太りにくいお酒の種類は?ビールやワイン・ハイボールなどカロリーを比較!

優雅な大人の時間を過ごせるのが「お酒」。ダイエット中にもおすすめの太りにくいお酒が種類豊富にあり、お酒によってカロリーが変わります。太りにくいお酒は毎日でもお酒を飲みたい方にも人気が高く、コンビニなどで気軽に購入することができます。

太りにくいお酒の種類は?ビールやワイン・ハイボールなどカロリーを比較!のイメージ

目次

  1. 1ダイエット中もお酒を楽しみたい人におすすめの太りにくいお酒の種類とは?
  2. 2お酒を飲むと太りやすいの?
  3. 3太りにくいお酒の種類
  4. 4太りにくいお酒とは真逆の太りやすいお酒
  5. 5太りにくいかどうか気になるお酒の種類
  6. 6コンビニの太りにくいお酒の種類
  7. 7太りにくいお酒の飲み方
  8. 8ダイエット中にもおすすめの太りにくいお酒をチェックしてみよう!

ダイエット中もお酒を楽しみたい人におすすめの太りにくいお酒の種類とは?

20歳以上の大人が優雅な時間を過ごすのにおすすめの「お酒」。日本にはお酒が種類豊富に販売されており、お酒によって味わいやアルコール度数、カロリーなどが変わります。お酒の割り方によってもカロリーは変動していきます。

今回はそんなダイエット中もお酒を楽しみたい人におすすめの太りにくいお酒の種類について詳しくご紹介します。太りにくいお酒はコンビニでも購入することができ、ダイエットや健康に気を使っている方にもおすすめです。

お酒を飲むと太りやすいの?

お酒は基本的にカロリーが1gあたり「7キロカロリー」と言われており、カロリーは熱として体の中で発散されるのが特徴的。そのため、お酒のカロリーはそんまま脂肪になることが少なく、ジュースよりも太りにくいです。

ですが、お酒を飲みすぎてしまうと太りやすい体質へと変わってしまいます。また、お酒と一緒に味わうおつまみによってもカロリー摂取が変わっていくので、飲むスタイルによっても太りやすいと言われています。

お酒はおつまみと一緒に飲むことで、おつまみに含まれている脂質や糖質が体の中にそのまま摂取されていきます。また、ビタミンやミネラルは体の中にあるアルコールを分解する役割がありますが、摂取しすぎると代謝が落ちる原因にもなります。

太りにくいお酒の種類

世界中には種類豊富なお酒が販売されており、お酒によってアルコール度数や風味、そしてカロリーも変動していきます。お酒の飲み方によっても変わっていきますが、基本的には太りにくいお酒、太りやすいお酒がわかれています。

今回はそんな太りにくいお酒の種類について詳しくご紹介します。太りにくいお酒の種類はダイエット中の方や、健康に気を使っている方にも人気が高いです。お酒の種類だけでなく、飲み方も気を付けることでよりカロリーを抑えられます。

ハイボール

ダイエット中でもお酒を楽しみたい方におすすめなのが「ハイボール」。ハイボールは蒸留酒に分類され、糖質が含まれていません。炭酸水で割って飲めば糖質を抑えることができ、飲んでもダイエットに影響がありません。

ダイエット中にお酒を楽しみたい方は、ハイボールにジンジャーエールやコーラなどで割らないように注意しましょう。ジンジャーエールやコーラは糖質が含まれているので、体の中に糖を摂取することになります。

ハイボールは日本だけでも数種類販売されているので、自分好みの味を見つけるのがおすすめです。ハイボールは炭酸水も糖質を抜いている種類を選ぶことで、よりカロリー摂取を抑えることが可能。

カロリー

ハイボールのカロリーは1杯あたり70キロカロリーと言われています。太りにくいお酒の中でもカロリーが低いことで知られており、飲み方によってはもっとカロリーを抑えることが可能です。

ハイボールの種類によってもカロリーが変わっていくので、気になる方は事前に情報をチェックしておきましょう。ハイボールはアルコール度数もある程度高いので、お酒の苦手な方は炭酸水で薄めてから飲むのがおすすめです。

ウイスキー

お酒好きな方におすすめの太りにくいお酒が「ウイスキー」。ウイスキーは世界中で人気のあるお酒となっており、種類によって味わいが変わっていきます。自分の好みに合うウイスキーを選ぶことで、美味しくダイエットを楽しめます。

ウイスキーは基本的に蒸留酒となっており、ロックやストレートなどそのままの味を楽しめるのが魅力。ロック、ストレートでもカロリーを抑えたままお酒を楽しめるので、短い時間で酔いたい方にもおすすめです。

