどんなブランド?
  4. 4SOTOのテーブルのおすすめポイント
  5. 5SOTOのテーブルの人気モデル
  6. 6SOTOのテーブルを使うシーン
  7. 7SOTOのテーブルの口コミ
  8. 8SOTOのテーブルをキャンプへ持っていこう!

SOTOのテーブルの情報を大特集!

バーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンでは、アウトドア用の便利グッズがあると一気に外での過ごし方が快適になります。中でもアウトドアシーンに欠かせないアイテムとなりつつあるのがテーブルです。最近はいろんな種類のアウトドア用テーブルが発売されていますが、中でも巷で話題の「SOTOのテーブル」を大特集していきます。

ThumbSOTOのスライドガストーチは人気の強力耐風小型バーナー!魅力や注意点は?
スライドガストーチは、SOTOから販売されている伸縮自在な強力耐風小型バーナーです。2021...

ソロキャンプにおすすめのSOTOのテーブルとは?

ソロキャンプシーンでもおすすめだということで人気を集めているSOTOのテーブルですが、そんなSOTOのテーブルとは一体どういったアイテムなのでしょうか。SOTOのテーブルをまだ買ったことがない人や、SOTOの商品に詳しくない人は要チェックです。

SOTOは日本生まれの人気のアウトドアブランドで、バーナーを初めとして本格的なアウトドアギアをたくさん取り扱っているのが特徴的です。そんなSOTOはバーナーがとても有名ではありますが、バーナーと並んで高い人気を誇っているのがテーブルです。

SOTOのアウトドア用のテーブルは、キャンプなどのアウトドアシーンでの使いやすさや価格帯やデザインを含めて、とても優秀なアイテムということで口コミでも大人気です。お手頃なアウトドア用のテーブルが欲しくなったら、SOTOのテーブルがおすすめです。

アウトドアシーンで使い勝手抜群のテーブル

SOTOのテーブルの特徴としてご紹介しておきたいポイントが、SOTOのテーブルはアウトドアシーンで使い勝手抜群のテーブルだということです。ピクニックやキャンプなどのアウトドアな趣味がある人は、是非一度SOTOのテーブルを買ってみてください。

アウトドアシーンだと、お食事をしたり料理を作ったり、ちょっとした作業をしたりするのにも、何かとテーブルなどのグッズが必要になってきます。SOTOのテーブルなら、コンパクトで軽量で、いつでもどこでもシーンを選ばずに使うことができます。

実際にSOTOのテーブルをアウトドア用に愛用をしている人は増えているようで、TwitterなどのSNSでもSOTOのテーブルについての情報がたくさん投稿されています。男性にも女性にも、学生さんやシニアの方にも幅広く愛されているテーブルです。

アウトドア初心者にもおすすめ

SOTOのテーブルはアウトドア好きな方にも大人気となっているアイテムではありますが、実はアウトドア初心者だという人にもおすすめしたいアイテムです。あまり外でテーブルや家具を使った経験がないという人も、SOTOのテーブルを試してみてください。

アウトドア初心者の方だと、複雑な仕様のアウトドアギアを買ってしまうと使い方が分からなくて現地で困ってしまったり、準備に時間がかかってしまうなんてこともあります。SOTOのテーブルであれば、シンプルな作りで使いやすいのでおすすめです。

SOTOのテーブルはスタンド部分を広げていくだけで、非常にシンプルな使い方のアウトドアテーブルです。説明書を軽く読むだけで感覚的に使うことができます。また、使った後の折り畳みの方法も簡単なので、キャンプ初心者さんでも使いこなせるはずです。

高すぎずお手頃な価格帯

SOTOのテーブルは機能的にも素晴らしいということで人気ですが、実はSOTOのテーブルはお値段的にもお手頃な価格帯ということで話題です。高すぎるお値段のアウトドアテーブルはちょっと予算的に厳しいという人にも、SOTOのテーブルがおすすめです。

テーブルに限ったことではないですが、キャンプ用のテントや椅子にしても、アウトドア用のギアはメーカーやブランドによっても価格帯が大きく違うのがポイントです。アウトドア用のテーブルも、商品によっては数万円以上する高級なものもあります。

数万円の高級なテーブルは、確かに丈夫で使い勝手が良いものが多いですが、これからアウトドアを始めたいと思っている初心者さんや、年に数回程度の使用予定の方にとってはコスパが悪くなりがちです。コスパ重視の方も、SOTOのテーブルを使ってみてください。

