日本酒の「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の違いは?種類や製法で比較!

お米から作られる日本酒なのですが、大吟醸だったり、純米酒だったり、本醸造酒などさまざまな表示があります。みなさんはその違いについてご存じですか?今回は日本酒の違いや種類についてご紹介します。ぜひ参考にして、大吟醸や純米酒お好きな日本酒を探してみましょう。

日本酒の「大吟醸」「純米酒」「本醸造酒」の違いは?種類や製法で比較!のイメージ

目次

  1. 1日本酒の種類で大吟醸・純米酒・本醸造酒の違いは?
  2. 2日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒は特定名称酒
  3. 3日本酒の特定名称酒の種類と製法を簡単に説明
  4. 4日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒の区分け
  5. 5日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒醸造の違い~精米歩合
  6. 6日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒醸造の違い~醸造アルコール
  7. 7日本酒のおすすめ銘柄
  8. 8日本酒は種類が豊富で好みの味を選びやすい
  9. 9違いを知っておくと人気の日本酒も選びやすくなる

日本酒の種類で大吟醸・純米酒・本醸造酒の違いは?

みなさんは普段お酒を飲まれますか?お酒にはいろいろな種類があり、たとえば蒸留酒と言われるウイスキーやブランデー、そして日本酒などの醸造酒、蒸留酒や醸造酒に砂糖などで甘みを加えたり、果実やハーブなどを使って風味をつけたものが梅酒やリキュールと言われていて、それぞれの種類の中に、さらにたくさんのお酒が存在しています。

いろいろな基準で分けられているお酒なのですが、醸造酒にあたるに日本酒は、名前の通り日本独自の製法で作られているお酒で、お米や麹と水を使って作られている清酒として知られています。また日本酒は和酒と呼ばれることなどもあります。

そんな日本酒の中にも、大吟醸や純米酒に本醸造酒などさまざまな種類があります。そこで今回は日本酒の大吟醸や純米酒とはなんなのかについてご紹介していきます。種類を知ることで、より自分好みの日本酒を見つけることができるのではないでしょうか。

Thumb日本酒に合うおつまみおすすめ17選!手土産に人気の絶品グルメやお菓子も!
今回は、日本酒に合うおすすめのおつまみをご紹介していきます。日本酒に合うおつまみには、お刺身...

日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒は特定名称酒

大吟醸や純米酒、そして本醸造酒って何のことなのかわからない!という方は、まず日本酒を見つけた際に、ラベルを見てみてください。日本酒の中には「吟醸」であったり「純米」だったりの表記が記載されているものがあります。これはいわばその日本酒が、既定の条件を満たした日本酒(特定名称酒)なのかどうかを、一目でわかるようにしています。

そのため贈り物として日本酒を選ぶ際には、この吟醸であったり純米であったり、または醸造酒などの記載のある日本酒を選ぶのがおすすめです。それぞれの意味などを知っておけば、その日本酒の味の特徴などもわかるようになっていきます。

特定名称酒とは

特定名称酒とは先ほどご紹介した、純米や吟醸、醸造酒などの記載がある日本酒のことを指しています。それぞれ表記されるためには、もともと定められているお米の精米歩合や、原料の基準を満たす必要があり、条件を満たしたときのみ特定名称酒という呼称を与えられ、逆に条件を満たしていない日本酒は特定名称酒ではなく普通酒と呼ばれます。

特定名称酒は日本酒の種類を知っていくうえで基本にもなる部分です。そのため日本酒をこれから知っていきたいという方は、まずは「特定名称酒」と「普通酒」の違いをわかるようにしていき、そこからさらに日本酒の深い部分を知っていけばいいのです。

日本酒の特定名称酒の種類と製法を簡単に説明

特定名称酒と普通酒に分かれている日本酒ですが、特定名称酒の中でも「吟醸酒」と「純米酒」と「本醸造酒」にわかれています。そこで吟醸酒、純米酒、本醸造酒の違いについてご紹介していきます。

