黒川キャンプ場は無料で楽しめる!予約方法や口コミなど楽しみ方まとめ!

静岡県で人気のある無料のキャンプ場「黒川キャンプ場」。黒川キャンプ場は日帰りでも利用することができ、川遊びや釣りなどアクティビティを楽しむことが可能です。黒川キャンプ場は口コミの評価も高く、ソロキャンプや家族連れキャンプにもおすすめです。

黒川キャンプ場は無料で楽しめる!予約方法や口コミなど楽しみ方まとめ!のイメージ

目次

  1. 1【静岡】無料で使える?黒川キャンプ場とは?
  2. 2黒川キャンプ場のおすすめポイント
  3. 3黒川キャンプ場の人気施設
  4. 4黒川キャンプ場での過ごし方
  5. 5黒川キャンプ場は直火禁止
  6. 6黒川キャンプ場の予約方法
  7. 7黒川キャンプ場は日帰りでも利用できる
  8. 8黒川キャンプ場の口コミ
  9. 9黒川キャンプ場の基本情報とアクセス
  10. 10人気の黒川キャンプ場を利用してみよう!

【静岡】無料で使える?黒川キャンプ場とは?

静岡市で注目を集めている無料のキャンプ場「黒川キャンプ場」。黒川キャンプ場は静岡市清水森林公園内に位置する自然豊かなキャンプ場になり、静岡県内でも口コミでの評価が高いことで人気があります。

今回はそんな静岡県でおすすめのキャンプ場「黒川キャンプ場」について詳しくご紹介します。黒川キャンプ場は川や緑豊かな自然が広がっており、日帰りでも楽しむことができます。無料で利用可能なので、気軽にキャンプを楽しめます。

黒川キャンプ場のおすすめポイント

黒川キャンプ場は他のキャンプ場にはないおすすめのポイントがいくつもあります。黒川キャンプ場はキャンプ初心者の方でも利用しやすい空間が広がっているので、少人数から大人数までキャンプを楽しむことができます。

今回はそんな黒川キャンプ場のおすすめポイントについて詳しくご紹介します。黒川キャンプ場に初めて訪れる方はもちろん、黒川キャンプ場とはどんなキャンプ場なのか気になる方はぜひ目を通してみて下さい。

無料で使える

静岡県で人気のある黒川キャンプ場は、興津川上流の支流黒川沿いに位置しています。標高150m地点なので町中よりも夏の時期は涼しいことで人気があります。黒川はアユ釣りで有名なスポットで、夏にはホタルの姿も。

黒川キャンプ場は静岡県民はもちろん、静岡県民以外の方でも無料で利用できるキャンプ場です。無料にも関わらずキャンプサイトは掃除が行き届いており、草刈りも行われているのでキャンプ場内は広々としています。

無料のキャンプ場と聞いて気になるのは設備。黒川キャンプ場は無料ですが水道やトイレ、お風呂など1日過ごすのに便利な施設が整っており、キャンパーは自由に使用できます。無料とは思えないほど快適なキャンプ場として人気があります。

川遊びを楽しめる

興津川上流の支流黒川沿いに位置している黒川キャンプ場は、川遊びを楽しめることで家族連れからも人気があります。黒川は基本的に浅瀬が続いているので、小さい子供連れの方も安心して川遊びを体験可能です。

上流部なので川の水は澄み切っており、緑豊かな自然の中でアクティビティを楽しめます。都市部から離れているので自然の音だけを楽しむことができ、水遊びの道具を持参することで子供たちも飽きずに過ごせます。

基本的に浅瀬ですが、場所によっては大人の腰くらいまでの深い場所もあるので川遊びの場所は予めチェックしておきましょう。岩場が多い川になるので、川遊びの中でも川に住む生き物を探す遊びがおすすめです。

Thumb静岡のキャンプ場のおすすめ特集!無料の場所は?川遊びも楽しい!
日常から離れた、豊かな自然の中でのキャンプは、心と身体のリラクゼーションにもってこいです。緑...

黒川キャンプ場の人気施設

黒川キャンプ場は無料で利用できるキャンプ場ですが、敷地内には便利な施設が整っています。静岡県の清水森林公園内にあるキャンプ場なので、清水森林公園内に設置されている施設は自由に使用することができます。

今回はそんな黒川キャンプ場に設置されている人気の施設について詳しくご紹介します。黒川キャンプ場を初めて利用する方は最初に施設について知っておくのがおすすめです。

テントサイト

黒川キャンプ場は広々としたキャンプ場になり、テントサイトが設置されています。まず、キャンプ場の東側にあるのが第1キャンプ場になり、駐車場から近いので荷物の持ち運びが楽です。また、キャンプ場内の施設からも近くになります。

