ユニフレームのクッカーはコスパ抜群で優秀!角型やIH対応など人気モデル紹介!

「ユニフレーム」には、多彩な種類の商品が揃っています。クッカーもたくさんあり、IHや直火で使えるもの・簡単に炊飯ができるものなど、いろいろあります。「ユニフレーム」のクッカーについて、情報をピックアップして紹介していきます。

ユニフレームのクッカーはコスパ抜群で優秀!角型やIH対応など人気モデル紹介!のイメージ

目次

  1. 1ユニフレームのクッカーを使おう!
  2. 2ユニフレームとは?
  3. 3クッカーとは?
  4. 4コスパ抜群?ユニフレームのクッカーとは?
  5. 5ユニフレームのクッカーが人気の理由
  6. 6ユニフレームのおすすめクッカー
  7. 7ユニフレームのクッカーを購入した人の感想
  8. 8ユニフレームのクッカーの購入方法
  9. 9炊飯におすすめ!ユニフレームのクッカーを購入してみよう!

ユニフレームのクッカーを使おう!

「ユニフレーム」の商品は、とても使いやすいことで有名です。クッカーも大変優秀である、と評判となっていて、らくらく炊飯ができるものや、IH・直火で使うことができるものなど、人気商品が目白押しです。「ユニフレーム」のクッカーについて、詳細情報とあわせてさまざまなことをまとめました。是非、手にしてみてください。

ユニフレームとは?

「ユニフレーム」は、新潟県に本社がある、アウトドア用品やキャンプ用品の総合メーカー・ブランドです。

キャンプで使うテントやタープ・キッチン用品・バーナー・テーブルなどをはじめ、とても充実した幅広いジャンルの商品があります。

日本が初のメーカー・ブランドなので、随所に和の雰囲気を感じることができるものもあり、とても多くの人たちから愛されています。

大自然の中にあるキャンプ場でのがっつりとしたキャンプで使うことができるのはもちろん、今話題の家キャンプやべランピング・日常の生活でも使うことができるものも多く、さまざまなシーンで大活躍する商品ばかりです。

スタイリッシュで男性女性・年齢問わず誰もが利用することができる商品となっていて、使い勝手が良い、とSNSなどでもとても話題になっています。

ファミリーでも、カップルでも、グループでも、ソロでも気軽に使うことができる商品が揃っているので、自分にぴったりのものが見つかること間違いなしです。

クッカーとは?

クッカーとは、コッヘルとも呼ばれ、お鍋やフライパンなどをはじめとした炊飯をするときに使う携帯用・野外用の調整器具のことです。

クッカーは、キャンプなどのアウトドアでの炊飯や食事などのために考案されたものなので、とても丈夫で軽くて薄いつくりとなっています。

持ち手をたたむことができたり、コンパクトに収納することができたり、と持ち運びに便利なようにさまざまな工夫がされています。

クッカーは、一般的な家庭で使う調理器具よりも小さめとなっているものがほとんどですが、つくるお料理の内容や人数などにあったとても多くのサイズや形のものがあります。

クッカーは、基本的にはアルミやステンレス・チタンなどでできていて、素材によって熱伝導性や重さ・保温性などの性能が異なります。

また、直火で使うことができるものや、IH対応のものなど、いろいろなタイプのクッカーが登場しているので、しっかりと事前リサーチをしてから購入することをおすすめします。

クッカーは、アウトドアでのキャンプではあると大変便利なアイテムの一つであり、炊飯用の調理器具として以外でも、食べる時の器やお皿などの代わりとしても使うこともできるものもあります。

クッカーは本格的な大自然の中でのキャンプなどのアウトドアで活躍するのはもちろん、バーベキューやべランピングなどのときにも大変おすすめです。

コスパ抜群?ユニフレームのクッカーとは?

