ハロウィンの起源や由来・発祥の国を徹底調査!仮装する意味とは?

日本でも秋のイベントとして人気のある「ハロウィン」。ハロウィンは仮装を楽しむ1年に1度のイベントになりますが、正しい起源や由来を知らない方が多くいます。ハロウィンの起源はもちろん、発祥の国や仮装の意味などを知ることで、よりハロウィンを楽しめます。

ハロウィンの起源や由来・発祥の国を徹底調査!仮装する意味とは?のイメージ

目次

  1. 1ハロウィンの起源や由来について調査
  2. 2ハロウィンとは?
  3. 3ハロウィンの名前の由来
  4. 4ハロウィンの起源や由来(1)発祥の国
  5. 5ハロウィンの起源や由来(2)アメリカへの定着
  6. 6ハロウィンの起源や由来(3)仮装
  7. 7ハロウィンの起源や由来(4)日本への定着
  8. 8世界各国のハロウィンイベント
  9. 9ハロウィンの起源や由来に詳しくなろう

ハロウィンの起源や由来について調査

1年に1度、秋の大イベントとして世界中から人気を集めているのが「ハロウィン」。ハロウィンは起源や由来があり、ハロウィンについて知ることでより仮装やハロウィンイベントを楽しむことができます。

今回はそんなハロウィンの起源や由来について詳しくご紹介します。ハロウィンの起源を知ることで、発祥の国であるアイルランドについてや仮装する意味を把握できるので、ハロウィン前にぜひチェックしてみてください。

ハロウィンとは?

毎年10月に行われている世界で人気のイベント「ハロウィン」。ハロウィンの起源は紀元前まで遡り、ケルト民族が行っていた「サウィン」と呼ばれるイベントが起源と言われています。ハロウィンは約2000年以上の歴史があります。

サウィンとは日本語で「夏の終わり」を意味しており、秋の収穫祭として開催されていました。収穫祭で祝うとともに、悪霊を追い払う行事も行われていました。ケルト民族の暦では、10月31日には1年の終わりで死者の魂が戻ってくる日でした。

昔からこの日はお面をつけたりと悪霊に対する工夫が施されており、今のハロウィンイベントでも仮装という形でその風習が残されています。ハロウィンの歴史が古いことから、国によっては今でも大切なイベントとして言い伝えられています。

ハロウィンの名前の由来

現在、日本や世界各国では10月31日に行われるイベントを「ハロウィン」として認定されています。ですが、昔からハロウィンと呼ばれていたわけではなく、起源となったケルト民族がキリスト教化したことが影響しています。

今回はそんなハロウィンの名前の由来について詳しくご紹介します。ハロウィンは世界共通で通じるイベント名でもあるので、由来を覚えておくことでよりハロウィンに対して学ぶことが可能です。

諸聖人の日

ハロウィンの名前の由来は、ハロウィンイベントが行われている日付と深い関連があります。キリスト教では諸聖人に祈りを捧げる「万聖節」を毎年11月1日に行っており、諸聖人の日を意味する「All Hallo」を名付けました。

10月31日のハロウィンでは、11月1日に行われるAll Halloの前日として「All Hallo Eve」と呼ばれるようになります。そこから「All Hallo Eve」がどんどん簡略化、訛って行くようになり最終的には「Halloween」となったと言われています。

現在、ハロウィンは10月31日のみを指定されていますが、正しくは10月31日から11月2日までの期間です。キリスト教では、現世に戻ってくる死者の魂を慰めるイベントを行っており、死者への気持ちを深める時期でもあります。

Thumbハロウィンにおすすめの仮装特集!男女別に人気のコスプレをご紹介!
ハロウィンと言えば仮装が定番であり、毎年メディアなどでもその様子が大きく取り上げられています...

ハロウィンの起源や由来(1)発祥の国

今では世界各国で行われているハロウィンですが、実はアイルランドが発祥の国として言い伝えられています。秋の時期の収穫祭としてアイルランドでも開催されており、日本のハロウィンとは少し違う過ごし方をしています。

今回はそんなハロウィンの発祥の国「アイルランド」についてはもちろん、ハロウィンの起源についても詳しくご紹介します。ハロウィンについて詳しく知りたい方は、最初に目を通しておくのがおすすめです。

アイルランドの収穫祭が始まり

ハロウィンは毎年秋に行われているアイルランドでの収穫祭が起源と言われています。先ほども紹介した通り、アイルランドの古代ケルト民族が収穫祭である「サウィン」を行っていたことがハロウィンの始まりです。

ケルト民族は死者が妖精や悪魔の姿をして現世に戻ってくると言い伝えられており、悪魔に攫われないように生きている人もその日は仮装することで身を守っていたそう。今でもハロウィンでは仮装の名残が残っています。