川に隣接しているサイトも多いので、人気があります。第1キャンプ場の西側に位置するのが第2キャンプ場になり、水道やバーベキュー用の椅子が設置されています。日帰りの方でもソロキャンプを行いたい方におすすめです。

第2キャンプ場は黒川はもちろん、森にも隣接しているので第1キャンプ場よりも比較的静かに過ごすことができます。質素なキャンプを楽しみたい方は、第2キャンプ場を利用しましょう。

清水西里温泉浴場「やませみの湯」

黒川キャンプ場には残念ながらシャワーが設置されていません。ですが、その代わりに森林公園に付属している温泉「やませみの湯」を使用することができます。日帰り温泉施設になり、地元の方にも人気があります。

岩風呂・檜風呂が設置されており、口コミでも癒されるとの声が多く寄せられています。おしゃれな湯船が多く、神経痛や疲労回復への効果が期待できます。外気を感じられる露天風呂もあり、心身共にリラックスできる時間を過ごせます。

やませみの湯の泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉になっており、温泉に浸かりながら静岡の大自然を体感することができます。大人700円、子供300円で利用可能なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ぬく森の家

黒川キャンプ場内には子供たちに大人気の体験施設が設置されています。黒川キャンプ場にある「ぬく森の家」では、季節に合わせた農山村体験が楽しめます。農山村体験は都会では体験できない貴重な時間を過ごせます。

ぬく森の家での体験内容はそば打ち・コンニャク作り、餅つきの体験の3種類があります。農山村で昔からある料理を作ることができ、その場で味わえるので遊びながら食に関して学べる空間が広がっています。

体験内容によって所要時間や料金が変動していくので事前に公式HPでチェックしておきましょう。食べきれない場合は持ち帰りも可能なので、キャンプ場内で味わうこともできます。ボリュームもたっぷりなので、男性にもおすすめです。

笑味の家「食事処たけのこ」

黒川キャンプ場で美味しいグルメを味わいたい方におすすめなのが「笑味の家 食事処たけのこ」。黒川キャンプ場の正面に位置しており、季節に合わせた食材を味わうことができます。野菜やお菓子の販売もあるので、買い出しにもおすすめ。

日帰りの方でも利用することができ、バーベキューとは違う和食を味わえます。口コミではお弁当も美味しいとの声が多く、地元の方にも人気があります。お弁当は売り切れ次第販売終了なので、早めに訪れるのがおすすめです。

黒川キャンプ場で有名なのが「アユ」。食事処たけのこでもアユを使用した料理を種類豊富に提供しており、看板メニューになっています。食後のデザートも充実しているので、お腹を満たしたい方に人気です。

黒川キャンプ場での過ごし方

自然豊かな黒川キャンプ場では、自由な時間を過ごすことができます。黒川キャンプ場はそれぞれ人によってさまざまな過ごし方を楽しむことができ、季節によってさまざまな遊びを楽しめることで知られています。

今回はそんな黒川キャンプ場での過ごし方について詳しくご紹介します。黒川キャンプ場は季節によって表情を変えていき、川遊びや釣り以外にもいろんな遊びを楽しめるのでぜひチェックしてみてください。

ハイキング

黒川キャンプ場では川遊びをはじめ、ハイキングを楽しむキャンパーが多くいます。黒川沿いをスタートして、絶景を楽しめる「杉尾展望台」までハイキングコースが設置されています。歩きやすく、子供連れの方もおすすめ。

ハイキングコースは1時間30分前後のコースとなっており、途中には休憩所もあるので自分のペースで杉尾展望台を目指すことができます。杉尾展望台からは富士山をはじめ、駿河湾・三保半島・伊豆半島の景色を一望可能です。

黒川キャンプ場からハイキングコースを巡っていると、途中で「西里の滝」の景色も楽しめます。西里の滝は雄大な滝となっており、マイナスイオンたっぷり。日帰りでも楽しめるので、ぜひ体験してください。

釣り

黒川キャンプ場内の川遊びの中でも人気を集めているのが「釣り」。清流黒川で釣りを行う場合は、毎年解禁期間が決まっているので事前にチェックしておきましょう。日帰りで釣りだけ体験しに来る方も多くいます。

川遊びの多い浅瀬では釣りの釣果が期待できませんが、少し離れた深いポイントではいろんな魚を釣ることができます。ウナギやニジマス、ウグイ、アユなど季節によって狙える魚も変わるので、釣り人には大人気。

釣りメインで黒川キャンプ場に訪れる方は、東側に位置する興津川で行うのがおすすめです。興津川では黒川よりも水深があるので、釣りのポイントが点在しています。春から秋にかけて釣りを楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。

黒川キャンプ場は直火禁止

キャンプで多くの人々が魅了されるのが「焚き火」。黒川キャンプ場では直火が禁止されているので、必ず焚き火台を持参するようにしてください。どのテントサイトでも直火を行うことはできません。

