ユニフレームのスキレットはお手入れが簡単!サイズやシーズニング方法は?

ユニフレームのスキレットがお手入れが簡単と人気を集めています。今回は、ほかのスキレットと大きく異なると話題のユニフレームのスキレットのおすすめの理由を解説します。サイズやシーズニングについても詳しく紹介しますので、人気のスキレットを使いこなしましょう。

ユニフレームのスキレットはお手入れが簡単!サイズやシーズニング方法は?のイメージ

目次

  1. 1お手入れ簡単?ユニフレームのスキレットとは?
  2. 2ユニフレームのスキレットを徹底解説!
  3. 3ユニフレームのスキレットのおすすめポイント
  4. 4ユニフレームのスキレットでできる料理
  5. 5ユニフレームのスキレットの種類
  6. 6ユニフレームのスキレットの口コミ
  7. 7ユニフレームのスキレットは使用前にシーズニングが必要!
  8. 8ユニフレームのスキレットの購入方法
  9. 9キャンプなどで大活躍のユニフレームのスキレットを購入してみよう!

お手入れ簡単?ユニフレームのスキレットとは?

国内アウトドアブランドの老舗であるユニフレームのスキレットが、お手入れが簡単ということで話題になっていることをご存じでしょうか。

スキレットとは、小さくおしゃれな見た目と、さらに移し替えずそのまま食卓に並べることのできる使い勝手の良さが特徴の調理器具です。

持ち運びやすいサイズのスキレットが多いことから、キャンプをはじめとしたアウトドアで活躍してくれるのも人気の理由となっています。

ユニフレームのスキレットを徹底解説!

今回の記事では、ユニフレームのスキレットがおすすめの理由を紹介していきます。ユニフレームのスキレットのおすすめポイント、ユニフレームのスキレットで作れる料理、種類、口コミ情報など、フレームのスキレットに関する情報を徹底解説します。

記事の最後には、気になるユニフレームのスキレットのシーズニングや、どこでユニフレームのスキレットが手に入るのかも登場します。

ユニフレームのスキレットは、ほかのブランドで使われる鋳鉄製を使用しておらず、お手入れの簡単な黒皮鉄板を使用していることが人気のポイントです。

「ユニフレームのスキレットを購入しようか迷っている!」「「ユニフレームが好き!」「ユニフレームのスキレットとほかのブランドのスキレットの違いが知りたい!」という人は、早速チェックしてみましょう。

なお紹介する情報は2021年9月時点のものとなります。紹介する商品の内容・価格・種類など、最新の情報と異なる可能性があります。また紹介する価格ついてはすべて税込価格となります。

ユニフレームのスキレットのおすすめポイント

最初に、ユニフレームのスキレットのおすすめポイントから見ていきましょう。ユニフレームのスキレットとほかのブランドのスキレットにはどのような違いがあるのでしょうか。

ユニフレームのスキレットは、鋳鉄製で作られることの多いスキレットと違い、より頑丈に作られています。そのため使い勝手の良さ、手入れの簡単さが違います。

使い勝手の良さ

ユニフレームのスキレットは黒皮鉄板で作られています。黒皮鉄板の酸化皮膜にはわずかな凹凸があり、この凹凸に油が入り込むことで通常のスキレットより油なじみが良くなります。そのため、本格的な料理を作るのにより適していると言えるのです。

中華鍋と似た性質の調理器具となっていることから「お店で出てくるような本格中華をおうちで楽しみたい」「中華鍋は重たくかさばるので代用できる調理器具が欲しい」という人にとって、抜群の使い勝手の良さを発揮してくれることでしょう。

手入れも簡単

テフロン・フッ素加工が施された繊細なフライパンと違い、金たわしで洗えるしっかり洗えるというのもユニフレームのスキレットならではです。金たわしは調理器具を洗うのにとても適しています。

ほとんど洗剤を使うことなく油汚れをすっきり落とすことができるので、ユニフレームのスキレットを洗う時はぜひ金たわしを使いましょう。

黒皮鉄板で作られたユニフレームのスキレットは、通常のスキレットよりもタフに作られており、サビにくいという特徴を持っています。

もちろん全くさびないということはありませんのでしっかりお手入れはする必要がありますが、スキレットの弱点とされるお手入れの難しさを大幅に改善しています。スキレット好きの人にはたまらない魅力ではないでしょうか。

