抹茶の美味しい点て方を徹底解説!必要な道具やクリーミーになるコツは?

みなさんは普段抹茶を点てていますか?今回は美味しい抹茶の点て方についてご紹介していきます。必要な道具やクリーミーに仕上がるコツもご紹介していきます。ぜひみなさんもこの情報を参考にして、抹茶の点て方を覚えておいてみてはいかがでしょうか。

抹茶の美味しい点て方を徹底解説!必要な道具やクリーミーになるコツは?のイメージ

目次

  1. 1おうちでできる美味しい抹茶の点て方を解説
  2. 2リラックスタイムのドリンクに抹茶がおすすめ
  3. 3抹茶を立てるのに必要な道具
  4. 4抹茶の点て方の手順解説
  5. 5クリーミーで美味しい抹茶を立てるコツ
  6. 6抹茶を点ててアレンジドリンクもおすすめ
  7. 7おうちで人気の抹茶を楽しもう

おうちでできる美味しい抹茶の点て方を解説

近年抹茶専門のお店があちこちでオープンするなど、抹茶に注目が集まってきていて、抹茶ドリンクやお菓子が人気になっています。そんな抹茶を自宅で気軽に点てられるのであれば、自宅でも立てて楽しみたい!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は自宅でも気軽に美味しい抹茶を楽しめるように、点て方をご紹介していきます。クリーミーな抹茶を楽しむためのコツや、必要な道具などもご紹介するので、何も知らない!という方も安心してください。慣れれば点て方自体は簡単なので、いつでも気軽に自宅で美味しい抹茶を楽しむことができます。お家でカフェ気分を味わいましょう。

Thumb抹茶の正しい飲み方を徹底解説!茶道でのルールやマナー・作法は?
近年いろいろなところでお茶席が用意されており、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。...

リラックスタイムのドリンクに抹茶がおすすめ

お家で一息つきたいとき、みなさんは何を飲んでいますか?健康を考えて水を普段から飲んでいるという方もいれば、お茶を飲むという方もいますし、もちろんコーヒーやジュースを飲んでいる方も多いです。ですが気軽にお家で抹茶を点てられるのであれば、抹茶を楽しみたい!という方も多く、リラックスタイムに抹茶はおすすめドリンクです。

今回は抹茶の点て方や、点てる際に必要な道具、よりクリーミーに仕上げるコツなどをご紹介するのですが、ここでは抹茶を飲むことで得ることができる素敵な効果をご紹介します。知っておくだけで、より抹茶を飲みたくなること間違いなしです。

抹茶にはおすすめの効能や健康効果も!

抹茶はたしかに買ってきて飲むことはあっても、なかなかお家で点てているという方は少ないです。ですが抹茶は実は健康効果や効能などが期待できるドリンクなので、飲みすぎには注意が必要ですが、1日2杯から3杯程度飲むのは健康面でもおすすめです。

抹茶には抗酸化作用や、免疫効果もありますし、リラックス効果に美肌効果、整腸作用なども期待できます。そのためリラックスできるだけではなく、女性にとくに嬉しい美肌効果や、整腸作用などもあるので、お家で手軽に抹茶を楽しめれば一石二鳥以上の効果が期待できるのです。

これだけ体にいいのであれば、たくさん飲んだらいいのでは?という方もいらっしゃいますが、抹茶にはカフェインなどが含まれていて、睡眠障害を起こしてしまったり、お腹を下してしまうこともあります。ですので飲みすぎには注意が必要なのです。

Thumb抹茶の効能や栄養・健康効果は?副作用やおすすめの摂取量も調査!
普段何気なく飲んでいる抹茶には、健康効果が期待できたり、美容にいい成分が含まれていたりと、さ...

抹茶を立てるのに必要な道具

では抹茶を点てるのに必要な道具についてご紹介していきます。いくらご自宅で手軽に点てることができると言っても、道具などがないと何もできなくなってしまいます。そこでここでは最低限必要な道具をご紹介していきます。

抹茶はもちろんのこと、抹茶用の茶碗や、茶杓と茶せん、湯冷まし用の茶碗に手ぬぐいをご紹介します。どこで購入したらいいのかなどもご紹介するので、これから道具を集めようと考えている方は参考にされてみてください。

抹茶

まずは「抹茶」です。やはり抹茶を点てるのですから、抹茶がないと何も始まりません。近年マイボトルなどに入れてシェイクするだけで、抹茶ドリンクが楽しめるという抹茶なども売っていますが、せっかくですのできちんと点てる抹茶を用意しましょう。

抹茶はネット通販などでも気軽に購入できるのですが、値段はピンキリです。ですがやはり安いものの場合、香りなどが弱く抹茶パウダーとしては使えても、抹茶を点てて楽しむには薄く感じることも多いです。そのため安すぎない程度(20g300円以上)がおすすめです。また〇〇の昔と書かれている商品は、比較的美味しいと人気になっています。