ハロウィンのイベントは19世紀、アイルランド人がアメリカなど移民したことで世界中に広がったと言われています。その後、アメリカをはじめ日本やイギリスなど世界各国でハロウィンを行うようになりました。

ジャック・オー・ランタンとは

ハロウィンの定番であり、シンボルでもある「ジャック・オ・ランタン」。ジャック・オ・ランタンはカボチャをくり抜いて作られたランタンになり、ハロウィンの起源であるアイルランドの物語に登場する男の名前が付けられています。

アイルランドに伝わる物語とは、かつて現世で悪いことばかりしていたジャックは死後、天国にも地獄にも行くことを許されませんでした。そのため、真っ暗闇の中をランタンの火だけで安住の地を探し続けるという話です。

アイルランドでは収穫祭でよく見られる「カブ」で作られていたそうですが、アメリカにハロウィンが伝わった際に手に入れやすいカボチャになったと言われています。日本の鬼火のような存在で、部屋や街中に飾るのが一般的です。

ハロウィンの起源や由来(2)アメリカへの定着

ハロウィンは19世紀にアイルランドの移民とともにアメリカへ伝わっていきます。アメリカでは収穫祭というよりも、娯楽性の高いイベントとして伝えられていきます。そのため、今でもアメリカでは盛大にハロウィンをお祝いしています。

今回はそんなアメリカへ定着したハロウィンが、どのように変わっていったかを詳しくご紹介します。アメリカでは仮装する人々も多く、日本とは違って近所の家を訪ね歩いてお菓子をもらうという風習もあります。

アメリカで人気の年間行事

日本同様に、アメリカでは毎年10月31日になると国全体でハロウィンをお祝いしています。仮装して歩くイベントはもちろん、子供たちが近所の家を訪ねていき「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらう風習も。

アメリカでは1950年代に入るとホラー映画が流行っていきます。そのため、ハロウィンが娯楽化しているアメリカでは仮装をホラー映画のキャラクターにする方が増えていきます。ドラキュラやフランケンシュタインが多くいました。

今では定番となっているモンスターをはじめ、最近では人気の映画キャラなど自分の好きな仮装を楽しむ方も。アメリカに伝わった時点でハロウィンは秋の収穫祭というよりも、仮装などを楽しむイベントというイメージが付き始めます。

トリック・オア・トリートとは

アメリカでは1950年代に入ると「トリック・オア・トリート」が風習として根付いていきます。トリック・オア・トリートは仮装した子供たちが家を訪ね歩き、家にいる大人からキャンディやチョコレートを受け取ります。

その際の受け答えが「トリック・オア・トリート」です。子供が「トリック・オア・トリート」と大人に言い、大人が「ハッピーハロウィン」と答えてお菓子をあげます。日本では定着していない風習ですが、アメリカでは今でも行われています。

トリック・オア・トリートは子供が悪霊に仮装しており「悪霊にいたずらされたくなければ、お菓子をちょうだい」と言っています。現在でも続いている風習なので、アメリカでハロウィンを行う際はぜひ参加してみてください。

ハロウィンの起源や由来(3)仮装

日本ではもちろん、世界各国のハロウィンで定番となっているのが「仮装」。仮装は収穫祭として開催されていた約2000年前から行われており、現在でもハロウィンの日は仮装をして過ごす方が多くいます。

今回はそんなハロウィンの仮装について詳しくご紹介します。約2000年前の収穫祭の頃からハロウィンに仮装する意味が把握されています。ですが、現在では仮装する理由を知らない方が多いので、最初に目を通しておきましょう。

ハロウィンで仮装をする理由

先ほども紹介した通り、昔からハロウィンの時期は先祖の霊をはじめ、悪霊や魔女も死後の世界から現世へ戻ってくる日として信じられていました。現世に戻った悪霊や魔女は子供を攫ったり、悪さをしたりと人に悪運をもたらすとも言われています。

そのため、ハロウィンの日はそんな悪霊や魔女から身を守るために仮装したと言い伝えられています。悪霊や魔女と同じような格好をすることで、相手に仲間だと思わせます。もしくはゾンビやドラキュラなど悪霊を怖がらせるための仮装も。

日本では仮装の理由も把握せず、ハロウィンといえば仮装と思っている人がたくさんいます。仮装は悪霊や魔女からの身を守るための手段として行われていたので、今一度仮装の意味を確認して楽しんでみてください。

ハロウィンの起源や由来(4)日本への定着

アイルランドからアメリカへ渡ったハロウィンは、どんどん世界中へと広まっていきます。現在では日本でも10月31日になるとハロウィンをお祝いする方が多く、町中では仮装イベントなど賑やかに行われています。