人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」にもとてもたくさんの種類のクッカーがあり、大変注目されています。

「ユニフレーム」のクッカーは、とてもしっかりとしたつくりで使い勝手も大変良い質の高い商品であると話題になっていますが、リーズナブルな値段で購入することができ、コスパが最高なことでも人気です。

安い値段であるので、誰もが気軽に買って使うことができ、汚れてしまったら心残りせず買い替えることも可能となっています。

「ユニフレーム」のクッカーは、コンパクトでソロキャンプにぴったりのものから、複数人数分のお料理の炊飯を一度にすることができる大きめタイプのものまで、豊富に揃っています。

収納ケース付きであったり、すべてをひとつにまとめて収納することができたりするものもあり、持ち運びも大変らくらくです。

直火OKのものや、IHに対応しているものなど、それぞれのクッカーによって特徴が違うので、しっかりと説明書などを読んでから購入するようにしましょう。

クッカーを探しているときには、是非「ユニフレーム」の商品も候補に入れて考えてみることをおすすめします。後悔しない逸品と出会えること間違いなしです。

ユニフレームのクッカーが人気の理由

人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」のクッカーは、愛好者が多く、とても注目度の高い商品の一つです。

「ユニフレーム」のクッカーがこれほどまでに多くの人から愛されて、選ばれているのにはいくつかの理由があるからなのだろう、とされています。

「ユニフレーム」のクッカーについて、あらかじめ知っていたらより楽しく炊飯をすることができる情報について、紹介します。

IHや直火など多彩なモデル

「ユニフレーム」のクッカーが大変人気となっている理由のその第一には、「IHや直火など多彩なモデル」がある、という点が挙げられます。

「ユニフレーム」のクッカーには、直火で本格的な炊飯をじっくりと楽しむことができるタイプのものや、最新式のIHでクッキングをすることができるものまで、多彩な種類のものが揃っています。

直火・IHのどちらにもメリットやデメリットがあり、自分たちにあった炊飯の仕方を選択することがとても重要となります。

「ユニフレーム」のクッカーの中にも、直火で使うことができるものとIHで使うことができるものが混在しているシリーズもあります。

どれが直火で使うことができて、どれがIHで使うことができるものなのか、キャンプに行く前にしっかりと説明書きなどを読んで理解しておき、その場でさっと使うことができるように準備しておくことをおすすめします。

直火では使えてもIHでは使えないもの、同様にIHで使用できても直火で使用できないものがあるので、要注意です。

コスパの良さ

「ユニフレーム」のクッカーが大変人気となっている理由のその第二には、「コスパの良さ」が最高である、という点が挙げられます。

「ユニフレーム」は、信用・信頼することができるアウトドアブランドであり、ここで販売されているものは、とても上質で丈夫なものばかりである、と多くの人から支持されています。

とても良い商品ばかりが揃っていますが、どれも安めの値段設定となっていて、コスパが最高である、ということでも話題になっています。

初めてキャンプのためにクッカーを購入する人でも、お給料日前の人でも気軽に購入することができる値段となっているので、お金のことをあまり気にせずアイテムを揃えることができます。

安い値段でさまざまなクッカーを買うことができれば、お料理内容や炊飯できるジャンルも広がり、より楽しいキャンプやアウトドアになること間違いなしです。

それぞれのクッカーの値段は、さまざまな条件によって変動することも考えられるので、購入したいと思った商品のそのときの値段をしっかりとチェックしてから買ってみることをおすすめします。

ユニフレームのおすすめクッカー

人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」には、とても充実した種類のクッカーがそろっていて、それぞれによって特色が異なっています。

「ユニフレーム」にある豊富な種類のクッカーの中でも、特に人気となっていておすすめの炊飯しやすいクッカーについて、紹介します。購入の際の参考にしてください。

fan5 DX

「ユニフレーム」にあるとても人気となっていておすすめのクッカーのひとつ目には、「fan5 DX」があります。料金は、16000円となっています。

「ユニフレーム」の「fan5 DX」は、fanライスクッカーDX・フライパン・ステンレス片手鍋・ステンレス大鍋・メッシュバスケットの5つがセットとなっています。

「fan5 DX」のfanライスクッカーDXは約21センチメートルで深さが約11.5センチメートル・フライパンは約22.5センチメートルで深さが約5センチメートル・ステンレス片手鍋は約17センチメートルで深さが約9センチメートルとなっています。

ステンレス大鍋は約23センチメートルで深さが約14.5センチメートル・メッシュバスケットは約21センチメートルで深さが約10センチメートルの大きさです。

「fan5 DX」は、異素材の鍋やフライパンなどが揃っているので、効率的に炊飯をすることができ、これだけあれば焼く・炊く・煮る・揚げる・炒めるなどの一通りの調理方法をすべてできるようになっていて、4人から5人ほどのお料理を一度につくることができます。

