梅酒はロックで飲むと甘くて美味しい!基本の作り方や度数は?

一般的に6月に収穫時期を迎える青梅を、ホワイトリカーなどの蒸留酒に漬けて楽しむ梅酒は、ロックで飲むのも美味しいと評判です。そこで今回は梅酒ロックの美味しい作り方や、梅酒ロックに合うおつまみ、そして梅酒ロックにおすすめの銘柄を一挙ご紹介していきます。

梅酒はロックで飲むと甘くて美味しい!基本の作り方や度数は?のイメージ

目次

  1. 1梅酒はロックスタイルの飲み方が人気
  2. 2梅酒のストレートのアルコール度数
  3. 3美味しい梅酒ロックを作るコツ
  4. 4梅酒ロックの作り方とコツ
  5. 5梅酒ロックにおすすめの美味しいおつまみ
  6. 6梅酒ロックにおすすめの銘柄をご紹介
  7. 7梅酒の気になるカロリーや糖質
  8. 8美味しい梅酒ロックを味わおう

梅酒はロックスタイルの飲み方が人気

女性にも人気のお酒として梅酒はおすすめで、ロックはもちろんのこと、ソーダ割りや、お湯割りも楽しむことができます。もちろん飲み方を変えたいときには、そのほかにもいろいろな割り方ができるお酒で、ヨーグルト割りなども美味しいですし、お酒が強いという方は梅酒の焼酎割りなども美味しいと人気になっています。

そんな梅酒はアルコール度数も低いわけではないものの、ロックでも飲みやすいお酒として知られています。ほかのお酒は割って飲んでいるけど、梅酒はロックで飲んでいるという方も多いです。そこで今回はロックスタイルが人気の梅酒についてご紹介します。

梅酒のストレートのアルコール度数

ロックで梅酒を飲むときに気になるのは梅酒のアルコール度数です。ロックやストレートで飲むときには、アルコール度数が下がることもないので、パッケージなどに表記されている度数そのままを味わうことになります。また自家製梅酒を作っているという方も多く、市販の梅酒と自家製梅酒ではアルコール度数も違ってくるので注意が必要です。

一般的に市販の梅酒は、アルコール度数が8度から15度程度と言われているのに対して、自家製梅酒の場合ホワイトリカーやウォッカを使って、梅酒を作ることが多くアルコール度数は20度前後になることが多いのです。そのため市販の梅酒とは度数が違います。

飲みやすいけれど度数の高い梅酒

梅酒は蒸留酒に漬ける過程で、大量の砂糖などの甘みを加えます。そのため梅酒は甘みが強く飲みやすいため、女性にも人気のお酒として親しまれています。この甘みが梅酒は、ロックスタイルで飲むのが美味しいという理由の一つにもなっていて、多くの方々が梅酒をロックで楽しんでいると言われています。

甘みがあり飲みやすいお酒ではあるものの、アルコール度数が決して低いわけではないので、悪酔いしやすいお酒でもありますし、注意が必要になっています。ご自宅で梅酒を漬けているという方は、ロックで飲む際にはとくに注意しておきましょう。

ロックに適した梅酒の度数は8~15度

市販の梅酒はアルコール度数が8度から15度程度とご紹介したのですが、ロックに適した梅酒のアルコール度数も8度から15度程度といえます。缶チューハイはものにもよりますが、3度から9度以下のタイプが多く、普段缶チューハイでもすぐに酔ってしまうという方は、梅酒を選ぶ際になるべくアルコール度数の低い梅酒を選ぶのがおすすめです。

自家製梅酒の場合はホワイトリカーやウォッカのアルコール度数がベースになってしまうので、市販の梅酒を飲む時よりも注意する必要があります。また同じアルコール度数のお酒を飲んだとしても、そのときの体調次第で酔いが早めに回ることもあります。

Thumb梅酒のアルコール度数は意外と高い?自家製と市販・ロックで徹底比較!
梅が嫌いという方でも美味しく楽しめる梅酒は、幅広い年代の方々に人気です。そこで気になるのが梅...

