ジギングサビキが釣れるとの噂!仕掛け方法や釣り方のコツまで徹底解説!

ジギングサビキは堤防や船で色んな魚が釣れる人気の釣り方です。仕掛け方法や釣り方のコツを掴めば、初心者でも楽しめるのでおすすめ。ジギングサビキの釣り方について徹底解説していきます。初心者の方の注意点についても紹介するので参考にしてください。

ジギングサビキが釣れるとの噂!仕掛け方法や釣り方のコツまで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1色んな種類の魚を狙うならジギングサビキがおすすめ
  2. 2ジギングサビキとは
  3. 3ジギングサビキで釣れる魚の種類
  4. 4ジギングサビキを使った釣り方のコツ
  5. 5ジギングサビキの人気商品
  6. 6ジギングサビキの注意点
  7. 7ジギングサビキでの釣りに挑戦しよう

色んな種類の魚を狙うならジギングサビキがおすすめ

釣りを楽しむ方には必見の情報です。当記事ではジギングサビキの釣り方や仕掛けについて紹介していきます。釣りには色んな釣法がありますが、初心者でも行いやすい釣り方として人気ああります。船や堤防など場所を問わず楽しめるのも魅力です。

そして一番のおすすめのポイントは、色んな種類の魚を釣ることができる点です。ジギングサビキでターゲットにできる魚の種類や釣り方のコツなどを徹底解説していくので、初めてジギングサビキに挑戦する方も釣果が上がらない方も参考にしてください。

ジギングサビキとは

ジギングサビキの釣り方や仕掛けについて紹介していく前に、まずはジギングサビキについて解説していきます。ジギングサビキは一番簡単に説明すると、サビキ釣りにジギングの要素を加えた釣り方です。簡単に挑戦できるので大人気の釣り方です。

ジギングサビキにまだ挑戦したことがないという方も、ジギングサビキがどのような釣り方かをチェックしていくとより楽しみやすくなるでしょう。ここで紹介するのはジギングサビキの基本的な情報やおすすめのポイントになるので参考にしてください。

サビキ付きのメタルジグのついた仕掛け

先ほども触れたようにジギングサビキは、サビキ釣りにジギングの要素を加えた釣り方になります。サビキ釣りといえば仕掛けにカゴを取り付ける釣り方になります。

そんなサビキ釣りにジギングの要素になるのですが、違ってくるのは仕掛けの下に付けているカゴです。ジギングサビキの時にはジギングの仕掛けとして利用するメタルジグをつけます。メタルジグを目掛けてくる魚を狙う釣り方になります。

普段からジギングを行なっている方の場合にはメタルジグをそのままジギングサビキに利用することができるので、挑戦しやすい釣法としておすすめです。初めてジギングサビキに挑戦する場合には、ジギングサビキ用の仕掛けもあるので利用するのがおすすめ。

メタルジグの取り付ける場所もカゴの位置になっているので、仕掛けを準備するのも難しくはありません。また、専用のジギングサビキの仕掛けを購入する場合にはターゲットによって種類があるのもポイント。ターゲットにしたい魚で選択できるので便利です。

仕掛けのハリの太さなどの違いもあるので、色んな仕掛けを利用してジギングサビキを楽しむのもおすすめになります。大物を狙うこともできるので、釣り初心者の方も人気のジギングサビキの釣り方を覚えて色んな魚を釣り上げてみてください。

船からも堤防からも大物を狙える

ジギングサビキは堤防や船で釣りができるのも人気の理由の一つになります。堤防や船によって釣れる魚の違いはありますが、大物を狙えるのでおすすめになります。

ジギングサビキで釣れる魚についてはこの後の項目で紹介していきますが、船では大物の釣果も多数上がっているのが特徴です。大量はもちろん大物を狙いたい場合には、船を利用してジギングサビキにチャレンジしてみるのがおすすめになります。

また、ジギングサビキの仕掛けには船用の種類も販売されています。使い分けてみるだけでも船でのジギングサビキの釣果に違いがあると言われています。船を利用してあまり釣果が上がらない場合には、仕掛けを変えてみるのもおすすめと言えるでしょう。

もちろん堤防からのジギングサビキでも釣果が上がっているのが特徴です。堤防からのジギングサビキでは数を釣れることが多いのが特徴です。船よりも利用しやすくなっているので、初めてジギングサビキに挑戦する場合は堤防を利用するのがおすすめです。