お手入れがしやすいことは、キャンプなどのアウトドアでも重要なポイントです。「スキレットは好きだけどお手入れが大変!」「最低限のお手入れで永く愛用できるスキレットが欲しい!」「よりキャンプ向けのスキレットはないの?」という人は、ユニフレームのスキレットを一度検討してみることをおすすめします。

ユニフレームのスキレットでできる料理

ユニフレームのスキレットは黒皮鉄板を使用していると冒頭でご案内しました。続いて、ユニフレームのスキレットで作れる料理について見ていきましょう。じつは黒皮鉄板とは焼き物や炒め物はもちろん、煮物料理に揚げ物までこなす万能型の素材なのです。

プロから密かに愛されるユニフレームのスキレットで作った料理は「とにかく美味しさが違う!」「プロの味を家庭で簡単に再現でいる!」と人気です。

ステーキなどの焼き物

熱伝導率の高さから、焼き物をはじめとした料理もらくらくこなすユニフレームのスキレットではもちろんステーキを焼くこともできます。

高温で焼き上げることに特化した黒皮鉄板ですが、ユニフレームのスキレットでステーキを焼く時はぜひ低温で調理することをおすすめします。

高温でもふっくらとステーキを焼き上げられると評判のユニフレームのスキレットだけに、ステーキも高い火力で焼き上げたくなるところですが、あえて低温で挑戦してみましょう。

理由は、黒皮鉄板を使用したユニフレームのスキレットは表面温度が下がりにくく、余熱でステーキの芯まで熱を通すことに長けているためです。ユニフレームのスキレットでステーキを焼く時は、調理に入る前にステーキを常温に戻しておくことがポイントです。

冷えた状態のスキレットに牛脂を入れ、溶けたところで常温のステーキをスキレットに投入します。インゲンやタマネギをはじめ、野菜も焼きたい時はこの時一緒に投入しましょう。片面を軽く焼いたらステーキを反対側にし、もう片面も焼き上げます。

もう片面を焼く時のポイントはフタをすることです。フタをすることでステーキから余計な水分が抜けることを防ぎます。ステーキが硬くなりすぎないようミディアムレアに仕上げたい時は、思い切ってレアの状態で火を止めましょう。

そのままフタをしておけば、余熱で芯まで火が通ります。冷めてきたころにもう一度火をつけてステーキを温め直しましょう。温め終わったらスキレットにステーキが入ったまま食卓に並べることができます。

煮物や揚げ物もできる

通常揚げ物料理や煮物料理を作るのに適さないとされるスキレットですが、ユニフレームのスキレットはそれらの料理もらくらくこなします。ユニフレームのスキレットは比較的小さく、揚げ物料理や煮物料理を最低限の油、ダシで仕上げるのに適しています。

それらの料理の作り方のポイントは、どちらも強火で仕上げることです。煮物料理はじつは強火に適した料理です。弱火で煮物料理を作ろうとしても時間がかかり、味の染み込みが遅く煮崩れしやすくなってしまいます。

ユニフレームのスキレットは高温調理に適しており、テフロン・フッ素加工を施したフライパンでは難しいとされる高温調理をらくらくこなします。

スキレットであるにもかかわらず揚げ物料理を作る耐久性を持ち併せているので、おうちでさまざまな料理を楽しみたい人からの人気を集めています。

揚げ物料理を食卓に並べる時はできればキッチンペーパーを敷いたお皿に並べる必要がありますが、煮物料理ならスキレットごと食卓に並べることができます。

ユニフレームのスキレットの種類

非常に優れた機能を持つユニフレームのスキレットには、2つの種類のモデルが用意されています。続いて、ユニフレームのスキレットの種類、種類ごとに異なるサイズ・特徴・価格などを見ていきましょう。

ユニフレームのスキレットには「10インチ」「7インチ」の2つの種類が用意されています。10インチと7インチでは使用している素材、シーズニングの必要性なども異なります。紹介するサイズ・重量についてはおよその数値となり、商品1つ1つで微妙に異なります。

10インチ

最初に紹介するユニフレームのスキレットはスキレット 10インチになります。ユニフレームの”スキレット 10インチ”は、直径25センチメートル、深さ5センチメートル、持ち手を含む全長39センチメートルのスキレットとなります。

スキレット本体だけでなくフタにも2ミリメートル厚加工の黒皮鉄板を施しており、全体の重量が2.7キログラムとなります。フライパンと同じ感覚で使えることから普段使いに、そしてキャンプに幅広く使うことができます。

