プリンのカロリーや栄養成分を徹底調査!低糖質のおすすめ商品は?

手軽なスイーツとして人気のプリンのカロリーや栄養成分について知っていますか?糖質制限やダイエットをしている場合には、カロリーをチェックしておくのがおすすめ。人気のプリンのカロリーなどを紹介していくので、カロリーオフのおやつを探している方も参考にしてください。

プリンのカロリーや栄養成分を徹底調査!低糖質のおすすめ商品は?のイメージ

目次

  1. 1プリンのカロリー・糖質を調査
  2. 2プリンの固さの違いとは?
  3. 3プリンに含まれている栄養成分
  4. 4プリンのカロリー・糖質の目安
  5. 5プリンのカロリー・糖質を他のおやつと比較
  6. 6ダイエットにおすすめの低糖質プリン
  7. 7おやつのカロリーオフにプリンがおすすめ

プリンのカロリー・糖質を調査

子供から大人まで好きな方が多い人気のスイーツのプリン。コンビニやスーパーなど、どこでも購入することができるので手軽に楽しめるスイーツとして親しまれてます。ですが、そんなプリンのカロリーや糖質などを知っているという方は少ないです。

今回はプリンのカロリーについて調査したので紹介していきます。カロリーオフで楽しめるプリンや糖質の低いプリンなどもあるので、チェックしておくと便利です。

特にカロリーオフのプリンや糖質の低いプリンは、ダイエット中や糖質制限をしている時にも食べやすいおすすめのプリンになります。子供のおやつとしてプリンを購入する機会が多い方も、プリンのカロリーや栄養素をチェックしておきましょう。

Thumb市販の美味しいプリン人気ランキングベスト21!スーパーやコンビニで買える!
子供から大人までに人気のプリンは、市販のプリンでもかなり美味しいです。スーパーやコンビニでも...

プリンの固さの違いとは?

プリンと言えば固めが好きな人や柔らかいプルプルの食感が好きな方と分かれます。ですが、そのプリンの固さの違いが何かは知っていますか?

実はプリンの固さは卵や生クリームなどの割合で変わっています。卵の量が多いと固いプリンに仕上がるのですが、生クリームなどで調整しているのがほとんどです。生クリームや牛乳を使うことで、滑らかな食感に変わるということです。

自宅でプリンを作る場合にも、分量を変えることで好みの固さにしてプリンを作ることができます。もちろんカロリーなどは分量が変わると違ってきてしまいます。どちらの食感でも美味しく楽しめますが、好みの味を見つけるのも楽しいでしょう。

プリンに含まれている栄養成分

ここからは、さっそくプリンについて紹介していきます。最初に紹介していくのは、プリンに含まれている栄養素になります。プリンは子供のおやつとして購入する方も多い人気のスイーツの一つになりますが、意外に栄養素については知られていません。

同じスイーツでも、少しでも栄養素がいいのを選びたいと考える方も多いでしょう。ここではプリンで摂取できる栄養素を個別に紹介していきます。プリンを購入する機会が多い方は、どんな栄養素が含まれているのかをチェックしていきましょう。

タンパク質

プリンは卵や砂糖、牛乳か生クリームを利用して作るスイーツです。卵や牛乳にはタンパク質が多く含まれているので、その材料を使ったプリンのタンパク質も高いです。

プリンに含まれているタンパク質は、90グラムあたりで5.34グラムとなっています。有名なプリンとして「プッチンプリン」がありますが、こちらの小さいサイズは内容量が65グラムとなっています。これに対してタンパク質は1.2グラム含まれてます。

メーカーで割合は異なってしまいますが、内容量に対してタンパク質は高めになっていると言えるでしょう。タンパク質が高めになっている反面、プリンはカロリーが低いのがポイントです。低いカロリーで高タンパク質を摂取したい方にはおすすめになります。

ビタミン

レモンやフルーツで摂取することが多いビタミンも、プリンには豊富に含まれています。ビタミン郡が豊富に含まれているので、大人が食べるにも最適なスイーツです。

特に、発育のビタミンと言われているビタミンB2が豊富に含まれているのがおすすめのポイント。脂質の代謝を助けてくれる栄養素なので大人にも嬉しい栄養です。プリンのビタミンB2は、90グラムに対して0.21ミリグラム摂取することができます。

また、血液を作るのに重要なビタミンB12も90グラムに対して0.42ミリグラムになっています。他にもビタミン郡を摂取することができるので、子供はもちろん大人にも最適なスイーツとしておすすめ。疲れた時などにも栄養補給ができるので人気があります。