堤防でジギングサビキを行う場合には堤防の先端を利用するのがおすすめです。堤防の先端は水深があるので魚が寄ってきやすい要素があるのでジギングサビキで釣果を期待できるとされています。気軽に挑戦できるので、まずは一度行ってみてください。

ジギングサビキで釣れる魚の種類

続いてジギングサビキで狙えるターゲットについて紹介していきます。ジギングサビキは色んな魚種が釣れる方法として人気を集めています。釣り場によっての違いはありますが、サビキ釣りやルアーでターゲットにできる魚はほぼ狙うことができます。

ヒラメやマゴイなどの魚はもちろんですが、カサゴや太刀魚なども釣ることができます。特別に一つの魚を狙う形ではないので釣りそのものを楽しめるのが人気の理由です。

もちろんサビキ釣りで狙えるアジやサバなどの魚も釣ることができるので、色んな魚を釣りたい方は一度は挑戦してみる価値があると言えるでしょう。もちろん船や堤防に関わらずに色んな魚を釣ることができるので、おすすめになります。

他にもジギングサビキでは、クロダイやマダイの釣果も上がっています。堤防からのジギングサビキでも狙えるとしているので、挑戦していると思わぬ大物がかかる可能性もあります。そんな思わぬ大物もジギングサビキの魅力の一つと言えるでしょう。

初心者の方でもジギングサビキでは釣果が上がったと言われているので、釣りたい魚にこだわりがない場合には色んな魚が釣れるジギングサビキに挑戦してみましょう。数を狙うことも可能な釣り方になるので、釣りの楽しさを体感できるでしょう。

ジギングサビキを使った釣り方のコツ

初心者から上級者まで多くの方から人気を集めているジギングサビキですが、簡単に行えるがなかなか釣果が上がらないという方もいるでしょう。ジギングサビキは釣り方のコツを覚えてしまうと釣果を期待することができるので覚えておくと便利です。

ここではジギングサビキの釣り方の4点紹介していきます。なかなかジギングサビキで釣果が上がらないという方も挑戦してみる価値があります。もちろん初めてジギングサビキに挑戦するという方も、始める前にコツを押さえておくのがお薦めになります。

リフト&フォール

最初に紹介するのは「リフト&フォール」です。リフト&フォールは、着底させた後にしゃくり上げることで魚を誘うアクションの一つになります。

リールを巻くのではなくロッドをタテにしてリフトする形になります。落としていく時にはゆっくり行うのが基本的なやり方です、特に根魚を狙いたい場合には最適なアクションになっているので、ジギングサビキで練習してみるのもおすすめになります。

常にリフト&フォールを繰り返すのではなく止めてみたりするのも、魚を誘うアクションの一つになっています。慣れてくると簡単に行うことができるようになってくるので、失敗してしまいながらも挑戦してみるのがおすすめになります。

ワンピッチジャーク

続いて紹介するジギングサビキの釣り方は「ワンピッチジャーク」です。こちらは一度シャクリをする度にリールを1回転させる釣り方です。

初心者には難しいと言われているアクションの一つになりますが、実は魚が反応しやすいアクションとして人気があります。リールを巻くので何回か行うとある程度の水深まで到達するので、ラインを放出したりして繰り返し行うと上達しやすいです。

ワンピッチジャークでは大物がかかることもあるので、覚えておくとジギングサビキだけではなくジギングでも釣果を上げることができるでしょう。テンポよく行うのを意識して初心者の方も一度は挑戦してみるのはいかがでしょうか。

スローピッチジャーク

青物や根魚を狙うのに最適なアクションとして人気があるのが、「スローピッチジャーク」です。先ほど紹介したワンピッチジャークと同様に一度のシャクリに対して1回転リールを回転させる動作ですが、リールを回転させた後に一呼吸置く形になります。

一呼吸置くことで仕掛けが沈むのを利用したアクションになっているので、魚の動きなどをみながらアクションしていくのがおすすめになります。

釣果が上がるのはメタルジグが沈んでいく時が多いとされているので、覚えてしまうとワンピッチジャークのアクションもできるようになるでしょう。一呼吸の置き方でも釣果が変わってくるので、自分なりに試してみるのがおすすめになります。

ジャカジャカ&表層巻き

最後に紹介する「ジャカジャカ&表層巻き」は、単純にただリールを巻くだけのただ巻きとは違って激しくメタルジグを動かすアクションになっています。

ラインを巻き取りながらロッドを動かす形になるのですが、ロッドの動かし方は好きな形で問題ありません。より激しく動かすことで釣果が期待できます。特に表層で行うと釣果が期待できるアクションになっているので、チャレンジしてみるのがおすすめです。

