なばなの里イルミネーションは国内最大級のスケール!期間や点灯時間は?

三重県桑名市に「なばなの里」という人気スポットがあります。秋から初夏まで国内最大級のスケールでイルミネーションを楽しめることで知られています。三重で人気のイベント「なばなの里イルミネーション」の期間や点灯時間、おすすめをご紹介します。

なばなの里イルミネーションは国内最大級のスケール!期間や点灯時間は?のイメージ

目次

  1. 1三重県のなばなの里はイルミネーションがおすすめ
  2. 2国内最大級!なばなの里のイルミネーションが大人気
  3. 3なばなの里のイルミネーションの見どころ
  4. 4なばなの里のイルミネーションの開催期間・点灯時間
  5. 5なばなの里のイルミネーションの利用料金
  6. 6なばなの里のイルミネーションは公式サイトを要チェック
  7. 7なばなの里へのアクセス方法
  8. 8なばなの里のイルミネーションを見に行こう

三重県のなばなの里はイルミネーションがおすすめ

三重県桑名市に、国内最大級のスケールで楽しめるイルミネーションがあるのはご存知ですか。三重県のなばなの里という人気スポットで、毎年秋から年明けの初夏まで楽しめる「なばなの里イルミネーション」です。

なばなの里イルミネーションは、国内最大級のスケールということで、全国からこのイルミネーションを楽しもうと観光客がやってきます。期間も比較的長いイルミネーションで人気があります。

プロジェクションマッピングなどは一切使用しない本物のイルミネーションが楽しめるということでおすすめです。名古屋からのアクセスもよく、名古屋観光と合わせて楽しめます。三重で人気の「なばなの里イルミネーション」の開催期間や点灯時間などをご紹介します。

Thumb三重の観光スポットを名所から穴場まで網羅!おすすめモデルコースも紹介!
三重には伊勢神宮がある伊勢志摩をはじめ、風光明媚な名所や歴史スポット、テーマパークなどいくつ...

国内最大級!なばなの里のイルミネーションが大人気

三重県の桑名市に、「なばなの里」という美しい花々を年間を通じて楽しむことができる人気スポットがあります。なばなの里のフラワーエリアは日本最大級で、お花好きの方にはおすすめのスポットです。

名古屋からのアクセスが良いので、名古屋に住む方々の日帰り観光スポットにもなっていて人気があります。また、三重県内だけでなく、県外からの観光客も多く休日をゆっくり過ごすことができるのでおすすめです。

そんな人気スポット「なばなの里」では、年間半年以上という長い期間、イルミネーションを楽しむことができます。これだけ、開催期間が長いイルミネーションもなかなかありません。その期間中でも、シーズンによってイルミネーションも変わります。

なばなの里のイルミネーションの見どころ

ここでは、なばなの里のイルミネーションの見どころをいくつかご紹介しましょう。なばなの里のイルミネーションの見どころはたくさんあるのですが、その中から口コミでも人気のあるイルミネーションをご案内します。

日本一美しいツインツリーや美しい海のようなイルミネーション、200mの光のトンネルは圧巻です。日本ではなかなか見ることのできない水上イルミネーションも人気があります。

ツインツリー

ツインツリーは、日本一美しいツインツリーとして有名で、ヒマラヤスギの天然木を彩るイルミネーションで、チャペルの鐘の音とのコラボを楽しむことができるのでおすすめです。

かつて、クリスマスツリー名所で西日本で第一位に輝いたことのある美しいツインツリーです。クリスマスシーズンには、カップルがこの日本一美しいツインツリーを見にやってきます。

なばなの里チャペル前にあるということもあり、クリスマスシーズンにはとてもロマンティックな空間になります。

光の海

光の海は、樹齢1000年のオリーブ大樹のイルミネーションを中心に、サンシュユなどにもイルミネーションを施すことで、まるで海のような光景がその前には広がっています。

イルミネーションの変化で、まるで海が波打っているように見えるため、「光の海」と名付けられています。カップルにも子連れファミリーにも大人気のスポットになります。

奇跡の大樹

奇跡の大樹は、樹齢1000年のオリーブ大樹を美しくイルミネーションされています。こちらのツリーの前で手を繋ぐと幸せになれるというカップルにとってのパワースポットでもあります。クリスマスシーズンには、たくさんのカップルがこの奇跡の大樹目当てにやってきます。

もちろん、この奇跡の大樹は、カップルだけのものではなく、子連れファミリーや友達と楽しんでもハッピーになれるそんなスポットになります。樹齢が1000年のオリーブ大樹は、幹囲が4メートル・高さが3.5センチ、幅が6メートルにもなります。

