ビタクラフトのまな板は使いやすいと口コミで高評価!人気商品や値段は?

ビタクラフトのまな板は、半永久的に抗菌効果が持続すると言われています。刃当たりがソフトで、手への負担が少なく、使いやすいと高評価の口コミが寄せられています。ビタクラフトの抗菌まな板の種類や値段、特長、お手入れ方法などについて、詳しくご紹介しましょう。

ビタクラフトのまな板は使いやすいと口コミで高評価!人気商品や値段は?のイメージ

目次

  1. 1ビタクラフトの人気商品のまな板をご紹介
  2. 2使い勝手抜群のビタクラフトのまな板
  3. 3ビタクラフトのまな板の取扱商品・サイズ
  4. 4ビタクラフトのまな板のおすすめポイント
  5. 5ビタクラフトのまな板の口コミ評価
  6. 6ビタクラフトのまな板と一緒に買いたいグッズ
  7. 7ビタクラフトのまな板を使ってみよう

ビタクラフトの人気商品のまな板をご紹介

ビタクラフトの抗菌まな板が優れていると、口コミで話題になっています。抗菌作用が半永久的に持続し、耐久性が高いのが人気の理由です。

使いやすく、またくて軽くいため納スペースにも困りません。サイズは2種類あり、カラーバリエーションが豊富でおしゃれなのも人気の理由です。今回は、そんなビタクラフトの抗菌まな板について、特徴やサイズ、おすすめポイントなどをご紹介しましょう。

使い勝手抜群のビタクラフトのまな板

ビタクラフト(Vita Craft)はアメリカのステンレス調理器具メーカーで、熱伝導率に優れた高品質の鍋やフライパンを製造・販売しています。耐久性があり長く使えること、またお手入れが簡単なことから、世界中で愛用されています。

そんなビタクラフトでは、抗菌まな板やレードル、 スパチュラなどのキッチンツールも販売しています。抗菌性が高く、使いやすいと人気を集めています。特に抗菌まな板は半永久的に抗菌効果が持続するとされており、安心して使うことができます。

ビタクラフトの抗菌まな板は、一般のまな板いに比べ薄く、軽いのですが、耐久性があり長く使える優れた製です。食材を切りやすく、お手入れも簡単なので、毎日の調理に役立つと人気があります。

さらにビタクラフトの抗菌まな板はカラーバリエーションが豊富です。ブラックの他、ピンクやグリーンなどのパステルカラーがあり、キッチンをおしゃれにコーデしたいという人にもおすすめです。

ビタクラフトのまな板の取扱商品・サイズ

ビタクラフトの抗菌まな板の種類とサイズをお知らせしましょう。ビタクラフトの抗菌まな板には、レギュラーサイズと一回り小さいミニサイズがあります。

ミニサイズは収納にも困らないサイズなので、一人暮らしの人やあまり調理をしない人におすすめです。また、チーズやフルーツなど、ちょっと使いたいときに、さっと出して使えるので便利です。

抗菌まな板

まず最初にビタクラフトの抗菌まな板のレギュラーサイズについて、ご紹介しましょう。サイズは幅37cm、長さ24cm、厚さ0.6cmとなります。値段は税込5940円です。角が丸くなっており、片側に穴が開いています。

レギュラーサイズの抗菌まな板は4色あり、色は、ブラック・ベージュ・グリーン・ピンクとなります。特にレギュラーサイズのブラックは傷が見えにくく、キッチンのインテリアにもよく合うと人気があります。

また、グリーンのまな板は野菜用、ピンクのまな板はお肉用など、カットする素材に合わせて使い分けするのもおすすめです。

生のお肉や魚は細菌が付着していることが多く、生肉や生魚を切った後に生野菜をカットすると、よく洗ったつもりでも細菌が移ってしまうことがあります。そのため、まな板はなるべく、素材に合わせて使い分けるのがおすすめです。

抗菌まな板 小

続いて、ビタクラフトの抗菌まな板のミニサイズについてご紹介しましょう。ミニサイズは、幅24cm、長さ18cm、厚さ0.6cmとコンパクトサイズとなっています。値段は税込3960円です。

レギュラーサイズは角が丸くなっているのですが、ミニサイズは角が丸くなっていません。また、レギュラーサイズのように穴が開いていません。厚さはどちらも同じです。

ミニサイズもレギュラーサイズと同じ4色展開となっていて、ブラック・ベージュ・グリーン・ピンクがあります。ビタクラフトのオンラインサイトでは、レギュラーサイズとミニサイズをペアにしたものが8250円で販売されています。