特に難しいポイントもないので、比較的ジギングサビキが初心者の方でも挑戦しやすいアクションと言えるでしょう。ジグの動かし方などに変化を加えながら挑戦してみるのがおすすめになるので、まずは一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ジギングサビキの人気商品

ここからはジギングサビキの人気商品について紹介します。ジギングサビキは人気の釣法の一つになるので、色んなメーカーで仕掛けなどが販売されています。釣りはアクションなどによって釣果が変わりますが、仕掛けなどでも釣果に変化が現れます。

なかなか釣果があがらないという場合には、人気のジギングサビキの商品を使ってみるのも一つです。ここでは、口コミなどで人気の商品を厳選しました。おすすめのポイントについても紹介していくので、購入時には参考にしてみてください。

堤防ジギングサビキセット 3本鈎

最初に紹介するのは「堤防ジギングサビキセット 3本鈎」です。ジグに付けて投げるだけの簡単な仕掛けになっているので初心者でも扱いやすく人気があります。

堤防でのジギングサビキで使いやすいショート設計になっているのがポイントで、購入後にすぐに利用することができます。操作性に優れたオリジナルのジグになっていて、多くの釣果が上がっているので新しく購入する場合には選択肢に入れるのがおすすめ。

全長は80センチになっていて、鈎は20センチ間隔になっています。メタルジグのサイズは10グラムから50グラムまであるので、重さ別に購入している方も多いです。釣果が上がらない時には、重さを変えてみるのもおすすめになります。

ジギングサビキ キャスティングタイプ

続いて紹介するのは「ジギングサビキ キャスティングタイプ」です。ジギングサビキの定番モデルながらも高い人気を集めている商品になります。

2本鈎の仕掛けになっていて、ジグに付けて投げるだけでジギングサビキを楽しむことができます。さまざまな海域で使用することができるのも人気のポイントで、船や堤防などシーンを問わずにジギングサビキを楽しむことができるでしょう。

特にイワシやアジ、サバなどをターゲットにしてジギングサビキを楽しみたいという方にはおすすめです。初心者の方でも釣果が上がっている仕掛けになっているので、どんな仕掛けをこうにゅすうるか迷った時には洗濯してみてはいかがでしょうか。

ジギングサビキの注意点

最後になりますが、ジギングサビキの注意点について紹介します。ジギングサビキの初心者の方や初めて行うという場合には起こしてしまいがちな点について紹介します。今回は堤防と船の両方のジギングサビキの注意点を紹介していきます。

ちょっとした点をチェックするだけで、釣果を上げることもできますし釣りを楽しむことができます。堤防と船のジギングサビキの注意点はそれぞれ個別で紹介していきます。初心者の方は押さえておくと便利なので、チェックしていきましょう。

堤防からのジギングサビキ

堤防からジギングサビキを行う場合の注意点は、メタルジグのトリプルフックになります。実はメタルジグのトリプルフックをつけたままでジギングサビキを行うと、岩や藻に絡まってしまうことがあります。岩礁の場合にはロストする可能性もあります。

道糸の強度にも注意しておくのがおすすめになります。強度がない道糸を使用した場合には根がかりなどした場合には糸が切れてしまいます。他にも堤防で釣り人が多い場合には、お祭り状態になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

船でのジギングサビキ

船で行うジギングサビキの注意点ですが、一番多いとされているのがジグ選びのようです。堤防とは違って船の場合にはゆっくりと落ちていくメタルジグがいいとされています。ジグを変えるだけでも超過が変わる可能性があるのでチェックしてみてください。

また船でジギングサビキを行う場合には、多点掛けにも注意が必要です。大物がたくさんかかるとコントロールを失ってしまう可能性があるので、特に船でジギングサビキを初めて行うという方の場合には注意しておくのがおすすめになります。

ジギングサビキでの釣りに挑戦しよう

ジギングサビキは色んな種類の魚が釣れる釣法として人気があります。アクションのコツを覚えてしまえば初心者でも気軽に楽しめるのがポイント。また、堤防や船など場所を問わずにチャレンジできるのもおすすめのポイントになります。

堤防からでも色んな魚を狙うことができますし、思いがけない大物をゲットできるかもしれません。ロッドとリールがあればすぐに挑戦できる仕掛けも販売されているので、まずは一度ターゲットを決めずにジギングサビキを楽しんでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
沖野愛

新着一覧

最近公開されたまとめ