水上イルミネーション「光の大河」

水上イルミネーション「光の大河」は、国内でも最大級を誇るこの水上イルミネーションもまた、人気のスポットです。大河をイメージしたようなイルミネーションで、とても心が温まるそんなイルミネーションでおすすめです。

木曽三川の流れを表現しているということで、大自然をイメージしているそんなイルミネーションで人気があります。イルミネーションで川の流れまでも演出していておすすめのイルミネーションです。

光のトンネル「華回廊」

光のトンネル「華回廊」は、かつて、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれるなど、ここなばなの里のイルミネーションを象徴するイルミネーションのひとつです。

なばなの里のイルミネーションがタグ付けされたインスタグラムでも、誰もがここの光のトンネル「華回廊」を写真に収めています。花びらを模った美しい回廊を楽しむことができるのでおすすめです。

バラのトンネル

バラのトンネルは、100メートルのトンネルで、バラを表現したイルミネーションで人気があります。鮮やかな赤のバラが美しいです。

カップルにも子連れファミリーにも人気で、友人とでも楽しむことができるイルミネーションになります。イルミネーションのアーチの美しさを感じることができます。

なばなの里のイルミネーションの開催期間・点灯時間

こちらでは、なばなの里のイルミネーションの開催期間・点灯時間について解説をしておきましょう。まずは、開催期間ですが、例年10月中旬から翌年の5月いっぱいまでです。今年2021年は10月23日から翌年2022年5月31日までと開催期間が決定しています。

この開催期間中には、2022年1月11日から13日まで、1月24日から28日までは休業となっているのでご注意ください。なばなの里のイルミネーションの点灯時間ですが、日によって変動があるため、公式サイトにて点灯時間のカレンダーというものがあります。

10月開催日から2月中旬くらいまでは17時台の点灯時間で、2月中旬以降5月初旬までは18時台、5月初旬から開催期間終了までは19時台となっています。あくまで目安なので、行かれる前にカレンダーにて確認してください。点灯時間終了は営業時間終了と同じですので、その営業時間終了も公式サイトで確認しましょう。

かつて点灯時間に行われていた来場者による点灯式は、現在では行われていません。この点灯時間などに合わせて、食事などを済ませるなどしておくと良いでしょう。休業日以外は、点灯時間になると自動でイルミネーションに灯が入ります。

なばなの里のイルミネーションの利用料金

ここでは、なばなの里のイルミネーションの利用料金についてご紹介しましょう。窓口販売チケットでの料金は大人・小学生ともに2300円です。この2300円には1000円分の金券が付いています。小学生未満は無料です。この1000円分の金券は、なばなの里での買い物や食事に充当できます。

コンビニでは、コンビニ前売り券が購入できますが、販売価格は窓口販売チケットでの料金と同じです。その他にも、3,900円以上のレストランの事前予約することで、入村料が無料になるサービスもあります。

近鉄電車・バスの往復乗車券セットなどのお得なセットもあります。電車とバスの往復乗車券・入村券がセットになったものには、1000円分の金券が付いています。

なばなの里のイルミネーションは公式サイトを要チェック

三重で人気のスポット「なばなの里」では公式サイトが開設されています。公式サイトでは、おすすめの7つのイルミネーションスポットをはじめ、季節のイベントで人気のフラワーライトアップのことや営業時間・料金などが掲載されています。

その他にも、花祭りなどのイベントの告知なども行われています。広大な敷地内には、カフェやレストランなどもあり、それらの情報も記載されているので、イルミネーション点灯時間前のお食事なども予め調べておくことができます。

さらには、なばなの里にある地上45メートルの展望台からの眺めや日帰り温泉施設のご案内などもしています。なばなの里で一日を遊び尽くすためには、公式サイトの熟読は必須になります。

イルミネーションが楽しめるなばなの里とは?

