シェラカップで炊飯にチャレンジ!キャンプや登山で美味しいご飯を炊くコツは?

キャンプでは、色々なアイテムを使いこなしますが、小さいけど役に立つ人気アイテムがあるのをご存知ですか。それが、「シェラカップ」でドリンク以外に、固形燃料で炊飯も計量もできるのでおすすめです。シェラカップでキャンプや登山で美味しく炊飯をするコツをご紹介します。

シェラカップで炊飯にチャレンジ!キャンプや登山で美味しいご飯を炊くコツは?のイメージ

目次

  1. 1シェラカップ炊飯の魅力や人気商品をご紹介
  2. 2シェラカップとは
  3. 3シェラカップ炊飯におすすめの商品
  4. 4シェラカップの炊飯は難易度高め?
  5. 5超簡単!シェラカップ炊飯の方法
  6. 6シェラカップ炊飯の注意点
  7. 7シェラカップ以外に炊飯におすすめなキャンプアイテム
  8. 8シェラカップ炊飯でキャンプ飯を楽しもう

シェラカップ炊飯の魅力や人気商品をご紹介

キャンプでは、様々なキャンプアイテムを駆使して楽しみますが、そのキャンプアイテムの中で、小さいけれども活躍してくれるアイテムがあります。それは、シェラカップというもので、キャンプの様々なシーンで便利に使えるのでおすすめです。

シェラカップは、主に、コーヒーなどを入れるカップとして使うことが多いですが、その他にも、炊飯や料理など、計量カップとしても利用されることがあります。また、火に直接かけても良いので、ガスでも固形燃料でも使うことができます。

シェラカップというのは、小さなカップではありますが、その小さなボディには秘められた魅力があります。小さくコンパクトなので、ひとりキャンプにもおすすめです。シェラカップでの炊飯のコツやおすすめのシェラカップをご紹介します。

シェラカップとは

シェラカップというのは、チタンやステンレス素材の小型カップのことで、アメリカの自然保護団体「シェラクラブ」が作ったカップということで、シェラカップと呼ばれるようになりました。

キャンプなどのアウトドアブランド各社が、現在では、同じようなシェラカップを発売しています。同じ種類のシェラカップであれば、重ね合わせることができてコンパクトに収納できます。

ひとりキャンプであれば、極端にいうと、簡単な料理であれば、このシェラカップと固形燃料があれば、炊飯も料理もできてしまうほど使い勝手が良いのでおすすめです。

チタンやステンレス素材の小型カップ

シェラカップは、チタンやステンレス素材の小型カップです。このチタンやステンレス素材ということが重要で、サビなどにも強い素材なのでおすすめです。

メインの使い方としては、コーヒーなどを入れるカップとして、使うことが多いです。ですので、5つセットなどを用意しておくと、ファミリーでも使いやすいです。チタンやステンレス素材なので、直接火にかけることができます。

チタンやステンレス素材ということで、とても丈夫で手入れもしやすいのでおすすめのキャンプアイテムです。一度、使い始めるとやはりとても便利ということでおすすめです。サイズや容量も違うものもあるので使い勝手が良いです。

計量カップなど調理器具として使える

コーヒーカップだけでなく、カップの内側には目盛りがあり、計量カップとしても使うことができます。キャンプで初めての料理にチャレンジするときには、やはり、計量ができると便利です。お子さんの手前、お父さんも料理の失敗は禁物なので、この計量カップになるシェラカップは必須です。

シェラカップは、コーヒーカップや計量カップだけでなく、炊飯もできるということで人気となっています。この小さなカップでどのように炊飯するかについては、このあとじっくりとご紹介していきます。

その他にも、料理が終わったあと料理を盛り付けるときに使うお皿としても使えますし、スープなどを入れることもできます。この小さなボディーで魅力満載のキャンプアイテムで人気があります。使い始めたら、とても便利で手放せなくなります。

Thumbシェラカップはキャンプ料理の必需品!コーヒーやラーメンなど便利な使い方は?
キャンプ料理を作る時におすすめなのがシェラカップ。シェラカップを持っているだけで、主食からス...