ミネラル

プリンにはミネラルも豊富に含まれています。牛乳を使用して作るプリンは、そこからカルシウムを摂取することができます。プリンのカルシウムは90グラムに対して70.3ミリグラムとなっているので、効率良くカルシウムを摂取することができおすすめです。

牛乳をそのまま飲むのが苦手な方でもプリンなら美味しく食べることができるので、子供や大人のミネラル摂取にはおすすめになります。

他にもプリンには鉄が90グラムに対して0.54ミリグラム入っていて、マグネシウムも90グラムに対して8.3ミリグラム入っています。人間にとって必要な栄養素をバランス良く摂取することができるので、おやつにプリンを楽しむのは最適でおすすめと言えます。

プリンのカロリー・糖質の目安

ここまでプリンの栄養素について触れてきましたが、プリンのカロリーや糖質はどれくらいになるのでしょうか。プリンはカロリーオフのスイーツとしても人気があるのですが、カロリーオフと言われているからこそチェックしておくのがおすすめになります。

ここではプリンのカロリーや糖質について紹介していくのですが、今回紹介していくのはカスタードプリンのカロリーや糖質になっています。カスタードプリンは一般的なプリンの種類になるので、目安として覚えておくと便利なのでチェックしておきましょう。

カスタードプリン100g中のカロリー・糖質

カスタードプリンのカロリーや糖質について紹介していきますが、カスタードプリンの100グラムに対してのカロリーや糖質になります。

カスタードプリンのカロリーは、100グラムで126カロリーとなっています。先述したように豊富な栄養素が摂取できる反面カロリーは低いと言えるでしょう。そのため、一般的なカスタードプリンはカロリーが低いですがカロリーオフではありません。

カロリーオフは100グラムに対して40カロリー以下のことを言うので、一般的なカスタードプリンはカロリーオフではなく低カロリー食品と言われています。それでも、他のスイーツに比べてカロリーは低いのでプリンは人気があると言えるでしょう。

カスタードプリンの糖質になりますが、100グラムに対して12.61グラムとなっています。こちらはカラメルソースがかかっているかでも違いがあるので、少しでも糖質を低い方を選択したい場合にはカラメルソースのないカスタードプリンがおすすめです。

ですが,決して糖質が高いスイーツというわけでもないのでプリンは糖質制限をしている方でも食べやすいスイーツと言えるのではないでしょうか。ですが、糖質が低いと言うわけでもありません。そのため、糖質制限している場合には注意しましょう。

コンビニの人気プリンのカロリー・糖質

プリンはスーパーなどどこでも購入することができるスイーツですが、コンビニを利用して購入する方が多いです。コンビニの店舗によっても色んな種類のプリンが販売されているので、各コンビニのプリンを食べ比べしたことがあるという方もいます。

例えば、セブンイレブンで販売している「窯焼きとろ生カスタードプリン」の場合には249カロリーで糖質が27.8グラムとなっています。

セブンイレブンの「カスタードプリン」の場合には、300カロリーで糖質が32.2グラムとなっています。同じプリンでもカロリーや糖質には大きな違いがあります。ローソンには「昔ながらのカスタードプリン」があり、173カロリーになっています。

作る工程はもちろんコンビニによって砂糖や卵、牛乳の割合が異なっています。ファミリーマートには「スフレ・プリン」などがあります。スフレ・プリンのカロリーは143カロリーになっていますが、糖質は33.60グラムと高くなっています。

コンビニでプリンを購入する機会が多いと言う方は、どんなプリンを購入するのかでカロリーや糖質はチェックしておくのがおすすめです。人気のプリンと思って購入したら、高カロリーになってしまう可能性もあるので購入時には注意するようにしましょう。

ThumbコンビニプリンおすすめランキングBEST9!美味しい人気の商品を厳選!
24時間いつでも買い物を楽しめるコンビニのプリンは、いろんな種類があって人気があります。固め...

プリンのカロリー・糖質を他のおやつと比較

ここまでプリンのカロリーや糖質について紹介してきましたが、プリンだけでみるとカロリーや糖質が低いと言うのはわかりづらいものです。そこで、ここではプリンと他のお菓子のカロリーや糖質を比較して紹介していきます。

コンビニやスーパーなどで購入できるお菓子には、プリン以外にも人気商品は多数あります。今回はそんな人気のスイーツやお菓子とプリンのカロリーや糖質を比較します。プリンのカロリーや糖質が低いのを知ることができるのでチェックしていきましょう。

他のおやつのカロリー・糖質と比較

他のお菓子などとプリンのカロリーや糖質を比べていくのですが、同じ洋菓子ではショートケーキやロールケーキなどもコンビニでも購入できるので人気があります。

例えばショートケーキの場合には、1切れで約327カロリーとなっていて糖質は43.0グラムとなっています。生クリームもふんだんに使われているので高カロリーで高投資と言えます。ロールケーキの1切れでも251カロリーで、18.2グラムの糖質になります。