ここでは、イルミネーションが楽しめるなばなの里についてご紹介しましょう。なばなの里は、三重県で知らない人はいないのではと思うほど有名な場所で、日本でこれほどまでのイルミネーションを見られるスポットはそうはありません。

三重県で誰もがおすすめするスポットというと、ここイルミネーションが楽しめるなばなの里の名が挙がってこないことはないほどの人気スポットです。なばなの里の魅力について、もう少しお話しをしていきましょう。

一年中イベントが楽しめる

イルミネーションが楽しめるなばなの里は、一年中色々なイベントが開催されていて楽しむことができるのでおすすめです。まずは、季節のイベントでは、2月下旬から7月下旬までは「花まつり」です。この期間は、次から次へと花が咲き乱れます。

5月下旬から7月上旬のイベントでは、「ホタルまつり」があります。イルミネーションとは違う自然の淡いホタルの灯を楽しむことができるのでおすすめです。9月中旬から11月下旬は、「ダリア・コスモスまつり」です。

そして、10月中旬から5月下旬には、「イルミネーション」が楽しめます。イベントを開催していない月はおそらくないでしょう。

日帰り温泉 里の湯

日帰り温泉 里の湯は、庭園の中にある露天風呂を楽しむことができる日帰り入浴施設で人気があります。無色透明の重曹泉の温泉であるため、美肌の湯と言われるほどです。特に、女性に人気のある温泉です。

無料のタオルセットや洗い場にはボディーシャンプーやシャンプー・リンスなどがあるので、手ぶらで温泉を楽しむことができます。イルミネーションを見たあとに、温泉で汗を流すこともできます。

日帰り温泉 里の湯の現在の営業時間は10月1日から22日までは10時から21時までですが、10月23日から31日までは平日は10時から21時までで、土日は10時から22時までです。変更になることもあるので、必ず公式サイトでお調べください。

日帰り温泉 里の湯の利用料金は、小学生以上が1200円で、3歳以上の幼児は500円です。お支払いですが、現金かクレジットカードでのお支払いになります。

なばなの里へのアクセス方法

最後に、なばなの里へのアクセス方法について解説をしておきましょう。三重県で人気のスポット「なばなの里」へのアクセスは、電車やバスなどの公共交通機関や車でも簡単にアクセスすることができます。

特に、名古屋からのアクセスが良いということで、名古屋観光をしていても、日帰りで「なばなの里」のイルミネーションを楽しむことができます。名古屋観光とセットで楽しむことができるほどアクセスが良いです。

電車でのアクセス

なばなの里への電車でのアクセスですが、「なんば」や「神戸三宮」などからは近鉄特急で近鉄桑名駅までアクセスをしましょう。近鉄桑名駅に到着をしましたら、徒歩で桑名駅東口までアクセスしてください。

桑名駅東口からおよそ20分ほどでバスで到着します。桑名駅前バス停やなばなの里での往路・復路での時刻表などは公式サイトにリンク先があります。

新幹線でのアクセスは、東京からはのぞみで85分から100分ほどで、京都や大阪からはのぞみで45分から50分ほどでJR名古屋駅にアクセスします。JR名古屋駅から徒歩5分で名鉄バスセンターに到着します。その後のバスについてのアクセスはこのあと解説します。

バスでのアクセス

なばなの里へのバスでのアクセスですが、JR名古屋駅・名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅から徒歩で名古屋名鉄バスセンターにアクセスします。名古屋名鉄バスセンターから直通バスで30分ほどです。

関西方面の大阪や神戸三宮からは、高速バスで長浜温泉までアクセスできます。大阪からは高速バスで200分で、神戸三宮からは直通で270分ほどかかります。長浜温泉からは、「なばなの里」まで路線バスでアクセスできます。

東京・横浜 方面から高速バスを利用する際には、WILLER EXPRESSリラックスでアクセスできます。東京・横浜から 三重L952便にて、帰りは、三重から東京・川崎・横浜までL1051便でアクセスします。

中部国際空港セントレアからも直通バスが長浜温泉まで乗り入れています。空の便を利用しても鉄道との接続も良いので公共交通機関はおすすめです。

車でのアクセス

なばなの里への車でのアクセスですが、名古屋からは、名古屋高速で東名阪経由で15分ほどで長島ICに到着できます。一般道で10分も走ると「なばなの里」に到着します。名古屋から30分以内でアクセスできるのでおすすめです。

大阪府からは吹田ICから110分で、松原JCTから120分です。奈良県からは天理ICから90分、滋賀県からは大津ICから70分、京都府からは京都東ICから80分と日帰り圏内になります。

Thumb三重デートのおすすめは?人気ディナーや夜景スポット・雨でもOKな穴場も!
三重県でデートにおすすめのスポットの情報について、詳しくご紹介していきます。三重県にはカップ...

なばなの里のイルミネーションを見に行こう

三重で人気スポット「なばなの里のイルミネーション」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

なばなの里のイルミネーションは、様々なテーマのイルミネーションがあり、ゆっくりとイルミネーションを楽しむことができます。名古屋や三重県にお越しの際には、「なばなの里のイルミネーション」を見に行ってはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