ユニフレームのREVOタープは小川張りなどアレンジ自在!種類や口コミは?

キャンプというと、テント購入のあとにタープも欲しくなるものです。タープがあるとキャンプの幅も広がります。ユニフレームにもREVOタープという小川張りができるタープが人気です。ユニフレームの小川張りできるREVOタープのサイズやおすすめをご紹介します。

ユニフレームのREVOタープは小川張りなどアレンジ自在!種類や口コミは?のイメージ

目次

  1. 1アレンジ自在?ユニフレームのREVOタープとは?
  2. 2小川張りができるREVOタープが人気のユニフレームとは?
  3. 3ユニフレームのREVOタープが人気の理由
  4. 4ユニフレームのREVOタープの種類
  5. 5ユニフレームのREVOタープのアレンジ方法
  6. 6ユニフレームのREVOタープの口コミ
  7. 7ユニフレームのREVOタープの購入方法
  8. 8サイズも豊富なユニフレームのREVOタープをチェックしてみよう!

アレンジ自在?ユニフレームのREVOタープとは?

キャンプを始めると、まずは殆どの方はテントを購入するのではないでしょうか。テントを購入して、キャンプを始めるとなんだか物足りないそんなときが必ず来るはずです。そこで、タープをキャンプに投入するとキャンプの幅も広がります。

タープを取り入れることで、テントとの小川張りでテントサイドに、リビングのような感じの空間を作ることができます。小川張りについてはのちほどご紹介するとして、色々なタープの中で、今、話題なのは「ユニフレームのREVOタープ」という商品です。

キャンプに新たな空間を生み出してくれるタープはおすすめです。そのタープの中でおすすめは「ユニフレームのREVOタープ」というタープになります。小川張りができるということで人気があります。小川張りのできるユニフレームのREVOタープをサイズや人気タープをご紹介します。

Thumbタープ泊で大自然を感じよう!雨や虫の対策方法や楽しみ方などを紹介!
慣れれば誰でも簡単に設置することができアレンジも自由自在のタープ、できる限り少ない荷物で大自...

小川張りができるREVOタープが人気のユニフレームとは?

ユニフレームでおすすめな小川張りができるREVOタープをご紹介する前に、ユニフレームについてもう少しどんな企業なのかをご紹介しましょう。新潟の燕市で創業された日本のアウトドアブランドです。「ユニークな炎(フレーム)を創造する」をスローガンとしている企業です。

主な商品にテントやタープ、ガスバーナーなどのキャンプ用品を手掛けるアウトドアブランドです。日本生まれのアウトドアブランドということで数多くのキャンパーから信頼されている企業でもあります。

やはり、日本の風土をしっかりと理解して開発されたテントやタープ、アウトドア用品ということで、痒いところに手が届くそんな商品が多いです。これがあったら便利だなを実現するアウトドアブランドでおすすめです。

企画から設計までを一貫して日本の新潟・燕三条から届けているアウトドアブランドです。テントやタープの他に、焚火専用のスタンドやシングルバーナーなどが人気となっています。

ユニフレームのREVOタープは公式サイトを要チェック

REVOタープが人気のユニフレームは、公式サイトを立ち上げています。公式サイトでは、色々なタイプやサイズのテントやタープをはじめ、数々のキャンプ用品を掲載しています。家庭用カセットガスで使えるバーナーやランタンはとても人気があります。

ユニフレームのREVOタープは、小川張りができるスタイルのタープも多く、キャンパーに人気となっています。ソロキャンプで小川張りのできるタープもあるので、ひとりキャンパーにもおすすめです。

公式サイトでは、人気のREVOタープの製品紹介もサイズなどかなり詳しく掲載されていて、小川張りの雰囲気を写真でイメージもできるので、ユニフレームの公式サイトは要チェックです。その他にも、REVOタープのメンテナンスなども掲載されています。

REVOタープのメンテナンス

REVOタープのメンテナンスですが、公式サイトにその対応方法などが掲載されています。例えば、生地を破損してしまった場合は、購入店舗か販売店にお持ち込みになるか、ユニフレーム新潟本社 「アフターサービス係」まで送ると修理をすることができます。

また、タープやテントなどは使っていくうちに、撥水性能が落ちていくものです。そういうときには、市販の撥水スプレーをかけてメンテナンスをすることができます。その際には、必ず、表面の汚れをしっかりと落としてから行いましょう。

そして、撥水スプレーを行う場合には、換気に配慮して、屋内ではなく屋外で行うようにしてください。そうすることで、いつでも快適にREVOタープを使うことができるのでおすすめです。

小川張りとは?

