なばなの里へのアクセス方法まとめ!電車やシャトルバス・車で一番便利なのは?

三重県桑名市にある「なばなの里」は毎年メディアでも取り上げられるほど人気のイルミネーションで知られますが、アクセスはしやすいのでしょうか。そこでなばなの里へのアクセス方法として、電車やバス、そして車を利用する方法のメリットについても紹介します。

なばなの里へのアクセス方法まとめ!電車やシャトルバス・車で一番便利なのは?のイメージ

目次

  1. 1三重県にある「なばなの里」のアクセス方法をご紹介!
  2. 2「なばなの里」までのアクセス方法(1)電車
  3. 3「なばなの里」までのアクセス方法(2)バス
  4. 4「なばなの里」までのアクセス方法(3)車
  5. 5「なばなの里」まで一番便利なアクセス方法
  6. 6なばなの里の見どころは?
  7. 7「なばなの里」で素敵なひとときを過ごそう!

三重県にある「なばなの里」のアクセス方法をご紹介!

三重県桑名市にある「なばなの里」は日本最大級とも言われるイルミネーションが有名で、全国から多くの方が観光に訪れます。しかし三重県にあるということで、なばなの里へどのようにしてアクセスするのかわからない方も多いでしょう。なばなの里へのアクセス方法について、おすすめポイントも含めて紹介します。

「なばなの里」とは?

なばなの里というのは、三重県桑名市にある「ナガシマリゾート」の中の施設の一つです。このナガシマリゾートにはナガシマスパーランドという遊園地や長島温泉という温泉、さらにはショッピングモールなど、さまざまな施設があり、一日中たっぷり楽しめることができる人気スポットです。

このなかにあるなばなの里は、名前が示す通り四季折々の美しい花が楽しめる植物園なのですが、特に人気が高いのがイルミネーションです。日本最大級と言われるイルミネーションを楽しむ方は多く、施設的にも突出して入場者数が多いほどです。

きれいなイルミネーションや美しい花々など楽しみも多く、また日帰り温泉なども楽しめるとあって、同じ施設内のホテルに宿泊してゆっくりと楽しむ方も多く見られます。人気の施設でもあるのでおすすめしたい観光スポットです。

Thumbなばなの里イルミネーションは国内最大級のスケール!期間や点灯時間は?
三重県桑名市に「なばなの里」という人気スポットがあります。秋から初夏まで国内最大級のスケール...

「なばなの里」までのアクセス方法(1)電車

このように「なばなの里」はとても人気の高い観光スポットですが、そうなると気になるのがアクセス方法です。場所が三重県ということもあって、アクセスの便の問題とともに、アクセスにどのくらい時間がかかるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、なばなの里へのアクセスは意外と便利がいいのです。場所が三重県桑名市で愛知県よりにあることもあって、特に名古屋方面からは1時間かからずにアクセスすることができるとあって、各方面から楽にアクセスすることができます。

そこでまずは、なばなの里に電車を使ってアクセスする方法について紹介します。電車の場合はかなり遠方からでも楽にアクセスできることから、おすすめのアクセス方法と言えるのではないでしょうか。

関西・名古屋からのアクセスも便利

「なばなの里」にアクセスする場合、まずおすすめなのが、「名古屋」駅経由です。名古屋駅前の名鉄バスセンターから直通バスが出ており、これを利用して30分ほどでアクセスできます。関西方面の方は近鉄特急で「近鉄桑名」駅に行き、桑名駅の東口バス停からバスに乗ると20分ほどでアクセスできます。

また、ウインターイルミネーションの期間は「名古屋」駅から「近鉄名古屋」駅に移動し、近鉄で「近鉄長島」駅まで移動します。ここから直通バスを使い、10分でアクセスする方法も利用できます。関西方面もこの方法が使えます。

いずれにしてもこの方法だと、なばなの里までの直通バスの時間もあまり長くないので、それだけ渋滞などの影響を受けにくいというメリットがあります。特にイルミネーション期間にはおすすめの方法と言っていいでしょう。

イルミネーション実施期間の有無でシャトルバスの発着が変更になるので注意

電車を使ったアクセス方法で注意する必要があるとすれば、シャトルバスの運行についてです。今述べたように、近鉄長島駅からのシャトルバスについては、ウインターイルミネーションの期間のみの運行となります。そのため、行く際には間違えないように確認することをおすすめします。

なぜ確認が必要かというと、なばなの里ではウインターイルミネーションが有名なのですが、夏にもイルミネーションを行う場合があるからです。その時はイルミネーションをしていても近鉄長島駅からのシャトルバスがない可能性があります。

また、シャトルバスそのものは乗車時間はあまり長くありませんが、なばなの里のイルミネーションは人気が高いイベントということで、渋滞する可能性もあります。早めの時間に行くようにすることをおすすめします。