美味しい梅酒ロックを作るコツ

せっかく梅酒をロックで楽しむのであれば、美味しい梅酒ロックを飲みたいと考えるはずです。そこでここでは美味しい梅酒ロックを作るコツについてご紹介していきます。ご自身でいろいろな梅酒を飲み比べてみて、より好みに合う梅酒を見つけるということも大切ですし、ここでご紹介する「氷のサイズ」や「グラス」でも気分的にも変わります。

梅酒ロックを美味しく楽しむためのコツとして、今回は「氷のサイズ」や「グラスの選び方」についてご紹介していきます。氷で梅酒の味が変わるわけない!という方も多いですが、氷が変わるだけでも、充分に今までよりも美味しい梅酒を味わうことができます。

氷のサイズ

一つ目のコツは「氷のサイズ」です。梅酒に限らずロックを作る際に、氷を入れるのですが、梅酒の場合は氷が溶けることで、味がぼけてしまいがちです。ですので梅酒の味がボケないように、氷のサイズを大きめにしておくというのが一つのコツなのです。

大きな氷にしておくことで、梅酒を注いでもすぐに氷が溶けにくく、梅酒の味がボケてしまうのを防いでくれるのです。近年は大きめのロック用の氷を作るアイテムが、100均などでも購入できるようになっています。持っていないという方は、ロック用の製氷機などを買っておくのも一つの方法になっています。

グラスの選び方

二つ目のコツとして「グラスの選び方」というのがあげられます。グラスが変わるだけで梅酒の味が変わるわけない!という方も多いのですが、実際にはその通りです。ですがグラスの大きさで梅酒の味が変わるのではなく、大きなグラスに梅酒ロックを作ると、一杯飲み終わるまでに時間がかかり、どうしても大量の氷が溶けだしてしまうのです。

そのためグラスを選ぶ際にはなるべく小さめのグラスを選び、飲み切るまでの時間がかからないようにすることで、梅酒の味わいを最後まで落とすことなく楽しむことができます。梅酒の味を変えるのではなく、落とさないように工夫してみましょう。

梅酒ロックの作り方とコツ

ご自宅で梅酒ロックを作る際の作り方と、美味しくするためのコツをご紹介していきます。梅酒はスーパーなどでも気軽に手に入れることができるので、ご自宅でゆっくりロックを楽しむことなどもできます。

お店で飲むような美味しい梅酒ロックを作ることもできるので、作り方をマスターしてご自宅でゆっくり楽しんでみましょう。もちろん作り方自体もとても簡単で、特別な作業はありません。ちょっとしたひと手間で美味しい梅酒ロックを味わえます。

①グラスを冷やす

まず梅酒ロックを作る前に、使うグラスを冷やしておくことを忘れないようにしておきましょう。時間があるのであれば冷蔵庫でグラスを冷やしておいてもいいのですが、忘れていた時は冷凍庫に30分程度入れておくだけでも、グラスをしっかり冷やすことができるのでおすすめです。グラスを冷やすことで、氷が溶けるのを遅くすることができます。

これは作り方というよりも、美味しく作るコツなので覚えておくと便利です。もちろん梅酒以外のお酒でロックを楽しみたいときにも、グラスを冷やしておくと便利です。またビールなどもグラスを冷やしておくと、より美味しく楽しめると言われています。

②氷を入れる

ここからは梅酒ロックの作り方にもなるのですが、冷えたグラスを冷蔵庫から取り出し、そこに氷を入れていきます。このときのコツとして、先ほどご紹介しましたように、大きめの氷を入れるようにしましょう。また氷の作り方にもちょっとしたコツがあり、製氷機の周りを発泡スチロールで囲います。

