ハロウィンにおすすめの仮装特集!男女別に人気のコスプレをご紹介!

ハロウィンと言えば仮装が定番であり、毎年メディアなどでもその様子が大きく取り上げられています。そこでハロウィンの仮装について、その仮装をする理由から、男女別に人気の高いコスプレと本格的に見せる方法などについても紹介します。

ハロウィンにおすすめの仮装特集!男女別に人気のコスプレをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ハロウィンにおすすめの仮装衣装をご紹介
  2. 2ハロウィンで仮装をする理由
  3. 3ハロウィンではどんな仮装が人気?
  4. 4女性向けハロウィンの人気コスプレ・仮装衣装
  5. 5男性向けハロウィンの人気コスプレ・仮装衣装
  6. 6ハロウィンのおすすめメイク方法
  7. 7簡単に作れるハロウィンのコスプレ・仮装衣装
  8. 8ハロウィンで仮装を楽しもう

ハロウィンにおすすめの仮装衣装をご紹介

10月31日はハロウィンということで、どのようなイベントをしようか、また仮装はどうしようかと考えている方もいるのではないでしょうか。しかしそもそも、なぜハロウィンではいろいろな仮装をするのでしょう。ハロウィンで仮装をする由来や、人気のコスプレ、またその簡単な方法についても紹介します。

ハロウィンで仮装をする理由

10月31日のハロウィンというと、さまざまな仮装やコスプレを楽しむ方がメディアなどでも取り上げられます。しかしそもそもなぜ、ハロウィンにはさまざまな仮装やコスプレをするのでしょうか。それはハロウィンの由来となにか関係があるのでしょうか。

そこでまずは、ハロウィンというのはどのような行事なのか、またコスプレや仮装にどのような意味があるのかということから紹介していきましょう。由来を知れば、ハロウィンの仮装になぜ怖そうな仮装が多いのかという点もわかるかもしれません。

ハロウィンの起源と由来

それではまず、ハロウィンの起源と由来から紹介していきましょう。日本人にとってハロウィンというと、アメリカなどから入ってきた行事というイメージがあることから、キリスト教に関する行事だと考えている方が多いのではないでしょうか。

しかしハロウィンの起源や由来を調べていくと、どうもキリスト教の行事ではなさそうということがわかってきます。それではハロウィンはいったいどんな由来を持つ行事なのでしょうか。また怖い仮装やコスプレをしたりするのはどんな理由があるのでしょうか。

始まりはケルト民族

ハロウィンというのはもともと、古代ケルト人が起源となっているアイルランドの「サーウィン」という行事だったと言われています。古代ケルト人の信仰では、10月31日は1年の終わりであるとともに、秋の終わり、冬の始まりを意味する日でした。

この日にはこの世とあの世の間にある扉が開け放たれて、死者が戻ってくると考えられていました。しかもその時に一緒に悪霊がやってきて、人間たちに悪運をもたらしたり、いたずらをしたりすると考えられていたのです。

そこで魔女やゴーストと言った怖い怪物などに仮装することで悪霊を怖がらせ追い払う、また悪霊と同化することによって悪霊がもたらす災いを遠ざけるという習わしが生まれたと考えられているのです。

この行事が「ハロウィン」と呼ばれるようになったのは、アイルランドにキリスト教が伝わってからのことです。ハロウィンの翌日である11月1日は「All Hallows Day」(諸聖人の日)という祝日の一つであり、10月31日はその前日ということから「All Hallows Eve」であり、ここから「ハロウィン」になったと言われます。

このように、ハロウィンというのはもともと古代ケルト人の行事に由来したものであり、ハロウィンに怖いお化けなどが出てくるのは、このように悪霊を払うなどの意味があるためなのです。

日本の場合、ハロウィンはテーマパークなどの期間限定イベントのような形で入ってきました。それに伴い、期間限定でハロウィンに関するお菓子、グッズなどが販売されるようになり、現在のような形で定着しました。