シェラカップ炊飯におすすめの商品

ここでは、シェラカップ炊飯におすすめの商品についていくつかご紹介しましょう。現在では、シェラカップは、様々なアウトドアブランドから発売されています。長く使うのであれば、ノーブランドよりも、信頼性のあるブランドシェラカップがおすすめです。

ブランドと言っても、それほどびっくりする価格でないところも、シェラカップが人気の理由にもなっています。誰でも簡単に手に入るそんなキャンプアイテムでおすすめです。どれも固形燃料での炊飯も可能です。

こちらでは、アウトドアブランドで人気のコールマンやキャプテンスタッグのシェラカップをいくつかご紹介します。

コールマン シェラカップ300

コールマン シェラカップ300は、内容量が300ミリリットルの一般的なサイズのシェラカップになります。コールマンには様々なサイズのシェラカップがありますが、一番人気はこのサイズです。

内側には、もちろん計量できる目盛りもあります。コールマンということで、信頼性もあるシェラカップになります。

キャプテンスタッグ ステンレス シェラカップ320ml

キャプテンスタッグ ステンレス シェラカップは、定番の320ミリリットルサイズでおすすめです。キャプテンスタッグでも様々なサイズのシェラカップがあります。

内側には、お米と水の量を計測できる計量も刻印されています。取っ手もとてもおしゃれで人気があるのも頷けます。

Thumbユニフレームのシェラカップはアウトドアの必須アイテム!サイズや使い方は?
近年、アウトドアを趣味とする方に人気が高い食器の一つがユニフレームのシェラカップです。一つで...

シェラカップの炊飯は難易度高め?

キャンプで炊飯をするというと、飯盒を思い浮かべる人も多いですが、最近では、メスティンやクッカーなどもあり、より簡単に炊飯ができるようになってきています。ここでは、シェラカップで炊飯ができるのかについて検証をしておきましょう。

まず、結論から言ってしまうと、シェラカップで炊飯は可能となっています。ただし、しっかりと水の量などを測らないと失敗する可能性もあります。失敗する可能性は、メスティンや飯盒、クッカーよりも高まります。

ただし、これからお話するシェラカップでの炊飯のコツをしっかりと理解していただければ、問題なくシェラカップでの炊飯を成功に導くことができます。

超簡単!シェラカップ炊飯の方法

こちらでは、シェラカップ炊飯の方法をご紹介しましょう。基本的な炊飯の概念は、メスティンや飯盒、クッカーと同じと思っていただければ問題ありません。ちょっとしたコツを掴んでもらえば、徐々に、シェラカップでの炊飯がうまくいくようになるはずです。

ここで、ひとつポイントとなるのが、ガスバーナーを使うよりも固形燃料を使うとうまくいくということです。固形燃料は、今では、100均でも手に入るので、キャンプにお出かけ前には100均で何個か買い置きをしておきましょう。

シェラカップには専用の蓋がある場合がありますが、ない場合には、アルミホイルも用意しておきましょう。それでは、シェラカップでの炊飯のコツをご紹介していきます。

米を研いで吸水させる(30分)

まずは、計量できる目盛り付きのシェラカップで、お米を計量することから始めます。お米の計量がしっかりとできていないと美味しくいただける炊飯はできません。ちなみに、シェラカップは300ミリリットルの場合が多いので、お米は0.5合がちょうどよいでしょう。

お米0.5合というと、90ミリリットルになります。お米をしっかりと計量しましたら、お水でお米を洗い、お米をお水に30分浸けましょう。これをやるかやらないかで、お米の炊きあがりが変わります。

お米を30分、水に浸したら、水を計量しますが、お米1合に対して1.2合のお水ということを覚えておきましょう。お水の計量も非常に重要となります。300ミリリットルのシェラカップの場合は、0.5合に対して0.6合の水ということになります。

固形燃料を着火

お米を計量して、お水も適量を入れましたら、いよいよ加熱をしていきますが、ガスバーナーなどよりは、満遍なく熱量が伝わる固形燃料がおすすめです。この固形燃料の火力が、シェラカップでの炊飯にちょうど良い火力のようです。

固形燃料を着火しましたら、水がグツグツとしてきたら、お米がシェラカップの底にくっつかないように、かき混ぜるようにしましょう。このかき混ぜをすることで、底部分に焦げができるのを防いでくれます。

かき混ぜましたら、蓋をして15分ほどで炊きあがるはずです。この15分間というのは、蓋をして基本的には開け締めをしない方がうまく炊飯することができるのでおすすめです。

フタをして火が消えたら蒸らす

次には、固形燃料の火が消えましたら、蓋はそのままにして蒸らす時間をしっかりと取りましょう。この蒸らしの時間があるから、美味しいご飯を炊くことができます。

蒸らす際には、タオルなどで巻くとよりよい炊きあがりになることが多いです。メスティンでも同じように、蒸すときにはタオルを巻いて蒸らすことをおすすめします。

ふっくらご飯の完成

このように、蒸らしの時間をしっかりと取ることで、ふっくらとした美味しいご飯を炊くことができます。この一連の流れを体に覚えていけば、最初は失敗するかもしれませんが、段々と理想の炊飯に近づいて行くはずです。