数種類のモデルが発売中

実はSOTOではアウトドア用のテーブルもいつくかの種類が発売されていて、それぞれに違った特徴を持っています。SOTOのテーブルが欲しいという人も、まずはどういった種類のモデルのデーブルが欲しいのかチェックした上で買ってみてください。

SOTOでは非常にコンパクトで軽量で、まさにソロキャンプ向けのテーブルも発売されていますし、もう少しだけ大きなサイズ感のアウトドアテーブルや、キャンプなどのお料理シーンで活躍してくれる機能性豊かなテーブル商品もあってどれも大人気です。

SOTOのテーブルは用途や利用シーンを想定した上で、シーンにあったテーブルを選んで使うのがポイントです。アウトドアをする機会が多い人や、多彩なシーンに対応したいという人は、複数の種類のSOTOのテーブルを買っておいて使い分けるのもおすすめです。

ThumbSOTOのツーバーナー特集!キャンプに人気の軽量タイプなどおすすめモデルは?
強力な火力を持つツーナーバーは、おもにキャンプで活躍するアイテムの一つです。今回紹介するSO...

SOTOってどんなブランド?

コンパクトで軽量なアウトドア用テーブルが話題となっているSOTOですが、そんなSOTOは一体どういったブランドなのでしょうか。そもそもSOTOというブランド自体をあまりよく知らなかったという人は、テーブルを買う前にSOTOのブランド情報についてチェックしてみてください。

SOTOは「新富士バーナー株式会社」という会社が展開をしているブランドです。新富士バーナー株式会社は日本の会社ということで、SOTOも国産のアウトドアブランドといことで知られています。国産ならではの使いやすいアイテムが大人気です

新富士バーナー株式会社がSOTOというアウトドアブランドを立ち上げたのは1992年ごろとなっています。ブランドの立ち上げをして以来、バーナーを中心として高性能な商品が多いということで、どんどん知名度と人気が高まってきています。

バーナーを中心に多彩なアウトドアアイテムを展開

SOTOを展開している新富士バーナー株式会社という会社自体は、元々は工業用バーナーを専門的に扱っている会社なので、SOTOのアウトドア商品の中でもメインとなっているアイテムはバーナーです。ただ、バーナー以外も多彩なアイテムを展開中です。

SOTOではアウトドアシーンで使えるバーナーやストーブの他にも、ランタンやトーチなどの照明器具から、調理・キッチン関連のアイテムもたくさん販売をしていますし、合わせてテーブルやタンブラーなどのアクセサリ商品も充実しています。

とにかくバリエーション豊かなアウトドア用アイテムがあって、軽量でコンパクトなモデルであったり、シンプルな作りのアイテムが多いのが特徴的です。SOTOはソロキャンパーさんに大人気のブランドです。

SOTOのテーブルのおすすめポイント

SOTOのテーブルのおすすめ情報として次にご紹介していきたいのが、SOTOのテーブルのおすすめポイントについてです。たくさんのアウトドア用テーブルが発売されている中でも、何故多くの人にSOTOのテーブルが選ばれて使われているのか、詳しい魅力が気になるという人はおすすめポイントもチェックしてみてください。

軽量

SOTOのテーブルのおすすめポイントとしてまずご紹介しておきたいのが、SOTOのテーブルはとにかく軽量であるということです。軽量なアウトドアテーブルということで、ちょっとした持ち運びをするなんていう時にも非常に使い勝手が良いのが特徴です。

軽量でないテーブルの場合は、重くて運びずらかったりと煩わしい点が多いのが難点でです。SOTOのテーブルのように軽量であれば、長距離の持ち運びも楽々です。軽量なSOTOのテーブルは、パワーがあまりなお子さんや女性でも使いやすいです。

コンパクト

SOTOのテーブルは軽量であるというのと合わせて、コンパクトなサイズ感も大きな魅力です。SOTOのテーブルは縦も横もコンパクトなサイズ感に作られているアウトドアテーブルなので、コンパクトなスペースしか無いキャンプサイトでも重宝します。

キャンプ場やバーベキュー場によっては、施設自体があまり広くなくてコンパクトなアウトドアギアでないと設置できないなんていう場合もあります。SOTOのコンパクトなサイズのテーブルであれば、少ないスペースでも快適に使うことができます。