今回はそんな日本へ定着したハロウィンが、どんなイベントを行っているのか詳しくご紹介します。秋の収穫祭というイメージの少ない日本では、アメリカで行われている仮装を楽しむハロウィンが定着しています。

日本で人気のハロウィンイベント

日本のハロウィンはトリック・オア・トリートなどのイベントは行わず、基本的には仮装を楽しむ傾向があります。子供たちの仮装はもちろん、仲間同士で集まってワイワイ賑やかに仮装を楽しむイベントも。

とくに日本ではクラブハウスやDJブースなどでハロウィンイベントに参加する方が多く、夜通し音楽の鳴る中で過ごす方が多いです。また、六本木や新宿では仮装したまま町中を歩く方も多く、町全体でハロウィンをお祝いしています。

日本では人気のテーマパーク「USJ」や「東京ディズニーリゾート」などでもハロウィンイベントが行われています。また、川崎では日本最大級のハロウィンパレードも行われており、毎年多くの人々が参加しています。

世界各国のハロウィンイベント

古代ケルト人の風習を受け継いでいるイベント「ハロウィン」。日本でも行われているイベントになりますが、世界中ではハロウィンの過ごし方が少しずつ変わります。その国によって風習もあり、日本ではないハロウィンイベントもたくさん。

今回はそんな世界中で行われているハロウィンイベントについて詳しくご紹介します。機会があれば世界中のハロウィンイベントに参加してみてください。

アイルランド

ハロウィンの発祥の国であり、本格的なハロウィンを体験できるのが「アイルランド」。アイルランドでは現在でも伝統的なハロウィンが行われており、その中でも都市ミースでは色濃くハロウィンイベントが開催されています。

都市ミースでは「スピリッツ・オブ・ミース・ハロウィン・フェスティバル」が毎年開催され、観光客に向けて怪物の舞踏会やお化け屋敷などハロウィンならではの恐怖の世界観が広がっています。

また、アイルランドの都市ロンドンデリーでは世界最大級のハロウィンカーニバル「デリーハロウィン」が行われています。アイルランドのハロウィンはとにかく豪華なイベントが多く、町によってイベント内容が変わります。

アメリカ

世界中で行われているハロウィンイベントの中でも、大規模なイベントが多いのが「アメリカ」。アメリカのハロウィンは世界のハロウィンよりも、小さい子供たちに向けたイベントが多いのも特徴的です。

ロサンゼルスで毎年開催されている「ウエスト・ハリウッド・ハロウィン・カーニバル」では、毎年約50万人もの観光客が訪れるハロウィンイベントになります。本格的なメイクの仮装はとても迫力があります。

メキシコ

世界中でハロウィンが開催されている中、メキシコでは「死者の日」が行われています。メキシコの風習であり、10月31日から11月2日にかけて死者の魂を迎える日としてメキシコ全体がイベントムードになります。

死者の日にはメキシコではカラフルなガイコツが町中に飾られ、マリーゴールドやケイトウの花が添えられています。カラフルな「オフレンダ」と呼ばれる祭壇が家の中に設置され、祖先を出迎えています。

日本のお盆とは違って、メキシコの死者の日は先祖と楽しく過ごす時間という意味が込められています。そのため、町中は音楽が鳴っていたり、美味しいものを食べて笑顔で過ごしたりと明るいイメージがあります。

イギリス

日本ではあまり馴染みのないイベントが行われている国が「イギリス」です。イギリスでは定番となっているハロウィンゲームが「アップル・ボビング」になり、ハロウィンパーティーの余興としてもピッタリ。

アップル・ボビングとはまず、リンゴを1つ水に浮かべておきます。水に浮かんでいるリンゴを手を使わずに口だけで取っていくゲームです。イギリスではハロウィンの時期にリンゴの収穫期になるので、このようなゲームが生まれました。

アップル・ボビングは時間内にリンゴを取るか、リンゴの取れた時間を競うかの2パターンあります。アップル・ボビングはイギリスでは占いにも使用されており、リンゴが取れたら結婚できるなどのジンクスも。

ハロウィンの起源や由来に詳しくなろう

世界中で人気を集めている秋のイベント「ハロウィン」。ハロウィンは約2000年以上もの歴史を誇る一大イベントでもあり、国によっては死者を丁寧に出迎える大切な行事でもあります。

ハロウィンは国によっても過ごし方が変わるので、事前に起源や由来を知っておくとより一層ハロウィンを楽しく過ごすことができます。ぜひ、ハロウィンのイベント前にこの記事を参考に学んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