黒川キャンプ場で焚き火台を使用する場合でも、火の管理には充分に注意する必要があります。川の近くは風が強い傾向があるので、飛び火にも注意が必要です。

黒川キャンプ場の予約方法

黒川キャンプ場は無料で使用することができますが、利用する場合は事前に予約する必要があります。黒川キャンプ場の予約は管理センターに電話する必要があり、予約は2サイト、3泊まで行うことができます。

黒川キャンプ場の予約は利用する1ヵ月前から予約することができ、管理センターで仮予約を取ります。その際に整理番号を覚えておき、黒川キャンプ場の公式HPから申請書を手配しておきます。必要事項をすべて記入しましょう。

返信用の封筒を同封して管理センターへ郵送します。管理センターから許可証が届いた時点で予約が完了します。予約は少し手間がかかりますが、テントサイトも事前に予約可能なので安心して向かうことができます。

黒川キャンプ場は日帰りでも利用できる

黒川キャンプ場は無料で利用することができ、基本的に日帰りでもキャンプ場内を使用することが可能です。黒川キャンプ場は日帰りでも事前に予約する必要があるので、管理センターへ問い合わせておきましょう。

黒川キャンプ場ではもちろん、周辺の施設も日帰りで利用することができるので、飽きずに1日充実した時間を過ごせます。川遊びや体験教室、ハイキングなどすべて日帰りでも参加可能なので、事前にプランを立てておくのもおすすめ。

日帰りの場合は駐車場近くのテントサイトを予約しておくことで、移動時間を少なく済ませることができます。日帰りの方は混雑時、時間に余裕をもって行動するようにしてください。

黒川キャンプ場の口コミ

黒川キャンプ場は静岡県内でも口コミ評価の高いキャンプ場として人気があります。川遊びはもちろん、無料とは思えない施設が整っているキャンプ場との声が多いです。口コミではキャンプ初心者の方にも使いやすいとの声も。

黒川キャンプ場は口コミによるとトイレ、炊事場も綺麗に保っているので使いやすいと言われています。駐車場から近い第1キャンプ場の人気が高く、予約が取りづらいとの口コミも。早めの予約がおすすめです。

黒川キャンプ場の基本情報とアクセス

口コミで人気のある無料のキャンプ場「黒川キャンプ場」。黒川キャンプ場は事前に予約をすることでテントサイトを確保することができ、家族連れの方はもちろんソロキャンプの方でも快適に過ごすことができます。

今回はそんな黒川キャンプ場の基本情報とアクセスについて詳しくご紹介します。黒川キャンプ場は夏などキャンプの時期になるとかなり混み合ってしまうので、利用したい方は空いている時期を見極めるのが重要です。

基本情報

黒川沿いに位置する黒川キャンプ場は、事前に予約することで混み合っている時期でも場所取りの心配をせずにアクセスできます。チェックインは11時、チェックアウトは10時までとのんびりと過ごすことが可能です。

黒川キャンプ場は定休日が設置されており、毎週月曜日は定休日です。また、1年でも年末年始は定休日となっているので、キャンプ場を利用することができません。定休日以外は基本的に営業しています。

黒川キャンプ場は月曜日が祝日の場合は営業しているので注意しましょう。その場合は祝日の翌日が定休日となるので、予約する際はカレンダーを確認するのがおすすめです。

アクセス

黒川キャンプ場へは車もしくは公共交通機関を利用してアクセスすることができます。車の場合は東名高速「清水IC」もしくは新東名高速「清水いはらIC」を利用しましょう。興津川沿いの県道196号を走るのが近いです。

黒川キャンプ場へ公共交通機関を利用してアクセスする場合は、JR清水駅もしくは興津駅を利用しましょう。駅からは少し距離があるので、但沼車庫行きのバスに乗車して西里温泉前バス停で下車するようにしてください。

バス停からは黒川キャンプ場までは徒歩5分前後でアクセス可能なので、日帰りの方にもおすすめです。また、黒川キャンプ場の管理棟の近くには駐車場も設置されているので、ドライブがてら立ち寄れます。

住所 静岡県静岡市清水区西里1310-1
電話番号 054-395-2999

人気の黒川キャンプ場を利用してみよう!

静岡県内でも口コミ評価の高い黒川キャンプ場は、地元の方からも人気があります。黒川キャンプ場はキャンプ上級者から初心者まで快適に過ごすことができ、小さい子供連れの方でも自然と触れ合いながらさまざまな体験を楽しめます。

黒川キャンプ場は川遊びやハイキングなどそれぞれ自由なひと時を過ごすことができ、バーベキューを楽しめるスペースも。ぜひ、静岡県内で無料で楽しめるキャンプ場を探している方は黒川キャンプ場へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