また、抗菌まな板とマルチナイフがセットになったものも販売されています。マルチナイフの柄は、抗菌まな板と同じカラーを選ぶことができ、キッチンがおしゃれになると人気があります。

ビタクラフトのまな板のおすすめポイント

それでは、ビタクラフトの人気製品、抗菌まな板のおすすめポイントをご紹介しましょう。、ビタクラフトの抗菌まな板の最大のメリットは抗菌作用が持続するという点です。

また、人気の理由として傷がつきにくい、お手入れが簡単などの口コミも多くあげられています。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

抗菌力が高い

ビタクラフトの人気まな板の最大の特徴は、抗菌効果が優れているという点です。まな板の素材に特殊な抗菌剤を練り込んでおり、O-157などの大腸菌をはじめ、サルモネラ菌やブドウ球菌など食中毒の原因になる菌の増殖を防ぎます。

特殊な抗菌剤が添加物などの規格基準に適合しており、環境ホルモンなどは含まれていないので、安心して使用できます。

非抗菌加工のものと比べると、ビタクラフトの抗菌まな板は99%以上もの高い滅菌率を誇ります。しかもその効果は半永久的で、科学的にもその持続性が証明されています。

傷がつきにくい加工

ビタクラフトの抗菌まな板のおすすめポイントは、傷がつきにくいという点です。まな板には特殊エラストマーという素材が練り込まれているため、木製のまな板のような刃当たりがあり、包丁を長く使っていても疲れにくくなっています。

またゴム製のまな板のように弾力性があり、包丁が傷つきにくいのが特徴です。まな板が包丁で傷づくと、そこから細菌が入り込むことがあるので、傷がつきにくいと衛生面でも安心して使えます。さらに、プラスチック素材のまな板のように、素材の臭いが付きにくいのもおすすめのポイントです。

水切れが良くお手入れが簡単

ビタクラフトの抗菌まな板のおすすめポイントは、水切れが良くお手入れが簡単という点もあげられます。特殊エラストマーは水分を吸収せず、はじく特徴があります。そのため、まな板を使い終わったら水洗いをして、ふきんで水を拭き取るだけで、簡単にきれいになります。

水分をまな板に残さないことで、細菌の繁殖を防ぐというメリットもあります。さらにビタクラフトの抗菌まな板は、耐熱温度が130度なので、食洗機や食器乾燥機に対応しています。簡単に洗えるというメリットがあり、おすすめのまな板といえるでしょう。

煮沸や熱湯消毒もできるので、汚れが気になったときは、お手入れをするといいでしょう。簡単にお手入れできるので便利という、高評価の口コミが多く寄せられています。

反り返りが少ない

ビタクラフトの抗菌まな板は厚さが1cm以下と薄いのですが、しっかりとした硬さがあるため反りが少ないのと言われています。しかし時々、「食洗器で洗ったらまな板が反った」という口コミもあります。

実はエラストマー系の材質は長時間、高温に当てていると変形しやすいという特徴があります。食洗器に入れるとき、立てて入れると反りが起こりやすくなるので、平らに置いた状態で入れると、まな板が反るのを防ぐことができます。

同様に熱湯消毒や煮沸をする時も、まな板を横に寝かせると反りが少なくなるでしょう。反対に、保管する時は立てておくと、反りを防ぐことができます。使い方を間違えなければ、まな板が反るのを防ぐことができるので実践してみてください。

穴開きタイプは吊るして乾かせる

ビタクラフトの抗菌まな板のレギュラーサイズは、片側に穴が開いています。この穴は、まな板を吊るして乾かすのにちょうどいい大きさです。

まな板に水分が残っていると細菌の増殖につながるので、まな板を洗ったら、素早く乾燥させるためにも吊るしておくのがおすすめです。

ビタクラフトのまな板の口コミ評価

ビタクラフトの抗菌まな板を購入しようと考えている人のために、口コミをご紹介しましょう。全体的に、ビタクラフトの抗菌まな板に対して、高評価の口コミが寄せられています。

刃当たりがよく、まな板自体が滑りにくいので、とても使いやすいという口コミが多く見られます。キッチンの天板に密着するので安定感があり、食材を切っていても滑らないという口コミがあります。

しかし食材が濡れていると、滑ることがあるという口コミもあります。野菜を洗った後は、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ると、滑りにくくなるでしょう。包丁の当たりはとてもよく、刃がこぼれずにいつまでも使えるという口コミがたくさんあります。