抹茶用の茶碗

抹茶を点てるのであれば、抹茶用の茶碗が必要になります。これは道具の中でも大切な道具になるので、忘れないように準備しておきましょう。抹茶用の茶碗は現在さまざまなものが登場しています。こちらも値段はピンキリですし、ネット通販で購入できます。

300円程度で買えるものもあれば、3000円以上する茶碗もあります。ですがいきなり道具にお金をかける必要もありません。手頃に買える値段の茶碗を用意しておきましょう。なお色はどんな色でも大丈夫なのですが、黒色などの茶碗ですと、抹茶の色味がわかりにくい!という方もいますが、逆にコントラストが美しいという方も多いです。

茶杓(ちゃしゃく)と茶せん

茶杓と茶せんも抹茶を点てる際にはとても大切です。茶杓というのは、抹茶を茶碗に入れるための道具で、たしかにスプーンなどでも入れることはできるものの、茶道を楽しみたいときには、茶杓も購入しておくのがおすすめです。

茶せんは抹茶を点てる際に、混ぜるために使う道具です。みなさんの中にも一度は見たことがあるという方も多いはずです。茶杓も茶せんもネット通販で購入できますし、茶杓は500円以下でも充分に購入できます。茶せんは1000円以下のものから、4000円以上のものまでピンキリなのですが、使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

なお初めての方の場合は、2000円前後の茶せんが人気になっていて、ご自身用としてはもちろんなのですが、来客用として購入あるという方も多いです。素敵な茶杓や茶せんを見つけて買っておきましょう。

湯冷まし用の茶碗

湯冷まし用の茶碗も用意しておくと便利です。湯冷ましとは?と不思議に感じる方も多いのですが、抹茶を点てるときに、やかんやポットから直接お湯を入れると熱すぎてしまうことも多く、一度湯冷まし用の茶碗に入れることでちょうどいい温度にすることができます。そのために使う茶碗になるので、機能性よりも見た目で選んで大丈夫です。

ただしサイズは湯飲み茶碗と同じくらいにしておくのがおすすめです。また横手湯冷ましなども人気になっていて、より雰囲気を出したいのであれば横手湯冷ましなどもおすすめです。お好きなタイプの湯冷ましを用意しておいてください。

手ぬぐい

最後にご紹介するのは手ぬぐいです。手ぬぐいは直接抹茶を点てるために使うのではなく、抹茶を点てるための道具を拭いたり、使った後の道具にかぶせておいたりするために使うものです。そのためお好きな柄の手ぬぐいで大丈夫ですし、わざわざ購入しなくても、元々お家にある手ぬぐいなどを使っても問題ありません。

また道具をお盆などに乗せて収納しておく場合、道具の上に手ぬぐいをかけておくことで、蓋のような役割もしてくれます。そのため手ぬぐいは2枚ほどあると便利です。点てる際に使うものと、保管の際に蓋として使うものを分けておくのがおすすめです。

抹茶の点て方の手順解説

道具などが揃ったらいよいよ抹茶を点てていきましょう。ここでは抹茶の点て方の手順をご紹介していきます。難しい手順などはないので、点て方の手順さえ覚えてしまえば、誰でも抹茶を点てることができます。

上手く点てるためのコツなどもご紹介するので、まずは手順を覚えて、余裕が出てきたらコツなどを実践してみてください。美味しい抹茶をお家で楽しむことができるので、リラックスタイムがさらに有意義な時間になること間違いなしです。

点て方の手順①抹茶用の茶碗を温める

まずは抹茶用の茶碗を温めることから始めましょう。温めるには茶碗にお湯を入れて少し時間をおきます。このとき時間をおきすぎてしまうと、お湯が冷めて茶碗も一緒に冷めてしまうので、くれぐれも時間のおきすぎには注意してください。

そしてここでコツなのですが、茶碗を温めている間に、茶せんもお湯について温めておくのがおすすめです。そうすることでより美味しい抹茶を点てることができます。そして茶碗が温まったら、お湯を捨て手ぬぐいで茶碗を拭いていきます。

点て方の手順②茶碗をぬぐい抹茶を入れる

そして手ぬぐいで茶碗を拭いたら、茶杓を使って抹茶を入れましょう。このとき1杯分であれば、茶杓ひとすくいと半分程度です。最初は目安の分量で作ってみて、次から抹茶の量を好みに調節するのが美味しく点てるコツの一つでもあります。

そして抹茶を茶碗に入れるときに、お湯を湯冷まし茶碗に入れましょう。このお湯の量はだいたい60㏄程度で大丈夫です。このお湯の量も茶碗の大きさによって変わるので、使っている茶碗の大きさを目安に8分目程度まで入れましょう。なお60㏄以上になる場合は、抹茶の量も少し増やしておくのがおすすめです。

