ユニフレームのダッチオーブンは初心者にも人気の万能鍋!サイズや手入れ方法は?

簡単に美味しいオーブン料理などを作ることができるということで人気となっている、「ユニフレームのダッチオーブン」のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。アウトドアにも人気のユニフレームのダッチオーブンの特徴や、シーズニング・お手入れ方法も特集します。

ユニフレームのダッチオーブンは初心者にも人気の万能鍋!サイズや手入れ方法は?のイメージ

目次

  1. 1人気のユニフレームのダッチオーブンを大特集!
  2. 2万能鍋?ユニフレームのダッチオーブンとは?
  3. 3ユニフレームのダッチオーブンのおすすめポイント
  4. 4ユニフレームのおすすめダッチオーブン
  5. 5ユニフレームのダッチオーブンのシーズニング・手入れ方法
  6. 6ユニフレームのダッチオーブンの口コミ
  7. 7アウトドアで大活躍のユニフレームのダッチオーブンをチェックしてみよう!

人気のユニフレームのダッチオーブンを大特集!

お家での普段のお食事であっても、キャンプなどのアウトドアシーンでもご自身で美味しいお料理を作って食べたいという人が多いと思いますが、そんな時に必要になってくるのが優秀なキッチン・調理グッズです。中でも焼いたり煮たりと、多彩な料理に使えて万能だということで人気の「ユニフレームのダッチオーブン」を解説します。

Thumbユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」が超優秀!人気の理由を徹底解剖!
使い勝手のいい焚き火台をお探しなら、ユニフレームの「ファイアグリル」がおすすめです。使い方が...

万能鍋?ユニフレームのダッチオーブンとは?

万能なキッチングッズということで口コミでもどんどん人気が高まっているユニフレームのダッチオーブンですが、そんなユニフレームのダッチオーブンとは一体どういったアイテムなのでしょうか。まだ使ったことがないという人は、特徴を要チェックです。

ダッチオーブンは一般的な鍋とはちょっと違っていて、基本的には金属製の素材を使っている作りのしっかりとしている鍋です。分厚い金属を素材にしているということで、重量感・重厚感があって、アウトドアシーンでも使われる機会が増えている鍋です。

ダッチオーブンは色んなメーカーから商品が発売されてきていますが、そんな中でもトップクラスの売れ筋商品として話題になっているのが、ユニフレーム製のダッチオーブンです。シーズニングなどの手入れも簡単で、手軽に美味しい料理が調理できます。

お家でもアウトドアでも大活躍

ユニフレームのダッチオーブンの特徴として、まずご紹介しておきたいポイントが、ユニフレームのダッチオーブンはお家のキッチンでもアウトドアシーンでも大活躍だということです。多彩なシーンで使える鍋が欲しいという人は、ユニフレームのダッチオーブンがおすすめです。

ユニフレームのダッチオーブンは、機能性も抜群で手入れもしやすいということで、普段の夕食作りにお家で使っているなんていう人もいらっしゃいますし、丈夫な作りということで、キャンプやバーベキューなどのアウトドアで使っている人も多いです。

特にアウトドアシーンでは、ユニフレームのダッチオーブンを使って煮込み料理を作ったりするキャンパーさんも多く、アウトドア料理の定番アイテムとして浸透してきています。アウトドアでも本格的な料理を作りたいという人にはおすすめのアイテムです。

多彩な料理を簡単に作ることができる

お料理はフライパンや鍋、鉄板などの使う道具によって、煮込み料理に向いていたり、蒸し料理に適していたり、炒めたりするのが簡単だったりと、得意なジャンルが分かれるのが一般的ですが、ユニフレームのダッチオーブンは多彩な調理で使用できます。

ユニフレームのダッチオーブンは、フライパンのように野菜やお肉を炒めたり焼いたりすることにも使えますし、もちろんスタンダードな鍋と同様に煮込んでスープを作ったりもできますし、蒸し料理を作ったり、揚げ物を作ったりなんていうこともできます。

アウトドアでもユニフレームのダッチオーブンを一つ持っていくだけで、無限大のお料理メニューを作り出すことができてしまいます。キャンプで毎回違った種類の料理を作りたいという人や、調理器具を増やしたくないという人にもおすすめのグッズです。

料理初心者さんにもおすすめ

色んな調理方法で使うことができるユニフレームのダッチオーブンは、料理の初心者さんにもおすすめしたい調理アイテムです。普段はあまり料理を作っていないという人や、料理が苦手だという人も、ユニフレームのダッチオーブンを使ってみてください。

ユニフレームのダッチオーブンは、シンプルな作りになっているので、料理初心者さんであっても簡単に扱うことができます。シーズニングや手入れの手間もあまりかからないので、ダッチオーブンの扱いに慣れていない初心者さんにも適したアイテムです。