この種類がちがうことによって、日本酒の製造方法も変わってきますし、味ももちろん違いが出てきます。種類や製造方法の違い、そして味の違いを理解しておくことで、日本酒を選ぶ際のポイントにもなるのではないでしょうか。

大吟醸

吟醸酒の中でも特に条件が良好な「大吟醸」についてご紹介します。大吟醸の製造方法は原料となるお米の精米歩合は、50%以下のものという条件があり、美味しい日本酒にするために考えられた、50%以下の精米歩合まで精米していきます。そして精米されたお米を仕込み水に漬けて浸漬させていき、蒸米になるように蒸しあげていきます。

そして麹を振りかけ蒸米が発育するのを待ちます。そして麹や蒸米と酵母をタンクなどに入れ、長期間の低温発酵をさせていくのです。そして仕上げに粕袋に入れ酒を絞っていけば大吟醸が出来上がります。

そうすることで香味、吟醸造り、色沢が吟醸よりも特に良好と言われる日本酒が完成します。なお吟醸酒の原料はお米、麹、醸造アルコールとなっています。

純米酒

お米の旨味はもちろんのこと、深みのあるコクを1番感じられる「純米酒」のご紹介です。純米酒には「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」「特別純米酒」があるのですが、どれも醸造アルコールを使用せず、お米と麹のみで造られています。そのため1番お米の旨味などを感じることのできる日本酒に仕上げることができるのです。

製造方法は吟醸酒と大きな変わりはないのですが、純米吟醸酒と特別純米酒の場合精米歩合は60%以下、純米大吟醸酒の精米歩合は50%以下と決まっています。なお特別純米酒の場合は、特別な醸造方法で造られることなどもあります。

本醸造酒

シンプルな味わいを楽しめる「本醸造酒」も基本的な製造方法は同じです。ですが他の種類と違うのは精米歩合です。本醸造酒の場合精米歩合が特別本醸造酒でも60%以下、本醸造酒の場合は70%以下だと決められています。精米歩合が少ないことによって香りは、吟醸酒よりも劣るのですが、シンプルで飲みやすい味わいを楽しむことができます。

なお特別本醸造酒の場合は、精米歩合を60%以下にするというだけではなく、特別な醸造方法を使うこともあります。スッキリとした飲み口は、日本酒初心者の方にもおすすめです。日本酒に初めてチャレンジする方は、本醸造酒を飲んでみてはいかがでしょうか。

日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒の区分け

製造方法はほとんど変わりないのですが、大吟醸、純米酒、本醸造酒では精米歩合であったり、醸造アルコールが入っているのか、いないのかなどの違いがあります。そこでここでは精米歩合や醸造アルコールの添加についてご紹介していきます。

精米歩合や醸造アルコールの添付の有無で、日本酒の何が変わってくるのかなどもご紹介するので、日本酒を選ぶ際には参考にされてみてください。また同じ銘柄でも種類が違ったり、精米歩合の違いで味が変わってくるので注意しておきましょう。

精米歩合

精米歩合とは?という方も多いのですが、精米歩合というのは原料となるお米をどれほど精米しているのかということです。日本酒の製造でまず最初に行われるのがお米の精米で、この精米歩合で日本酒の種類が変わったりするため大切なポイントです。

お米は中心部に近ければ近いほど、雑味の少ないスッキリとしたシンプルな味わいを楽しむことができます。そのため精米歩合が50%以下で造られている日本酒と、70%以下で造られている日本酒では、雑味なども違ってきて、味に違いがあることに気づくはずです。なお普段食べているお米の精米歩合は90%程度と言われています。

そのためいかに日本酒に使われるお米(酒米)を精米しているのかが、わかるのではないでしょうか。丁寧に磨いたお米を使っているからこそ、繊細でコクがあり、深みもある美味しい日本酒に仕上げることができるのです。

