大分でグランピングが楽しめるスポット3選!日帰りから宿泊まで人気施設紹介!

大分には自然に囲まれたグランピング施設が多く、ラグジュアリーな体験ができると人気があります。九州で最大級のグレンピング施設やアットホームなキャンプ場、日帰り利用ができる施設など、大分のおすすめグランピングスポットをご紹介しましょう。

大分でグランピングが楽しめるスポット3選!日帰りから宿泊まで人気施設紹介!のイメージ

目次

  1. 1大分でグランピングするなら温泉とセットがおすすめ
  2. 2大分のグランピングが楽しめる施設を3選ご紹介
  3. 3グランピングの魅力
  4. 4大分でグランピングが楽しめるスポット(1)COMOREBI
  5. 5大分でグランピングが楽しめるスポット(2)The sense of wonder holistic glamping
  6. 6大分でグランピングが楽しめるスポット(3)バルンバルンの森
  7. 7大分でグランピングを楽しもう

大分でグランピングするなら温泉とセットがおすすめ

ワンランク上の快適なキャンプが楽しめるグランピング。「おんせん県 大分」では、温泉と一緒に楽しめるグランピングが人気です。

大分のグランピングは比較的安い料金で楽しめるのが特徴で、日帰り利用もできます。子供向けの施設が充実しているグランピングもあり、家族で楽しめます。

大分のグランピングが楽しめる施設を3選ご紹介

自然豊かな大分にはキャンプ場やグランピングがいくつもあり、普段できない非日常の体験ができると好評です。今回は数多い大分のキャンプ場の中から、特に人気が高いグランピング施設を3選、ご紹介しましょう。

今回ご紹介するのは、大分県由布市の九州最大規模のグランピング「COMOREBI」、塚原高原の大自然に囲まれた「The sense of wonder holistic glamping」、ファミリーで楽しめる「バルンバルンの森」です。それぞれの特徴や施設情報、料金などをチェックしてみましょう!

グランピングの魅力

グランピングとは、「キャンプ」という言葉と「魅惑的な」という意味の「グラマラス」を合わせた造語で、新しいスタイルのキャンプとして世界中で人気を集めています。

グランピングは2005年頃に、ヨーロッパや北米で始まりました。自然の中でテントを張り、火を起こして食事を作るキャンプは楽しいけれど、ホテルに泊まるようにより快適に過ごしたいという人たちから支持を受け、多くの施設が誕生しました。日本でも2015年頃から多くのグランピングが作られています。

グランピング施設にはおしゃれで快適なテントが用意されており、食事の準備をする必要もありません。荷物も少なくて済みますし、何より自然の中で過ごせる時間がたっぷりとあります。

これまで初心者やファミリーにはハードルが高いと考えられていたキャンプも、グランピングなら手軽に自然を体験することができるようになりました。大分には快適に過ごせるグランピングが数か所あり、県外の人からも人気があります。

大分でグランピングが楽しめるスポット(1)COMOREBI

COMOREBI(こもれび)は、大分県別府市にあるグランピング施設で、大分の別府温泉から約30分と便利なロケーションにあります。山間の豊かな自然に囲まれたグランピング施設で、北欧のファンタジー世界をイメージした、かわいいテントが並んでいます。

大分の別府温泉から温泉を引いており、リラックスできるのも魅力です。食事は、有名フレンチシェフ黒岩功氏が監修したフレンチコースや、極上のバーベキューコースが堪能できます。

九州最大規模の人気グランピング施設

大分県別府市のCOMOREBIは、九州で最大規模のグランピング施設として人気があります。また、九州のグランピング施設では初のペットと宿泊できるグランピング施設で、愛犬家からも大変人気があります。

COMOREBIには犬同伴の宿泊エリアがあり、他の宿泊客を気にせずに楽しめます。また広々としたドッグランがあり、貸切利用ができます。愛犬の食事も予約制で用意してもらえます。

COMOREBIでは、自然の中でのんびりと過ごすのがおすすめです。特別な施設はありませんが、散策をしたり星空の下でお酒を楽しんだりと、自由に楽しむ人の姿が多くみられます。夏休みやハロウィンには、イベントが開催されるので、参加してみるといいでしょう。

温泉とおしゃれなテント泊が楽しめる

テントは65畳もの広さがあり、天井が高く、広々としています。全ての部屋が冷暖房完備で、冬でも快適に過ごせると好評です。お部屋の家具は、北欧から直輸入したヴィンテージ家具を使っており、ラグジュアリーな空間が楽しめます。

