コーレーグースは沖縄の調味料!効能・おすすめの使い方・由来を紹介!

コーレーグースという沖縄の調味料をご存じですか。コーレーグースは島唐辛子を泡盛に漬け込んだ沖縄の伝統的な調味料で、ピリッとした辛さが特徴です。健康や美容にも効能があり、クセになる美味しさと評判です。由来やおすすめの使い方などをご紹介しましょう。

コーレーグースは沖縄の調味料!効能・おすすめの使い方・由来を紹介!のイメージ

目次

  1. 1沖縄のピリ辛調味料コーレーグースをご紹介
  2. 2コーレーグースの起源
  3. 3コーレーグースの原料はシンプル
  4. 4コーレーグースの嬉しい効能
  5. 5コーレーグースのおすすめの使い方
  6. 6コーレーグースの販売店
  7. 7コーレーグースを家庭で作るには
  8. 8コーレーグースのかけすぎには注意しよう

沖縄のピリ辛調味料コーレーグースをご紹介

コーレーグースは沖縄産の島唐辛子を泡盛に漬け込んだピリッとした辛さの万能調味料で、沖縄の食文化に欠欠かせません。沖縄県以外ではあまり出回っていませんが、沖縄では家庭やレストランには必ず用意されている、大変ポピュラーな調味料です。

コーレーグースはガラスの小瓶に小ぶりの赤い島唐辛子が入っており、見た目もかわいいことから、沖縄土産にも人気があります。今回はそんなコーレーグースの起源や効能、味、おすすめの使い方、販売店などについてご紹介しましょう。

コーレーグースの起源

コーレーグースは沖縄で古くから使われている調味料です。コーレーグースの起源についてはさまざまな説があり、いつどのように沖縄でコーレーグースが使われ始めたのかは、はっきりとわかっていません。

一説には、朝鮮半島から伝わった調味料で、コーレーグースという言葉は、「高麗(こうらい)」と泡盛の古酒「クース」いう言葉が組み合わさってできたものと言われています。

また別の説では、ハワイに移民した沖縄の人が、故郷に戻る時にハワイのチリペッパーウォーターを持ち帰り、それを改良したものがコーレーグースになったとも言われています。

コーレーグースの原料はシンプル

続いてコーレーグースの原料や味について見てみましょう。沖縄では定番の調味料ですが、沖縄以外の人にはあまり知られておらず、コーレーグースがどんな味なのか想像するのが難しいかもしれません。

コーレーグースは「沖縄版タバスコ」とも言われていますが、タバスコよりも強烈なパンチがある味です。タバスコよりもはるかに辛く、アルコールが含まれているため刺激もあります。少量でも料理の味が劇的に変わる調味料です。

唐辛子

コーレーグースの原料は非常にシンプルで、沖縄県産の島唐辛子と泡盛で作られています。島唐辛子は、沖縄や九州など暖かい地方で栽培されている、ころんとした形のかわいいナス科の野菜です。

島唐辛子は2~3cmと小ぶりなのですが、刺激的な辛さがあり、食べた瞬間に口の中にピリッとした辛さが広がります。それでいてスッと辛さが引き、フルーティーで爽やかな味です。アルコールとの相性がよく、島唐辛子を泡盛に漬け込んだコーレーグースは、大変美味しいと人気があります。

泡盛

泡盛は沖縄で作られる蒸留酒で、インディカ米を原料としています。黒麹を使って発酵させ、「全麹仕込み」と呼ばれるシンプルな工程で作ります。泡盛は「古酒に育つ」と言われ、長期保存が可能です。長いものは20年、30年と保存できます。

泡盛はアルコール度数が高いのが特徴で、平均で30%あります。与那国島で作られる泡盛「花酒(どなん)」は、60%にもなります。

Thumb泡盛とは?原料や作り方・焼酎との違いやおすすめの美味しい飲み方まで紹介!
沖縄の名産として、今や全国的にも人気が高いお酒が「泡盛」です。しかし、泡盛とは一体どのような...

コーレーグースの嬉しい効能

コーレーグースに含まれるカプサイシンは健康や美容面で優れた効果があり、コーレーグースにはさまざまな嬉しい効能があります。

効能の一つがダイエット効果で、その他にも美肌効果や免疫力向上の効能があると言われています。また冷え性などにもおすすめです。

カプサイシンたっぷりだから美容・健康に効果的

コーレーグースの原料である島唐辛子には、カプサイシンが一般の唐辛子の3倍含まれていると言われています。カプサイシンには優れた効能があります。その一つの効能がダイエット効果です。

カプサイシンには血行・血流をよくする働きがあります。血行・血流がよくなると新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼しやすくなります。カプサイシンの働きは即効性があり、有酸素運動よりも効率がいいと言われています。