蒸留酒はウイスキーを作り上げる過程でお酒を蒸留するので、糖質がカットされています。どんな飲み方でもカロリーを抑えることが可能なので、ダイエット中の方はもちろん普段から体作りを行っている方にも人気。

カロリー

ウイスキーのカロリーは、シングルの場合で約75キロカロリーと言われています。ウイスキーの量が多くなるほどカロリー摂取が増えていくので、気になる方は事前に何杯まで飲むか決めてカロリー管理をするのがおすすめです。

ウイスキーはハイボールと同じく太りにくいお酒の中でもカロリーが低いので、数種類のウイスキーを飲む比べするのがおすすめ。ですが、ウイスキーはアルコール度数の高いお酒なので飲みすぎには注意しましょう。

焼酎

日本全国でさまざまな種類のお酒を提供している「焼酎」。焼酎は日本人に大人気のお酒になり、カロリーも低いのでダイエット中の方にもおすすめです。作っている酒蔵によって焼酎の味も変わるので、飲み比べも行えます。

焼酎は地方によって味が変動していくので、旅行先のお土産としても人気があります。焼酎もハイボール同様に割り方や飲み方によってもカロリーが変動していくので、飲める方はロックやストレートで味わうのがおすすめ。

焼酎は米や芋、麦など炭水化物が原材料で使われているので、太りやすいと勘違いしている人が多いのも特徴的です。ですが、焼酎は作る過程でお酒を蒸留しているので、糖質を最大限までカットされています。

カロリー

焼酎のカロリーはロックで飲んだ場合、約70キロカロリーと言われています。お茶など割り方によってカロリーも変動していくので、気になる方は事前に情報をチェックしておきましょう。基本的にどの焼酎も70キロカロリーで味わえます。

太りにくいお酒である焼酎は、コンビニなどでも気軽に購入することができます。体作りやダイエットしている方へも贈り物として人気が高く、国内にはあらゆる種類の焼酎が販売されているので自分好みの味を楽しめます。

太りにくいお酒とは真逆の太りやすいお酒

日本全国には太りにくいお酒とは逆に、太りやすいお酒もたくさんあります。太りやすいお酒は飲む頻度が増えてしまうと、カロリーを多く摂取してしまうので、ダイエット中や体作りをしている方には不向きです。

今回はそんな太りにくいお酒とは真逆の太りやすいお酒について詳しくご紹介します。太りやすいお酒は基本的に飲みやすいお酒が多く、お酒が苦手な方が飲んでいる可能性が高いです。カロリーの気になる方はチェックしておきましょう。

日本酒

日本を代表する美味しいお酒が「日本酒」。日本酒は種類によっても風味が変わっており、甘い味わいのある種類が多いのも特徴的です。ストレートで飲むのが一般的になり、日本酒本来のカロリーを摂取することになります。

日本酒は原材料がお米になるので、日本酒を飲んでいるときは白米を食べているのと同じカロリー摂取になっています。そのため、しっかりとご飯を食べた後に日本酒をたくさん飲んでしまうとカロリーが増えてしまいます。

日本酒のカロリーは1合で約200キロカロリーと言われています。日本酒の種類によってもカロリーは変動していきますが、アルコール度数も高いので飲みすぎに注意が必要です。最初に量をしっかりと決めておきましょう。

ビール

お酒でも人気が高く、夏の時期に飲みたくなるのが「ビール」。ビールは太りやすいお酒として認知度が高く、ダイエット中の方はカロリーや糖質を抑えているビールを選ぶ方も多くいます。

ビールは基本的に糖質が多く含まれているので、飲めば飲むほどカロリーを摂取することになります。また、ビールは基本的にアルコール度数が低いので、お酒が苦手な方でも何杯も飲んでしまう傾向があります。

ビールの炭酸も太りやすい原因を作っています。ビールの炭酸は食欲を進めてくれるので、から揚げなど油っこいおつまみを体が欲しがります。ビールの糖質とおつまみのカロリーが同時に摂取されるので太りやすくなります。

ワイン

海外でも人気のあるお酒といえば「ワイン」。ワインには白ワイン、赤ワインとありますが、ダイエット中の方は比較的カロリーの低い赤ワインを飲むのがおすすめです。白ワインは糖度が高いことでも知られています。

赤ワインには白ワインと違ってポリフェノールが多く含まれているので、体にも良いお酒として人気があります。ポリフェノールは長寿遺伝子を増やす役割があり、飲めば飲むほど長寿遺伝子を摂取することが可能です。

ですが、赤ワインもアルコール度数の高いお酒となっているので、飲みすぎには注意が必要です。また、白ワインを飲む場合はおつまみのカロリーも考えながら少量を飲んでいくようにしましょう。