ジャック・オ・ランタンの秘密

このように、ハロウィンというのはその由来をたどると、悪霊を払うという意味があることがわかりました。実はハロウィンと言えば誰もが頭に浮かぶ「ジャック・オ・ランタン」も、アイルランドの伝説に関係があるものなのです。

この伝説は大酒のみで嘘つきのジャックという人物が主人公です。ジャックは悪魔をだましたりしたことで天国にも地獄にも行くことができません。悪魔から最後に火をもらったジャックはかぶをくりぬいて提灯にして、その火をつけて、暗闇の中をさまよいます。

このことから「ジャックのランタン」は死者の魂のシンボル、魔除けの役割があるものとされるようになりました。ジャック・オ・ランタンがハロウィンで飾られるのはそれが理由です。

ちなみにアイルランドの伝説では、ジャック・オ・ランタンは「かぶ」となっているのですが、アイルランド人がアメリカに移住したところ、かぼちゃの方が生産量が多く加工しやすかったことで、かぼちゃを使う現在の形になりました。

トリック・オア・トリートの由来

また、ハロウィンと言えば有名なのが「トリック・オア・トリート」です。「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」という意味というのはよく知られていますが、これにもちゃんとした由来があります。

もともと日本のハロウィンは、大人も子供も一緒になって楽しむ行事というイメージが強いのですが、アメリカでは子供たちの行事というイメージが強いと言われます。実はお菓子をあげるという行動には、こちらも「悪霊を払う」という意味があると言われているのです。

子供たちが仮装しているお化けや魔女などにお菓子を渡すことには、家の中まで入って悪さをしないようにという意味があります。つまりこれもまた、ハロウィンの悪霊を払うということに由来するのです。

Thumbディズニーハロウィン仮装期間&コスプレルールは?着替えの場所や注意点も紹介!
ディズニーリゾートは千葉県の浦安にあるテーマパークです。そんなディズニーリゾートはハロウィン...

ハロウィンではどんな仮装が人気?

ここまで述べてきたように、ハロウィンの由来を見ていくと、この世とあの世の扉が開き、先祖の霊と共に悪霊などがやってくるというものが出てきました。つまりハロウィンは、日本でいうとお盆に近い行事だったことがわかります。

ですから、ハロウィンの仮装というのは、悪魔や悪霊から身を守るためという意味があります。同じ悪魔や悪霊であれば、その人の魂が奪われたりすることはありません。ですからハロウィンの仮装やコスプレをする場合には、お化けや悪霊、魔女など怖い仮装をするわけです。

ハロウィンの仮装を何にするのか考え中という方は、このようなことを踏まえて、「怖い」仮装やコスプレを考えることをおすすめします。さまざまなアイテムが今では100均などでも取り扱われているので、人気の商品をチェックするのがおすすめです。

ハロウィンのコスプレにおすすめの色は?

また、ハロウィンのコスプレや仮装を考える場合、「色」にもこだわってみてはいかがでしょうか。実はハロウィンのコスプレや仮装でよく使われる「色」もまた、ハロウィンの持つ意味に由来するものなのです。

例えばカボチャなどの「オレンジ」は太陽の光、そしてさまざまな作物の「収穫」をあらわします。最初に述べたようにそもそものハロウィンの日は秋の終わり、つまりたくさんの実りの季節の終わりなのです。

逆に「黒」はハロウィンの後でやってくる冬の夜、暗闇、死などをイメージしています。オレンジと黒というのはハロウィンが行われるその「季節」に由来していて、きちんと意味のある色なのです。

他に紫や緑、白と言った色は、魔女やモンスター、お化けなどをイメージしていると言われています。ハロウィンのコスプレや仮装を考える時には、このような色のもつ意味や由来にもこだわってみてはいかがでしょうか。

ThumbUSJのコスプレ特集!ハロウィンなどでの仮装ルールやおすすめ衣装も紹介!
USJというと、ミニオンズやセサミストリートなど人気のキャラクターが数多くいます。そんなユニ...