テントは4タイプあります。ラグジュアリーな「オーバルテント」はドーム型の楕円形のテントです。ころんとした丸い形の「ドームテント」は一番人気です。部屋の3分の1が透明なので、明るく開放感があります。

「ロータスベルテント」はCOMOREBIのシンボルマーク「蓮」をモチーフにしたテントです。中はわかいいインテリアでまとめられており、女性に人気があります。

大分のCOMOREBIには「光のハコ」という特別なお部屋があります。四面が全てガラスで囲まれているため、まるで屋外にいるような感覚で過ごせます。

COMOREBIには、「SORA」と「HAKONIWA」の2つの温泉があります。窓の外に広がる山々の景色を眺めながら、ゆったりと温泉が楽しめます。泉質は弱アルカリ性単純泉で、肌触りがよく「美肌の湯」としておすすめです。

食事は、フレンチコースとシカゴバーベキューコースの2種類から選びます。一流シェフが監修したフレンチコースは、海の幸を使った前菜や黒毛和牛のバーベキューなど、贅沢なメニューとなっています。

バーベキューソムリエが監修したアメリカンスタイルのバーベキューコースは、季節によって内容が異なり、宮崎黒毛和牛のステーキやスペアリブをはじめ、地元の旬の食材を使った豪華な内容となっています。

グランピング料金・詳細情報

COMOREBIのグランピング料金は、時期や食事、宿泊施設、ペットの有無などによって異なりますが、1泊2食付きで1人3万円からとなります。早割や連泊割引などがあります。ハロウィンやクリスマスなどのイベント時や夏休み、ゴールデンウィークは料金がアップします。

COMOREBIへのアクセスは湯布院ICから約30分、大分IC、別府ICから約20分です。最寄り駅は向之原駅で、車で約15分となります。予約は公式サイトからオンラインでできます。人気施設のため予約が取りにくく、早めの予約がおすすめです。

住所 大分県由布市挾間町時松105

大分でグランピングが楽しめるスポット(2)The sense of wonder holistic glamping

「The sense of wonder holistic glamping」は大分県由布岳山麓の塚原高原にある、自然豊かなグランピングスポットです。背後には由布岳、目の前には広々とした水田が広がり、ゆったりとした時間が流れています。

広大な敷地には宿泊施設が2棟しかなく、仲間や家族とプライベートで過ごしたい方におすすめです。宿泊施設以外には何もなく、夜は満天の星を眺めながら非日常を味わえます。

塚原高原の大自然の中でグランピング

塚原高原は由布岳の北側に広がる高原で、見渡す限り手つかずの自然が広がる丘陵地帯となっています。九州らしい広々とした景色が広がり、訪れる人を楽しませてくれます。

大分の塚原高原には、日本三大薬湯のひとつとして名高い「塚原温泉 火口乃泉」があります。日帰り温泉施設なので、グランピングに訪れたら立ち寄るといいでしょう。約800年前に開湯した、全国でも珍しい強酸性の秘湯で、アトピーに効く温泉として知られています。

塚原高原は大分の畜産の発祥地で、現在も牧場がありのどかな景色が楽しめます。塚原牧場では、搾りたての牛乳や濃厚なソフトクリームなどを販売しているので、立ち寄ってみるといいでしょう。

塚原高原は、由布岳登山の拠点としても人気があります。伽藍岳や由布岳にはトレッキングコースがあり、多くの登山家が訪れて楽しみます。サイクリングやドライブもおすすめなので、こちらのグランピング施設に宿泊したら楽しんでみましょう。

薪ストーブ付きキャビン&ティピーテント

こちらのグランピングスポットには、一区間にキャビンと三角形のティピーテントが備わっています。キャビンはホテルのような快適な空間となっており、米国の薪ストーブが作られています。

室内はベッドが3台とエキストラベッドが1台あり、ファミリーやグループにおすすめです。ウッドデッキにはハンモックがあり、芝生の上でバーベキューや焚き火をして楽しむのこともできます

ティピーテントは三角形のかわいいテントで、内部は薪ストーブがあります。ソファセットがあり、日中はテントの中で過ごすのもいいでしょう。

夕食は、アウトドアで焚き火を囲んでバーベキューが楽しめます。大分の食材を使ったフルコースで、地鶏のローストチキンやジビエ、ダッチオーブン、キヌアのごはんなど贅沢なメニューが味わえると好評です。

グランピング料金・詳細情報

こちらのグランピングスポットの料金は、宿泊する時期や部屋の種類、アクティビティの内容などによって異なります。おすすめの「グランピングとキャンプが同時に楽しめるプラン」の料金は、1泊2食付きで、一人2万6000円からです。