「fan5 DX」は、すべてを重ねてコンパクトに収納することができるので、持ち運びがらくちんなのはもちろん、使っていないときの保管場所の節約にもぴったりです。

専用の収納ケースもついていて、収納した時の大きさは約23センチメートルで高さが約19.5センチメートルとなります。

スチームクッカー KOLME

「ユニフレーム」にあるとても人気となっていておすすめのクッカーのふたつ目には、「スチームクッカー KOLME」があります。料金は、7500円となっています。

「ユニフレーム」の「スチームクッカー KOLME」は、蓋・外鍋・内鍋・シリコーン蓋・ハンドルから成っています。

「スチームクッカー KOLME」の外鍋の内寸は約9.8センチメートルで深さが約10.5センチメートル・内鍋の内寸が約8.2センチメートルで深さが約8センチメートルです。

「スチームクッカー KOLME」は、1つだけ熱源があれば、蒸す・沸かす・湯煎を一度にできるとてもユニークで大変優れたクッカーです。

収納専用のケースもついているので、片づけも大変簡単であり、ソロキャンプなどに大変おすすめの商品となています。

山クッカー 角型 3

「ユニフレーム」にあるとても人気となっていておすすめのクッカーのみっつ目には、「山クッカー 角型 3」があります。料金は、7500円となっています。

「ユニフレーム」の「山クッカー 角型 3」は、鍋(大・小)・蓋・フライパン・ハンドル・ツマミから成っています。

「山クッカー 角型 3」は、鍋(大)が約12.7センチメートル×約12.7センチメートルで深さが約7.45センチメートル・鍋(小)が約10.8センチメートル×約10.8センチメートルで深さが約6.4センチメートル・フライパンが約13センチメートル×約13センチメートルで深さが約3.4センチメートルとなっています。

「山クッカー 角型 3」は、真四角の角型シリーズの一つであり、割らずにラーメンを作ることができることでも大変話題となっています。

真四角で角型となっているので、ザックの中の整理整頓がしやすく、デッドスペースを少なくし、限られたスペースを有効的に利用することができます。収納ケースがついています。

ごはんクッカープラス

「ユニフレーム」にあるとても人気となっていておすすめのクッカーのよっつ目には、「ごはんクッカープラス」があります。料金は、5900円となっています。

「ユニフレーム」の「ごはんクッカープラス」は、ライスクッカー・アルミクッカー・フライパン・兼用の蓋・ハンドル・ツマミから成っています。

「ごはんクッカープラス」は、ライスクッカーの大きさが約15.5センチメートルで深さが約9.1センチメートル・アルミクッカーの大きさが約14.3センチメートルで深さが約6.8センチメートル・フライパンの大きさが約14.3センチメートルで深さが約3.5センチメートルとなっています。

「ごはんクッカープラス」は、2種類の目盛りがついたライスクッカーと黒皮鉄板のとても丈夫で使い勝手の良いフライパンがあり、調理の幅をぐんと増やしてくれます。

蓋が動くことによって火加減のタイミングを知ることができる優れものです。専用の収納ケースがあります。

ユニフレームのクッカーを購入した人の感想

人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」のクッカーを購入して使用した人がたくさん感想をSNSや口コミなどに投稿しています。

「とても便利」「アイデア次第でいろいろ使える」「買ってよかった」などの良い方向性の感想がとても多くなっていて、便利度抜群のクッカーであることがよく分かります。

どのクッカーでも使う前にはしっかりと取扱説明書を読んで、安全に使用することがとても重要となります。

「ユニフレーム」のクッカーを使ってどのようなお料理を使ったのか、どのような炊飯シーンで使ったのか、などのことを文字と写真をあわせてSNSや口コミに投稿してみると、すぐにいっぱいのいいねが返ってきます。

ユニフレームのクッカーの購入方法

人気のアウトドアブランド「ユニフレーム」のクッカーを購入することができるのは、「ユニフレーム」の商品を扱っている取扱店です。

「ユニフレーム」の商品取扱店は、北海道から沖縄まで日本全国各地のプレミアムショップ・アウトドア用品店・スポーツ用品店などです。

「ユニフレーム」の商品取扱店の詳しいことについてはホームページに書かれているので、事前にチェックしてから出かけると良いでしょう。

炊飯におすすめ!ユニフレームのクッカーを購入してみよう!

「ユニフレーム」のクッカーは炊飯におすすめであり、とても利用しやすいと話題になっています。美味しいごはんを食べてたっぷりと楽しめば、明日からの元気をしっかりとチャージすることができるでしょう。クッカーを購入するときには、是非「ユニフレーム」の商品も検討してみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

新着一覧

最近公開されたまとめ