同じケーキとしても1切れのカロリーや糖質には大きな違いがあり、プリンと比べるといかにプリンのカロリーや糖質が低いのかを知ることができるでしょう。シュークリームやカステラなどもプリント比べるとカロリーや糖質は高めになっているのがポイントです。

プリンの代わりに他のお菓子などを食べてしまうとカロリーを取り過ぎてしまったり、糖質オーバーしてしまう可能性もあるでしょう。プリンよりもカロリーや糖質が低いとなると、ゼリーが代表的になるのではないでしょうか。

コーヒーゼリーなどは100グラムあたり39カロリーとなっているのでカロリーオフの商品になり、糖質も8.5グラムと低くなっています。しかしながら、プリンのように他の栄養素を摂取することができるわけではないので覚えておきましょう。

カロリーは低いが糖質に注意

他のスイーツやお菓子と比べるとプリンはカロリーや糖質が低いのが特徴です。ですが、決して糖質は低いと言うわけではありません。糖質オフや糖質を抑えたお菓子などが増えている中では、糖質に注目すると低糖質になっているわけではないので注意しましょう。

ダイエットをする時にはカロリー制限をする方も少なくありませんが、カロリーを抑えても糖質を取り過ぎてしまうとリバウンドをしたりと失敗してしまいます。

そのことから、カロリーだけでなく糖質に注意するのがおすすめになります。糖質は取り過ぎてしまうと脂肪に変わってしまいますし、生活習慣病になってしまう可能性があります。プリンはカロリーが低いから太らないと言うわけではありません。

1日の糖質の摂取量の目安は?

ここで、糖質について簡単に触れておきましょう。1回の食事の糖質摂取量としての目安は20から40グラムとされています。

これを3食食べる形になるので、食事での糖質の摂取量は大きいのがわかります。間食を10グラムした場合でも、1日の摂取糖質は70から130グラムに抑えるのがベストとされてます。糖質制限は、この数字内で収めるか下回る程度にする形になります。

カロリー制限をしても糖質が高い食品やスイーツを選択してしまうと、脂肪が増えていってしまうので注意するようにしましょう。1日の摂取糖質から逆算しながら糖質制限を進めていくと初めやすくなっていくのでおすすめになります。

ダイエットにおすすめの低糖質プリン

最後になりますが、ダイエットにおすすめのプリンについても紹介していきます。ダイエットではカロリーオフの商品などを選択することも多いですが、先述したように糖質も大事なポイントです。そこで、ここでは低糖質プリンを紹介していきます。

低糖質プリンと言っても、しっかりと甘みを感じることができるプリンになっています。そのため、ダイエット中の甘いのが食べたいという欲求を満たすことができるでしょう。ダイエット中の方から人気のプリンになっているので参考にしてみてください。

森永 おいしい低糖質プリン

ここで紹介するのは、森永乳業で販売している「おいしい低糖質プリン」です。おいしい低糖質プリンには3種類の味があります。カスタード・チーズケーキ・チョコレートとありますが、どのプリンも低糖質になっているのでおすすめになります。

シンプルなプリンの味が楽しめるカスタードの場合は、内容量が75グラムで64カロリー、糖質は3.3グラムとなっています。カラメルソースの味も楽しめるので、ダイエット中には食べやすい低糖質のプリンと言えるでしょう。

チーズケーキ味のプリンは、内容量75グラムに対して77カロリーで糖質は2.9グラムです。チョコレート味のプリンは、内容量75グラムに対して85カロリーで糖質は3.1グラムです。多少の違いはありますが、全部が低糖質のプリンになっています。

それぞれの味も違うので、ダイエット中でも飽きることなく食べることができるのがポイントです。プリンの滑らかな食感などをしっかりと感じることができます。ダイエット中に甘いのが食べたくなった時には、一度味わってみてください。

おやつのカロリーオフにプリンがおすすめ

カロリーオフでおやつを楽しみたい方は、栄養素もしっかりと摂取できるプリンがおすすめ。子供から大人まで気軽に楽しめるのも魅力ですし、どこでも気軽に購入することができます。内容量が少ない種類もあるので、楽しみやすいスイーツでしょう。

カロリーも低いのが特徴で、低糖質を選択したい方に最適なプリンも販売されています。生クリームがデコレーションされたタイプなどを避ければ高カロリーになるのを避けられます。普段の生活で甘いものが食べたくなったらプリンを選択してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