そうすることでいつもよりもゆっくり氷を作ることができるのです。時間をかけて氷を作ることで、氷自体の色が透明に近づき、通常の氷よりも溶けにくい氷になるのです。氷はロック氷やアイスボールなど市販の氷を使っても大丈夫です。

③梅酒を注ぐ

そして最後に氷を入れたグラスに梅酒を注いでいきます。なお梅酒自体もできるだけ冷やしておくことで、氷が溶けにくくなり、味がボケる心配を減らすことができます。梅酒には炭酸なども入っていないので、氷に触れて泡立つようなこともなく、サッと注ぐことができます。

注意していただきたいのは、梅酒を入れる量です。グラスの中に入れた氷の高さと同じぐらいまで、梅酒をしっかり入れるようにしましょう。梅酒は少ししか入れていないのに、氷はグラスいっぱいいっぱいまで入れた場合、梅酒に触れない部分は水になるだけです。

グラスの7分目程度まで氷を入れたのであれば、梅酒も7分目程度まで入れ、氷が隠れるくらい注ぐようにしましょう。これが梅酒ロックの美味しい作り方とコツになりますので、試してみてはいかがでしょうか。

梅酒ロックにおすすめの美味しいおつまみ

ご自宅で梅酒ロックを楽しむ際に、おすすめのおつまみをご紹介していきます。まずは作り方も簡単なカルパッチョです。カルパッチョは白身魚で作ってもいいですし、タコで作るのもおすすめです。カルパッチョ用ソースなども売っているので、好きな食材で簡単にカルパッチョを作ることができます。このとき野菜を入れても美味しいです。

そのほかにもチーズもおすすめですし、唐揚げなどの揚げ物も梅酒ロックに合うおつまみとして人気です。チャンジャとクリームチーズを混ぜたものも、梅酒ロックにぴったりになっていて、作り方も混ぜ合わせるだけと簡単なのでおすすめです。

そのほかにもナッツやポテトチップスも梅酒ロックにおすすめですし、カルパスやビーフジャーキーなども梅酒ロックにぴったりです。甘い梅酒ですが後味はさっぱりしていることが多いので、割といろいろな食べ物とマッチしてくれます。

梅酒ロックにおすすめの銘柄をご紹介

梅酒といえばさまざまな銘柄が販売されているのですが、その中でもロックで楽しみたいときにおすすめの梅酒を厳選して5種類ご紹介していきます。有名なCHOYAが出している梅酒もありますし、熟成梅酒やとろとろした飲み心地を楽しめる梅酒も登場します。どの梅酒もロックにぴったりなので、機会があれば飲み比べてみてください。

銘柄が変わることで、梅酒の味わいもガラッと変わってきます。そのためできるだけいろいろな梅酒を試してみて、自分好みの梅酒を見つけるのがおすすめです。より梅酒を楽しめるように、美味しい梅酒を見つけてみてはいかがでしょうか。

さらりとした梅酒

後味スッキリでどんな食べ物にも合うと評判なのは「さらりとした梅酒」です。こちらはCHOYA梅酒が製造している梅酒で、紀州産の梅を中心に国産100%の梅で仕上げた梅酒になっているので、安心して味わうことができるようになっています。

アルコール度数は10度なので、意外と度数が高いと言われている梅酒の中では、そこまで度数も高くありません。梅本来の味わいをしっかり味わうことができるものの、嫌味のない甘さがあるので飲みやすく、ついつい飲みすぎてしまうほどの美味しさです。以前木村カエラさんがCMしていたことでも話題の梅酒が、このさらりとした梅酒です。

ロックや炭酸割りも美味しいのですが、ストレートで楽しむの人気の飲み方になっています。さらっとしているからこそ、ストレートでも飲みやすく、アルコール度数が低いのも人気のポイントです。

The CHOYA SINGLE YEAR

熟成された本格梅酒として人気の「The CHOYA SINGLE YEAR」もロックにおすすめの梅酒です。こちらもCHOYAが製造販売している梅酒で、1年をかけて熟成しているので、濃厚でまろやかな梅の香りと味わいを楽しむことができるようになっています。