ダッチオーブンは普通の鍋と比較すると、シーズニングなどの手間がかかってしまいがちな調理器具です。手入れが難しい器具を買ってしまうと、良い商品でも使いこなせないなんてことになりかねないので初心者さんはまずはユニフレーム製がおすすめです。

多彩なサイズの商品が発売中

ユニフレームのダッチオーブンは実はいくつかのバリエーションの商品が発売されています。サイズ違いのダッチオーブンが販売されているので、ユニフレームのダッチオーブンを使いたいという場合には、まずは必要なサイズ感をチェックしてみてください。

ダッチオーブンはサイズによっても使い勝手やおすすめの利用シーンは変わってきます。大きめサイズのダッチオーブンなら、大人数のパーティやキャンプの調理におすすめですし、コンパクトサイズのダッチオーブンはソロキャンプシーンに最適です。

ユニフレームのダッチオーブンは、ソロキャンプで気軽に持っていくことができるような軽量でコンパクトなダッチオーブンもありますし、大人数のキャンプで使えるサイズ感の商品もあります。用途に合わせて複数サイズ持っておくのもおすすめです。

ユニフレームのダッチオーブンのおすすめポイント

アウトドアシーンでも大人気のユニフレームのダッチオーブンの情報として、次にご紹介していきたいのが商品のおすすめポイントです。色んなメーカー・ブランドからダッチオーブンが発売されている中でも、ユニフレームのダッチオーブンが何故そこまで高い人気を誇っているのか気になるという人は、魅力をチェックしてみてください。

使い勝手の良さ

ユニフレームのダッチオーブンの知られざるおすすめポイントとして、まずご紹介しておきたいのが、とても使い勝手が良いということです。シーンを選ばず使えるだけでなくて、シーズニングや水洗いなどの手入れもとても簡単なのが魅力の商品です。

ユニフレームのダッチオーブンは「黒皮鉄板」という素材を使っているのが特徴的なダッチオーブンで、普段のお手入れがとても簡単だということで人気です。黒皮鉄板はサビにくい素材なので、長く快適に使うことができるダッチオーブンです。

料理に使った後には、一般的なキッチン洗剤を使って洗うことができるので、特別な洗剤を使ったする手間がなくて便利です。スポンジはもちろんですし、金ダワシを使って擦ったりしても大丈夫な作りなので、お手入れを短時間で完了できます。

丈夫さ

ユニフレームのダッチオーブンのおすすめポイントとして次にご紹介したいのが、非常に丈夫なダッチオーブンだということです。衝撃や熱にも強い作りになっているダッチオーブンなので、しっかりお手入れをすれば長持ちして使うことができます。

最近ではリーズナブルなお値段でダッチオーブンを買うこともできるようになっていますが、素材や加工がしっかりとしていない商品だと、熱の変化でヒビが入ってしまったり、すぐに傷がついてしまうこともあります。その点、ユニフレームのダッチオーブンは丈夫で、急激な加熱や冷却にも強いのが魅力的です。

キャンプなどのアウトドアシーンだと、間違ってダッチオーブンを落としてしまったり何かにぶつけてしまうなんてこともありがちですが、ユニフレームのダッチオーブンなら、ちょっとやそっとの衝撃では壊れないので使いやすいです。

ガス・IHのコンロに対応

ダッチオーブンに限ったことではないですが、加熱に使うキッチングッズの場合は、どんなコンロに対応しているかというのも重要なポイントです。ユニフレームのダッチオーブンなら、ガス・IHのコンロの両方のコンロに対応をしていて便利です。

ガス・IHのコンロのどちらかだけに対応している調理器具の場合だと、家のキッチンでは使えていたけど、アウトドアシーンでは使うことができなかったなんていうことになりかねないですし、引越しで環境が変わって使えないこともあります。

ユニフレームのダッチオーブンはガス・IHのコンロの両方で安定して使うことができて、さらに下からの加熱も、蓋の上からの加熱も対応をしているので使えるシーンが多いです。

シンプルでスタイリッシュな見た目

ユニフレームのダッチオーブンは機能性も抜群で人気を集めているキッチンアイテムですが、実は見た目のデザイン製も素晴らしいということで話題です。ユニフレームのダッチオーブンは、シンプルでスタイリッシュな見た目で素敵な商品です。

ユニフレームのダッチオーブンのデザインは、余計な柄や模様も入っていなくて、黒いシックなカラーでシンプルです。他のキッチングッズのデザインとも合わせやすいので、他のブランドの鍋やフライパンと合わせて使いたい人にもピッタリです。