女性向けハロウィンの人気コスプレ・仮装衣装

このように、ハロウィンの仮装やコスプレというのは、ハロウィンの持つ意味などに由来しているわけなのですが、実際にハロウィンの様子を見ていると、人気のあるコスプレや仮装などがあります。どうせならばそのような人気のあるコスプレや仮装をしてみたいという方が多いのではないでしょうか。

そこでまずは、特に女性におすすめしたい、人気のハロウィンのコスプレや仮装について紹介します。近年ではこれらの仮装やコスプレも比較的簡単に入手できるものも増えてきています。

なお、実際にコスプレや仮装をする場合、メイクも大切な要素です。しっかり悪霊の仲間だと理解してもらえるように、メイクもしてみましょう。簡単なメイクなどについては後で紹介します。

魔女

女性のハロウィンのコスプレや仮装と言った時に、まず多くの方が考え付くのが「魔女」ではないでしょうか。一口に「魔女」と言っても、セクシーなタイプのものからかわいらしいタイプのものまでさまざまあり、さすが人気の高いキャラクターだけあるという選択肢の多さが魅力です。

基本的な仮装のアイテムは、服と三角の帽子です。服はワンピースタイプで、その中でもロングドレスタイプのものとミニワンピースタイプのものが人気です。ロングドレスタイプのものは、Aラインタイプなどですが、セクシーなタイプが多いようです。

一方、ミニワンピの仮装の方は、全体にかわいらしいデザインになっているものが人気です。中には中がミニタイトになっていて、上にシースルーのロングスカートや大きく前がはだけたようなスカートがつくことで、一見露出を押さえているようでありながらセクシーというタイプもおすすめです。

露出があるセクシータイプはちょっと苦手という方は、逆に長袖にロングスカートというクラシカルなタイプも目新しくおすすめです。さまざまなタイプの魔女ドレスがあるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

黒猫

かわいいキャラクターとして人気が高いコスプレ、仮装として挙げられるのが「黒猫」です。黒猫もまた人気の高いコスプレであり、女性や子供に特におすすめです。

黒猫は簡単にコスプレしたいという場合、黒っぽい服装に耳と尻尾をつけるだけでも十分に様になるというメリットもあります。耳は猫耳がついたカチューシャを利用すればできるので、黒っぽいカチューシャに耳を取り付けるだけでもできあがります。

尻尾の方も、ハイソックスなどに綿を詰めれば簡単に手作りで作ることもできます。あとはその尻尾をボトムスのお尻に縫い付けるだけです。中に針金を入れると自由な形にできるため、より好みに合わせた形にすることもできます。

天使

いくらハロウィンは悪霊を払うために怖い恰好をするのがおすすめと言われても、せっかくだからかわいい恰好がしたいという方におすすめなのが「天使」です。こちらも比較的簡単に仮装ができることと、お友達などと悪魔と天使のペアにすることができる点が人気です。

天使の仮装のポイントは頭の輪と背中の羽根です。頭の輪はカチューシャなどを使い、頭の上に針金などを使ってふわふわの輪を作るというタイプが多いです。羽もいろいろ売られているので、それらを使いましょう。あとは白いワンピースなどを着れば簡単です。

なお、同じ頭の輪と背中の羽根を使っても、色を黒にして黒い服を着れば「堕天使」にもできます。天使と堕天使のペアもまた、ハロウィンの仮装としては人気が高いので、お友達とペアで仮装を楽しみたいという場合はこちらもチェックしてみましょう。

男性向けハロウィンの人気コスプレ・仮装衣装

次に男性に人気の高いハロウィンの仮装を紹介します。女性でも男性でも基本的に「怖いコスプレ」という点は変わらないのですが、男性の場合はいわゆる西洋のお化け系のものが多い傾向にあるようです。

西洋のお化けの場合、黒のスーツなどをベースにして、それにそのお化けをイメージするアイテムをプラスすることでコスプレの雰囲気が出ます。例えばマントなどを一つプラスするだけで雰囲気がずいぶん違うものです。ぜひそのあたりのアイテムは忘れずにプラスすることをおすすめします。

ドラキュラ

男性のハロウィンの仮装でまず挙げられるのが「ドラキュラ」です。そもそもドラキュラというのは1897年にイギリスで出版された小説の中のキャラクターであり、このキャラクターの名前がドラキュラ伯爵なのです。