さきほどもご紹介したように、シェラカップに蓋がある場合は、専用の蓋を、無い場合は、アルミホイルでも代用できます。どちらにしても、蓋になるようなものが必要になることは頭に入れておきましょう。

ここまで、お話しをしてきた計量などや時間などは、あくまで目安であり、自分好みのお米の炊きあがりの状態もあるので、何回か繰り返して感覚で覚えていきましょう。

シェラカップ炊飯の注意点

ここでは、シェラカップ炊飯の注意点をいくつかご紹介しましょう。シェラカップという小さなカップで炊飯をするということですと、やはり、注意点がいくつかあります。この注意点をしっかりと理解しておきましょう。

シェラカップ炊飯の注意点を理解しておけば、失敗する確率もぐっと減ることになります。さきほどは、固形燃料でのシェラカップ炊飯をご紹介してきましたが、もちろん、ガスバーナーなどでも炊飯することができます。

そのときには、やはり、火力が強いということもあり、注意しておく点があるので、その点をお話ししていきましょう。

底に均等に炎を当てないと焦げの原因に

まずは、ガスバーナーを使う場合には、シェラカップの底部分に、炎が均等になるように当てる必要があります。シェラカップは、どうしても小さなカップということもあり、火力が一箇所に集中しやすい傾向があります。

ですので、ガスバーナーの火力の状況を見つつ、シェラカップの底部分に均等に火力が当たるようにしてください。ガスバーナーの上をずらしながら炊飯する必要も出てきます。

一箇所だけに炎を集中させてしまうと、焦げの原因になります。このガスバーナーの火力を集中させないいいアイテムはないのでしょうか。実は、各アウトドアブランドでもガスバーナーの熱を分散させるアイテムがあります。

バーナーパッドを使って対策しよう

ガスバーナーの熱量を分散させてくれるアイテムは、「バーナーパッド」というものです。ガスバーナーの上に、このバーナーパッドを乗せることで、そのバーナーパッドが均等に温められるので、シェラカップへの熱量も塩梅よくなります。

このバーナーパッドは優秀で、シェラカップ炊飯をする場合でも、その他、メスティンなどでの炊飯にもおすすめな人気アイテムになります。

このバーナーパッドは、そんなに高いものではありませんが、ぜひとも手に入れて、シェラカップで美味しい炊飯にチャレンジしましょう。

シェラカップ以外に炊飯におすすめなキャンプアイテム

最後に、シェラカップ以外に炊飯におすすめなキャンプアイテムをいくつかご紹介しましょう。キャンプで炊飯ができるアイテムは、シェラカップ以外にもあります。シェラカップは、炊飯できる調理器具がない緊急的な場合やひとりキャンプで極力荷物は少なくしたいと言う人が炊飯することが多いです。

一般的には、ファミリーキャンプや友人とのキャンプでは、やはり、炊飯が簡単にできるアイテムは用意しておきた方が良いでしょう。ソロキャンプの場合であっても、小さめなメスティンくらいはあると、料理にも幅が広がります。

シェラカップ以外に炊飯におすすめな人気キャンプアイテムとして、「メスティン」と「クッカー」をご紹介しましょう。

メスティン

メスティンは、現代版、飯盒みたいな立ち位置で登場して、あっという間に人気となった炊飯アイテムです。炊飯のほかにも、ラーメンを作ったり、パスタやアヒージョなどもこのメスティンで簡単に作れます。

このメスティンは、ソロキャンプが数年前から流行り始めたときから、人気となっているキャンプアイテムになります。ご飯もしっかりと1合炊飯することもできるので人気があります。

また、インスタントラーメンなどを作るにもぴったりなサイズ感で、鍋にもフライパンにもなるメスティンはおすすめです。

クッカー

クッカーも各アウトドアブランドが力を入れているキャンプアイテムのひとつになります。このクッカーは、鍋やフライパンなどがセットになっているものもあり人気です。

クッカーになると、ファミリーでの炊飯などにも十分対応できる深さのあるクッカーもあるのでおすすめです。料理の幅もかなり広がっていきます。

シェラカップ炊飯でキャンプ飯を楽しもう

シェラカップでの炊飯のコツやおすすめのシェラカップをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。シェラカップは、コーヒカップとしてだけでなく、炊飯も料理もできるスグレモノのアイテムです。

シェラカップでの炊飯はちょっとしたコツは要りますが、それもなれてくれば簡単に美味しいシェラカップ炊飯ができるはずです。まだ、シェラカップをお持ちでない方は、この機会に購入してシェラカップ炊飯しましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