電車の所要時間と料金

次に電車を利用する場合の所要時間と料金についてです。電車の場合、名古屋駅までのアクセスは出発地によって違いますが、新幹線「のぞみ」を使うと東京方面からは85分から100分、大阪方面から50分程度です。関西から近鉄特急を使う場合は、なんばから約2時間、神戸三宮からだと3時間弱かかります。

次に料金ですが、桑名駅前からなばなの里までのバスは大人260円となります。ただし、後で述べますが、近鉄とバスを利用してなばなの里へアクセスする場合、時期によってはお得な切符があり、それを使って利用するとよりお得にアクセスできます。

なお、近鉄を利用する場合、特急を使う場合には特急料金がかかります。料金は出発地により違いますが、その分をプラスして考えるとよいでしょう。

「なばなの里」までのアクセス方法(2)バス

次にバスを利用してのアクセス方法です。今述べたように、なばなの里に行く場合、公共交通機関を利用してアクセスする場合、基本的には電車とバスを併用してアクセスすることになるのですが、そのほかに長距離バスを利用することで、電車を使わずにアクセスできるところもあります。

電車とバスを使うとなればどうしても途中で乗り換えが必要になりますから、そのあたりが面倒という場合など、少し時間がかかってもバスで直通できる方が楽という場合もあるかもしれません。そのあたりについても紹介していきましょう。

名古屋駅から直通バスが運行

まずは名古屋駅から利用できる直通バスです。先ほども述べたように、新幹線などでアクセスする場合、名古屋駅からの直通バスを使う方法であれば、季節を問わず利用でき、楽にアクセスできるので人気があります。

この直通バスは「なばなの里」行のバスですが、高速道路を利用してなばなの里までアクセスするので、終点のなばなの里まで座ってアクセスすることができます。加えて予約がいりません。運行時刻を確認して行くだけで楽になばなの里まで行けるでしょう。

なお、このバスですが、基本的には随時運行となっているのですが、2021年10月現在は臨時ダイヤでの運行になっています。そのため、なばなの里に行く場合は時間の確認をおすすめします。

関西や東京方面からのバスもある

また、予約が必要にはなりますが、神戸三宮、大阪、東京方面からの高速バスでなばなの里までアクセスする方法もあります。これらの高速バスはいずれも「長島温泉」に行くバスで、なばなの里には長島温泉から路線バスに乗り換え、20分ほどでアクセスすることができます。

どの路線も基本的には1日1便で、東京からは夜、関西方面からは朝出発し、その日なばなの里で楽しんで、夜に帰途につくという運行パターンになっています。

移動時間がそれなりにかかりますが、もちろん座って移動できますし、東京からでもホテル代をかけることなくなばなの里に行けるため、特にイルミネーションの期間は人気が高いアクセス方法となっています。

バスの所要時間と料金

次にバスの所要時間と料金です。名古屋駅からの直行便は先ほども触れたように所要時間は30分、料金は大人950円となります。関西圏からの高速バスのほうは神戸三宮からは約4時間30分、大阪からは約3時間20分、大阪からの料金は3500円となっています。

一方、東京から長島温泉へのアクセスは横浜駅を23時10分に出発し、ナガシマリゾート到着が翌日の8時30分です。料金は時期により違いがあり、3200円から5000円台までとなります。

ただし、バスの場合は渋滞などにより時間が違う可能性がありますので、そのあたりに注意が必要です。特にイルミネーションの時期は冬にかかることもあり、気候などの問題もあるので、心配な方は電車を利用するのがおすすめです。

「なばなの里」までのアクセス方法(3)車

家族やグルーブでなばなの里に行くという場合、公共交通機関を使ってのアクセスでもそれなりの料金がかかります。そうなると最初から車でアクセスする方が楽という方もいるでしょう。

なばなの里に車でアクセスする場合、最寄りとなるのは名古屋高速の「長島」IC、「湾岸長島」ICなどが近くおすすめです。いずれも三重県外がらアクセスする場合には高速で来れるのでおすすめです。ICからは10分から15分でなばなの里までアクセスできます。

複数人でアクセスする場合や、他の三重県内の観光もしたいという方には車でアクセスが人気が高く、特にイルミネーションの時などには多くの方が車でのアクセスを利用しています。

「なばなの里」の駐車場情報

車でアクセスするという場合、心配になるのが駐車場の問題ですが、なばなの里はその点でもおすすめです。なんとなばなの里の駐車場は5700台分もあるため、かなりの繁忙期でも安心して車でアクセスすることができます。

その分駐車場が広いので、車が探せないのではと心配な方には、駐車した位置を簡単に探すことができる無料アプリがあります。なばなの里のような広い駐車場がある所では必須のアプリであり、特に人気が高くおすすめです。