醸造アルコールの添加

日本酒の種類分けの条件にもなっている「醸造アルコールの添付」についてご紹介していきます。醸造アルコールとは、タンパク質や含糖質物を発酵させて、蒸留させることでできるアルコールで、日本酒の中には醸造アルコールが入っているものと、入っていないものがあり、吟醸酒と本醸造酒は入っていて、純米酒には入っていません。

醸造アルコールが入っていないからといって、アルコールがないというわけではなく、あくまで醸造アルコールは風味や味わいを調節するために入れるのです。そのため醸造アルコールが入っていない純米酒にも、もちろんアルコールはあります。

日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒醸造の違い~精米歩合

日本酒の製造過程の1番最初でもある「お米の精米」なのですが、その精米歩合の違いで何がどう変わるのかについてご紹介していきます。もちろんここでご紹介する意外の分け方もあるのですが、ここでは純米酒、50%以下のもの、60%以下のものをご紹介していきます。

日本酒を楽しむうえで、精米歩合を知っておくと、より深く楽しむことができます。また同じ銘柄でも精米歩合が違うこともあるので、気に入った日本酒は銘柄だけではなく精米歩合なども覚えておくのがおすすめです。

純米酒(精米歩合指定なし)

精米歩合の指定がないのが「純米酒」です。指定されていないので、その日本酒に合った精米歩合を製造者が決めることができます。お米の表面にはたくさんの栄養素があるのですが、この栄養素こそが日本酒の味を損ねる雑味になることもあります。

そのため純米酒を造る際には精米歩合をどのくらいにすれば美味しいのか、いろいろ試しながら造るようになるのです。精米歩合40%以下と70%以下、それぞれ良さがあるので、1番その純米酒にしっくりくる精米歩合を見つけていくのです。

<50%以下>大吟醸酒・純米大吟醸酒

精米歩合50%以下には、大吟醸酒や純米大吟醸酒があります。50%以下ということは、お米の半分以上を研いでいるという証で、よりお米本来の雑味を減らしているという特徴があります。

雑味を減らすことでスッキリとした味わいを楽しむことができ、クリアで雑味のない日本酒に仕上がっていると人気です。そのため日本酒の香りも強くなるのが特徴で、香りを楽しみたい方におすすめの精米歩合になっています。

<60%以下>吟醸酒・純米吟醸酒・特別本醸造など

精米歩合60%以下の日本酒には、吟醸酒、純米吟醸酒、特別純米酒、特別本醸造酒があります。これは60%以下ということで、半分以上はお米を残していることが多いです。その分雑味が増えるのですが、この雑味によって深い味わいを楽しむこともできます。

コクがある芳醇な日本酒が好きという方も多く、そんな方には精米歩合が60%以下の日本酒が人気です。香りは減ってしまうのですが、その分しっかりとしたコクや旨味を感じることができるので、お酒だけで楽しみたい時にも人気になっています。

日本酒の大吟醸・純米酒・本醸造酒醸造の違い~醸造アルコール

醸造アルコールが添加されているか、されていないかでも日本酒の味や香りは変わってきます。醸造アルコールを添加することで、香りを華やかにしたり、味のバランスを整えることができるのです。

一見醸造アルコールを添加することで、香りが華やかになり、味のバランスも整えられるとメリット尽くしに感じますが、醸造アルコールを添加しないことで、お米本来の味わいを楽しむことができるというメリットもあります。

純米酒(醸造アルコールなし)

醸造アルコールを添加せずに作っているのは「純米酒」です。純米酒の中でも精米歩合が違ったりはするので、多少違ってはくるのですが、醸造アルコールを添加しないということで、お米や麹本来の味わいをじっくり楽しめる日本酒として人気です。

ご飯と一緒に飲みたいときにもおすすめになっていて、とくに和食とはよく合います。またふくよかな味わいの日本酒が好きという方にも、純米酒が人気になっています。

吟醸酒・大吟醸酒・本醸造酒など(醸造アルコールを添加)