ドラキュラの仮装のポイントは、黒い服、赤い目と唇、そしてとがった歯です。特にドラキュラは首にかみついて血を吸うということから、とがった犬歯は必須です。またマントをつけると、「怪しさ」が出て、より本物らしい仮装になるでしょう。

それ以外の服装のパーツに関しては、あくまでも「伯爵」なので、あまりくだけた感じにならないようにすると雰囲気がでます。全体的には紳士のイメージで、黒いズボンに白いシャツ、ベストなどを合わせるといいでしょう。

フランケンシュタイン

フランケンシュタインもまた、男性のハロウィンの仮装で人気が高いキャラクターです。もともとフランケンシュタインというのはフランケンシュタイン博士が理想の人間を作るために死体をつぎはぎして作ったものであり、この博士の名前がキャラクターの名前になっています。

死体をつぎはぎして作っていることから、顔に大きな傷があり、さらに首の部分にはボルトが貫通しています。これが特徴ということもあって、それなりのメイクをしないとフランケンシュタインに見えません。

メイクと言ってもいわゆる特殊メイクに近いものになることから、多くの場合、フランケンシュタインに仮装をする場合は、かぶりものを使うことが多いです。かぶりものを使えば顔にメイクはいらないので簡単に仮装ができます。

またフランケンシュタインは大男なので、仮装をするのであれば大柄な人がやった方がイメージに合いますが、子供などがかぶりものを使って仮装するのもおすすめです。逆にフランケンシュタインは女性キャラはあまり見ないかもしれません。

狼男

狼男、女性の場合は狼女となりますが、こちらもハロウィンのコスプレで多く見られます。古くはなんとヘロドトスの「歴史」に出てくるほどの歴史を持つキャラクターですが、特に中世には狼男になる現象を悪魔のしわざとして強く恐れたという歴史も持っています。

狼男は満月になると狼に変身して人を襲うというキャラクターであり、それ以外のときは普通の人間です。そのため仮装の場合はこの狼に変身した状態を表現することになります。そのため、顔や手など肌が出ている部分全体を毛で覆う仮装になります。

いくらひげを生やしたとしても、このような仮装をメイクで作るのは無理ですから、かぶりものや手袋などのグッズは必須です。あとは服などに血のりをつけるなどすれば本格的になるでしょう。

おばけ

西洋のお化け系はメイクやかぶりものが必要であり、ちょっと難しいイメージがある、もっと簡単にできる仮装がいいという方におすすめなのは「お化け」です。日本のお化けというと、円山応挙の絵などにある足のない白い着物を着た女性のイメージですが、西洋では白い布をかぶったお化けが一般的です。

ハロウィンの仮装でお化けにするという場合は、体全体を覆うように白い布をかぶり、目の部分に穴を開け前が見えるようにするだけでできるのでとても簡単です。一応足はないことになっているので、足元は黒いボトムスに黒い靴がおすすめです。

これは、西洋で、死んだ人に白い布を着せて葬り、それが生き返った姿をイメージしていると言われ、ふわふわ漂う雰囲気を出せばより本格的になるのでおすすめです。大人でも子供でも簡単にできるので、初心者にもいいでしょう。

ハロウィンのおすすめメイク方法

ここまでの衣装の部分でも触れてきたのですが、ハロウィンの仮装をする場合に問題となるのが「メイク」です。特にハロウィンの場合、現実にはいない「悪霊」などの怖いものをイメージするため、血色のよい素顔のままでは雰囲気が出にくいのです。

もちろん、100均などに行くと、ハロウィン用のメイクに使えるメイク道具などもいろいろ販売されており、それらを使えばお金もあまりかけずにメイクをすることができます。しかし手持ちのものをうまく利用してもメイクすることができるので、そのあたりも紹介しましょう。

デコレーションメイク

ハロウィンのメイクをする際に特におすすめなのが「デコレーションメイク」です。これはハロウィンなどで使うまつげや傷などがシール状になっているもので、このシールを顔に貼り付けることで簡単にメイクができるというものです。