ただし、キャンプに持って行くときには一点注意が必要です。ユニフレームのスキレット 10インチには専用の収納ケースも用意されていますが、別売りとなっています。

スキレット 10インチのためのケースとなっているため、キャンプでの持ち運びのしやすさを考えるなら専用収納ケースを購入することがおすすめです。

専用の収納ケースの価格はスキレット 10インチ収納ケース グリーンとなり、2,900円です。スキレット 10インチの価格は6,600円となることから、専用の収納ケースをセットにすると9,500円となります。

7インチ

次に紹介するユニフレームのスキレットは、スキレット 7インチになります。ユニフレームの”スキレット 7インチ”は、直系18センチメートル、深さ4センチメートル、スキレット全体の全長31cmというとても小さなスキレットです。

スキレット 10インチの人気の高さから「一人暮らし用のモデルが欲しい!」「ソロキャンプにぴったりなサイズのユニフレームのスキレットはないの?」という声から2020年4月に誕生したばかりの新商品です。

スキレット 10インチとの違いはサイズや重量だけではありません。透明シリコーン焼付塗装によって、シーズニングをせず購入後すぐに使うことができることで人気となっています。

透明シリコーン焼付塗装はフタにも施されており、フタも含めた重量1.5キログラムです。「シーズニングの必要がない人気スキレットが欲しい!」という人は一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ユニフレームのスキレット 7インチも専用の収納ケースが別売りで用意されています。とくにキャンプでの需要が高いスキレット 7インチ収納ケース グリーンの価格は2,700円です。スキレット 7インチの価格は5,500円となり、収納ケースとセットにすると合計8,200円です。

ユニフレームのスキレットの口コミ

ユニフレームで人気のスキレット 10インチとスキレット 7インチの口コミ情報をご案内します。ユニフレームのスキレットの口コミの中でも特に多いのが「お手入れがしやすい」「料理が美味しくなる」です。

次いで「サビづらい」「メンテナンスがらく」「可愛らしいデザインが気に入っている」「キャンプでの使い勝手が良い」「揚げ物ができるのが嬉しい」といった口コミも目立つことがわかります。

「スキレット 7インチはシーズニングいらずで画期的」「スキレット 7インチは一人暮らしやソロキャンプをするひとにおすすめ」という口コミも多く、発売間もないスキレット7インチの人気の高さが伺えます。

反対に「一番大きな10インチでもすこし小さいので、一度にたくさんの料理を作る時には適さない」「シーズニングが面倒」「持ち手が熱くなるのが欠点」といった口コミがあることも事実です。

また「スキレットとしてはすこし値段が高い」「専用の収納ケースが別売りなのが残念」といった口コミもあるようです。キャンプにすぐに持って行く予定の人は、サイズに合わせた収納ケースを別途購入することをおすすめします。

ユニフレームのスキレットは使用前にシーズニングが必要!

これまでにもご案内してきた通り、ユニフレームのスキレット 10インチについてはシーズニングをする必要があります。

ユニフレームのスキレット 7インチについてはスキレットの必要がありませんので、シーズニングが面倒な人は人気のスキレット 7インチの購入を検討することもおすすめします。シーズニングとは、スキレットのサビやコゲ付きを予防するためのお手入れ方法です。

スキレット以外の調理器具でも似たお手入れをすることがありますが、スキレットのシーズニングについてはやや特殊な手順を踏みます。

特殊と言っても作業そのものはとても簡単で時間もかかりません。ユニフレームのスキレット 10インチを購入したら、まずはシーズニングを行いましょう。使い込んで劣化を感じた時にも、シーズニングを行うと良いでしょう。

Thumbスキレットのシーズニングのやり方は?失敗しないお手入れ方法を徹底解説!
おしゃれで洗い物が少なくて済むスキレットですが、使用するにはシーズニングをする必要があります...

ユニフレームのスキレットの購入方法

最後に、今回紹介してきたユニフレームのスキレットの購入方法を確認しましょう。ユニフレームのスキレットはユニフレーム公式ホームページ、さまざまなオンラインショップから購入可能です。

店舗で直接購入する時は、ユニフレーム取扱店舗から購入することをおすすめします。ユニフレーム取扱店舗についてはユニフレーム公式ホームページから核にすることができますので、お近くの店舗を検索してみましょう。

キャンプなどで大活躍のユニフレームのスキレットを購入してみよう!

ユニフレームのスキレットは、普段の料理はもちろんキャンプなどで大活躍する優れものであることがわかりました。

ユニフレームのスキレットを毎日の料理に取り入れ、お手入れのしやすさと料理の美味しさを実感してみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