シンプルなデザイン

SOTOのテーブルの気になるおすすめポイントとして次にご紹介しておきたいのが、SOTOのテーブルはとてもシンプルなデザイン性であるということです。シンプルでオシャレなアウトドアギアを揃えたいという人にも、SOTOのテーブルがおすすめです。

キャンプ用のアイテムは派手なデザイン性のアイテムも多いですが、SOTOの場合はテーブルを始めとして、多くのアイテムがとてもシンプルなデザインになっています。テントや椅子などの他のアウトドアギアのテイストにも合わせやすいので、すでに持っているアイテムと合わせて使いたいなんて時にもピッタリです。

SOTOのテーブルの人気モデル

SOTOのテーブルの情報として次に解説していきたいのが、SOTOのテーブルの商品情報についてです。数種類のテーブルが発売されていますが、そんな中でも特に人気の高いモデルをいくつかピックアップして解説していきます。皆さんがどんなモデルのテーブルを使っているか気になる人は要チェックです。

フィールドホッパー ST-630

アウトドアで使ってみたいSOTOのテーブルの人気モデルとして、まずご紹介しておきたいアイテムがSOTOのテーブルの中でも定番商品で、コンパクトなサイズで使いやすいということで人気の「フィールドホッパー ST-630」です。

フィールドホッパー ST-630は、発売されて以来ロングセラーの超人気アイテムです。フィールドホッパー ST-630は天板部分がA4サイズ程度となっていて、ソロキャンプにピッタリのサイズです。

フィールドホッパーL ST-631

SOTOのフィールドホッパーはとにかくコンパクトで軽量で人気の商品でしたが、もうちょっとだけサイズの大きな商品が欲しいというユーザーの声に応えた商品が「フィールドホッパーL ST-631」です。

フィールドホッパーL ST-631は、フィールドホッパー ST-630がA4サイズなのに対して、A3サイズの大きさに作られています。少し広めのテーブルを使いたいソロキャンプや、グループキャンプのサイドテーブルにもおすすめです。

ミニマルワークトップ ST-3107

SOTOのアウトドア用のテーブルとして次にご紹介したいおすすめモデルが、キャンプで快適に料理を作りたいなんていうシーンで便利に使える「ミニマルワークトップ ST-3107」です。

ミニマルワークトップ ST-3107は通常のテーブルスペースに、レギュレーターストーブと組み合わせられる部分がセットになっている商品です。SOTOの「レギュレーターストーブST-310」と合わせることで、簡易的なキッチンを作ることができます。

SOTOのテーブルを使うシーン

SOTOのテーブルを使うおすすめシーンについて詳しくご紹介していきます。SOTOのテーブルはコンパクトで使い方もシンプルだということで、バリエーション豊かなシーンで使うことができるアイテムです。そんな中でも特におすすめ・人気の使い方を解説していきますのでチェックしてみてください。

キャンプ

SOTOのテーブルを使うおすすめのシーンとして、まずご紹介しておきたいのが、キャンプです。SOTOのテーブルはソロキャンプを始めとして、少人数のキャンプにピッタリのテーブルです。

ソロキャンプならメインのテーブルとして使うのも良いですし、テントの中で使うテーブルとしても重宝します。スペースをあまり取らないので、狭いキャンプサイトに最適です。

アウトドア

キャンプシーンで使うのに大人気のSOTOのテーブルですが、実はSOTOのテーブルはキャンプ以外のアウトドアシーンにもおすすめです。登山やハイキング、バーベキューにも人気です。

軽量ということで、登山に持って行ってもあまり荷物にならないというのが魅力的ですし、ちょっとしたハイキングやピクニックでも気軽に使えるのがポイントです。バーベキューでテーブルスペースが足りない時にも使えます。

SOTOのテーブルの口コミ

SOTOのテーブルの口コミ情報について詳しくご紹介していきます。SOTOのテーブルを実際に購入して使ってみたユーザーさんが、どういった口コミを投稿しているかチェックしてみてください。

具体的なSOTOのテーブルの口コミとしては、軽量でコンパクトなので持ち運びがとにかく楽で快適だった、小さいけど丈夫でしっかりと使うことができる、小さいので収納にも便利、なんて口コミがあります。

SOTOのテーブルをキャンプへ持っていこう!

キャンプや登山などのアウトドアで使い勝手抜群のテーブルということで話題の、SOTOのテーブルのおすすめ情報はいかがでしたでしょうか。SOTOのテーブルは小さなスペースがあればどこでも使うことができますし、デザインもスタイリッシュで人気です。SOTOのテーブルを買ってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