さきほどからご紹介している小川張りとはいったいどんなことなのかについて少しここでお話しをしておきましょう。小川張りというのは、タープの張り方のことですが、この小川張りの名前の由来は知っていますか。

小川張りというのは、かつて、テントの老舗メーカーにogawaという会社がありました。その会社は自社製のテントとタープを連結するようなタープの張り方を考案して紹介しました。

それから、テントとタープを連結して張る張り方をキャンパーの間で、小川張りと呼ぶようになりました。ユニフレームにもこのテントとタープを連結して張るREVOタープというのがあり人気となっています。

Thumbユニフレームのケトルはアウトドアに大人気!種類や魅力を徹底解説!
登山やキャンプなどのアウトドアで使うことのあるケトルはご存知ですか。ご家庭では、電気ケトルを...

ユニフレームのREVOタープが人気の理由

ここでは、ユニフレームのREVOタープが、キャンパーから人気の理由についていくつかご紹介していきましょう。ユニフレームのREVOタープが人気の理由には、「小川張りなどアレンジできる」ということや「種類やサイズも豊富」ということが挙げられます。

小川張りができるということは、テントサイトを有効活用できることにほかなりません。そのため、ユニフレームのREVOタープは人気があり、おすすめできるということになります。この2つの人気の理由をさらに詳しくお話ししましょう。

小川張りなどアレンジできる

ユニフレームのREVOタープは、「小川張りなどアレンジできる」というのが最大の人気の理由となっています。小川張りは、テントとタープがシームレスに連結されるので、テントサイトが有効活用できるというものです。

テントサイドにちょうどよいサイズのリビングを設置することができるのも、この小川張りができるかどうかにかかっています。テントとタープがシームレスに連結される小川張りは、キャンプを楽しむ際にも重要です。

小川張りは、テントの前に、とても居心地の良い空間を生み出すことができます。その小川張りをアレンジできるユニフレームのREVOタープは、人気があるということになります。

種類も豊富

ユニフレームのREVOタープは、「種類もサイズも豊富」に揃っているので、お持ちのテントともうまく小川張りを組むことができるはずです。もちろん、よりシームレスに連結をするのであれば、ユニフレームのテントもおすすめです。

ユニフレームのREVOタープは、ソロキャンパーにもおすすめなサイズやファミリーテントで使えるサイズなど豊富なサイズや書類が揃っています。どんなテントにも使いやすいサイズと種類があるのが、ユニフレームのタープの魅力です。

このサイズや種類が豊富なことで、通常のテントサイトでも林間サイトでもどのようなシーンの小川張りにも対応することができます。小川張りのメリットのひとつには、雨の日にテントから出て雨に濡れないスペースを確保できるということです。さらには、防風・日除けになるということで、色々なサイズや種類で対応することができます。

ユニフレームのREVOタープの種類

こちらでは、ユニフレームのREVOタープの種類について、ひとつひとつ解説をしていきましょう。ユニフレームのREVOタープには、色々な種類やサイズのものが用意されています。色々な種類やサイズのものが用意されていることで、オリジナルな小川張りも楽しむことができます。

ユニフレームのREVOタープの種類には、ソロキャンプで使いやすいサイズや大人数で小川張りを楽しめるタイプのREVOタープがあります。それぞれの特徴やサイズなどをひとつひとつ解説をしていきましょう。

ユニフレームのREVOタープの材質ですが、それぞれのタイプによっても変わります。焚き火をするような方は、火の粉にも強い素材のタープを選ぶことが大切です。

REVOタープⅡ L TAN

REVOタープⅡ L TANは、ファミリーテントにおすすめなサイズ感のタープになります。ポールやペグ、ハンマーなどはどのREVOタープシリーズにも付いてはいないのでご用意ください。設営に必要なテントサイトの最大面積は12メートル四方のサイズになります。

専用のウォールを用意することで、シェルター仕様でプライベートをしっかりと確保することもできます。価格は、税込14900円になります。

REVOタープⅡ M TC/TAN

REVOタープⅡ M TC/TANは、区画が狭いテントサイトにも対応できるファミリーキャンプサイズになります。設営に必要なテントサイトの最大面積は10メートル四方のサイズになります。