予約は公式サイトからオンラインでできます。人気施設のため予約を取るのが難しく、早い時期から満室になります。早めの予約がおすすめです。

こちらのスポットへのアクセスは、大分由布岳ICから5分、湯布院ICから20分です。最寄り駅は由布院駅で、タクシーで約15分となります。

住所 大分県由布市湯布院町塚原44-7
電話番号 0977-85-5066

大分でグランピングが楽しめるスポット(3)バルンバルンの森

「バルンバルンの森」は大分県中津市にある、森に囲まれたキャンプ場です。古い公共キャンプ場をご夫婦で改装し、2002年にリニューアルオープンしたアットホームな施設で、日帰り利用もできます。「まるで絵本の世界」と呼ばれることが多い、かわいいメルヘンチックなキャンプ場です。

敷地内にはリノベーションをした宿泊施設が10棟、キャンプサイトが20区間あり、中央にキャンプ場のシンボルでもあるツリーハウスがあります。大人も中に入ることができ、童心に戻って寛げます。

敷地内には、あちらこちらにハンモックがあり、昼寝をしたり読書をしたりして楽しめます。「森の読書室 ヨムネルの巣」には、本がぎっしりと並んでいるので、本を持参しなくても楽しめるでしょう。

子連れも安心の日帰り利用可能なキャンプスポット

「バルンバルンの森」は、日帰り利用ができるおすすめスポットです。日帰り専用のピクニック小屋「ハコベ」があり、お誕生日会をしたり、ランチを食べたりして過ごせます。まるで絵本から出てきたような、かわいい小屋で、日帰り利用にぴったりです。

ファミリー小屋「空のたね」も日帰り利用ができます。中には小さなティピーテントが張られ、絵本やおもちゃが用意されているので、子連れで楽しめるでしょう。目の前でバーベキューができるので、宿泊が難しい小さな子供でも日帰りで楽しめると好評です。

ファミリー限定のグランピングが人気

日帰りではなく、宿泊をしたい方は「森の小屋」が利用できます。定員は4名までで、人数に合わせて利用できます。木々に囲まれた温かみのあるウッドコテージで、中には手作りのカウンターやハンモック、水道があります。寝具やアメニティは備わっていないので、必要なものは持参しましょう。

また、手作りの「木製キャンピングトレーラー」が1つあり、大人2名まで利用できます。中にはBBQコンロセットや寝具、焚き火セットなどが用意されているので、キャンプ初心者も安心して過ごすことができます。

また、季節限定で春に「リトルファミリーグランピング」、冬に「おとなのグランピング」が行われています。テントを持ち込めば、フリーサイトでキャンプができます。

グランピング料金・詳細情報

大分の「バルンバルンの森」の料金は、宿泊する施設や時期によって異なります。「森の小屋」の宿泊料金は大人一人平日9500円~1万4000円、休日前1万1000円~1万5500円です。ペットで宿泊できる小屋もあります。

日帰り専用小屋「ハコベ」の利用料金は5000円、「そらのたね」は7000円です。プラス高校生以上の大人1000円、子供500円がかかります。利用日は月曜、木曜、金曜~日曜、祝日で、時間は11:00~16:00です。

大分の「バルンバルンの森」の予約は、公式サイトからオンラインで予約ができます。大変人気があるキャンプ場で、予約を取るのが難しいので気を付けてください。リピーター限定で会員制度があり、1年間有効の「むささび会員」になると、優先的に予約が取れます。

アクセスは大分の中津ICから15分、上毛スマートICから10分、日田ICから50分です。最寄り駅はJR中津駅で、タクシーで約25分となります。

住所 大分県中津市本耶馬渓町曽木459-9
電話番号 0979-52-3020

Thumb大分の人気キャンプ場21選!温泉付きのおすすめやペット可・無料施設は?
大分にはたくさんのキャンプ場があります。無料で利用できるキャンプ場や、温泉付きのキャンプ場な...

大分でグランピングを楽しもう

温泉が楽しめる大規模なグランピング施設や、宿泊施設が2棟のみの小さなグランピング施設まで、大分のおすすめスポットをご紹介しました。それぞれ特徴があるので、利用したいシーンやお好みに合わせて利用してください。

また、本格コース料理が楽しめるグランピング施設や、食材を持ち込んで自分たちでバーベキューを行う施設などがあり、スタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

こちらでご紹介したグランピング施設は、大分の豊かな自然の中にあり、非日常的な空間が楽しめます。自然の中でゆったりと過ごしてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