車の所要時間

次に、車でなばなの里に行く場合の所要時間です。先ほどバスでのアクセスについて紹介した時に、高速バスの時間について紹介しました。東京からの場合、一晩かかるというので心配になるところですが、車の場合はもっと早くアクセスすることができます。

例えば大阪からの場合、ルートにもよりますが、「吹田」JCTから約2時間でアクセスできますし、東京からでも約3時間30分ほどでアクセスすることができるのです。車を使ってなばなの里にアクセスする方が多いのはこの所要時間もあるでしょう。

「なばなの里」まで一番便利なアクセス方法

さて、ここまで述べてきたように、「なばなの里」は三重県でも愛知県に近いところにあることもあって、意外と東京や関西方面からでも楽にアクセスすることができます。また乗り物の便もよいことがわかります。

ではこのいくつかあるアクセス方法のうち、なばなの里に行く場合におすすめの人気アクセス方法はどれなのでしょうか。次にそのあたりについて紹介していきましょう。

渋滞を避けられる電車が一番

結論から言うと、なばなの里にアクセスする場合、おすすめなのは電車を使う方法です。特にイルミネーションを見に行く場合には、「近鉄長島」駅からのシャトルバス利用が人気も高く、おすすめと言えるでしょう。

その理由は何と言っても時間が読めるという点です。先ほど高速バスのところで述べたように、特にイルミネーションの時期はなばなの里は観光シーズンでもあると同時に、冬の時期と言うことで気候が気になります。渋滞や気候による遅延が少ないのはやはり電車だからです。

他の三重県観光と組み合わせる関係で車が必要という場合はともかくとして、そうでなければ電車でなるべく近くまで行くルートで行くことをおすすめします。そうすることで、時間いっぱい観光を楽しむことができるでしょう。

イルミネーション実施期間はお得なきっぷも!

なばなの里に電車でアクセスするメリットとしてもう一つ挙げられるのは、お得な切符の存在です。実はイルミネーションの期間、近鉄電車とバスの乗車券付きの割引切符が販売されているのです。

この切符は最寄りの近鉄電車の駅から近鉄長島駅までの乗車券、駅からなばなの里へのバス乗車券のそれぞれ往復、なばなの里への入村券、さらになばなの里で使える500円分の金券2枚がついています。特急料金は必要ですが、それでもだいぶお得に利用できるため人気なのです。

しかもこの切符は連続して2日間有効なので、なばなの里で遊んで長島温泉に泊まり、翌日三重県の周辺観光スポットを見て翌日帰るという予定も立てられます。行く前にぜひチェックしておきましょう。

Thumb全国のイルミネーションランキングベスト25!クリスマスデートにも!
イルミネーションは冬のイベントとして多くの人を惹きつけています。全国にはたくさんのイルミネー...

なばなの里の見どころは?

最後に、「なばなの里」の見どころについて簡単に紹介しましょう。なばなの里というとやはり多くの方はきれいなイルミネーションを連想するでしょうが、イルミネーション以外にも見どころは多く、いつの季節でも楽しめる人気観光スポットです。

そこで、「なばなの里」の見どころとして、イルミネーションとそれ以外に分けてそのおすすめポイントをいくつか紹介していきましょう。

美しいイルミネーション

「なばなの里」のイルミネーションは、基本的には冬の時期の「ウィンターイルミネーション」がメインとなります。2004年から始まったイルミネーションは、年々規模が大きくなり、時期も長くなりました。2021年は10月23日から2022年5月31日までの予定で、10のイルミネーションスポットで日本最大級のイベントを行います。

なばなの里のイルミネーションの時間ですが、近年人気の高まりとともに点灯開始時間が日の入りからとなっています。そのため、なばなの里に行く予定を立てる際には、営業カレンダーで点灯時間を確認し、日の入りからの変化も楽しんでください。

イルミネーション以外にも見どころはたくさん

「なばなの里」は植物園なので、四季折々の花を楽しむことができる点も人気です。特にベゴニアガーデンは日本最大級の温室であり、イルミネーションの時期でも美しく咲き誇るベゴニアなどを楽しむことができます。

さらに季節によっては、あじさいや花しょうぶなどを楽しむこともできますし、ベゴニアガーデンにあるバラ園も800種類4000本ものバラが楽しめるということで人気が高いです。ぜひタイミングが合えばこちらも行ってみてください。

Thumb桑名の観光スポットおすすめ11選!名所から子供が喜ぶ穴場まで!
自然豊かな桑名市にはおすすめ観光スポットがたくさんあるのを皆さんご存知でしょうか。自然を大い...

「なばなの里」で素敵なひとときを過ごそう!

三重県の「なばなの里」は毎年メディアに取り上げられるほどに美しいイルミネーションに美しい花畑と見どころも多く、さらに各地からのアクセスもよいので、観光に行きやすいスポットです。電車やバス、車など行きやすいアクセス方法を使い、ぜひなばなの里の魅力をたっぷり堪能してください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