醸造アルコールを添加している「吟醸酒」などについてご紹介します。醸造アルコールを添加しているのは吟醸酒のほかに、大吟醸酒、本醸造酒、特別本醸造酒があります。醸造アルコールを添加することで、本来の味わいにプラスして、香りや味わいをアップさせることができます。

精米歩合50%以下の日本酒などの場合、元々雑味などを減らしてスッキリとした味わいです。ですが醸造アルコールを添加することで、香りも華やかになりますし、旨味のバランスをよくすることもできると人気になっています。

日本酒のおすすめ銘柄

では日本酒のおすすめ銘柄をご紹介していきます。日本酒はご紹介しましたように、さまざまな種類があり、同じ銘柄でも精米歩合が違うだけで味も変わってきます。そのためいざ日本酒を選ぼうとしても、何を選んだらいいのかわからないという方も多いです。

そこで日本酒の中でもおすすめの銘柄をここでご紹介していきます。ご自身用としてはもちろんなのですが、贈呈用としても人気なので、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

くどき上手 吟醸酒 超辛口 ばくれん

美山錦を100%使用した日本酒「くどき上手 吟醸酒 超辛口 ばくれん」をご紹介します。キレのいい辛口の日本酒として人気になっていて、精米歩合は55%、アルコール度数は18度から19度程度の日本酒になっています。

ほのかにフルーティーな香りも楽しむことができ、爽快で切れ味抜群のばくれんは、飲み疲れしないと人気になっています。取り扱っている酒店は少ないですが、コスパのいい日本酒としてもおすすめです。

獺祭 純米大吟醸45

山口県が誇る日本酒「獺祭 純米大吟醸45」は、大人気の銘柄である獺祭の中でもスタンダードとして親しまれています。山田錦を45%まで磨いているので、雑味なども少なくスッキリとした味わいを楽しむことができます。アルコール度数は16度です。

飲みやすさも抜群といわれているので、男性はもちろんのこと、女性にも人気になっていて、冷やして飲むのがおすすめです。冷酒にすることで、より飲みやすさを感じることができ、食事と一緒に楽しみたい時にもおすすめです。

特別本醸造 八海山

淡麗な味わいが楽しめる「特別本醸造 八海山」は、冷酒でも熱燗でも美味しく楽しめる日本酒として人気になっています。熱燗にすることで麹の香りを、冷酒で楽しむよりも感じることができます。

アルコール度数は15.5度となっていて、精米歩合は55%です。香りのいい日本酒になっているので、チーズなどとの相性も抜群です。和食だけではなく、おしゃれにチーズフォンデュなどを楽しみながら、飲んでみてはいかがでしょうか。

日本酒は種類が豊富で好みの味を選びやすい

ご紹介しましたように、日本酒は種類もたくさんありますし、同じ銘柄でも精米歩合が違うだけで味や香りまで変わってきます。そのためきちんと覚えていないと、間違ってしまう可能性もあるのですが、自分好みの味を見つけやすいとも言えます。

贈り物として選ぶ際には、相手の方が好きな銘柄だけではなく、精米歩合なども覚えておくと安心です。近年は日本酒のスパークリングなども登場していて、若い女性などの間でも人気になっています。

Thumb日本酒「澪」は人気のスパークリング清酒!味や種類・度数・美味しい飲み方は?
今、女性に大人気の日本酒があるのをご存知ですか。宝酒造が販売している日本酒「澪」が女性を中心...

違いを知っておくと人気の日本酒も選びやすくなる

日本酒はさまざまな種類があるので、選ぶ際に迷ってしまうことも多いです。ですが上記でご紹介しましたようにポイントさえ押さえておけば、そのタイプの特徴などがわかり、日本酒選びが簡単になります。飲み比べなどを楽しむのもおすすめですし、違いをしっかり知ったうえで日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