例えば顔に傷をつけたいという場合、傷の絵のシールを顔に貼り付けます。一般的には裏面に水をつけ、それを肌に乗せ、上から綿棒でそのシールをぽんぽんと叩くと、顔に図柄が転写されるというやり方です。

しっかりとシールが顔についたらシートをはがせば、その図柄だけが顔に乗る形になりますので、あとはその図柄の境目が目立たないようにメイクすれば、きれいにその柄が顔に残ります。特殊メイクに慣れていなくても簡単にできます。

ゾンビや骸骨

しっかりとメイクをする必要があるキャラクターに変身する場合、手持ちのメイク道具に少しプラスするだけで印象を大きく変えることができます。次にそのような形で簡単にメイクする方法です。

まず、ゾンビなど顔色が青白いキャラクターにする場合は、白のドーランを使います。化粧下地などをしっかり塗り、肌を保護したうえで、顔や首など露出する部分全体に白のドーランを塗ります。こうすると「青白い肌」が演出できます。

また、顔の輪郭部分に黒やグレーのアイシャドーで影を入れていくと、顔が小顔になり、加えてさらに血色が悪い印象になります。暗めのアイシャドーなどを使うとさらに「お化けらしさ」が出てきます。

切り傷や血のり

ハロウィンの仮装のメイクでよく使われるのが「傷」です。フランケンシュタインのように最初から大きな傷があるキャラクターだけでなく、他のキャラクターでも顔や手などに傷を作り、血のりを乗せるとよりリアル感が出ます。

この血のりですが、もちろん血のりとして販売されているものを購入すれば簡単に作ることができます。しかし、赤のクリームチークを使い、傷を描いて、それをオイルやにゅうえきをコットンに含ませて周りをぼかすようにしても、血のりの雰囲気を出すことができます。

また、顔につけるなら自然のものの方が、という方には、食紅を使い、片栗粉やはちみつなどでとろみをつけて使うという方法もあります。これならそもそも食品ですから、万が一口に入っても安心です。子供などならこれがいいかもしれません。

簡単に作れるハロウィンのコスプレ・仮装衣装

さて、ここまでハロウィンの仮装のポイントについて紹介してきたのですが、最後に簡単にハンドメイドで作る方法についても触れておきましょう。近年では比較的安価で手に入るコスプレ衣装やメイク道具も多いですが、基本的に1回しか使わないものにお金はあまりかけたくないという方もいるのではないでしょうか。

そのような場合は、手作りのものやふだん着ているものにちょっと手を加えることで、より簡単にいろいろなグッズを作るのもおすすめです。具体的にその方法を紹介しましょう。

手作りハロウィンマスク

最も簡単にできるハロウィンの手作り仮装というと「ハロウィンマスク」がおすすめです。特に近年では、外出の際にマスクを使うのが当然ということで、どこの家庭にもたくさんの不織布マスクがあるのではないでしようか。

不織布マスクは無地なので、それに傷などをペンで書くだけで十分にハロウィンに使えるマスクに変身します。マジックなどを使い口や傷などを描き、それにフェルトで舌をつけたりアレンジを加えるだけなので、子供と一緒に作るのもおすすめです。

シャツのリメイク

もう着られないシャツなどかある方はそれを使って衣装を作るのも人気です。例えば地味な色合いのシャツがあれば、それを切ってぼさぼさの部分をつくるだけで、フランケンシュタインなどの衣装にぴったりのシャツができます。

また逆に、自分の手持ちのシャツや黒い服などに、100均などで販売されているシールやスパンコールなどを張り付けると、高級感のある仮装の服ができます。ドラキュラは伯爵なので、ベストに少し使うと高貴なイメージを出すことができるかもしれません。

ハロウィンで仮装を楽しもう

日本のハロウィンというと、手の込んだ仮装をする様子がメディアなどでも取り上げられることが多く、初心者ではハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。しかしちょっとした工夫で本格的な仮装が比較的簡単にできるのです。ぜひハロウィンをお気に入りの仮装で楽しんでください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