点て方の手順③お湯を入れ茶せんで混ぜる

そして抹茶を入れた茶碗に、湯冷まし茶碗からお湯を入れていきます。このときのコツとして、茶碗のふちから流し入れるようにお湯を入れると、抹茶とお湯も馴染みやすくなります。そしてお湯を入れたら茶せんでお湯と抹茶をしっかり馴染ませていきます。

まずしっかりと馴染むまでは円を描くようにして、茶せんで混ぜていくのがポイントです。そしてお湯と抹茶がしっかり混ざり合ったら、次は茶せんで茶碗の中を縦に切るようにしていきます。こうすることで泡が立ち香りや見た目もきれいに仕上がります。

点て方の手順④完成

しっかり泡立たせたら完成です。あとは飲むだけなので、いろいろなお茶菓子と一緒に抹茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。なおこの泡は真ん中をこんもりとさせるようにするのが、美味しそうに見えるコツになっています。

またより美味しい抹茶を楽しむために、クリーミーな抹茶を点てるコツもご紹介していきます。抹茶には薄茶と濃茶があるのですが、今ご紹介したのは薄茶を美味しく点てるコツです。みなさんも美味しい抹茶(薄茶)をお家で味わってみてください。

クリーミーで美味しい抹茶を立てるコツ

先ほど少しお伝えしたのですが、抹茶には薄茶と濃茶というのがあります。薄茶と濃茶では正確には作法なども変わりますし、一番大きなポイントとして、抹茶の量も違いますし、出来上がりの色の濃さや、舌触りなども違ってきます。今回は薄茶の点て方をご紹介しているので、ここではより美味しいクリーミーな抹茶の点て方をご紹介します。

ポイントを押さえておくだけで、誰でも簡単にクリーミーで、まるでお店で飲んでいるような抹茶を点てることができるので、ぜひ覚えておいてください。なお茶碗の選び方などもあるので、これから道具を揃える方はせっかくなので参考にして購入しましょう。

茶碗の選び方

まず茶碗の選び方からご紹介します。茶碗は好きな色や形などで選ぶという方が多いのですが、クリーミーな抹茶を楽しみたいのであれば、内側が広めで、ざらざらとしている手触りの茶碗がおすすめです。ざらざらの茶碗を使うことで、より空気に触れることができ、クリーミーで濃厚な泡が立ちやすくなります。

茶せんをしっかりと振ることができるように、内側の広いタイプにして、茶碗の底も広めの方がおすすめです。そうすることで茶せんが振りやすく、初めての方でも比較的クリーミーな抹茶に仕上げやすくなります。

茶せんの使い方

そしてクリーミーな抹茶を楽しむには、茶せんの使い方も重要になってきます。まず茶せんは100本立てを使うのがおすすめで、手首から下をしっかり動かし、スナップを効かせることで美味しい抹茶を点てることができます。

また円を描くように動かすだけではなく、縦にきるようにして茶せんを振るのも大切です。こうすることでしっかりと泡立ち、クリーミーな抹茶を味わうことができます。このクリーミーな抹茶は、来客時にも人気なので、コツを覚えておくのがおすすめです。

お湯の温度と量

最後にお湯の温度と量についてご紹介します。クリーミーな抹茶を楽しみたいのであれば、お湯は約70㏄用意するようにしましょう。わざわざ量るのがめんどくさいという方も多いです。そんな方のために最初に準備するだけの、人気の方法をご紹介します。

ヤクルトや飲むヨーグルトなどの小さな入れ物をきれいに洗って乾かしておきます。そしてその中に計量カップなどで70㏄の水を量り入れます。そしてそのときの水位を覚えておくようにします。そうすることで次回から同じ入れ物を目安にしてお湯が量れます。

そしてお湯の温度は90℃がおすすめです。点てているときにお湯はどんどん冷めてしまいます。そのため季節に応じてお湯の温度を調節してみる必要もあります。また手早く混ぜることが大切になります。

抹茶を点ててアレンジドリンクもおすすめ

では人気のアレンジ方法をご紹介します。抹茶は点ててそのまま飲むのも人気ですが、牛乳を入れて抹茶ラテを作ることもできます。抹茶ラテはホッと一息つきたいときにも人気ですし、来客時にも人気のドリンクです。意外と簡単に抹茶を点てることができるので、ぜひ本格的な抹茶ラテを楽しんでみてはいかがでしょうか。

巷で人気のお店の抹茶ラテのような味わいを、お家でも楽しむことができます。茶碗などを好きなものに変えてみたり、牛乳を加える際にはグラスを変えることで、よりおしゃれな雰囲気なども楽しむことができます。

おうちで人気の抹茶を楽しもう

いかがでしたでしょうか。今回は抹茶の美味しい点て方についてご紹介しました。人気の抹茶がお家でも楽しめるということで、近年注目が集まっています。必要な道具は通販サイトでも気軽に購入できますので、ぜひみなさんもお家で美味しい抹茶を点ててみてください。リラックスタイムがより一層素敵な時間になること間違いなしです。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