さらに、薄くて軽いので保管場所に困らないという口コミや、食洗器で洗えるので便利という口コミも多く見られます。水切れがよく、すぐに乾くので衛生的という口コミも多い寄せられています。

ビタクラフトの抗菌まな板は傷がつきにくいとされていますが、やはり毎日のように使っていると、傷がついてくるという口コミがあります。特にブラックは傷が目立ちやすいので、心配な人は薄い色のまな板を購入するのがおすすめです。

まな板に傷がついても表面だけの場合が多く、深い場所までは傷つかないので、衛生面ではあまり心配しなくてもいいでしょう。

以上のようにビタクラフトのまな板に対して、高評価の口コミが寄せられています。一般的なまな板に対し、少し値段が高いと感じるかもしれませんが、長く使うことができるので、コスパがいい商品といえるでしょう。

ビタクラフトのまな板と一緒に買いたいグッズ

ビタクラフトのまな板をご紹介しましたが、ここからはまな板と一緒に買いたいおすすめのグッズをいくつかご紹介しましょう。

ビタクラフトでは、ナイフや包丁も多く揃っています。また高品質の鍋やフライパンなどもあるので、合わせて使ってみるのもおすすめです。

マルチペティナイフ

ビタクラフトのマルチペティナイフは、小さなサイズのナイフです。柄の部分が、ビタクラフトの抗菌まな板と同じような色のものが揃っているので、ペアで使ってもいいでしょう。色は、マンゴーイエロー、チェリーピンク、ライムグリーンの3色となります。

ビタクラフトのマルチペティナイフの特長は、先端がギザギザとした波刃になっているため、トマトなど柔らかいも簡単にカットできます。先端は波刃ですが、中央部分はストレート刃となっており、果物の皮剥きにおすすめです。

柄の部分は波型の模様が入っており、握りやすいのが特長です。使いやすく、フルーツや野菜を簡単にカットできると好評です。長さは約23cmで、刃の部分はステンレス製、柄の部分はエラストマー樹脂を使っています。値段は税込2200円です。

マルチブレッドナイフ

ビタクラフトのマルチブレッドナイフは、パン専用のナイフです。上でご紹介したマルチペティナイフと同じカラーが揃っているので、一緒に購入してもいいでしょう。カラーバリエーションは3色あり、マンゴーイエロー、チェリーピンク、ライムグリーンとなります。どれも発色がよく、きれいな色合いです。

ビタクラフトのマルチブレッドナイフは、やわらかなサンドイッチやケーキ、ハード系のパンなど、さまざまなパンをきれいにカットできます。先端が丸くなっているので、バターやクリームチーズを塗るヘラとしても使用できるので便利です。

刃はシャープで波が付いているので、パンの他にもメロンやトマトなどのやわらかな素材をカットするのにおすすめです。グリップは波模様が付いているので滑りにくく、持ちやすいと好評です。

ビタクラフトのマルチブレッドナイフのサイズは21.5cmで、刃部の素材はステンレス刃物鋼、グリップはエラストマー樹脂となっています。値段は税込2200円とお手頃です。

ごはん鍋

ビタクラフトのごはん鍋は、お米がふっくら炊けると話題の製品です。ステンレス製のころんとした形の丸い鍋で、白米は3合まで、玄米・炊込みは2合まで炊くことができます。

本体、蓋とも5重構造になっており、熱伝導に優れています。鍋全体に熱が効率よく回り、ご飯がふっくらと炊けます。少量でも美味しく炊けるので、食事ごとに炊き立てご飯を食べたい人におすすめです。

ガスはもちろんIHにも対応しています。また、お手入れも簡単で、本体も蓋も丸洗いができます。炊飯器と違い、鍋でご飯を炊くのは難しいと感じている人も多いのですが、ビタクラフトのごはん鍋は慣れると簡単に美味しいご飯ができます。

ご飯と水を入れ、沸騰したら10秒加熱し、極弱火にして約10分、その後火を止めて10分蒸らすだけで炊きあがります。炊飯器とは異なって、ふっくらとして美味しいできあがりになるので試してみましょう。

白米だけではなく、炊き込みご飯やおかゆなども作れます。ビタクラフトにはレシピブックもあるので、参考にして美味しいご飯を作ってみてください。

ビタクラフトのまな板を使ってみよう

ビタクラフトの人気商品のまな板をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ビタクラフトのまな板は非常に切りやすいという口コミが多く寄せられています。包丁の当たりがよく、高級な包丁を使っている人でも安心して使えます。

カラーは4色、サイズは2通りあるので、好きなサイズや色を選んで使ってください。素材に合わせて、まな板を使い分けるのもおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