カプサイシンは発汗作用や抗酸化作用があり、肌荒れの原因の一つ、活性酸素を取り除いてくれる働きもあります。また胃腸の動きも活発になり、便秘にもおすすめです。

島唐辛子にはベータカロテンも豊富に含まれています。ベータカロテンを摂取すると体内でビタミンAに変わり、免疫力がアップする効果があります。風邪を引きやすい冬におすすめといえるでしょう。

コーレーグースのおすすめの使い方

コーレーグースは非常に辛く、アルコール度数の高い泡盛が原料となっているので、たくさん使わずに少量を垂らす程度にしましょう。基本、2~3滴を垂らすだけで、十分な風味が期待できます。

少量を使うだけなので酒に酔う心配はありませんが、妊娠中の方や酒にお極端に弱い方は注意をしたほうがいいかもしれません。特に車を運転する場合は注意が必要です。

ちょい足しでいろんな料理に合う万能調味料

コーレーグースはどんな料理にもよく合う万能調味料です。沖縄では、そば屋さんには必ずと言っていいほどコーレーグースが置いてあります。まずは沖縄そばにかけてみましょう。スープの味がピリッと引き締まり、全体の味を際立たせてくれます。

コーレーグースの使い方で、次におすすめなのがチャンプルーです。数滴垂らすだけで、全体がピリッとした味になり、風味が増します。慣れるとクセになる美味しさで、コーレーグースをかけないと、物足りなく感じるようになるかもしれません。

コーレーグースは沖縄料理だけではなく、家庭で作るどんな料理にもよく合います。野菜炒めや焼きそば、ラーメンなどにも加えてみましょう。

意外な使い方としては、お刺身にもおすすめです。ワサビ代わりにコーレーグースを2~3滴たらすと、普段のお刺身とは違ったエスニック風の味になります。

その他にも、納豆や冷や奴にかける、卵かけご飯に合うという口コミもあります。さらに、市販のカップ麺に加えても美味しいという口コミも寄せられています。

料理の隠し味におすすめ

コーレーグースは料理の隠し味にする使い方もあります。スープに加えるとエスニック風味のスープになります。また味噌汁に数滴加えるとピリ辛味噌汁になるので、試してみてください。

コーレーグースはナンプラーとの相性がいいので、タイ料理やベトナム料理を作るときに使ってみましょう。またタバスコの代わりにピザやパスタに加えたり、ラー油のように餃子のタレに使うのもおすすめです。

コーレーグースの販売店

ここからはコーレーグースの販売店についてお知らせしましょう。コーレーグースは沖縄の調味料なので、沖縄ではどこででも販売されていますが、沖縄県以外ではどこで販売されているのでしょうか。

コーレーグースの販売店は、沖縄県以外ではあまり多くないのですが、一つはカルディコーヒーファームがおすすめです。その他には通販サイトを利用するといいでしょう。

カルディコーヒーファーム

コーレーグースを販売しているお店の一つが、カルディコーヒーファームです。カルディは、海外からの輸入品や、国内の一般スーパーではあまり販売されていない食品を販売しているショップです。

カルディでは小瓶に入ったコーレーグースが販売されています。島唐辛子がたっぷりと詰まっており、見た目もかわいいので、キッチンに置いておくとおしゃれです。店舗によっては置いてない場合もあるので、カルディのオンラインショップなどでチェックしてみましょう。

ネット通販サイト

コーレーグースを販売しているお店を探すなら、ネット通販がおすすめです。ネットで「コーレーグース」と検索すると、楽天市場やAmazonなどの通販サイトや、イオンなどのネットスーパーなどで販売していることが分かります。

その他にもコーレーグースを販売しているネット通販サイトはたくさんあるので、近くにコーレーグースを販売しているお店が見つからないときは、通販サイトを利用するのがおすすめです。

コーレーグースを家庭で作るには

コーレーグースはクセになる美味しさで、沖縄旅行の後にコーレーグースの味が忘れられないという人が続出しています。もし島唐辛子と泡盛があれば、家で簡単にコーレーグースが作れます。

煮沸消毒して乾かした瓶に島唐辛子を入れ泡盛を注ぎ、そのまま1か月ぐらい置いて、泡盛が琥珀色になるとできあがりです。

島唐辛子は沖縄県以外であまり手に入らないので、代用品として鷹の爪を使って作ることができます。また泡盛がない場合は焼酎でもできます。本場のコーレーグースとは少し風味が異なりますが、似たような味になるので、コーレーグースが手に入らない時は試してみてください。

コーレーグースのかけすぎには注意しよう

コーレーグースの効能や味、おすすめの使い方、販売店などをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。コーレーグースはピリッとした辛さの万能調味料で、クセになる美味しさと言われています。

ただしコーレーグースは非常に辛く、アルコールも含まれているため、使い過ぎには注意しましょう。適量を料理に加え、味わいを楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