紀州産の南高梅を100%使用している贅沢な梅酒になっていて、食べ物との相性も抜群です。いろいろな料理に合わせて飲むことができ、リッチな味わいは特別な夜の一杯としてもおすすめになっています。ロックだけではなく、ストレートで飲むのもおすすめの梅酒です。アルコール度数は15度となっていて、飲みやすい梅酒に仕上がっています。

山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒

ウイスキー作りの匠が送る「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒」もロックやストレートにおすすめの梅酒です。厳選された国産梅だけを使って作られていて、ウイスキーの古樽で作られた焙煎樽熟成梅酒は、濃厚で深い味わいを楽しむことができる梅酒です。

アルコール度数は17度となっているので、ロックやストレートで飲む際には、飲みすぎに注意が必要です。ついつい美味しいので飲みすぎてしまいがちですが、アルコール度数は高めなので、とくにお酒が弱いという方は注意しておきましょう。

山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ

梅のピューレが入った「山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ」は、贅沢な味わいを楽しめると人気になっています。同じく山口酒造場の特選梅酒うぐいすとまりという梅酒があるのですが、その特選梅酒うぐいすとまりに梅ピューレを加えています。梅ピューレを加えることで、強い酸味と濃厚な味わいを楽しむことができるのです。

そのためロックがおすすめの梅酒になっているのですが、より濃厚さを楽しみたいという方はストレートで飲むのもおすすめです。アルコール度数も12度となっていて、高すぎるというわけではないので、ストレートでも充分美味しく楽しむことができます。

梅乃宿 あらごし梅酒

日本酒ベースの梅酒を楽しみたい方は「梅乃宿 あらごし梅酒」がおすすめです。とろとろした口当たりを楽しむことができるので、ロックはもちろんのこと、ストレートもおすすめの梅酒として人気になっていて、居酒屋さんなどで見かけることも多いです。

またデザート梅酒とも言われていて、酸味もあるのですが甘さもあり、果肉も入っています。そのため飲む際には果肉が瓶の下に溜まっていることが多いので、振ってから注ぐようにしましょう。アルコール度数12度で、贅沢な梅酒を楽しみたいという方にもおすすめの梅酒です。また若い世代の女性にも人気の高い梅酒です。

Thumb誕生日にお酒をプレゼント!日本酒や梅酒などおすすめの人気銘柄15選!
誕生日プレゼントに何を贈ろうか悩んでいるなら、お酒はいかがでしょうか。20歳になれば大人の仲...

梅酒の気になるカロリーや糖質

最後に梅酒のカロリーや糖質についてご紹介します。ダイエットなどをしている方の場合、カロリーや糖質が気になるという方も多いです。梅酒は作る過程で大量の砂糖などの甘味料を入れて作ります。そのため必然的にカロリーや糖質も高くなりがちです。基本的に梅酒のカロリーは100mlで160カロリー程度と言われています。

そして糖質は100mlで約20gとなっていて、カロリーも糖質も高めであることがわかります。ちなみにビールの糖質は100mlで約3g程度でカロリーは40カロリー程度です。このことからも梅酒のカロリーや糖質が高いことがわかります。

ダイエット中で気になるという方は、飲みすぎに注意するようにしましょう。またそんなときにはロックやストレートよりも炭酸割りなどにするのがおすすめです。なおこのときにジュースで割ったり、ヨーグルトや焼酎などで割るのはやめておきましょう。

美味しい梅酒ロックを味わおう

ロックスタイルが一般的な飲み方と言われている梅酒は、甘さも強いので飲みやすいお酒として人気です。ですが意外にアルコール度数も高いことが多く、お酒に失敗してしまうことも多いです。ロックやストレートで飲むのがおすすめなのですが、梅酒ロックを楽しむ際には、飲みすぎやその日の体調に充分に注意して飲みましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
kiki

新着一覧

最近公開されたまとめ