火の粉に強いテトロンコットンということで、焚き火をしたいというキャンパーにもおすすめなタープで人気です。価格は、税込24900円になります。

REVOタープⅡ L TC/TAN

REVOタープⅡ L TC/TANは、キャンプサイトがゆったりとしている場合におすすめなタープになります。オープンタープで、ファミリーキャンプサイズです。

こちらのタープも火の粉に強いタープになります。設営に必要なテントサイトの最大面積は12メートル四方のサイズになります。価格は、税込25900円です。

REVOタープ<solo>TAN

REVOタープ<solo>TANは、コンパクトなので、ソロキャンパーにおすすめなタープになります。設営に必要なテントサイトの最大面積は7メートル四方のサイズです。

専用ウォールを使えば、小さいながらもシェルター仕様になります。素材は、ポリエステルタフタ150Dで、耐水圧1800mm以上というタフさです。UV-CUTコーティングやPUコート・テフロン撥水処理もされています。価格は、税込11900円とリーズナブルです。

ユニフレームのREVOタープのアレンジ方法

ここでは、ユニフレームのREVOタープのアレンジ方法についてご紹介しましょう。ユニフレームのREVOタープのアレンジ方法には、それぞれいくつかのタイプがありますが、大きく分けると、ベーシックスタイルか開放感重視のスタイル、開放感・プライバシーが両立できるスタイル、プライバシー重視のスタイルになります。

このアレンジの方法ですが、公式サイトで、それぞれのタイプで張り方が写真で掲載されているので、とてもわかり易いです。どれもポールとペグをうまく活用した張り方になっています。

ユニフレームのREVOタープの口コミ

こちらでは、ユニフレームのREVOタープの口コミについてお話しをしていきます。ユニフレームのREVOタープを購入する前には、その製品の口コミは気になるところです。その口コミはどのように調べたら良いのでしょうか。

それは、とても簡単で、インターネットで、「ユニフレーム、REVOタープ」と検索窓に記入して検索をしてみましょう。そうすると、実際に、ユニフレームのREVOタープを購入した人の利用記事が掲載されていることが多いです。

その他には、大手通販会社の商品ページを見ると、ユニフレームのREVOタープの口コミが掲載されていることがほとんどです。

ユニフレームのREVOタープの口コミを見てみると、やはり、テントとのシームレスな接続が良いので、使いやすいスペースを確保できるというものが多いです。また、しっかりとテントとの接続ができるために、雨など防いでくれるという口コミもあります。

ユニフレームのREVOタープの購入方法

最後に、ユニフレームのREVOタープの購入方法についていくつかご紹介をしていきましょう。ユニフレームのREVOタープの購入方法ですが、公式サイトからオンラインショッピングできるのか気になります。

また、直営店などがあり購入できるのかどうか、あるいは、販売店はどのようになっているのかを知っておくことが必要になります。なお、販売の直営店舗というのはありません。すべての商品の販売は、正規販売店を通して行われています。

オンラインでショッピングできる?

ユニフレームのREVOタープは、オンラインで購入することが可能なのでしょうか。結論からいうと、答えはノーです。公式サイトには、REVOタープの詳細ページがあり、サイズや価格なども表示されています。

どこかに買い物かごのマークがあるかと見てみると、やはりありません。公式サイトからは、オンラインでショッピングが今のところはできないようです。公式サイトは、カテゴリー別に商品が掲載されていて、とても見やすくなっています。

サポートのページでは、パーツ販売については行われているようですが、タープなど製品本体の購入をオンラインで完結することはできません。

正規販売店について

では、どのようにユニフレームのREVOタープは購入すればいいのでしょうか。どうしても、オンラインでの買い物が良いということであれば、大手通販会社のサイトで、「ユニフレーム、REVOタープ」と検索をすれば、商品がヒットするはずです。

大手通販会社のサイトの場合、通常の正規店よりも安いこともありますが、保証などについて確認してから購入するようにしましょう。中には、コピー商品や粗悪品も紛れていないとも限りませんので、そういうリスクも考えた上で購入しましょう。

その他には、公式サイトには、全国にある取り扱い店舗を検索して調べることができます。ご自身の生活圏からもっとも近い取り扱い店舗を検索することができるのでおすすめです。電話などでコンタクトを取って在庫があるかないかの確認もできます。

サイズも豊富なユニフレームのREVOタープをチェックしてみよう!

サイズも豊富なユニフレームのREVOタープをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ユニフレームのREVOタープは、ソロキャンパーにもファミリーキャンパーにもおすすめなタープが用意されています。

素材も火の粉に強いタープもあり、焚き火をしたいキャンパーにもおすすめです。また、キャンプにタープを取り入れていない方は、この機会にサイズも豊富なユニフレームのREVOタープを検討してはいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