太りにくいかどうか気になるお酒の種類

居酒屋やコンビニにはたくさんのお酒が並んでいます。その中には自分が普段飲んでいるお酒も多く含まれており、1つ1つのカロリーが気になるという方も。お酒の飲み方によっても調べておくのがおすすめです。

今回はそんな太りにくいかどうか気になるお酒の種類をまとめてご紹介します。多くの人々から人気のあるお酒も多いので、事前に目を通しておくのがおすすめです。居酒屋によってはお酒によってカロリーの記載がある場合もあります。

梅酒

女性から絶大な人気を誇るお酒といえば「梅酒」。梅酒は自宅でも簡単に作ることができ、リキュールが種類豊富に販売されているので飲みやすいことでも知られています。梅酒はお酒の苦手な方にもおすすめです。

梅酒は作る過程で梅を使用するのはもちろん、大量の砂糖を使っているのも特徴的です。そのため、梅酒を飲むと甘い旨味が口の中に広がっていきます。ロックで飲んでいても糖質が高いので、ダイエット中の方には不向き。

梅酒のカロリーはロックでも約95キロカロリーと言われています。梅酒を炭酸水などで割る場合は、炭酸水の糖質などもチェックしておきましょう。

生レモンサワー

男女問わず人気のあるお酒が「生レモンサワー」。生レモンサワーはさっぱりとした味わいを楽しむことができ、夏の時期にもおすすめのお酒です。生レモンサワーは生のレモンを使用しており、レモン本来の旨味を楽しめます。

生レモンサワーに使用されているレモンは、果実でも糖度が低いのでお酒にしても太りにくいです。生レモンサワーであればレモンの糖度をそのまま使用しているので、1杯約110キロカロリーで抑えることができます。

レモンサワーは基本的に生のレモンだけでなく、シロップを使用している種類もあります。シロップは基本的に砂糖で作られているので、シロップを利用しているレモンサワーの場合はカロリーがもっと高くなります。

ジン

海外でも人気が高く、日本でもクラブなどで飲む機会の多いお酒が「ジン」。ジンは基本的に糖度が含まれていないので、そのままでもカロリーを気にせず飲むことができます。ですが、割り方によっては糖質が含まれてしまいます。

ジンで人気のある割り方が「トニックウォーター」。トニックウォーターを使用した場合は「ジントニック」としてバーでも人気のあるカクテルになります。トニックウォーターは砂糖が含まれているので、カロリーが高くなります。

ダイエット中でもジンを楽しみたい方は、ロックや炭酸割りで飲むのがおすすめです。炭酸水も糖度のカットされた種類を使用することで、ジンの旨味を楽しめます。ジントニックにするとカロリーが1杯120キロカロリーとなります。

コンビニの太りにくいお酒の種類

お酒を種類豊富に販売しているコンビニでは、いつでも気軽に購入することができます。最近では糖質カットされているビールやカクテルも多く販売されているので、缶チューハイでもカロリーを抑えることが可能です。

糖質ゼロの缶ビールをはじめ、砂糖を全面カットしているレモンサワーなど飲む前にパッケージを見ることでカロリーを把握することができます。コンビニにはカロリーを抑えたおつまみも販売されているので、合わせて確認しておきましょう。

Thumbコンビニで買えるお酒おすすめランキング!チューハイや日本酒など種類も豊富!
日常生活に欠かせないコンビニには、ありとあらゆる種類のお酒が販売されています。コンビニは、ビ...

太りにくいお酒の飲み方

カロリーを抑えながらも美味しくお酒を飲みたい方は、飲み方にも注意が必要です。まず、お酒に含まれているアルコールは水で分解されていくので、お酒を飲む際に合わせて多くの水を飲むことでアルコールを分解してくれます。

焼酎や梅酒などを飲みたい方は、お湯で割るのがおすすめ。お湯で割ることで代謝をあげることができ、お湯は飲むペースもゆっくりになるので飲みすぎも防ぐことができます。おつまみの糖質を控えることもダイエットに繋がります。

あまり知られていない太りにくいお酒の飲み方は、お酒を飲む前に乳製品を摂取することです。最初に牛乳などを飲んでおくことで胃に粘膜を貼っておくことができます。そのためアルコールの吸収を最大限抑えられます。

ダイエット中にもおすすめの太りにくいお酒をチェックしてみよう!

女子会やデート、仲間同士で楽しい大人の時間を過ごすためにおすすめな「お酒」。お酒は種類豊富に販売されており、ダイエットや体作りをしている方でもたまにはお酒を飲みたいと言う方が多くいます。

世界中には太りにくいと言われるお酒がたくさんあり、飲み方によってもダイエットしながらお酒を楽しむことができます。ぜひ、太りにくいお酒を探している方はこの記事を参考にしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