ユニフレームのおすすめダッチオーブン

ユニフレームのダッチオーブンの情報として次に解説していきたいのが、ユニフレームのダッチオーブンのおすすめ商品の情報です。具体的にどういったモデルのダッチオーブンが発売されていて、それぞれにどういった特徴があるのか気になるという人は、商品情報をチェックしてみてください。

UFダッチオーブン8インチ

ユニフレームのダッチオーブンのおすすめ商品としてまずご紹介しておきたいのが、ユニフレームのダッチオーブンの中でも一番コンパクトなサイズ感で、収納にもアウトドアの持ち運びにも便利だということで人気の「UFダッチオーブン8インチ」です。

UFダッチオーブン8インチはお手頃サイズのダッチオーブンということで、ソロキャンプや少人数向けの調理の際におすすめしたいアイテムです。収納も幅を取らないので、たまのキャンプにしか使わないなんていう人にもピッタリです。

UFダッチオーブン10インチ

ユニフレームのダッチオーブンのおすすめ商品として次にご紹介したいのが、中ぐらいサイズの商品で、カップルのキャンプから、ファミリーでのキャンプにもおすすめしたい「UFダッチオーブン10インチ」です。

コンパクトなサイズで扱いやすいダッチオーブンが良さそうだけど、グループやファミリーで料理をすることも多いなんて人だと、どのサイズにしたらいいか迷ってしまい人も多いようです。そんな人は、汎用的な料理シーンに対応できるUFダッチオーブン10インチがおすすめです。

UFダッチオーブン12インチ

普段から大人数での調理にダッチオーブンを使うことが多いなんていう人や、大きなサイズの料理を作って楽しみたいなんていう人におすすめしたいのが、ユニフレームのダッチオーブンの中でも大きめサイズの「UFダッチオーブン12インチ」です。

UFダッチオーブン12インチはビッグサイズのダッチオーブンということで、大量の料理を一気に作ることができます。ローストチキンなどの大きめの食材を使って豪快に作りたい料理の時にもおすすめです。

スキレット7インチ

ユニフレームではスタンダードなダッチオーブン商品も使いやすくておすすめですが、ダッチオーブン的な使い方ができて人気が高まっている「スキレット7インチ」もおすすめです。

ユニフレームのスキレット7インチは、小さめサイズのスキレットで片手で持って調理をすることができてソロキャンプに人気です。専用の蓋を被せれば、煮込み料理や蒸し料理も作ることができて人気です。

ユニフレームのダッチオーブンのシーズニング・手入れ方法

ユニフレームのダッチオーブンを使っていく場合に知っておきたい情報として、シーズニング・手入れ方法について解説していきます。シーズニング・手入れ方法にちょっと不安があるという人は、事前にシーズニング方法をチェックしてみてください。

ダッチオーブンをきちんと使うためにはシーズニングは必須の作業です。ユニフレームのダッチオーブンのシーズニング方法としては、まずは蓋とコンロを分けてそれぞれコンロに乗せた上で加熱をしていきます。クリアラッカーという表面素材が焼き切れるまでじっくりと加熱します。加熱が十分できると煙が出なくなります。

十分に加熱ができたら、無塩油を中に入れて野菜などを炒めていきます。しっかりと油を全体に馴染ませるようにして炒めていきます。脂が馴染んだら、しっかりと洗って乾かします。乾いたら最後に無塩油を全体に塗ります。

Thumbダッチオーブンのシーズニングのやり方は?失敗しない方法・コツを解説!
キャンプなどアウトドア料理に大活躍の「ダッチオーブン」。ダッチオーブンはシーズニング行う必要...

ユニフレームのダッチオーブンの口コミ

ユニフレームのダッチオーブンの口コミ情報について詳しくご紹介していきます。実際にユニフレームのダッチオーブンを買って使ったみたユーザーさんが、どんな感想を持っているのかチェックしてみてください。

具体的な口コミとしては、今まで使っていたダッチオーブンよりもシーズニングや調理後のお手入れがしやすくて快適だという口コミや、何回もキャンプで使っても綺麗に使えていてコスパが良い、スープを作ったり煮物を作ったり色んなメニューを簡単に作ることができて優秀だ、なんて口コミがあります。

アウトドアで大活躍のユニフレームのダッチオーブンをチェックしてみよう!

アウトドアシーンでも使い勝手抜群だということで人気の、ユニフレームのダッチオーブンのおすすめ情報はいかがでしたでしょうか。ユニフレームのダッチオーブンはシーズニングも簡単で、ガス・IHのコンロでも使うことができて便利なアイテムです。コストパフォーマンス抜群のユニフレームのダッチオーブンを買ってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

新着一覧

最近公開されたまとめ